インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
健康とか、暑さとか
先日、人間ドックを受診。ついに何も引っかからなかった。ここ数年、尿酸値と悪玉コレステロールの高さに悩まされてきたわけだが、とうとう克服した形だ。

食餌療法もどきってことで、プリン体を避けLDLを増やさないよう食べ物に気をつけてきたわけだが、両方とも体内で作られるものがほとんどで、口から入るものではあまり変わらない、という話を聞き、それではどうしたらいいのか考えた。コレステロールを処理するのは肝臓であり、きちんと処理する為には肝臓を健康な状態に保つことが必須だ。また、アルコールを摂取すると尿酸が多く生産されるようになる。この2つを合わせ考えれば答えは自ずと見えてくる。そう、酒の量を減らせばいいのだ。

だらだらと酒を飲むのをやめました。そしたら…のエントリーでも書いたように、炭酸水の力を借りてわりと楽に酒の量を減らしたわけだが、短期間で目覚ましい効果が出たのでそれを続けて今回の結果とあいなった次第。

ただ、ペリエやウィルキンソンを毎日毎日補充するのも結構大変で、重いしメゲそうになる(^^;。そこで導入したのが、自宅で炭酸水を作る、という方法だ。
僕が購入したのはこれ!
炭酸水がご家庭で作れる「ツイスパソーダ スターターキット」
これに浄水器を通した水道水を入れて炭酸水を作っている。カートリッジは1本70円程度で、それで950mlの炭酸水が作れるのでランニングコスト的にもお得。自宅でレモンサワーやグレフルサワー、梅干しサワーを作り楽しんでいる。最近は自分で濃縮麦茶を作り、麦茶の炭酸割りでちょっとしたビール気分を味わうことにハマっている。常に冷えた水を使わないとちゃんと炭酸が定着してくれないので、「ツイスパソーダ」用 スペアボトルも買ってしまった。

1日に飲む量だが、麦茶割りを二杯、サワーを二杯。あとはアルコール抜きのサワー風炭酸水に切り替えて寝るまでそれを飲む。アルコール分解のための水も大量に摂取できるしずっと酒を飲んでいる気分でもいられるわけだ。


さて、話は変わってべつに健康の為というわけでもないが去年大人用キックボードを買った。確か神泉あたりでナインボットワン的な電動一輪車に乗っている人を見かけたのがきっかけで、あれいいな欲しいなと思って調べたけど結局公道を走ってはいけないという。ミニセグウェイも含めて公道で乗るのは違法で、まぁ実際うちの近くで時々乗ってる人も見かけるし世田谷の裏道をチョロチョロ走るぐらいで捕まるとも思えないが、あえて違法行為を犯す必要もないな、と思い、それならキックボードはどうだろう?と思ったわけだ。
キックボードは「遊具」扱いで交通量の少ない公道で乗る分には問題ないことは知っていた。実は昔キックボードが流行った時に買ったものがあるのだが、車輪が小さくて道路の溝の蓋(グレーチング)にハマってコケて怪我したり、何より道路の凸凹がダイレクトに手に響いてきて乗り心地が悪いってことで使わなくなってしまった。ただ、かなり時間が経っているので改良されていいものが出来ているのかもな、と思い調べてみたら、車輪が大きくサスペンションを搭載した大人用キックボードなるものがいろいろと出ていることを知った。
で、買ったのがこれ、というかこんなようなやつ(^^;。8インチホイール、サスペンション、自立スタンド、折りたたんでストラップで肩に背負えるといもの。何より安いので失敗してもいいか、ということで。
これ、正解だった。予想以上に乗り心地が良く、ちょっとコンビニまで、という時にいつも使っている。


最後にこれからの季節に。僕はよく扇子を無くすのだが、その理由が長過ぎてズボンのポケットからはみ出し、いつのまにか落としてしまっている、ということだった。そこで購入したのがこれ! 【京扇子 山二】《ポケット扇子》!ちょっと高めの本格的京扇子なのだが、柄の部分が伸び縮みするというスグレモノ。これならジーパンのポケットにスッポリ入り、落とすこともない。というわけで、また今年も持ち歩くこととなるであろう。今年は特に暑いらしいしね。

今年に入ってからは音楽関係のものを次々と購入しているのだが、それについてはまた別エントリーで。



[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2017-06-02 17:22 | 雑談
ロボット・ギターをTronicaltuneに換装
ロボットギターがやって来た!でご紹介したGibson Robot Les Paul Studio Desert Burstが故障した。先月学生時代のバンド仲間と新年会があり、その席で「先輩のロボットギター、まだ動きますか?」って話になった。後輩クンのはすでに充電池がヘタって使えないという。「動くよ〜」といいつつしばらく触ってなかった。家に帰ってスイッチ入れたらMCKのインジケーターがクルクル流れて(表現わかりづらいと思いますが(^^;)全く操作できない。あちゃ〜故障だ!ロボットギターに関しては、ギブソンは新規購入の登録ユーザーのもののみ修理対応ということで、中古で買った僕としてはノーチャンスだ。自分で何とかするしかない。というわけでいろいろググって調べていたら、最新型のロボットギターはどんなギターにも後付けできるToronicaltuneというものを搭載しているという。ロボットギターが壊れた場合は普通のLes Paul Studioに改造する手もあるようだが、折角ロボットギターとして使ってきたので最新型に改造することにした。

というわけでこいつを購入。これを元々ついていたパワーヘッドチューナーとプロッセッシングユニットを外してそこにつければいいだけ。ヘタにリペア業者探して修理に出しても同じぐらいかかるだろうな、と。ならばプリセットバンクも3倍だしこっちに換えた方がいいな、と思った次第。僕の持っていた古いロボットギターはブリッジやテールピースにも基盤が仕込んであってMCKはボディ側にあって充電池もザクリの中に入っているのだけど、今の新しいこのチューナーはヘッド部分だけですべてをこなすのである。なのでブリッジやテールピースも普通のものに換えようととも思ったが、とりあえず音に不満もなくGibson純正なのでそのままにした。
a0033438_00163627.jpg
a0033438_00170728.jpg
こんな感じで付きました!ペグ自体ちょっと小ぶりになっていい感じ!早速ユーザーズバンクにCGCGCEとThe Rain Songのライブバージョン、EADADEを登録した。なお、はずしたヘッドユニットはメルカリに出品してあるのでご興味のある人は是非!ペグを手で回して壊しちゃった人に最適ですよ〜!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2017-02-05 00:38 | 音楽・カルチャー全般
おめよろ2017
今年初めての投稿は松の内。優秀だ!w 今年もよろしくお願いします。

1月4日にApple AirPodsが届き早速使ってみましたが、予想通り僕の耳には合わない。EarPodsが合わないのでなんとなくわかってましたが(^^; つけたままジムに行って来ましたが、エアロバイクじゃはずれないけど筋トレのマシンでははずれそうになる。力入れて顔しかめると耳が動くのでしょうか?バック・エクステンションなんてもってのほか!w
つけたまま歩いているだけでやはり時々押さえてやらないと不安。地下鉄で風が吹いても落ちそうな気がする。降りる時ホームと電車の隙間に落ちたらどうしよう!もう全然ダメです…

この耳に合わない以外は快適そのもの。ジムではApple Watchさえつけていれば音楽が聴ける。iPhoneいらず。Appleのデバイス間の切り替えもワンタッチ。一度iPhoneに近づけて登録してやれば同じApple IDでiCloudにサインインしているデバイスならばいちいちペアリングする必要もない。iPhone→iPad→Macと必要に応じて切り替えて使える。音もなかなかよろしい。SHURE SE115というカナル型イヤホンを使っていたけど遜色ナシ。適度に外の音も聞こえるのでさらによし。

このままでは落とす。何とかしなければ絶対なくす!というわけで、Earhoox 2.0 for EarPods (AirPods対応) (ホワイト)をポチっとしてみました。
シリコンでできた小さめのフック。耳の外側にかけるのではなく、耳の中におさまるので目立たない。AirPods対応なのでセンサーを隠さないので機能的にも問題ない。装着したまま充電もなんとかできるらしいし。まぁ安いものなので試しに。
明日届くというので楽しみ。これで解決するよいいなぁ…

実は去年後半いろいろスグレモノというか、またまた下らないものというか(^^;、買っているのでそれはおいおいご紹介していきます。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2017-01-06 17:18 | 雑談
紙巻きタバコが吸えなくなりました
酒の量を減らして健康まっしぐらな僕ですが(^^;、更に健康的な感じになっております。

周りにiQOS人口も増えてきて、皆マズイけど慣れだっていうし、慣れると紙巻きタバコには戻れないっていうし、今手に入りにくいiQOSを発売直後に買ったのに使ってないのも勿体無いし、ということでとりあえず一週間やってみるか、と思い、切り替えてみました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

iQOS アイコス ホワイト 本体キット 電子タバコ
価格:17490円(税込、送料別) (2016/11/11時点)


今こんなに高いのね(^^; 転売屋ひどい!

で、3週間経ちましたが、はっきり言って皆様の言う通りでございます。あれほどマズイと思っていたiQOSが、今ではフツーのタバコです。そして逆に紙巻きタバコがマズくて吸えなくなりました。タバコに火をつけると、もう紙の焼ける匂いが臭い!焚き火の匂いを思いっきり吸い込んでる感じです。知る人ぞ知る薬局で売っている喉のクスリネオシーダーにも似たマズさですw。これは、ある人によると体からタールが抜けた状態だそうで…今までタール中毒で麻痺してたのが敏感になってしまった、と。いや、ホントかウソかはわかりませんが(^^;。どちらにしてももはや慣れ親しんだあのタバコの香りは紙巻き煙草では味わえなくなってしまったわけです。

というわけで余っていたタバコも知り合いにあげて決別。さらにiQOS自体もレギュラーからバランスドレギュラーへと軽くなりました。さて、ここで気になるのはJTのプルームテックです。iQOSより更に軽い、しかもiQOSは結構吸うまでが面倒なのですが、プルームテックは吸えば電源が入り、そのまま放っておいても大丈夫、また吸いたくなればいつでも吸える、という手軽さがあり、ガッツリ吸う時はiQOS、ながら吸いにはプルームテックと分けている人も多いようです。

ところが、プルームテックはiQOSよりひどい状態で、福岡でしか実店舗での販売がなく、オンラインでしか手に入らないのだけれどそれも予約が必要で、更に今は予約を受け付けておらず、いつ再開するかもわからない、つまり買えないのです(>_<)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新型プルームテック スターターキット Ploom TECH JT
価格:13980円(税込、送料別) (2016/11/11時点)


これ、2,000円ですからね、元は。ひどすぎますねぇ。ま、ちゃんと供給しないJTが悪いんですがね。

さてさて、ネットをいろいろ検索していたら、「なんちゃってプルームテック」なるものがあるということが分かりました。プルームテックの構造は、バッテリーとカートリッジとタバコカプセルの3つの部分に分かれ、品切れなのはバッテリーだけだというのです。
そこで、カートリッジ1本とタバコカプセル5個セットをJTの正規のサイトから購入、バッテリー部分は昔の電子タバコと合うかもということだったので持っていたものと合わせてみたが無理でした。そこで口金のサイズが合うものを探して、見つけました。
安っ!
で、できたなんちゃってプルームテックがこちら。
a0033438_18342787.jpg
結構イケます。とりあえずはiQOSと両方使いでしばらくいってみます。


[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2016-11-11 18:37 | 雑談
1993シドニー・Paul McCartneyライブレポート4
このシリーズの最後です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

