インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
ワイン
a0033438_250138.jpg

僕は日本では全くワインを飲まない。必ず悪酔いするからだ。最悪記憶をなくし、次の日は頭ガンガン、ぐぇ〜〜気持ち悪い〜〜となるからだ。
ところがフランスに行くと、ガンガンワインばかり飲みまくる。15年〜10年前、毎年のようにフランスに行っていた時期もそうだったが、今回もそうだ。特に今回、一緒にいた人が全く酒を飲まない人だったので、ディナーの度にボトル一本注文し、毎日毎日一人でボトル一本飲み干すわけだが、次の日に全く残らないし気分爽快である。しかも日本で飲むよりうまい。

この違いはどこから来るのか?それは、輸出用ワインには防腐剤が入っているからだ。

で、写真のワインは、BLANC DE BLANCSというプロヴァンスの白ワイン。ニースあたりの地酒だ。決して高くはないが、僕が今まで飲んだ中で一番うまいと思った白ワインだ(今回の旅で実はもっとうまいのをみつけたが)。
この酒は、日本ではなかなか見つからない。10年ほど前、池袋西武の酒蔵でようやく見つけて買ったことがあったがやはり味が違った。それどころか、パリでさえもほとんど置いてなく、恐ろしいことにパリで飲むとすでに味が違っているのだ。
今回カンヌの酒屋で数本購入して日本に持って来たわけだが、やっぱりうまい。というわけでボトル一本すぐ空けちゃうけど全く残らない。
僕は大の酒飲みだが、わりと自分の体が拒絶する酒は学んで来た。醸造用アルコールが添加されている酒と、防腐剤入りのものは全くダメだ。
体質的なものかもしれないから万人にお薦めするわけにはいかないかもしれないが、海外に行ったらその国の、広い国ならその地方のワインがうまい。ロスに行ったらカリフォルニアワイン、シドニーに行ったらオージーワインがやはりとてもうまかった記憶がある。

というわけで、今僕の家に遊びに来ると、このBLANC DE BLANCSが飲めるよ。今週いっぱいでなくなる予定だが(^^;)。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2005-04-22 02:50 | 雑談
<< ラジオのお知らせ 復帰! >>