インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
サンライズ計画&Fair
菅首相が来週G8で「サンライズ計画」なるものを発表するという一部報道が話題になっている。「また思いつきか!」との批判が多いようだが、まぁこの報道自体がTBS(JNN)からしか出されていないのでその真偽のほども定かではないが、もし報道された通りなら明らかに今月17日に閣議決定された「政策推進指針~日本の再生に向けて~」とそれを受けて19日に開かれた新成長戦略実現会議の延長線上にあるものと思われる。きちんと役人も学者も経済界も入った形で作られているはずだ。

エネルギー政策の見直しを議論 新成長戦略実現会議-asahi.com

以前、各家庭に「分散型発電を普及させる」ことを、東日本、とりわけ関東を「モデル地区」として推進させることが今年の自分のテーマだとして、ソーラーとエネファームの導入を個人的に検討していたが、一旦やめることにした。その後福井の原発が再稼働できないとか、電力問題は東日本だけじゃなく、全国的な問題へと広がっている。国が再生可能エネルギーを具体的に推進するのなら、ここ数年で分散型発電の環境が劇的に変化する可能性がある。そこまで待つのもよかろう。スマートグリッドの整備が整えば、小規模発電への障害がかなり取り払われることとなる。
恐らくモデル地区は東北の被災地域となるであろう。復興でイチから新しい街を作っていくときに、そこに再生可能エネルギーを組み込んでいくのが一番リーズナブルであるからだ。ここから5年が正念場である。もう一度言うが、今や総電力消費の半分を占める家庭が、電力会社の供給を解放してあげることで産業もより安定的に電力を消費できるのである。

さて、もう一つの話、iPhone4+b-mobile3Gを使い始めて1ヶ月弱なのだが、もうb-mobile3Gの残り時間が26時間しか残ってないこととなってしまった。つまり1ヶ月で35時間も使ってしまったわけだ。これではあと一月もたず使い切ってしまう…
というわけで、b-mobile Fair micro SIMパッケージをポチッとしてしまった。来週届いたら、Fair生活を開始する。そうしたらまたレポートするつもりだ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2011-05-21 16:58 | 雑談
<< b-mobile Fair あ... どこでFairに切り替えるか >>