18.YESTERDAY
ウイングス時代はよくここでイントロにウソ歌をうたってお約束のはずしがあったのだが、それは後にとっておいたらしい(^^;)。しかし、この曲昔はギターだけでやっていたのだが、PCM音源のリアルな弦楽四重奏をバックにほぼアレンジはレコード通り。こうして、8曲に及ぶアコースティックコーナーは終わったのであった。
ここまで書いてようやく気づいたのだが、8曲中5曲がアンプラグドで演奏された曲だった。ちなみにこれは、「公式海賊版」と命名されて東芝EMI(当時)から発売されている。

ステージでは、中央にグランドピアノが用意された。そしてポールはギターを置き、ピアノの前に座った。

グランドピアノは円形の台に置かれ、その台はステージ側が高くなっており、斜になっている。ポールがその高いほうに置かれている椅子に座ると、観客席に対して真正面を向く格好となった。

19.MY LOVE
例のプオーというイントロが聞こえてきた。これは、私が生まれて初めて聴いたウイングスの曲で、これをきっかけに遡ってビートルズを聴く様になったという思い出の曲で、特別な感慨があるせいもあるが、ジーンとしてしまった。思えばあの頃は小学生だったんだなぁ。アレンジはほとんどオリジナルのままである。

「弾みたいかい?ロックンロールでいこうか。ビートルズがいいかい?やってみよう」
ちょっと聞き取りにくかったが、こんなようなことを言って次の曲へ。

20.LADY MADONNA
ワァーいう歓声に続いてすぐに手拍子が巻き起こった。アコースティックの後にMY LOVEというじらし戦法(?)も効いたか、会場は一気に爆発!例の薄紙を口に当てているのではないかといわれたコーラス部分は、薄紙は当てていなかったがちゃんとそれらしく聴こえた。この部分、ちょっとサックスのバランスが立ち過ぎている感じもしたが、この曲もオリジナルに忠実なアレンジである。

「別のグループの曲に戻ってみようか」

21.LIVE AND LET DIE
ピアノのリードで静かな立ち上がりを見せるが、「Say Live And Let Die」のところでステージ前方に仕掛けられた音玉が爆発!一気にアップテンポ部分に突入。レーザー光線が飛び交い、ストロボ照明が点滅する。まさにウイングスの「ロック・ショウ」ビデオそのまんまのステージングだ。東京で見ていたとはいえ、この偉大なるワンパターンには興奮させられる。観客のノリも最高潮に達する。ウイングス時代はメロトロンを使っていた中間のストリングス部分はどうやらPCMシンセになっているようだが(どうやらリンダはローランドのD50でやっているようだ)、違和感はない。というか、それどころではない(^^;)。

22.LET IT BE
短いMCを挟んでこの曲が始まった。なんだか歌詞の細かい部分がオリジナルと違う(^^;)。本当は憶えていないのかもしれない(^^;)。でも、観客は皆歌っているのだから、その辺は考えてほしい。歌のフェイクも一番多いようだ。この曲はプリンス・トラストやアメリカン・ミュージック・アワードなどで何回か歌っているので「間が埋まっている分」変わってきたのかも知れない。構成はシングル・バージョンと同じだが、イントロはなかった。
ステージ後方のスクリーンには、ステンドグラスとマリア様が写しだされ、ハモンドの音と相俟って厳粛な雰囲気を作り出している。

ここでヒューンヒューンとものすごい音が鳴る。ステージ下、上手に何やら電飾でサイケに光る物体が現われた。
「マジック・ピアノだ!」
ポールが指笛を鳴らすと、そのピアノがセンター方向に移動を開始した。観客は大喜び。アップライト・ピアノにサイケデリック・カラーの電飾をほどこしたものだ。センターに来るとポールはその前に座った。

23.MAGICAL MYSTERY TOUR
ポールのカウントの掛け声からこの曲が始まった。前回のツアーにはなかった曲だ。このたたみかけ攻撃に会場はノリノリ!イントロからエンディングまでオリジナルに忠実なアレンジだ。

「次の曲は新曲で、人々とその未来についての歌です」

24.C’MON PEOPLE
久しぶりの新譜。会場は盛り上がり切っていたので、ちょっと小休止という感じだ。だけど、いい曲だね。

25.LONG AND WINDING ROAD
この曲は意外。ビートルズ時代、解散の一因といわれたオーケストラ・アレンジをシンセで再現している。ポールのサービス精神がここまできているというのは、完全にふっきれたということなのだろうが、ポールファンとしては少しさびしい気もしないではない。しかし、ビートルズのフィル・スペクター・バージョンでは消されてしまった最後近くの「Don't Keep Me Waiting」というフィル・インにハーモニーまでつけて強調していたのは、何かポールの最後のこだわりを見た様な気がしてちょっと溜飲を下げた。

ポールは再びホフナー・バイオリン・ベースに持ち替え、観客と「オー・イェー」の掛け合い。そして・・・

26.PAPERBACKWRITER
おお、前回のツアーにはなかったビートルズナンバーだ。天井から大きな白い布が5枚振り落とされた。私は一番上手の布がひっかかってなかなか降りてこなかったのが気になってしまったが、会場は大盛り上がりである。そして、ビートルズ・ナンバーのたたみかけ攻撃が始まった。

27.FIXING A HOLE
サージェント・ペパーズの中から、実に渋い曲を選択してくれた。オリジナルそのものの音に、タイムスリップしたような感覚。もう完全に酔っている。

28.PENNY LANE
間髪入れずにこの曲が始まる。初めて青盤を買ってきて2曲目のこの曲を聴いたときの感動が甦る。間奏のピッコロトランペットの部分もキーボードで忠実に再現。エンディングのジァーン、チリチリチリの部分もレコード通りだ。

そしてポールはここでサンバーストのレスポールに持ち替えた。
「今夜のパーティーはどうだい!」
そう叫ぶと、例のざわざわした音に混じってバンドのチューニングの音がきこえてきた。もう全員がわかっている。あの曲だ。

29.SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND
これが本編最後の曲となる。構成は前回のツアーと同様、間にギター・ソロの掛け合いを挟みリプライズにつながる。ステージ後方のスクリーンには、万華鏡の様な幾何学模様が写しだされる。

観客の熱狂の中、ポールはステージソデへと消えてゆく。

−−−−−アンコール−−−−−
当然観客は誰一人として帰らない。それぞれの頭の中には、「まだあの曲とこの曲とアレがある」なんて考えが渦巻いていたことだろう。さて、ポールは何をやってくれるのだろうか。

そしてポールは、アコースティック・ギターを持って登場。始まったのはこ
の曲である。

30.BAND ON THE RUN
アンコールの1曲目にウイングスを持ってきた。リンダのミニ・ムーグの音は相変らずである。やはりこの曲にはポール自身も特別な思い入れがあるに違いない。ステージ後方のスクリーンには、今回のツアーのシンボルになっている鳥の群れの模様が写しだされ、アップテンポに変わる部分では光りの洪水のような照明が使用された。

「ロックがいいかい?」

31.I SAW HER STANDING THERE
ロビーが何故かスライド・バーを使ったソロをとったりするが、ここまできたらもうそんなことは関係ない。全員総立ち、ノリノリである。歓声は爆音の様に会場にこだまする。その中、再びグランドピアノが登場し、ポールがその前に座る。

ズンチャ、ズンチャ、ズンチャ・・・出た!ウソ歌(^^;)。
「ノーノー、ソーリー。この曲じゃない。」
この勿体のつけかたは・・・

32.HEY JUDE
そう、これでした。歌いだしの部分の大歓声は、すぐに観客全員による歌声へと変わった。東京ドームのときもそうだった。会場中に大合唱が響く。後半、さらに仕掛けが待っていた。ダダダ・・・の部分になると、突然演奏がやみ、会場の歌声だけになる。そして、ステージ前半に出てきた大クレーン・ゴンドラにメンバー全員が乗り込み、会場中を回るのである。色とりどりの紙テープがゴンドラへと投げ込まれ、まるで別れを惜しむ港の様な光景。

こうして、3時間近くに及ぶポールのコンサートは終了した。

残念ながら今回「アビーロード・メドレー」はメニューに組み込まれていなかったが、そのかわり新チョイスのビートルズ・ナンバーが聴ける。個人的にはウイングス時代の曲が減ってしまったのは寂しいところだが、ソロ時代の曲が組み込まれているので嬉しかった。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以上、この1ヶ月後ぐらいに行われた日本公演と微妙に違うセットリストのシドニー公演のレポートでした。


[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2016-11-09 03:33 | 音楽・カルチャー全般
1993シドニー・Paul McCartneyライブレポート3
1993年のライブ・レポート。いよいよライブが始まります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1.DRIVE MY CAR
ポールはホフナーのバイオリンベースを持って登場。いきなり新チョイスのビートルズ・ナンバーだ。アレンジも元のまま。完璧にビートルズ・サウンドを再現している。

2.COMING UP
BEEP BEEP、BEEP BEEP、YEAH!と1曲目のコーダから続け様に、ウイングス解散後のヒットへと一気に飛ぶ。マッカートニー2からのこのナンバー、私などは新しめの曲だと思ってしまうのだが、もう10年以上も前の曲なんだなぁ。

ここでポール短くしゃべる。
「今晩は、シドニー。次はニューアルバムからの曲だ」

3.GET OUT OF MY WAY
ゴキゲンなロックンロール・ナンバーだ。ニューアルバムからの曲は観客もとかく沈みがちになるもの。しかし、ちゃんと派手なパフォーマンスを用意していてくれた。ステージ前方から巨大なクレーンが登場。ポールとギターのロビーを乗せて会場の方へせりだしてくる。ギターソロの間中クレーンのゴンドラは漂い、歌が始まる前にステージに戻り、再びポール
は歌い始めた。

ここでポールMC。「ここで70年のナンバーをやるよ。」

4.ANOTHER DAY
嬉しい!この曲が聴けるなんて。今回私がポールに期待していたのは、アフター・ビートルズの曲をどれだけやってくれるか、ということ。予想に反して、ウイングスの曲はまだ1曲も出てこないが、ビートルズ解散後の初シングルとなったこの曲は私のフェイバリット・ソングの一つだ。もちろんアレンジは昔のまんま。ここで私は完全にトリップしてしまった。

観客の反応もすごい。ポールも気を良くしたのか、何やらペラペラと喋っている。そして次の曲を歌いだした。CLOSE YOUR EYES・・・

5.ALL MY LOVING
おおおお!これもとても好きだ!客席も興奮のるつぼである。皆歌っている。ビートルズ・ナンバーって、何100回聴いてもあきないのね。涙チョチョ切れ状態。

そして、こんどはMCナシの曲つなぎ。こ、このイントロは・・・

6.LET ME ROLL IT
渋い!渋すぎる!初めてのウイングスのレパートリーからこの曲を選ぶとは。バンド・オン・ザ・ランは私の最も好きなアルバムの1つであるが、そのA面(懐かしい響き(^^;))の最後に収録されているこの曲は、ウイングスの中でも地味な曲だと思われがちである。実際、ワインカラーの少女と区別がつかない人も多いときく(^^;)。しかし、ウイングスの曲の中でも最もソウルフルでブラック・フレイバー溢れた作品だと私は思う。

ここでポールはバイオリンベースからサンバーストのレスポールへと持ち替える。

7.PEACE IN THE NEIGHBOURHOOD

8.OFF THE GROUND

ニューアルバムから2曲。そして続いて聞こえてきたイントロは、ジョージ・マイケルのFAITHのようだった。しかし、歌を聴いて驚いた。

9.I WANNA BE YOUR MAN
ビートルズナンバーをアレンジを変えて演奏するのは、この曲が最初で最後である。きっと、オリジナルが自分のボーカルでない曲なので(リンゴのボーカル)思い切ってやってみたのだろうが、これがカッコいいのだ。見事に現代のサウンドになっている。
この曲、ストーンズをブレイクさせようとしていたレコード会社に頼まれて、Lennon−McCartneyが小一時間で作り上げてストーンズにプレゼントした曲としても有名である。

