インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Parts

タグ

カテゴリ

お知らせ
☆blog内BBS☆
m7
レコーディング
ポッドキャスト
音楽・カルチャー全般
iPod・音楽配信
iPhone
iPad
雑談
ホッピー

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2012年 10月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

検索

P2Pと著作権とアーティストと音楽業界

OperaとFirefox、それぞれBitTorrentをサポートへ-CNET Japan

以前、インターネット時代の音楽産業アーティストの気持ちで書いたのだが、P2Pに対する「音楽業界」と「アーティスト」の反応には乖離がある。それは、この業界が抱えるいびつな構造ゆえである。
上記のニュースを受けて、このへんをまとめようかと思っていたのだがだいぶ時間が過ぎてしまった。



そもそもアーティストが音楽を作って行く第一義的なモチベーションは、自分の作品を広く世の中に紹介したい、ということであって、決して金儲けではない。売れる、売れないということはあまり関係がなくて、売れなくても作品が広まるならそれもよし、という考えが根っこにあるわけだ。これが基本。だからP2Pによる違法ファイル交換にも好意的なミュージシャンが多いのだ。
ただ、これが音楽産業の中に入ってくると話は違ってくる。レコード会社はP2Pによる違法ファイル交換が進めば売り上げが落ちる→売れないアーティストには投資しない→アーティストが新たな作品を作れなくなる、という構造から、P2Pはけしからん、という話になる訳だ。こうなって初めてP2Pに反対するアーティストが出てくる。

アーティストにとってこだわるべき著作権というのは、作品性の観点から、著作者人格権に終始する。実はその他の著作権や著作隣接権というのは、アーティストにとってはどうでもいいことなのだ。つまり、著作者人格権以外の著作権というのは、実はアーティストの為に作られた訳ではなく、音楽業界が儲けを独占する為に生み出されたのだ。

とあるブログで音楽の違法コピーを無銭飲食に例えていたが、僕はそれは全く当たらないと思う。
まず、音楽はタダでこの世に溢れている。ラジオからもテレビからもタダで流れてくる。ちゃんと1曲流れたものを、録音するのは違法ではない。で、自分のMDへ入れればコレクションの完成である。牛丼に例えれば、デパ地下に行くと試食用並盛がたくさん置いてあって、それを食べるのはタダ。試食用を毎日食べにくれば、合法的にタダで生活できてしまう、ということか。こんなことはあるわけないので、例え自体が成立しない。
ユーザーにとってわかりにくいのは、上記のことが合法で、P2Pが何故いけないのか?ということだ。FMのエアチェックものはデジタルデータに比べて音質が悪いのでよし、なんて理論は、そもそもエアチェックで満足しているユーザーには説得力がない。彼らはP2Pを「音質がいいから」ではなく、入手が簡単で「圧倒的に便利」だから使っているにすぎないのだ。
音楽ファンというのは、昔からコピーをしてきた。リスナー文化とは、コピー文化なのだ、ということは以前の記事にも書いた通り。レコードが高価な時代は、FMを聴いて欲しい曲をすかさず録音!いわゆるエアチェックが全盛で、専門の雑誌まで出ていた。誰かがレコードを買ったら友達同士で回して、カセットに録音した。そのうち、それに目をつけた業者がレンタルを始めて大ヒットした。レンタル業者が出てきたあたりで、音楽業界が既得権を守る為に対抗措置としてロビー活動を行い、それによって現在の著作権法が整備されていったのだ。
こうして考えると、違法、違法というが、その法律の成立過程に「アーティスト保護」なんて精神はまるでない。音楽業界が存続していく為の法律でしかないのだ。

ただ、時代はもう限界まできている。音楽業界のビジネスモデルそのものが、今の時代にそぐわないのだ。制作→製造(プレス)→流通(営業)→プロモーション、という流れをすべて握っているのがメジャーの強みであった訳だが、ネット時代ではもはや製造・流通は必要なく、制作すらアーティスト自身が行える。残された機能はプロモーション代理店ぐらいである。すでに終わっているのだ。

それなのに同じ業態のまま存続していこうという悪あがきが、文化庁に対しての様々な要求に現れているが、もはやお役所も新しい時代がどうなるべきか解ってしまっている。私的録音補償金制度にiPodが加わることはないだろう。

インターネット時代にふさわしい、音楽ビジネスのあり方を今こそ1から構築すべき時ではないか?そしてそれは、P2Pの否定からは生まれて来ないのである。
[PR]
by kenpapa9 | 2005-07-16 17:11 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(2)
Commented by acoyo at 2005-07-19 00:23 x
僻地をうろついておりましたので、亀のコメントです。
ナップスター問題の時、プリンスが擁護に立って、「なんでそんなに儲けなきゃいけない? もう十分食ってけるくらいは儲けてる。しかも、自分のためでなく、レコード会社の社員の高給を賄うために儲けさせられるのはごめんだ」と、珍しく人前に立って話してたのを思い出します。
私はごく素朴に、邦盤のCDは高すぎると思ってます。モノを作るのにお金はどれだけあっても困らない、というのはわかってますが。
Commented by kenpapa9 at 2005-07-19 16:02
>acoさん 飛騨高山はいかがでした?
ちょっともののわかったアーティストなら、プリンスと同意見だと思います。○ゆが売れてレコード会社の社員旅行がラスベガスになったり、ル○ーの指輪が売れて赤坂にレコード会社のビルが建ったり、という仕組みはもう終わらせなくてはなりません。もの作りには情熱さえあればいいのです。

サイトリンク

最新の記事

おめよろ2018
at 2018-01-08 19:51
Amplitube for ..
at 2017-12-09 23:54
ギター
at 2017-12-04 04:35
健康とか、暑さとか
at 2017-06-02 17:22
ロボット・ギターをTroni..
at 2017-02-05 00:38