インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
facebook導入記…その2 難しい…
ソーシャルネットワーク効果で僕の周りでも爆発的にfacebookが広まっている。さんざんfacebookはダメだろう、なんて言っていた僕だが、1/25に映画を観て、2日後の深夜には登録してしまっていた。いやはや、ものすごい宣伝効果である。
ところが危惧していた通り、日本語に最適化されていないこのツールは、やはり難しい。のっけから大失敗をやらかしてしまった。
メアドを入れて登録すると、メアドに紐づいた連絡先を読み込んで、すでにfacebookに登録している人を紹介してくれる。まずは最初の友達申請をするわけだ。ところが、次のステップで、その連絡先のうちfacebookに登録してない人達に招待状を出すかどうかきいてくる。僕はスキップを押したつもりだったのだが…後にわかるのだが、その全員に招待状を出してしまった。mobilemeのメアドでアカウントをとったので、mobilemeの連絡先、つまりMacとiPhone、iPadで使っている住所録に載っているすべてのメアドに。当然仕事とプライベートで使う全ての連絡先が統合されている。中には○○-Allみたいにある会社の全員に行くメアドもあったので大変ご迷惑をかけてしまった。
それに気付いたのは、次の日「○○さんをFacebookに招待しました。この友達がFacebookに参加しました。」と誘った覚えのない人が登録してきた通知が届いてきたときである。僕はこれはもしやと思い、自分の使っているいろんなメールボックスを確認してみた。僕はだいたい8つのメアドを使い分けているのだが、そのどれもに自分からの招待状が届いているではないか!大変恥ずかしいことをしてしまったが、僕とほぼ同時に登録した人が同じことをやらかした、というのを次の日会ったとき聞いた。後々わかるのだが、facebookのシステムはかなり不安定なところがあり、こうして期せずして招待状を送ってしまう人は他にも結構いたのではないだろうか?

さて、登録した後はプライバシーの設定だ。え?自分のプロフィールを入れるのが先じゃないかって?いやいや、プライバシーを先にやっつけないと、自分のプロフィールがダダ漏れになってしまう。まずは一般検索を無効にしないといけない。デフォルトでは全公開がfacebookのタテマエなので、こいつを無効にしないと誰でもGoogleやYahoo!の普通の検索で名前を打ち込めばfacebookのプロフィールに一発でアクセスできてしまうのだ。ところがこのプライバシー設定のページがややこしい。一般検索は「アプリとウェブサイト」という部分で設定できるのだが、これを掘り出すのが結構大変だ。何かfacebookは全体的に、やはり英語が元になっているだけあって、変な日本語に訳されていて直感的でない部分が多々ある。ちょうど明治維新で海外の法典を直訳して変な法律用語がたくさん出来てしまい一般人にはわからない言葉が一杯、みたいな使いにくさがある。

一般検索を止めたら、次は友達のリスト作りだ。これを作らないとプライバシー設定が半分も機能しないことになる。自分の場合は仕事の知り合いとか学校の友達とかその他諸々リストを作った。僕にはパソコン通信時代から営々と培ってきたネット人脈というものがある。実はmixiでの僕のマイミクはほとんどこうした人達である。facebookではリアルな人脈を中心にそこに混じってそうしたネット人脈みたいなものも入り込んで来るわけで、元々ネットには公開していない情報をコントロールする必要があるわけだ。だから、リストはどこまで本当の自分のプライバシーを公開していいか、を考えながらカテゴリー分けする必要があるのだ。

で、リスト作りが終わったら、ようやく細かいプライバシー設定に入るわけだが、詳しくは次回。
ただ、友達も55人まできて、そろそろ日々ウォールへの投稿にも気を遣うようになってきた。最初はリアルな知り合いがネットでつながるのが面白くて興奮した。当初twitterをそのままウォールに流し込むアプリを使っていたのだが、実は僕の場合twitterではフォロー関係にほとんど仕事上の知り合いはいないのだ。実にくだらない心のおもむくままのつぶやきをまんま仕事仲間に見せていいものかどうか?twitterにつぶやくのを躊躇する場面に遭遇したので、twitterとfacebookの連携は切ることにした。いやはや、ここにきてfacebookの難しさを痛感し始めているわけである。

ところで、今日気がついたのだがエキブロにソーシャルツールがいつの間にか加わっていたので下段に追加した。お気に召しましたらLikeボタンをw
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2011-02-17 00:38 | 雑談
<< 最近気に入ったiPad、iPh... EMIが米シティに売却された >>