ここで、ギターのロビーを残して全員一旦ステージを去る。ロビーはアコースティック・ギターに持ち替え、ギターソロで一曲披露。この間に後ろのセットがはけた。次はアコースティック・コーナーになりそうだ。

暗転の中でギターのロビーだけにスポットが当たっていたギターソロ。終わるとすぐに同じくアコースティックギターのリフが響く。

10.GOOD ROCKIN’ TONIGHT
いつのまにか他のメンバーもスタンバイしていた。ポールを含めてギターが3本。キーボードのウィックスはアコーディオンを持ち、ドラムのブレアーはスネア一つだけ置いてウィックスと共に後方に位置する。リンダはタンバリンだ(^^;)。
このナンバーは、91年のアンプラグドでも演奏されており、アコースティック・セットではお得意のナンバーのようだ。

11.WE CAN WORK IT OUT
前の曲から間髪入れずにギターの空ピックのカウントからこのビートルズナンバーが始まる。上手にティンバレスが用意されていて、リンダは時々そっちの方へ。この曲かどうかは忘れたが。

12.AND I LOVE HER
そしてあの印象的なギターのイントロ。この曲も名曲だが、若干テンポがのろいようだ。それからポールのボーカルがオンになっているため、高音パートがメインになってしまってちょっと変な感じだ。ああ、ジョンがいればなぁ、と思ってしまう。
PAの調子が悪いのか、前半部分でボコッとすごい音がした。それと関係あるのかないのか、警察がやってきて、我々のすぐそばにいる白人カップルに何やらあれこれ訊問している。曲の途中にこれはいい迷惑だ。

13.EVERY NIGHT
ポールの「Thank You!」の一言を挟み、これまた印象的なコードのイントロでこの曲が始まった。私などは意外さから狂喜乱舞してしまったのだが、会場はノーリアクション。やはりソロ時代の曲は不人気のようだ。途中で演奏をブレークしてアカペラになるところで、ようやく会場からも手拍子。さすが、盛り上げ方を知っている。ちなみに、ソロ一枚目の「マッカートニー」からの曲。

バックに再びメインセットが出てくる。メンバーが所定の位置につくまでポールの短いMC。

14.HOPE OF DELIVERANCE
「次はニューアルバムから」というコメントを合図にこの曲が始まった。某人気番組のテーマ曲にもなって知っている人も多いと思うが、まさかオーストラリアではそんなことは関係ないだろうに、観客の反応は上々。まぁ、最初のシングルでその時ヒットしていたのだろう。照明ブロックが6つほど低い位置までおりてきて、様々な色の光を放つ。演奏楽器はアコースティックのままである。

「今度は、フランスはパリへ旅行してみようか」

15.MICHELLE
バックのスクリーンにはパリの街並やミッシェルちゃんらしい(^^;)パリジェンヌが次々と写しだされる。折角定位置に戻ったのにキーボードのウィックスはまたアコーディオンに持ち替える。でも、このアコーディオンの音が実にパリっぽくてよい。

16.BIKER LIKE AN ICON
1曲挟んだだけでまた新曲であるが、そろそろアップテンポの曲に餓えていたので丁度いいバランスかもしれない。まぁ、同じアップテンポなら、個人的にはウイングス時代にアコースティック・セットでよくやっていた「I’ve Just Seen A Face」あたりをやってもらいたかったが。この曲で久しぶりにエレキギターが入る。

17.HERE THERE AND EVERYWHERE
流れからいってそろそろアコースティックは終わりかな、と思っていたところだが、まだ続く。会場に向かって「次はなにかな〜」的な少し長めのMCがあって、この曲が始まった。うーん、ビートルズナンバーはやっぱりいい。

そして、ここでポールはアイボリーのギターから、ウイングス時代から愛用している黒のアコースティックに持ち替える。「ア〜〜〜」と発声練習をする。ああ、この曲だな、と思ったらやっぱりきた。

つづく

[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2016-11-08 01:17 | 音楽・カルチャー全般
1993シドニー・Paul McCartneyライブレポート2
1993年にアップしたレポートの続きです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

コンコースに全員が集合した。そこにはオーストラリアEMIの人間が数人待っていた。
「ポールが皆さんに会いたいと言っています。」
開演30分前。会う時間などあるのだろうか?
「時間がありませんので、急いで!」
それからどうやって辿り着いたのかはよく憶えていない。気がつくとバックステージの通路に我々は並んでいた。
「いやぁ、どきどきしますねぇ。」
隣にいる林哲司さんと言葉を交わす。
入る前に女性のマネージャーに注意される。
「サインは駄目です。それから、写真も駄目」
え〜〜!と一同ブーイング。
「それから、ビートルズ再結成関係の質問は受け付けません。では」
我々は奥の部屋に通される。そのとき、狭い通路でツアー・ミュージシャン達とすれちがった。
「あ、あのコーラスのコ、東京にも来ていたね!」

通された部屋は、かなり広い部屋をカーテンで仕切ってあった。着替え部屋だろうか?真っ赤な絨毯が敷詰められていた。
段取りの確認が始まった。まず、東芝の石坂さん(当時)が、記念品を贈呈する。そして握手会、で、スタッフの粘り強い交渉が実を結び、オフィシャルカメラマンによる集合写真撮影が盛り込まれた。しかし、ポールは中々現われない。

8時45分、もう開演まで時間がない。このままでは握手会もなくなりそうだ。
「写真を撮って、終りにして下さい」
案の定マネージャーから注文が出た。
別のスタッフは、会見が終わってからいかにして席に戻るか、ルートの確認をしている。会見もしたいが、コンサートも見逃すわけにはいかない。

そこにポール登場。入って来ると思っていた全く逆の方向から現われた。それまでは「インダビューできないの?話が違うよ」と言っていた新聞記者も、「写真がないと話にならないよ」と言っていた雑誌の人も、いきなりファン乗りに変わる。
ポールは、全く想像通りのポールだった。「皆さんいらっしゃい!」と明るくオーバーなアクションで迎えてくれた。若い。とても50才とは思えない。舞い上がって、禁止されていた握手を一人が求めると、あとはもう全員が殺到である。マネージャーも少々あきれ顔だ。

写真撮影を終えると、それじゃぁ!(しゅたっ!)と去っていくポール。ドアが開くと外にはリンダが待っていた。「おー、リンダだ」とても業界人の集まりとは思えない。
しかしその写真、私はいまだに受け取っていない。少々心配である。
ストーンズが来日したとき、私はパーティーでキースに肩組んでもらって写真を撮ってもらった。しかし、いまだにその写真は受け取っていないのである。
(ポールとの写真は後日ちゃんと受け取りました。僕の宝物です。でもキースとの写真は結局もらえず仕舞。ソニーめ!)

嵐の様な会見だった。が、余韻に浸っている間もなく、我々は急いで席に戻らなければならない。すでにオープニングのビデオ上映は始まっていたのである。

オープニングのVTRはちゃんと見ることができなかった。何としてもポールが出てくる前に席に戻らなければならない。急いでいた。しかし、ちらっと見た感じでは、前回のドームで流したものとほぼ同じだったようだ。
席につく直前に、ズドン!と音が決まった。慌ててステージの方を振り返るとスクリーンに「NOW」と大きく出ていた。これも前回と同じだ。
スクリーンはステージ両端に縦長のものが2つと、ステージのバック、ホリゾント部分に3つのスクリーンを横に並べて一体化したものが配置されていた。
席につくといきなり懐かしい曲のイントロが流れた。

つづく

[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2016-11-05 20:33 | 音楽・カルチャー全般
1993シドニー・Paul McCartneyライブレポート1
1993年、当時パソコン通信のNifty-Serveロックネットフォーラムに私がアップした文章が久々に出てきたので、記録の為にここにRe:Upしたいと思います。

以下、1993年の僕の文章です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
北の方に台風が来ていた。オーストラリアでは北で発生した台風が南下してくるのである。
シドニーは、秋の気配が漂い、一年中で最も過ごしやすい気候になっていた。
もっとも、オーストラリアには元々常緑樹しかないので、秋の気配といっても見た目には何も変わらない。
前日の16日にシドニーについた。時差は1時間しかないので、時差ボケはなかったが、なんといっても9時間半のエコノミーはこたえる。だからといって今回はEMIの招待なので文句は言えない。しかし、17日の朝っぱらからコアラだっこツアーはいただけない。業界人ばかりのツアーで、朝7時半起床、なんて馬鹿げている。案の定、バスガイドさんが必死に市内の案内をしているのに誰も聞いていない。寝ている。「移動は寝るべし」というのは我々に染み付いた習慣なのである。

昼食後にホテルに戻り、自由行動となる。私は次の日の仕事のアポをとり終えると、最上階にあるインドア・プールへと向かった。
オージーに「インドール」と発音され面食らったものの、私は午後のひとときを、ガラスルーフのプールで楽しんだ。ルーフの遥か上方、雲の流れが異常に速い。台風の影響だろうか。ハイド・パーク脇のパーク・レーン・ホテル。新しいホテルで、ゴージャスな作り。サービスもいいし、おすすめである。

水泳が終わって、私はふらっと外に出た。こうして意味もなく街をぶらつくのが好きだ。1時間ごとにスケジュールを区切られたツアーなんてまっぴらである。電気屋を探した。マイクロカセットのテープと電池がない事に気がついたのである。しかし、シドニーで電気屋を探すのは困難を極めた。みんなどこで買っているのだろうか?私は大きいデパートの小さな電気製品コーナーをやっと見つけ、目的のものを手にいれることができた。音楽関係者としてきているわけだから、テープぐらい回さないと洒落にならない。
そして、9時からのコンサートにそなえ、腹拵えの為私が外国に来ると必ず立ち寄るマクドナルドでクォーター・パウンダーを食べた。これって日本ではなかなか食べられないのである(当時)。
突然雨が降ってきた。激しい降りだ。そして、すぐ止んではまた降りだす。雲の間から幾度となく太陽が顔をのぞかせている。なんとも変な天気だ。

夜7時、ホテルロビー集合。そして会場であるエンターテイメント・センターへ、ツアー・バスで移動・・・9時からのコンサートなのに早すぎるのではないか?という我々の疑問に、担当者は答えた。「ポールとの会見ができるかもしれないので」しかし九分九厘その可能性はないという。「一応早めに来てないとね。」

建物に入るとき、チケットも見ないしカメラチェックもない。そのまま階段を登る。EMIオーストラリアの担当者が中で待っていた。皆のチケットを確認する。「9番だ」我々は彼の後についていく。
席に入る入り口に、ようやくもぎりのにーちゃんが立っていた。彼は我々のチケットをちぎってこういう。「はい、中に入ったらカメラはだめ、録音もだめだよ。じゃぁどうぞ。」
私は観光客然とカメラを肩からぶら下げ、胸のポケットからはマイクロ・カセット・レコーダーが顔をのぞかせている。にもかかわらず、お咎めなし。何か言われたら「プレスだ」と言って許してもらおうと思っていたのだが、拍子抜けである。全く日本では考えられないルーズさである。

席についた。なんとかいう女性ボーカリストが前座をつとめている。全く面白くないので、ポール・グッズを買いに行く。キャップとTシャツ2枚を買った。それでも時間が余っている。私はコンコースをふらふらと歩いていた。
そのとき、EMIの担当者が血相を変えて走ってきた。
「全員をすぐに集めて下さい!」
「どうしたんですか?」
「奇跡が起こったんです!」
私はみんなの待つ9番通路へと走った。

つづく

[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2016-11-03 23:15 | 音楽・カルチャー全般
だらだらと酒を飲むのをやめました。そしたら…
あまりにも悪玉コレステロールが高い状態が続き、脳ドック受けたら脳の血管にごく軽度の動脈硬化がみられる、なんて言われたので観念してコレステロール下げる薬を飲み始めたのが一ヶ月前。薬が効いているか再検査したら…何と悪玉コレステロール値が下がり過ぎ、薬をやめることに!それどころか尿酸値含め全ての値が正常値に!医者に「何かした?」って聞かれて、思い当たるのは…そう、薬を飲み始めるのとほぼ時を同じくして、寝るまで酒をだらだら飲んでいたのをやめたのでした。

元々寝酒って感じで習慣化したんだけど、外で飲んだ後も家で晩酌した後も寝るまでずっと酒を飲んでたんだよね、何十年も。近年は一応週2日休肝日を作ってたんだけど、週5日はだらだらと寝るまで飲んでた。缶チューハイをね。ただ人間ドック前に何日か禁酒してたんだけど、そのとき酒の代わりに飲んでたペリエライムとウィルキンソンレモンが意外にイケたんで、チューハイの代わりにこれでもいいじゃん、って思い立って。禁酒じゃなくて、フツーに酒は飲むけど、後半炭酸水に切り替えて寝る、と。たまに最初から炭酸水だけってことも。そんな一ヶ月を過ごしていたら、コレステロールも痛風も吹っ飛ぶ健康体になったってわけ。

何てこった、食餌制限なんかせずに酒を控えればいいだけだったなんて。別に禁酒するわけじゃないし、しこたま飲む日もあるし、だから続けるの楽。今まで食えなかったものが多過ぎたけど、それも気をつけるのやめていいわけだ。この一ヶ月、コレステロールの薬飲んでるからいいやと思ってすでに卵や揚げ物解禁してきたし。それでも異常に悪玉コレステロール値下がったわけだからね。

似た様なクセのある方、参考にしてみては?

