インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Parts

タグ

カテゴリ

お知らせ
☆blog内BBS☆
m7
レコーディング
ポッドキャスト
音楽・カルチャー全般
iPod・音楽配信
iPhone
iPad
雑談
ホッピー

以前の記事

2017年 12月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2012年 10月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

検索

MIT Revolutions#4

本来なら公式ブログに書くとこなんだけど今回はゲストからのコメントもあるんでこっちに書きます。



まずはアストゥーリアス。来ました!プログレ!!癒し系の革をかぶった真性プログレです。ニューエイジと間違ってもらっちゃ困ります。世界プログレフェスティバルなんてのがあるんですね〜。知らなかった。まだまだうすうすですね、僕も。まぁライフログを見てもらえばわかるんですが、僕の趣味はこんな感じです。トーク中でクリムゾンって言ってるんですが、クラリネットの音をそう感じたわけで。クリムゾンはメロトロンだったわけですが(^^;)。僕も奇数拍子が大好きで、大山さんも4拍子嫌いなんて仰ってましたが、m7も新作では5拍子に挑戦してたりして(まぁこれはジャズなんですが、って、いつ出るんだ、新作!)とにかく趣味が合って楽しいトークでした。
脱線するけど一見プログレとは対極にあるどポップスを追求しているように見えるm7も、「One」を聴いた某有名バンドマネージャーの友人に言わせると「エイジアっぽい」そうで。う〜む、確かに隠し味でメロトロン多用してたりするんで、聴く人が聴けばお里が知れるのかも。スティーブ・ハウ大好きだし(^^;)。
で、RAT。カッコイイー。ロカビリーなテイストの中にももっとソリッドな要素が含まれていて、一言で言うと「モダン・ロカビリー」って感じ?ブランキーが好きって言ってたけどミッシェル・ガン・エレファントな感じもして、何と言っても声がいいです。
トークしてみて強面だけどすごく気持ちのいい連中で、楽しかった。売れて欲しいな〜。

というわけで見逃した人もまだまだ再放送もCSでの放送も静岡・長野・熊本での地上波放送もあるのでお楽しみに。それでも見られない人はビデオ・ポッドキャストもあるんでクリッククリック!
[PR]
by kenpapa9 | 2005-11-14 05:50 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(4)
Commented by acoyo at 2005-11-16 16:19
話ずれるんですがね。今となってはプログレもあまり聴かないわたくしですが、実はS・ハウのギターって好きでしたあ。
多分、湿度が低いってのがポイントだったと思うんですよ。非常にさらさらギター弾くなあと。
Commented by Mr. Asturias at 2005-11-17 01:03 x
Markさん、収録ではお世話になりました(^^)。また、書き込みもありがとうございます。

私ももちろんS・ハウ大好きです!やっぱり「ムードフォーアデイ」はみんなコピーしてましたよね。「クラップ」は難しすぎだけど...。
Commented by Mark@m7 at 2005-11-17 01:29 x
>acoさん
ハウはチェット・アトキンスやレス・ポールといったカントリー、ジャズギタリストに影響を受け、およそロックギタリストとは呼べないルーツを持っていたためにブルースから派生したペンタトニック・スケールがロックの主流となっていた中にいてまさに「異彩」を放っていました。う〜ん、つまりボキャブラリーが全く違うというか。ジェフ・ベックやジミー・ペイジが最高だ!と思っていたギター少年にとっては「何でこのフレーズを思いつく?」という、後に僕がフュージョンにのめり込むのと同じ理由で衝撃でしたね。プログレ4大バンドの中では、(ELPはギターレスですが)ギルモアのもろブルースもいいんですが、ロバート・フリップと並んで「なんじゃこりゃ?」のギタリストでした。でも、人間臭さがある分、ハウが好きでしたね。
Commented by Mark@m7 at 2005-11-17 01:36 x
>Mr.Asturiasさん
クラップ難しいですね。何とかコピーしましたが相当運がよくないと完奏できない曲でした(^^;)。でもあの曲こそハウの神髄ですよね!あれとアメリカはコピーして本当に勉強になりました。解放弦の使い方とか右手のピック持ちながらのフィンガーピッキングのやり方とか。そして何よりも、首振り!ハウの真似して首を振りながら弾くと、今まで弾けなかったフレーズが弾けるのです!これは、ビデオのおかげですね。

サイトリンク

最新の記事

Amplitube for ..
at 2017-12-09 23:54
ギター
at 2017-12-04 04:35
健康とか、暑さとか
at 2017-06-02 17:22
ロボット・ギターをTroni..
at 2017-02-05 00:38
おめよろ2017
at 2017-01-06 17:18