インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
ロボット・ギターをTronicaltuneに換装
ロボットギターがやって来た!でご紹介したGibson Robot Les Paul Studio Desert Burstが故障した。先月学生時代のバンド仲間と新年会があり、その席で「先輩のロボットギター、まだ動きますか?」って話になった。後輩クンのはすでに充電池がヘタって使えないという。「動くよ〜」といいつつしばらく触ってなかった。家に帰ってスイッチ入れたらMCKのインジケーターがクルクル流れて(表現わかりづらいと思いますが(^^;)全く操作できない。あちゃ〜故障だ!ロボットギターに関しては、ギブソンは新規購入の登録ユーザーのもののみ修理対応ということで、中古で買った僕としてはノーチャンスだ。自分で何とかするしかない。というわけでいろいろググって調べていたら、最新型のロボットギターはどんなギターにも後付けできるToronicaltuneというものを搭載しているという。ロボットギターが壊れた場合は普通のLes Paul Studioに改造する手もあるようだが、折角ロボットギターとして使ってきたので最新型に改造することにした。

というわけでこいつを購入。これを元々ついていたパワーヘッドチューナーとプロッセッシングユニットを外してそこにつければいいだけ。ヘタにリペア業者探して修理に出しても同じぐらいかかるだろうな、と。ならばプリセットバンクも3倍だしこっちに換えた方がいいな、と思った次第。僕の持っていた古いロボットギターはブリッジやテールピースにも基盤が仕込んであってMCKはボディ側にあって充電池もザクリの中に入っているのだけど、今の新しいこのチューナーはヘッド部分だけですべてをこなすのである。なのでブリッジやテールピースも普通のものに換えようととも思ったが、とりあえず音に不満もなくGibson純正なのでそのままにした。
a0033438_00163627.jpg
a0033438_00170728.jpg
こんな感じで付きました!ペグ自体ちょっと小ぶりになっていい感じ!早速ユーザーズバンクにCGCGCEとThe Rain Songのライブバージョン、EADADEを登録した。なお、はずしたヘッドユニットはメルカリに出品してあるのでご興味のある人は是非!ペグを手で回して壊しちゃった人に最適ですよ〜!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by Kenpapa9 | 2017-02-05 00:38 | 音楽・カルチャー全般
おめよろ2017 >>