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

サントリー ペリエ ライム 瓶   750ML
価格:307円(税込、送料別) (2016/8/6時点)



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ウィルキンソン 炭酸 レモン ペットボトル 500ml
価格:82円(税込、送料別) (2016/8/6時点)




[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2016-08-06 03:10 | 雑談
VRがすごいことになっている件(本エントリー)
まずはこちらの映像をご覧頂きたい。

iOSマシンでは元データが表示されてちゃんと観られないかもしれないのでこちらを長押しして是非YouTube appでご覧頂きたい。

ツールドフランスの360°VR動画なのだが、PCであれば左上のコントローラーで、スマホやタブレットならば向きを変えれば自由自在に映像をパンできる。上に向ければ空が、下に向ければ地面が見えるはずだ。今こういう映像がバンバンYouTubeに上がっているのは最近まで知らなかった。

しかもスマホなら右下にある、
a0033438_21282943.jpeg
このメガネみたいなマークをタップすると映像が、
a0033438_21335138.jpeg
このように変わって、つまり3Dモードに突入!これをVR用のグラスで観るかあるいは裸眼立体視wで観れば3DVRとなるわけ。一つ前のエントリーの最後で紹介したVR boxを使えばまさにVR動画の中に没入できる訳だ。

VRなんて専用ゲームやる人のものでしょ?と思ってたのだが、こんな身近で、しかもほとんどの人が簡単に楽しめるようになっているとは思わなかった。これは映像作家のハシクレとしては研究しなきゃだよな。

動画を撮影するには、全天周カメラってやつが必要。


RICOH THETAといったお手軽なものも出ている。これで3分の動画が撮影できるという。上位機種は25分撮影できるみたいだけど、とりあえず買ってみるかなぁ。結構久々に映像関係ではホットな話題なんで、研究しないとね。どんな編集ができるかとか演出ができるかとか。4K8Kよりよっぽどホットな気がするw
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2016-07-22 22:31 | 雑談
最近買ったモノ&VRがすごいことになっている件
ゲンスケが死んだ日に届いたiPad Pro9.7インチモデル。


前に使ってたiPad Air 64GBのストレージが大幅に余っていたので、32GBにしちゃった。たぶん音楽もムービーも入れないから十分だと思う。Smart KeyboardApple Pencilとの3点セットで購入。Smart Keyboardはカバーと一体型のキーボード。ちょっと取り回しが独特なんだけど慣れてしまえば今までのスマートカバーと同じように使えてがっつり字を打ち込む時はキーボードとして使えるという、さすがに純正品と感じさせられる一品。

Apple Pencilは、これは僕には宝の持ち腐れ感もあるけど、革命的な入力デバイス。紙に書くのと何ら変わらない操作感で筆圧感知はもちろん、斜めに倒して書くと鉛筆で薄く広く影を付けるような書き方も可能。今までのスタイラスペンとか、Wacomタブレットなんかより全然素晴らしい。これ、Air Displayなんか使ってiPadをMacのセカンドディスプレイにしといてペイントソフトやフォトショ、イラレを表示させて直接書き込むなんて使い方もでき、プロのイラストレイターの作業にまさに革命を起こすんじゃないかな。うちのツレとか見てると紙に描いてスキャナーで読み込んでイラレでアウトライン化して、なんて手順でやってるので、そこんところが全部すっ飛ばせるのはすごい。映像の世界でファイナルカットが出てきた時ぐらいのインパクトありそう。僕はといえば、PDFの資料ファイルにメモ書きするぐらいなんだけどね(^^;。Smart KeyboardにつけられるApple Pencilケースも購入。

さて次は『Apple Watch Sport 38mm』。これは絶対に買わないと思っていたモノの一つなんだけど、ある日iPhoneアプリのヘルスケアを見ていて、いつも寝る時に使っているSleep Cycle Alarm Clockのデータだけ転送されているけど他は空いたままなのに気がついた。いろんなバイタルデータはApple Watchをつけていれば転送されるわけね、と思ってついつい買ってしまった。色はiPhoneとMacBookとiPadProとお揃いのゴールドにしちゃった。今まで僕は身につけるものとしては金色は避けてきたんだけど、とうとう…
しかも交換用のミラネーゼループも買ってしまい、左手首が金ピカに(^^;。う〜ん、やっぱり違和感はあるなぁ。シルバーのものも買い足そうかな(^^;。
まぁApple Watchは特に皆さんにお勧めはしないんだけど、ジムに行った時にはいちいち心拍数やら消費カロリーを計算して記録してくれるからそれなりに使える。また、1つのプレイリストだけだけどiPhoneから転送できてApple Watchスタンドアロンで音楽を再生できるから、ランしながら音楽を聴く人にはiPhoneポケットに入れないで済むのでいいかも。あとはメールやらメッセージやらLINEやらのいろんな通知が手首で受けられて簡単な返信もできるので便利かな。面白かったのはうっかりApple Watchで電話を受けてしまったとき、まさにウルトラ警備隊というか「飛べ!ジャイアントロボ!」状態で話すハメになったところかな。スピーカーから相手の声が聞こえるのでいつも使えるわけではありませんが(^^;。

さて最後はこれです!VR boxという、スマホを中に入れると3Dヘッドマウントディスプレイになってしまうというシロモノ。2千円しないので即買ってしまった。皆さん今3DVRがすんごいことになってるのご存知ですか?いつでも誰でも3Dの360度VRが楽しめる時代がもう来ていた!!

これに関しては次のエントリーで詳しくやりますね!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2016-07-08 18:07 | 雑談
本当にいろいろあった週末だった
昨日はゲンスケのお葬式。スコティッシュは中型犬らしいんだけど、ぎりぎり小型犬でいけるよね、ということでお願いしたんだけど、荼毘に付した後、頭がデカすぎて小型犬の骨壷に入らない。結局一回り大きい骨壷に入れることになってしまいました。ヨーキーのゴンタの骨壷とは全然大きさが違うw というわけで最後は笑かしてくれました(^^)

金曜日にはiPhone6が新品交換という事態になったのだけど、夕方代々木に打合せで出る直前にiPhoneが膨らんでるのに気がついた。サイドの部分が盛り上がって隙間ができているのね。直感的にこれは電池が膨張してるなと思い、とりあえず打合せを済ました後、代々木から一駅乗って原宿へ。テクテク歩いて表参道のApple Storeに。genius barでiPhoneを見せると、すぐに対応してくれた。で、AppleCareに入ってたんで新品交換だろうなと思ったら案の定。家のiTunesにバックアップはとってあるから交換しても問題ないですよと。ただ電話としては使えるようにして下さいねと。すると担当のミキさん「LINEは大丈夫ですか?」ときいてきた。意味がわからなかったので「大丈夫とは?」と聞き返すと、「アカウント引き継ぎ設定をOnにしてないと今までのトーク内容とか消えちゃうかもです」と言うので慌てて 設定→アカウント引き継ぎ に入ってOnに。ミキさん「ホント、LINEには困ったものです」とかなりウザい様子。恐らくLINE使えなくなった系の苦情がいっぱい来てる模様。Apple Storeには関係ないことなのにね。

こうして無事新しいiPhoneをGET!飯食って家に帰って早速復元。何も問題なく元のiPhoneに。で、LINEの引き継ぎをやろうとして困ったことになった。立ち上げると本人確認の画面になりメアドとパスワードを入れなければならないのだが、パスワードを忘れてしまったのだ!あれ、これだったか?いやこれか?なんてやってるうちに受け付けなくなっちゃったんで、仕方ないからパスワードを変更。ところが、間違えすぎたのかエラーが出てしばらくしてお試しくださいみたいなアラートが出て繋がらない。ググってみると、1日おかないと繋がらないこともあるという。そこで、この日はほっといて寝ることにした。

次の日、試してみるが相変わらず。そこでアプリを削除して再インストールしてみた。すると、ログイン画面になり、そこに注意書きがあった。「ログインするとトーク履歴は消えます」これはキツい!
ただこのままではラチが明かないので、エイヤ!でログイン。パスワードは通り、2段階認証も済ませ無事LINEに入れたが、履歴は綺麗さっぱり無くなっていた。
いや、待てよ?とここで思い立ち、再びiTunesに繋いで復元。これで履歴が戻らないだろうか?で、LINEを立ち上げてみると再び本人確認の画面に。あ〜やっぱりダメか、と思ったら今度はパスワードが通り、2段階認証に進み、完全に全てもと通りになった。よかった〜。

というこのブログは、土曜日に届いたiPad Pro9.7とsmartkeyboardで書いている。次回はこの話題に行きますよ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2016-06-13 21:25 | iPhone
ゲンスケ、死す
iPhoneが突然膨らみ、新品交換となった次の日。LINEが繋がらなくなって、復帰に四苦八苦してなんとか繋がった日。iPad Pro 9.7インチが家に届いた日。

ゲンスケが死んでしまいました。享年11歳。

スコティッシュの寿命といえばそれまでだけど、早いよ。

肝臓患って、食餌制限でやせちゃって、最後はちょっと可哀想だったね。

あっちで腹一杯食べてね。

合掌。

[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2016-06-12 01:41 | 雑談
おめよろ2016って遅過ぎだろ?w
気を失っている間に何と今年も半年過ぎてしまいましたとさ(^^;
というわけで明けましておめでとうございましたw
最近買ったモノの続きを書こうと思っていたが新型MacBookももう買ってから1年以上が経ってしまった…

元々iPad AirがiOS9を導入したらWi-Fiがメモリ不足でパケ詰まりのような状態になるので新しいiPad買うぐらいならいっそのことかなり小型になったMacBookにしちまえ!ということで買ったのだが、これがあまりよろしくない。メモリ8GBから増設できない上に、Wi-Fiに特化して極限まで外部拡張を削ぎ落としたマシンのくせに、Safariのみ起動して使っていてもすぐにメモリの空きがなくなりWi-Fiが落ちる、切れる、遅くなる(><)iFreeMemをこまめに使ってメモリを開放しながらでないとSafariも使えない!というわけで最近iPadに回帰しつつありますが、でもやっぱちょい遅くてイライラ。う〜ん、iPad Proってどうなんだろうな〜?

