インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
Tokyo 2020
今日というかもう昨日だが、神楽坂で祝宴があった。遠回りとは解っていたが、汐留から大江戸線でぐるりと牛込神楽坂まで乗ってみた。車両には何人かの外国人が乗っていた。最初は意識してなかったのだが、電話で英語を話していたので気付いたのだ。そう、彼らは平気で地下鉄の中で電話していた。
しかしながら、それが世界の常識なのだ。電車の中で電話しちゃいけない、なんて国は日本だけだ。海外から来た人は、電車の中で携帯電話を控えなきゃいけない、という日本独自のルールを理解できない。何故駄目なのか?と。

10年以上前だが、香港に行った時、感心したことがある。彼の地ではすでに地下鉄全線で携帯電話の電波が入るようになっていた。電車に乗っている人の半分ぐらいが携帯電話で怒鳴る様にガンガンしゃべっていた。当時日本は失われたナントカ中で世の中が沈んでいたが、香港・中国は日の出の勢いだった。僕にはその象徴に思えた。これが「活気」なんだ、日本はお行儀良く押さえつけようとしてすべてが沈んでしまっている、そう思えた。

2020年、東京はホストとして、世界中の人を迎え入れなければならない。7年後ではあるが、「お・も・て・な・し」の心で日本の常識=世界の非常識を排していかなければならない。まずは電車の中で電話しちゃいけないという世界でも奇異な常識を覆さなきゃいけない。これはティピカルな例をあげただけで、実は他にも一杯あると思う。猪瀬都知事は東京の交通能力を数字をあげて自慢していたが、その言葉の裏に果たしてあの地獄のような通勤ラッシュを想像した外国人がいただろうか。あんなにギュウギュウ詰めで大人しくしてるのは日本人ぐらいだw
首都高でも渋滞が起こらない?お前首都高乗ったことがあるのか?って思ったね。

新しく何か作るとか、そういうことばかりが語られているようだが、まずは足下を見直して正していく必要があることがいっぱいある。それが五輪招致に成功した東京と、そこに住む者の責任になってしまったわけだ。浮かれてばかりもいられないよね。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by Kenpapa9 | 2013-09-11 03:01 | 雑談
<< おめよろ2014 ダイエット終了 >>