インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
Mac de DIY
最近全くブログを更新していなかったが、何をしていたかというとタイトルの件で大変だったのである。

僕の家にはPowerBook G4が2台あり、両方ともチタニウムで、1台は667MHzのVGAモデル、もう1台は867MHzのDVIモデルである。667の方はヒンジが折れ、スルーして使っていたら断線してしまったのでケーブルをちょん切って液晶をはずして捨ててしまい(今思えば勿体ないことをした)、外付けのVGAモニターをつなげて使っていた。867の方はこれもヒンジが折れたのだが断線しないよう慎重に使っていたが、突然バックライトが点かなくなってしまった。これを直そうとしたところからストーリーは始まる。

もっとちゃんと勉強してから直せばよかったのだが、蛍光管が切れたものだとばっかり思い込んでしまった。で、ググるとチタニウムの蛍光管だけを交換するのは至難のワザだとわかった。そこで、液晶ごととっかえてしまおうと思い立ち、ヤフオクにアクセス。そうしたら、液晶の出物はあるもののだいたい落札価格¥15000ぐらいということで¥5000以下で直せるようなら買おうかな、と思っていたのでちょっと高い。そこに不動品ジャンクの800MHz本体という出物があったので入札してみたらうまいこと¥4200で落札できた。そこでこれを分解して液晶だけはずして、交換する、という作業を行った。分解手順は、日本語で解説した有料のものもあるが、英語版でフリーのものをここからダウンロードして作業開始。

液晶をはずすためにはロジックボードをはずさなければならない、というかなり深いところまでの作業となったが、四苦八苦しながらも無事完了。立ち上げてみると…
何とバックライトが点かないではないか!これは蛍光管ではなくてインバーターがいかれていたということだった!だが、ジャンク本体からはインバーターがはずされていた。まぁヒンジの折れてない液晶を買ったと思えば安いものだが…

で、次にインバーターの出物がないかヤフオクをチェックしていたのだがなかなかない。このとき平行して667の方も液晶の安い出物があれば買えば直るなと思い、チェックしていたら¥1000スタートの【難アリ】というシロモノがあったので、これも安く落札できればラッキーかなと思って入札したら、¥3600で入札できた。これも英語のマニュアルを見ながら無事取り付け完了。すでに液晶交換には慣れていた。というわけで667の方はリペア完了。

ところが2週間ぐらいウォッチしていたがインバーターは落札できず。とうとうeBayに手を出すことになってしまった。eBayに行くといっぱいあった。一番安いやつが即落のBuy It Nowだったので購入。PayPalは電子タバコ用リキッドの個人輸入のためにすでにアカウントを取得していたのでスムーズに決済でき、何と送料込みで¥1800!ドキドキものだったが5日ぐらいで到着。早速取り付けてみると(インバーターの交換は最も簡単な作業の一つ)、見事867のバックライトが点灯。こうしてリペアは終了。

ところが、eBayを見ているうちにヒンジだけで売り物があることに気づいた。交換してはずしたヒンジの折れた液晶を直したいという欲望がふつふつと湧いてきた。実はDVIモデルの液晶はVGAモデルの液晶よりもハイレゾなのである。これを667に取り付けたら667がハイレゾになるのではないか?ということで、落札!送料込みで¥3400ぐらいでちょい高めだったが、これも1週間ぐらいで到着。意外なことに液晶ヒンジの交換はそれほど難しい作業ではなかった。
というわけで、867の液晶を667に取り付けてみると…

まだまだ続くが今日はとりあえずこの辺で。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-04-12 21:54 | 雑談
<< ポルシェ356ロードスター radiko.jp >>