最近ショックだったのは、Shureのカナル式イヤホンをBluetoothレシーバーごとなくしたこと。Shureのポーチに一式入れてカラビナの小さいヤツでバッグにぶら下げていたんだけれどもこれが帰って来たらなくなってたという…カラビナのバネのところがバカになってたんだろうな〜
レシーバーはこれだったんだけど、まぁ古いのとちょっとカッコ悪いのでいい機会なので新しいレシーバーを買った。それがこいつ。

Bluetooth4.0、AAC対応ということで買ったのだけど、これがいい音!レシーバーはこんなに進化していたのか!
で、肝心のイヤホンだけど、使っていたものの新しい機種、SHURE SE215にしようかとも思ったが、ケーブルが長過ぎる!レシーバーを胸のあたりにつけるので、長いケーブルは邪魔でしかないわけで。ところが今のカナル式イヤホンはほとんどケーブル1.2mなのね。一部に60cmというのがあるだけで、最適な45cmというのは現行モデルではどこにも存在しない。というわけで仕方なく、無くした物と同じ製造終了品のSHURE SE115を買いました。色をレシーバーと合わせてね。

さて、あとはiQOSかな。これはいずれレポートしますが今プルームテックが猛烈に欲しかったりするw

あ、余談だけどホッピー焼酎割りがいけるんならと試したオールフリーの焼酎割り、結構いけましたw のんある気分の泡盛割りもね!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2016-06-04 01:31 | 雑談
最近買ったモノ
久々の投稿ですが、最近物欲に目覚め次々と買い物をしてしまったんでまとめときます。


行きつけの美容院のスタイリストさんに薦められた一品。ギターのジャックに直接挿して使うヘッドフォンアンプ。アンプシミュレーターとエフェクター内蔵。エレキギターはそのままパラパラ弾いて練習するものと思ってる方も多いと思うが、やはりアンプに繋ぐと気分が違う。でもこれが意外と面倒で、アンプに繋ぐんならエフェクターも繋いで…なんてやってると一仕事。おまけに結局音出せないからヘッドフォン繋いだりしてるともうケーブルだらけw そのプロセスを考えると憂鬱になってイヤになってしまったなんて人も多いはず!そこでこいつの出番。ギターに挿してiPhoneとかのイヤホンつけるだけで結構なことができる。つまみはゲインとトーンとボリューム。電源ボタンを押すとブーストモードの切り替え、FXボタンを押すと3種類のコーラス、ディレイ、リバーブが切り替えられる。手軽にいい気分で練習するにはもってこい。まぁライブ用に練習するときはどっちみちフルセット繋げなきゃなんないんだけどねw



使ってた電動歯ブラシがとうとう動かなくなってしまったので、テレビ通販でおなじみのソニッケアの最上位機を奮発してしまった。これがまた素晴らしい!2分半でピッカピカです。音が違います。さすが音波水流w 今まで歯垢落としに3分かかってたのが2分で終わりプラス30秒でホワイトニングまでできる。いい買い物でした(^^)



まぁ元々民生用DATなんてのはヘッドがいかれるものらしいが、カセットテープを昔せっせとDATにコピーしてたのを思い出し、久々に聴いてみようと思ったら全く音が出ず(><)すでにオーディオ用DATなんて製造してないわけでこれは参った、とりあえずクリーニングしてみるかと思ったらクリーニングテープがない。どうやっても見つからない。で、買うとしてもあるのか?と思いながら検索したらヒット!早速買って使ってみたら見事にDAT復活!これデジタルダビングでHDに取り込まなきゃだね。どんだけ時間かかるんじゃ!年金生活者になってからチマチマやるかね?w


ボディバッグ LIBERO(リベロ) va-

ボディバッグ LIBERO(リベロ) va-
価格:17,302円(税込、送料込)


今まで小さめのボディバッグを使っていた。いや、それには理由がある。本革のボディバッグってなかなかなかったのだ。最初に買ったヤツがフェイクレザーで、すぐボロボロになったので本革がいいのだ。キャンバス地とかは眼中にない。で、見つかったバッグは非常に良かったのだがiPad Air入れるとピッチピチなのだ。まぁそれでもずっと使ってきたのだが、何でここでチェンジしたかというと、iOS8でiPadのWiFi周りがダメになり、全然使えないシロモノに成り下がった。ここでiPad Air2を買う選択肢もあったのだが、iPhone6でもWiFiはもっさりしてるということを考えると、これ以上iPadに拘るのはどうなのか?と考えている時に新型MacBookが出た。ということで実際にヤマダ電機に行っていじっていたら猛烈に欲しくなり、ポチッとしてしまった。ただ新型MacBookは歴代最小とはいってもiPad Airよりは一回り大きい。これは今のバッグには入らないな、と思い、サイズを検討した上でこいつを注文したわけだ。昨日届いたのだが、幅が広い分書類も入るし使い勝手は良さそう。ポケットもあり収納力は格段に上がった。但し形状はボディバッグというよりはデイパックという感じだが、背負った感じは違和感がないしまぁ何よりもワンショルダーというところで条件は満たしている。これはまだ使い込んでいないのでまたそのうち使用感を書こうかな。

で、次回は3-5週間後に届くゴールドの新型MacBookというわけだ。本当に書くのかな?w
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2015-05-29 03:57 | 雑談
おめよろ2015
何と一年ぶりの投稿(^^; やはりFBやTwitterに日常投稿してるとあえてブログ書こうという風に思わないわけでw

とは言え新年の初投稿ぐらいは続けておこうと言うことで。正月はテレ東の大江戸捜査網2015を観てしまった。「死して屍拾うもの無し」ついつい。
これ観て思ったのは、ああ、日本人の「お上意識」ってDNAレベルで刷り込まれてるんだなぁ、ってこと。人々は常に名君の出現を期待する。吉宗公が現代に現れないかしら、と。政治が悪ければ文句を言う。でも自分たちで変えられるよと言われても困ってしまう。「ご政道のことはさっぱりわからねぇや!ここはお上にがんばってもらうしかあんめぇって!」なにしろ近代化のプロセスで市民革命を経験していない国である。明治維新もクーデターにすぎず、政治は貴族が行い町人には関係なかった。これが300年の太平の世が作り上げた日本人というものなのだろうなぁ、と思った次第。時代劇なんて観たこともない若者にブレイクスルーを期待するしかあるまいw

新春のニュースでトヨタのMIRAIが大きく取り上げられていた。僕がこれを知ったのは昨年暮れのエコプロダクツ2014だったが、年をまたいでこんなに大騒ぎになるとは思ってなかった。電気自動車なのだが、燃料電池という発電ユニットを積んでいて、自ら発電しながら走るという、簡単に言えばエネファームを積んでいる電気自動車だ。だから災害時はエネファーム代わりにもなり、家庭用電源を発電することも出来るのだ。燃料は水素。発電時には水しか出さない為究極のエコカーとも言われている。
これには重要なポイントがいくつかある。電気自動車だと充電スタンドから電力の供給を受ける。その電力は、火力や原子力など通常のプロセスで発電されたものだ。だから、実はCO2削減には役立っていないという声もある。MIRAIは電力を自分で作れる為、こうした既存のインフラには頼らない。但し、燃料である水素を作り出すのに電力が必要であるというジレンマはかかえている。材料は水でも汚泥でもいいので化石燃料に頼らなくていいのだが…
ここで重要なのは再生可能エネルギーだ。経済界や電力会社は風力やソーラーといった再生可能エネルギーは不安定なのでベース電源にはなり得ないという。だから安倍政権も原子力を重要なベース電源と位置付けなければならなくなっている。だが、その不安定な再生可能エネルギーを水素生産に振り向けたとしたら…全く化石燃料にも原子力にも頼らない水素生産が可能になるわけだ。
トヨタはMIRAIの発売を「水素社会への第一歩」と位置づけている。電力はすべて燃料電池が発電してまかなう水素社会、これこそが日本の目指す道だとしている。一気に来た感じだ。最も重要なのは、これを日本を代表するグローバル企業であるトヨタが始めたということだ。誰も文句は言えないし、政府も無視できない、ということだ。さらに驚くべきは、水素ステーションが年内に40箇所以上開設される予定だということ。トヨタもENEOSも本気だ。

2015年はいろんな節目になるかもしれない。上記の通り水素元年、そして若返りの薬が今年臨床試験に入るという。僕は比較的若く見られるのだが、まだNMNを飲んでいるわけではないw 恐らく重要なのは飢餓だと思う。腹減っても平気なタチなんで、集中するとメシを食わない、という生活を若い頃からずっと続けて来た。おかげで若い頃は体重42kgまで痩せて、健康診断で栄養失調と言われ、女の子に腕相撲で負けてw だがこの飢餓状態と言うのは若さを保つのに有効らしい。常に死の危険にさらされていると思い細胞が若さを保つらしい。つまりDNAの乗り物としての肉体はDNAを次世代に残すことを最優先とするので、飢餓状態になると次に食事をするまで生殖ができるよう若さを保つ、というわけだ。そう考えると最近の生活は老化への道をまっしぐら、なのかもしれないw

でもね、現在60kg、ベスト体重だ。いつも秋から冬にかけて太るのだが、去年は夏から準備に入った。昼は必ず蕎麦。それ続けてたら秋になっても体重は変わらず、今でもキープできている。これでどうしてLDLコレステロールが多いのかわからない…w というわけで今年も宜しくお願いします。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2015-01-08 02:44 | 雑談
おめよろ2014
ようやく今年初の投稿。

2014はいろんな意味で注目すべきことがある。いきなり降って湧いた都知事選もそのひとつ。
ここに何故か原発ゼロを掲げて殿がご出馬とのこと。果たして国のエネルギー政策が都知事選の争点に成りうるのか?という疑問が各方面で上がっているようだ。

私は震災の一ヶ月後に
原発とこれからのエネルギーについて
という記事を書いた。今と状況は異なるが、基本的な考え方は変わっていない。原子力は人間が未だ完全にコントロールできない。というか、恐らく使用済み核燃料の処分まで含めれば未来永劫コントロールできないだろう。地層処分でコントロールしてるつもりになってもらっては困る。廃棄物を無毒化できる技術を開発して初めてすべてをコントロールしたことになるのだ。しかしあの太陽でさえ、放射性廃棄物は自身の内部に溜め込むしかないのである。そしていずれ廃棄物だらけになり赤色巨星となってその一生を終えるのである。こう考えれば、使用済み核燃料を出さないに越したことはない。即ち、原発ゼロを目指して行くことが人類がより永らえる道であることは間違いないと考える。

だが、今すぐ原発ゼロ、というとそれはそこまでの覚悟が皆にあるのか?と問いたくなる。日本は経済立国である。と同時にエネルギー資源をほとんど海外からの輸入に依存している。原発が動かないと日本は回らないのだ、と経済界は声高に言う。地球温暖化の問題もある。再生可能エネルギーが原発の代わりになるのはまだまだ先だ。特にソーラーはベース電源に成り得ない。化石燃料もいずれ底をつく。と経済界が言えば、日本の方向性は原発再稼働へ向かうしかない。これに抗い原発ゼロを目指して行く覚悟が本当にあるのか?と。

私が考える原発に唯一対抗しうる現実的な選択肢は、地域発電・分散型発電である。再生可能エネルギーも原発に代わるメガソーラーとか、大規模風力発電とか考えると確かに遥か未来の話になってしまうが、小規模発電であれば今でも十分に現実的である。そういう意味で2014年私が注目するのは、マンション用エネファームの発売である。パナソニック製のマンション用エネファームがついに発売され、今年はエネファーム組み込み型分譲マンションも発売されるのである。自分のマンションにつけられるかどうかは不明だが、つけられるのならば導入したいと考えている。

覚悟とはそういうことである。導入にはかなりのコストを伴うが、それでも東電に頼らない生活をしたい、というのが私の気持ちである。電気代がどうのということは全く考えていない。東電から家庭用電源を開放することが原発ゼロへの第一歩だと考えている。その覚悟があって皆原発ゼロを叫んでいるのか?

ここで冒頭の都知事選の話に戻ろう。
原発ゼロへの道が上述の様に地域発電にあるのだとすれば、原発ゼロは都知事選の争点になり得るのである。日本の首都東京が、このメガロポリスが、再生可能エネルギーによる電力の地産地消に成功すれば、それは一気に国の政策を変えるインパクトを持つ。特にそこに利用できるイベントが東京にはある。
そう、オリンピックである。「東京オリンピックをすべて再生可能エネルギーを使った地域発電によって運営する」と東京都が決めたらどうなるだろうか?これは一気に原発ゼロの世界に近づくのではないだろうか?
そこには東京を再生可能エネルギーを使った地域発電のモデル地区にする為のあらゆる政策が盛り込まれるべきである。国の補助金に加えてソーラーや燃料電池を取り入れた各戸にさらなる補助金を出すなどの施策は当然取られるべきだろう。

さて20日以降にずれこんだ殿の政策会見はどのようなものになるのか?あまり期待することなく待ちたいと思う(^^; というわけで、いろいろと転機に成りそうな2014年である。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by kenpapa9 | 2014-01-19 00:02 | 雑談
Tokyo 2020
今日というかもう昨日だが、神楽坂で祝宴があった。遠回りとは解っていたが、汐留から大江戸線でぐるりと牛込神楽坂まで乗ってみた。車両には何人かの外国人が乗っていた。最初は意識してなかったのだが、電話で英語を話していたので気付いたのだ。そう、彼らは平気で地下鉄の中で電話していた。
しかしながら、それが世界の常識なのだ。電車の中で電話しちゃいけない、なんて国は日本だけだ。海外から来た人は、電車の中で携帯電話を控えなきゃいけない、という日本独自のルールを理解できない。何故駄目なのか?と。

10年以上前だが、香港に行った時、感心したことがある。彼の地ではすでに地下鉄全線で携帯電話の電波が入るようになっていた。電車に乗っている人の半分ぐらいが携帯電話で怒鳴る様にガンガンしゃべっていた。当時日本は失われたナントカ中で世の中が沈んでいたが、香港・中国は日の出の勢いだった。僕にはその象徴に思えた。これが「活気」なんだ、日本はお行儀良く押さえつけようとしてすべてが沈んでしまっている、そう思えた。

2020年、東京はホストとして、世界中の人を迎え入れなければならない。7年後ではあるが、「お・も・て・な・し」の心で日本の常識=世界の非常識を排していかなければならない。まずは電車の中で電話しちゃいけないという世界でも奇異な常識を覆さなきゃいけない。これはティピカルな例をあげただけで、実は他にも一杯あると思う。猪瀬都知事は東京の交通能力を数字をあげて自慢していたが、その言葉の裏に果たしてあの地獄のような通勤ラッシュを想像した外国人がいただろうか。あんなにギュウギュウ詰めで大人しくしてるのは日本人ぐらいだw
首都高でも渋滞が起こらない?お前首都高乗ったことがあるのか?って思ったね。

新しく何か作るとか、そういうことばかりが語られているようだが、まずは足下を見直して正していく必要があることがいっぱいある。それが五輪招致に成功した東京と、そこに住む者の責任になってしまったわけだ。浮かれてばかりもいられないよね。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2013-09-11 03:01 | 雑談
ダイエット終了
コレステロール値が高いので、ダイエットを敢行した。人間ドックが5月の半ば、そこから一ヶ月ちょっとだ。
昔は高脂血症と言ったものだが、今は脂質異常症というらしい。低すぎるのも異常なのでそれをも含めて、ということだ。

僕のダイエットは決まっている。コレステロールコントロールの為の食事療法といえば、「一日の総摂取カロリーを減らす」というのが基本だ。僕の場合、晩飯に好きなもの食べて酒を飲む、という生活は変えたくない。そこで、標的となるのが昼食である。昼にほとんどカロリーを摂らなければ一日のトータルは劇的に低下する。僕はダイエットするとき必ず、昼食をサラダだけにするか、カロリーメイトでしのぐ、という方法をとっている。
始めて二週間で二キロ減った。僕のベスト体重は60キロなので、ほぼそこまできた。だが相変わらず体脂肪率は17%台後半だ。というわけで、もう少し続けることにした。

そんな感じで続けていて、こないだジムで計ったら、サウナに入る前で59キロ台前半、サウナ後は58キロ台に入った。体脂肪率も15%台、皮下脂肪率もヒトケタになった。これ以上やるとマズイ!ということで、ダイエット終了ということにした。
今後は一日おきに昼食で蕎麦を食べたいと思う。蕎麦にはパスタとかに比べて炭水化物がほとんど含まれてないので、いいんだよね!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by kenpapa9 | 2013-06-28 22:43 | 雑談
同窓会
6/15土曜日、中学校の同窓会が逗子にて行われた。
そこで会ったある人に「全然ブログ更新してないじゃん!」とお叱りを受けたので去年の10月以来ブログを書いてみることにした(^^;

ブログを書かなくなったのは、ちょっとしたことならFacebookで事足りてしまう、というのが一番大きいかな。Twitterやmixi日記だけだったらまとまった記事を書きたくなる欲求が生まれるのだが、Facebookは結構なボリュームの書き込みもできるしTwitterのようなつぶやきもできる、というわけでmixiは引退し、Twitterはほとんど使わなくなってしまった。
あとはこの記事でも書いたようにGreeのガンダムマスターズにハマってしまったのがデカイ。ブログ書くヒマがなくなったのだ。そのハマり具合はこちらに公開してある。やってる人が見たら「あんたちょっとおかしいんじゃないの?」と思われるかもしれない内容だ(^^;

おっと、同窓会の話だった。同窓会といっても同窓生が一同に会すわけではなく、同じ学年だけのものだ。だけど当然のことながら同期がクラス横断で集まるのでクラス会よりは規模がデカイ。今回は何と逗子文化プラザのさざなみホールを押さえてバンド演奏をするという、あまり聞いたことのない催しとなっていた。

3月半ばに突如中学時代の旧友からFacebookページにメッセージが入る。恐らく、ミク友だったが僕がmixiを引退したのに気付いてプロフに残してあるFacebookページのリンクを叩いたのだろう。旧友はドラマーで、中学高校時代によくプレイをした。高校時代には別の高校なのに横浜のライブハウスでインプロヴィゼイションをやって、人生初のギャラをもらうという経験を共にした仲だ。その旧友から、「同窓会をやるから、ハコバンのギタリストとして参加希望」というオファーを受けた。ミュージシャンとしては参加しないわけにはいかないだろう。但しやる曲に比して編成に不安があったので、キーボードは絶対の信頼を置ける奴を指名させてもらった。口説くの大変だったろうが、きっちり口説いてくれた。というわけで、4月半ば頃には譜面のやりとりやメンバー確定をメールベースで完了し、5月に入るとバンドで集まっての練習が始まった。5/12からほぼ毎週日曜日逗子に通う。実家を引き払ってからはほとんど逗子に行くこともなかったので、実に懐かしい。常に車で移動していたのだが、改めて気付いたのは自宅から逗子は非常に近いな、ってこと。ちょっと混んでも1時間ちょっと、帰りはスイスイで40分ぐらいで到着。
というわけで本番ももちろん車で行きたかったのだが、問題は酒飲むわけで、車を駐車して宿泊を確保する、ということだった。しかし、逗子には宿がない。なぎさホテルが潰れて以降、KKRぐらいしかない。でもKKRは図体のでかい僕の車で行くのはちょっと心配。
そんなとき、バンドでリードボーカルをとる「地元の実力者」が逗子マリーナの一室をとってくれた。逗子に10年以上住んでいたが、マリーナに泊まるのは初めて。もちろんいわゆるホテルではないので、逆にオーナーズクラブ気分を味わわせてもらった。

6/2には会場を使ってゲネプロを行った。ここで様々な問題が持ち上がる。ライブハウスと違ってホールなので、セッティングは1から。PAは同級生に音響のプロが一人いたのだがもちろんスタッフはいなくて手伝えるのは素人だけ。コロガシを繋ぐことも出来ない。ドラムのセッティングはドラマーが全部やる、これが大変。それぞれの楽器、アンプセッティングはそれぞれのパートが1からやらなきゃならない…
でも逆にこのゲネプロで「相当状況はヤバいぞ」と全員が思ったからこそ、当日うまくいったんだよね(^^;

というわけで無事本番を迎え、終了した。成功かどうかは知らないが、とりあえず満足。やはりものづくりは楽しいね!

そうだ、来年向けに次のバンドを始動しようぜ!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2013-06-17 02:46 | 雑談
半年ちょっとぶりのブログ
いや〜サボったもんだ!
この間書きたかったことはいっぱいあった。

新しいiPad Wi-Fiモデル購入
・日本通信からiijmioに乗り換え、LTEの導入
L-09C(LTEモバイルルーター)楽オクで購入
・バカっ速のLTEに舌を巻く…etc.

ところがガンマスに加えてエヴァにもハマってしまい、全くブログを書く意欲が湧かなかった次第。
これからちょいと前を振り返りながらボチボチ書いていきます。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2012-10-10 09:12 | 雑談
新しいiPad
いや〜、ガンダムマスターズにハマりすぎて、mixiも見なければ、FacebookもTwitterもほとんど見ない日々が続いている。ブログも月イチ、ってのが定着しちゃいそう…

さて、iPad2を見送って買うのは決定だったはずのiPad3、正式名「新しいiPad」なのだが、こいつの魅力は2つ。クワッドコアグラフィックスのA5XチップとRetinaディスプレイ、そして、4G-LTE対応だ。ところが、その魅力のひとつである4Gが日本ではいつ使えるようになるのかわからない、という困った事態に、二の足を踏んでいる状態だ。現時点で日本できっちりLTEをやっているのはdocomoのXiだけということなのだが(SoftBank4Gは厳密には国際基準を満たす4Gではない)

SIMフリーの『新しいiPad 4G』をドコモで使ってみた

この記事を見るとSIMフリーの新しいiPadをXiで使っても3Gにしかならないようで、今のところ折角新しいiPadを買っても日本で4Gを使える目処は立っていないという異常な状況である。ソフトバンクは7月にウルトラスピードが使えるようになると言っているようだが、それでも4Gの半分程度のスピードしか出ない計算だ。

また、auで出るのではないか、という噂もあったが、今年秋にLTEを始めるauなのだが、

新しいiPadの4G LTEが日本国内でも使える可能性 [2] ドコモ・au版はあるか|反時代的洞察

こちらの記事を見るとそれも期待できなさそうである。ならばどうするか?また見送りか?

いやいや、もう初代iPadは限界である。割高なSIMフリーを買ってもどうせ3Gでしか使えないのならば、Wi-Fiモデルにするのが現時点ではベストな選択かもしれない。
いや、様子見・つなぎの意味であれば、安くなったiPad2という選択肢はないだろうか?いや、16GBでは使えなさすぎる。

というわけで、結局今回もWi-Fiモデルに落ち着きそうである。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2012-03-20 23:19 | iPad
ドライゼロ
気がつけば2月も終盤になって今月初のエントリー。いかんいかん、サボりすぎだw

さて、いろいろ物議を醸してるようだが、
スーパードライに「瓜二つ」アサヒノンアルコールビール投入の波紋(ダイヤモンド・オンライン) - エキサイトニュース
休肝日用のノンアルは必需品!というわけで、缶がそっくりなら味もそっくりなんだろうな!との期待から、アサヒ ドライゼロを買ってきた。さぁてどんな味かな…

ううむ、イマイチかな。キリンやサッポロほどではないが、変な甘さがある。なんでもっと素直に作らないのかな〜。

やはりノンアルで一番美味いのはサントリー/オールフリーで決まりですな。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2012-02-23 00:31 | 雑談
完全にハマってしまった…
去年暮れからガンダムマスターズにハマり中。元々やりたかったんだけど、iPhoneに対応してなかったのでできなかったんだけど、去年暮れに突如対応したことがわかってやってみたらのめりこんでしまったw
現在のリーダー機はエールストライクガンダム。
a0033438_18593635.jpg
完全無課金主義でやっているんだけど、無料のハロガシャで☆4つを引き当てた。引き強い!
a0033438_197141.png任務レベルもやっと32まできて、戦艦もようやくラーカイラムを手に入れた。この上はアークエンジェルだけなんで、かなり強くなったと思う。
無課金主義とはいっても、リアルマネーを使わない、ということで、友達招待のボーナスでもらったGREEコインはつぎ込んでいる。エースガシャ、11連ガシャもやったが、☆4つは出なかった。でも中でも当たりだったのはガンダムエクシアとスキル付きガンダムかな。
a0033438_19125280.jpg
a0033438_19141519.jpg
友達招待した友人がまだレベル8なのにたった一回のエースガシャでフリーダムガンダムという最強MSをゲットしてるの見るとちょっと複雑ですが…w

というわけでやってる人以外何だか解らない話題でスマソ。Gree友、マスターズ戦友募集中なのでやってみたい人は連絡ちょうだいね!まぁこれでmixiのハッピータワーからは完全に卒業かな?w

ガンダムマスターズプロフィール
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2012-01-28 19:23 | 雑談
AV-P25のヒューズ
先日、オーディオ用パワーディストリビューターTEAC / AV-P25のヒューズが切れた。ノイズフィルターを搭載し、プロのスタジオでも使われているシロモノなのだが、どうやらセラミック・ファンヒーターを繋いでいたのがアレだったらしい。で、替えのヒューズを探すのだが、なにやらイヤな予感が。AV-P25/ヒューズ、でググると、こんな記事が。このヒューズ、Slow Blowという特殊な仕様で、何とアキバまで行かないと手に入らないとのこと。うーん、困ったなぁ。なんとか通販で手に入れたいのだが…

その後も検索を続けるが、6.4x30mm/15Aの管ヒューズは見つかるものの、Slow Blowというキーワードを追加すると全く引っかかってこない。海外のサイトなら引っかかるのだが、こんな小物を海外通販で買うわけにはいかないし。やっぱりダメか、と思ったが、Slow Blowは別名タイムラグともいうらしいんで、キーワードをタイムラグに変更して検索。すると…あっさり引っかかった!しかも普通に楽天で売ってるじゃん!


というわけで、TEACのAV-P25のヒューズが切れて困っている方は、迷わずエスコのEA758ZY-315をご購入下さい!w
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2012-01-14 21:43 | 音楽・カルチャー全般
メガネ作りました
老眼がきたのか、と思っていたら近眼だったようだ。毎年人間ドックの視力検査では1.0ぐらい出るのだが、実は僕は勘が異常に鋭いようで、ほとんど見えなくても開いている方向を「当てて」しまっていたようだ。なんでそれに気がついたかというと、行きつけのバーに誰かが忘れていったメガネがあって、誰の〜?なんて話になって、試しにかけてみたら異様によく見える!これ近視用だよね?というわけでもしかして自分は近視なのでは、ということになったわけ。

銀座のJINSに行ったら気に入ったのがなかったので、すぐそばにあるZoffへ。で、フレームはこれにした。
チタニウムで軽い。

視力検査したのだが、思ったより悪かったようだ。両目で頑張って0.7見えるかどうか、裸眼で運転はギリギリだそうである。さらに乱視も入っているらしい。というわけで、生まれて始めて度の入ったメガネを買った。

よく見えるのはいいのだが、やはり違和感がある。地面・床が異常に近く見える。階段の昇り降りが危険だ。最後の一段が見えない、というか感覚的にないように見える。顔を動かすと端っこの景色が歪んでいるのが気になる。ちょっとクラクラする感じもある。これは慣れていくしかないのだろうな。

とはいえ、メガネかけて初めて、おお、29Fからの夜景はこんなに綺麗だったのか!と感動していたりするのであるw
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2012-01-11 19:28 | 雑談
おめよろ'12
というわけで遅くなりましたが新年一発目のエントリーです。でも内容は昨年の続きですw

ポータブルMD用のガム型充電式電池が届いた。こいつを入れてようやく、
Panasonic SJ-MR230-S ポータブルMDレコーダーが動いた。ちなみにこのMDは、今は亡きLiveBlitzというインディーズサイトのLive Battleという企画でm7が優勝したときの商品だったりする。
で、早速件のMDを再生してみたが、音飛びしてたところでもすんなり再生してくれる。よし!読みは当たった!というわけで、こいつで再生してMacに取り込むことにした。だが、このMDプレーヤーにはデジタル出力がないので、仕方なくA→D変換して取り込むこととなった。元々レコードから録音していることを考えると、A→D→A→Dという変換経路になってしまい音質劣化は免れないのだが、まぁ仕方ない。
音飛びが恐いのでリアルタイムでモニタリングしながら取り込んだのだが、ほとんどうまくいったのだが一カ所だけ飛んでしまった。それもCaptain Fingersという、このアルバムのハイライトともいうべきオニ曲で!
まぁLogicで取り込んでるわけなので修正はきく。しかもアルバム全体の中で1曲中二箇所だけなので、大した手間ではない。ということで、飛んだ部分を補う為にYouTubeを使うことにした。
ところが調べていくうちに驚くべきことに気がついた。Lee Ritenour/ Gentle Thoughtsには実は2Take存在し、僕が持ってたのはそのTake2の方だった、ということだ。ダイレクトカッティングという特性上、原盤がヘタったら終わりなので限定盤にならざるを得ず、このアルバムは数万枚限定で発売されたらしい。だが、予想外に売れ過ぎて、すぐに底をついてしまった。そりゃそうだ。当時日本では「クロスオーヴァーの革命的傑作」ともてはやされて大ブームになったのだから。僕は結構話題になった後追いで買ったクチなので、その頃ではもはや底をついていたのだろう。ここでメーカーがひどいのは、初期盤であるTake1と全く演奏も違うTake2の原盤を使って、そろっと全く同じパッケージで増産していたのである。だから今の今まで僕が聴いていたGentle ThoughtsがTake2だってことを知らなかったのだ。
だがもう遅いw 僕の青春はTake2とともにあるのだ。CD化されたものはTake1の方で、ネット上に出回っているものもTake1がメインだ。昨年秋にようやく、タワレコが独自企画でジェントル・ソウツ・テイク2を発売し、ようやく当時のファンは胸をなでおろしているようなのである。ダイレクトカッティングなのにCDが出せるというのは、原盤にダイレクトで刻むのとパラで記録用にテープを回していたからだという。

というわけで、Take2の音源もYouTubeに存在した。

こいつを音源としてMacに取り込む。音質はひどいが、0.0何秒という音飛びの一瞬を埋めるだけなので全く問題はない。Toobleというフリーウェアで動画をダウンロードし、WannaAudio - Tida Inc.を使って動画から音声を取り出す。こいつをLogicに読み込み、音飛びの一瞬だけデータを補うように貼付ける。まぁ簡単に書いているが、結構何時間もかかる作業だったりするのだがw
というわけで、こんなドツボにはまりながらようやくGentle ThoughtsをiPhoneにブチ込むことに成功した。同様にSugar Loaf Expressもブチ込んだ。こっちはもっと音飛びが激しかったので難儀だったが。

というわけで、ようやく当初の目的であるアナログレコードのデジタイズ、という作業にかかれるようになったのだが、これはもういいや、他人のもんだしw でもレコードってこんなに音質悪かったんだな、というのは改めて思い知らされた次第。まぁかなり聴き込んでいたものだったせいもあるとは思うが、アナログノイズゼロのCDに慣れてしまっているとかなりひどいもんだ。Strawberry Statementで一つだけ言っておくと、Down By the River - Neil Youngを初めて聴いたのだが、ピンクフロイドのBreathe (In the Air) - The Dark Side of the Moonにそっくりである。だが、ニール・ヤングは70年、狂気は73年だから…ううむ…w

さて、これでようやく今年の話に入れるのだが、暮れからガンダムマスターズにハマりまくっているw
おかげでmixiアプリのハッピータワーとサン牧はほぼ放置。ようやく卒業できるかなw
a0033438_501517.jpg
シロッコのMSだが強いから仕方ないw

あとは今年に入ってから、つい一昨日ぐらいの話だがTEAC / AV-P25 パワーディストリビューターのヒューズが飛んでしまって大騒ぎ。このヒューズがまた特殊なもので…ってな話はまた次回w

今年もぼちぼち更新ですが、宜しくお願いします。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2012-01-09 05:07 | 音楽・カルチャー全般
年末'11
光陰矢の如しとはよく言った。今年が終わるなんて信じられない。もう大晦日である。というわけで、前エントリーからの積み残しを処理しなければならないのである。今回も内容は全くタイトルとは関係ありませんw

ドツボにハマったのは、テストに使ったLee Ritenour リーリトナー / Friendship のせいである。実はずっとどうにかしたいと思っていたアルバムが別にある。それはLee Ritenour リーリトナー / Gentle Thoughtsだ。Wired - Jeff Beckに衝撃を受け、後のフュージョン、当時のクロスオーヴァーと呼ばれた音楽に引き込まれた僕が、最初に買ったのが、当時メチャクチャ話題になってたLee Ritenour&Gentle Thoughtsのダイレクトカッティングアルバムである。ダイレクトカッティングとは、スタジオでテープに録音することなく直接原盤に針で音を刻んでしまうことによって非常にクオリティの高いサウンドのレコードを生産する方法で、まぁつまり普通の人はあんまり知らないだろうが、当時も今も主流のマルチレコーディングをやってベストテイクを時間的に積み重ねてアルバムを作る、つまり直しに直し、吟味を重ねてレコーディングするという手法の対極にあるやり方、ミュージシャンもエンジニアも一発勝負のまさに「生」のレコーディング手法なのだ。その生のライブ感もさることながら、例えばA面4曲あるのに4曲目で間違えたら最初からやり直し、という究極の緊張状態の中で、オニ難しい曲を軽々とこなすこのクロスオーヴァーの超人達が話題となり、限定生産ながら売れまくったアルバムなのだ。まさにクロスオーヴァーを代表する一枚と言ってもいいだろう。本当はこいつをテストに使い、うまくいったらiPhoneにブチ込みたかったのだが、どこを探してもないのである。
何故だろう?色々思い返してみたら、そうだMDに録ったんだ!ということを思い出した。で、MDに録ったレコードは地下のトランクルームに追いやったのだ。そこで今度はMDを探した。あった!しかもダイレクトカッティング第二弾のSugar Loaf Expressも一緒に入っている。
こうなると、もう当初のアナログをデジタル起こし、という目的から完全に脱線し、MDからMacにD→Dで取り込むという作業に変わってしまったw これがドツボの始まりである。
コンポの光OUTをオーディオテクニカのコンバーターを介して同軸に変換しM-Audioに入れるのだが、ここの道筋がどっかおかしいらしく、Mac上で全く入力信号を確認できない。色々繋ぎ直して検証したが、これはどうやらコンバーターがおかしいのではないか、という結論になった。この判断にはかなりバイアスがかかっていて、10何年も電源入れっぱなし(この製品には電源スイッチがないのだ!)だから壊れるのも無理からぬことだという潜在意識が働いていたわけだが、そこで新しいコンバーターを買うことにした。コジマに行ってもなかったので、ネットで注文した。それがAT-HDSL1である。さっそく繋げてみたが、何と信号が来ない!コンバーターのせいではなかったのだ。長らく何も繋げてなかったインターフェースのS/PDIFジャックを接点復活剤で掃除したら、問題なく開通した。やれやれ、である。
さて、こうしてGentle Thoughtsを取り込み始めたのだが、モニタリングしながら取り込んで行くと、何と音飛びするではないか!最初はMDクリーナーでデッキを掃除するがダメ。で、今度はMDディスクの窓を開けてメディアを掃除。それでもダメだった。これは録音時の問題なのか…意を決してトランクルームにレコードを探しに行ったが、ドアを開けた途端に諦めた。ああ、こんなに荷物が積まれているのでは、探すだけで一日かかってしまう、と。
そこでハタと思いついたのは、MDには元々エラー訂正機能があって、ポータブルMDでは振動に耐える為それがかなり強力に働く、ということだ。そこでうちにあるポータブルMDを引っ張りだしたが…電源が入らない。電源を繋いでもNO Batteryと表示されて動かない。どうやら電池がないと動かないようにできているらしい。で、電池を充電しようと開けてみると…液漏れしてる(T_T)。ダメだ、死んでる。これは新しいヤツを買わなければならない。ところがネットで調べてみると、このパナソニックのガム式充電池ってやつ、すでに生産が終わっているではないか!なんだよ、どうすりゃいいってんだよ!まぁでもよく考えてみるとソニーですらMDから撤退する時代である。もはやMDなど過去の遺物か、と思いきや、捨てる神あれば拾う神ありで、ちゃんと売っているところがあった。それがこれ。だがポチっとする前に、今度は確かめておこう。本当にポータブルMDのエラー訂正機能で音飛びがなくなるのか。
ポータブルMDに負けず劣らず振動対策がなされている、愛車の車載MDに例のディスクを突っ込んでみた。すると…期待通り全く音飛びしない!これはすごい!というわけで、電池を注文することにした。

コンバーターを注文し届いてからまた電池を注文し…で結局一週間以上も何も進展しないドツボスパイラル…このブログはこの状態で今年は完結するw
年明けはすんなりうまくいったぜ!という報告から入りたいのだが、もう一つ障害があった。それは来年!

よいお年を!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2011-12-31 06:20 | 音楽・カルチャー全般
メリクリ'11
いつの間にか今年もあと残りわずか。前回のエントリーから1ヶ月以上経ってしまった。ちなみにタイトルは内容とは何の関係もありませんw

ここしばらく何をしていたかというと、ある人からレコードをCDにしてくれと頼まれ、四苦八苦していたのであった。頼まれたのはこれ。
Strawberry Statement、映画いちご白書のサントラ。CD化されてるんだから買い直せばいいと思うんだが、何とCD版では1曲カットされてるのね、CSN&Yの曲が。いや、頼んだ本人は知らんだろうけどw
てなわけで、10数年ぶりにターンテーブルに火を入れ、デジタル録音システムをセットアップ。これがまた大変だったわけで…すでに数年前大掃除のときに、ターンテーブルはもうさすがに使わないだろうと思い、PHONO端子も電源も抜いてしまっていたために、まずは動くか、そしてどうやって接続するかが大問題だったわけだ。

試しに自分の持っているレコードをテストとして使う。それはこちら→
フレンドシップ。リー・リトナーのダイレクトカッティング第三弾である。80年代フュージョンの先駆けとなった70年代後半の、まだシーンがクロスオーヴァーと呼ばれていた頃の名盤である。

まずは、PHONO OUTをオーディオテクニカのマイクアンプに突っ込む。PHONOはLINEとは違って出力レベルが小さいので、マイクアンプでゲインを持ち上げてやらなければならないのである。今更ステレオの裏をごそごそやるのもなんなんでそうすることにした。
で、そのアウトをM-AUDIO オーディオインターフェース FireWire Audiophileのanalog inにぶち込めばOKなはずである。
で、試してみた。ターンテーブルは何の違和感もなく動く!ところがモニターしてると右チャンネルが落ちる。マイクアンプのゲインをいじると復活するが、またすぐに落ちる。どうやらマイクアンプの接触不良。接点復活剤も考えたが、小さいものなのでちょいとしんどい。
そこで思いついたのが、モバイル・ボーカル入れ用に買ったもう一台のオーディオ・インターフェイスを使うこと。
←それがこれ。M-Audio Fast Track Pro。キャノンにもフォーンプラグにも対応し、ファンタム電源も供給できるスグレモノ。しかもマイク入力用なのでゲインコントロールがあり、今回の用途には最適である。これで録音環境は整った。
だがしかし、本チャン行く前にやっぱり自分のレコードで試してみなければ。というわけで、Logicを立ち上げ、マスタリングのプリセットを読み込み、まずはトラックをモニターモードに。ふむふむ。で、ピークを見ながらインターフェースのゲインを調整。デジタルインターフェイスなのにゲインはつまみなんでなかなかアナログな感じ。ゲインはまぁ、レコード盤ごとに違うのでここの調整が本チャンでも使えるわけではないが、まぁこの辺ってのはだいたい掴める。音量はなんとかなったのだが、モニタリングの音がペラッペラである。
a0033438_211974.pngそうか、レコードってのはイコライジングが必要なんだ。低音を持ち上げてやらなきゃいかんわけだ。で、マルチバンドEQをこんな風にセッティングして、ようやくいい感じの音に。高音は結構やはりノイズが多いのできらびやかさがなくならない程度にカット。
ま、これでようやく本チャンに入れる…はずだったのだが、ここからドツボにはまるのである。長くなったので次回に続くw
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by Kenpapa9 | 2011-12-25 02:08 | 音楽・カルチャー全般
脱獄iPhone3G
iPhoneのiOS 5でWiFiやサウンドなどのショートカットを作る小技(未来検索ガジェット通信) - エキサイトニュース

こんな方法もあったんだ…でもちょっといちいちSafari経由というのもなんだよね?これについては僕はちょっと違う方法で実現してるのでそれは後ほど。

さて、僕のiPhoneのお下がりは必ずある人の所に行くのだが、4月に起動不能になった3GS白を新橋のSMARTで修理。結局電源部分のICが焼けていたらしく、バッテリージャケットで充電しながら音楽を聴いていたのがやはりアダとなったようだ。1万ちょっとかかったけど、ちゃんと機能するものを文鎮化するのは惜しいので直した。それでもAppleの新品交換よりはかなり安く(半額近い)上がった。早速iOS5にアップグレード。すでに解約済みの黒SIMを入れたら、問題なくアップグレードできた。

で、新たに3GSを渡した代わりに、これまで渡していた3G 8GB 黒を返してもらった。さぁ、これをどうするか…正直言って契約もないしタダのオモチャなのだが…オークションで売ろうかとも思ったが、液晶がちょっとダメになっていて、一部ドット落ちしているので、売れないと判断(ちなみにSMARTで液晶交換すると¥7800かかる。オモチャにこんなにかけられない)。
ここで思いついたのが脱獄である。Jailbreak。iPhone使いとしては憧れるがなかなか踏み込めないアンダーグラウンドな世界。これを現役機種でやるのは絶対にやめた方がいいのだが、すでに一線を退き、キャリアとの契約もなく、8GBのiPod Touchとしてしか機能しないオモチャ、しかも液晶ドット落ちならどうなろうと惜しくはない。というわけで、これ以降はそういう環境の人以外は絶対に真似しないで欲しい。

まずはCydiaを導入。redsn0w0.9.6rc16でMacから3GをJailbreak。あっけなく完了!ホーム画面にCydia登場。このアプリからいろいろな脱獄アプリがインストールできる。
脱獄してまずやるのは、SIMアンロックだ。Cydiaからultrasn0wをインストール。そして、余っていた日本通信のb-mobile3GのSIMを差す。ところが認識してくれない。ググると、どうやらベースバンドというものが関係しているらしい。ベースバンドとは、設定>一般>情報 で出てくるモデムファームウェアのバージョンで、僕の3Gは05.14.02になっているのだが、ultrasn0wはこのバージョンに対応していないのだ。しかもベースバンドはダウングレードできないらしい。これまでか、と思いいろいろいじっていたのだが、redsn0w0.9.6rc16をよく見てみるとInstall iPad Basebandという項目があった。つまり、ultrasn0wが扱えるiPadのBasebandをインストールしてくれるというのだ。これにチェックを入れると、二度ともとに戻らないぞ、iTunesの復元も使えなくなるぞ、という警告が。おもちゃだからいいや、とこれを選択。(実はまともにiTunesの復元が使えなくなるのは事実だが、TinyUmbrellaというアプリを使うと復元を問題なくできることも確認した)
すると、ついにb-mobileのSIMを認識してくれた。SBの契約切れのiPhone3Gが、b-mobile3GのSIMで接続できた感動の瞬間である(もちろん設定>ネットワーク>モバイルデータ通信でAPNを設定しないといけないのは当然ですが)。
脱獄してもう一つ絶対にやりたいのはテザリング。これはCydia経由でPdaNetというアプリをインストール。これでiPhone3GがポケットWi-Fiとして使えるようになった。Huaweiのルーターが電源スイッチがイカれて大変使いづらくなっていたので、これは大変助かる。
で、いろいろインストールしていろいろカスタマイズしたホーム画面がこちら。
a0033438_3135574.jpg
3Gでは使えないはずのホーム壁紙が使えたり、フォルダが使えたり、マルチタスクが使えたり、ステイタスバーがいろいろカスタマイズできたり(アンテナマークとバッテリーアイコンをOFFにして、キャリアネームの級数を下げて全部表示できるようにし、日付と六曜表示ができているのがわかるだろう)、さらにDockにアイコン5つ並んでいて上のアイコンも5列並んでいる。FivelRowsで縦も5行になるはずなんだけどそれは何故かできずw

だが、こんな外見のカスタマイズなんてどうでもいいこと。真ん中下にあるSBSettingsというのが全脱獄ユーザーに必須なアイテム。これはこんな感じで、
a0033438_325144.jpg
ここから様々な設定ON/OFFができるのだ。特にb-mobile3Gを使っているとこまめに3GのON/OFFはやらなくてはいけないので、実に便利である。

というわけですでに現役を退いたオモチャ3GがWiFiルーターとして復活しましたという話だったのだが、上記のSBSettingライクなことがiOS5では脱獄無しでできるようになった、というのが、一番上のニュースで、このサイトを使わずともURLスキームというものを使えばアイコン一発で目的の設定画面に飛べるようになったのだ。こちらのサイトで教えてもらった。
iPhone 4Sのホーム画面にWi-Fi ON/OFFのアイコンを配置できましたー! ~FONに接続されて困っている方はぜひぜひ!~ - @hebyumetan
ただ僕は、できるだけ有料アプリは使わない方針だ。例え¥85でも払わないに越したことはない。調べれば必ず方法はあるはずだ…
で、僕が辿り着いた方法は、MyWebClip LITE - forYou inc.を使うものだ。アイコンいっぱい並べたらどうせフォルダにまとめるわけで、ワンタップの手間がかかる。このアプリをワンタップすると、こういう画面になる。
a0033438_342924.png
これらのアイコンはタップすると直接設定の該当画面に飛ぶように作ることができる。右上の+マークでURLを手動で設定できるので、そこにURLスキームを打ち込めばいいのだ。
というわけで、3Gで脱獄したことで、インスパイアされて現役機種のiPhone4の使い勝手まで良くなった、という話であった。

なおくれぐれも現役機種での脱獄は自己責任で。僕は絶対にやりません。失敗した場合の皆さんの苦情も一切受け付けませんw

ちなみに脱獄自体、Appleは違法と主張しておりますが、その主張は今のところ認められていないようです。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet # by kenpapa9 | 2011-11-15 03:28 | iPhone