インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
GITANES BLONDES LIGHTSが若林駅前に登場!
タバコのネタです。嫌いな人は読み飛ばして下さい。



なんだかエントリーひとつ上げるにも気を使わなきゃいけないのもなんだかな〜。っていうか、
タバコ嫌い!っていうロック&ジャズミュージシャンは信用しません、ハイ。あ、ボーカルは別ね。

a0033438_1363230.jpgで、これが去年の11月に日本で発売開始されたジタン・ブロンド・ライト。実はこれ、長らくJTがライセンス生産してて、10数年前から愛用してたんだけど、確か2003年の春で製造中止。恐らくはフランスのSEITA社がスペインのAltadis社に買収されて、ライセンスが切れたんだと思われます。ジタンといえば庄野真世の「飛んでイスタンブール」の歌詞にも出て来た銘柄。セルジュ・ゲンズブールのトレードマークでもあったね。最後は買いだめしてしのいでたんだけどそれも夏頃には切れ、他のタバコを探さなくてはならなくなったわけ。
a0033438_1374687.jpgで、いろいろ試したんだけど、一番しっくりきたのが右のゴロワーズ・ブロンド。ジタンが消えたのとほぼ時を同じくしてAltadis社から投入された製品。元々はジタンと同じSEITA社のブランドなのだ。やはり買収を機に新製品を投入して来たってことなのかな?「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」というムッシュかまやつの名曲もあるぐらいで、フランスたばこ好きの2大銘柄ですなぁ。
やっぱり味の感じがジタンと似ていたのが決め手となったんだけど、困ったことにちょっとジタンよりはキツいのね。かといって、赤い箱のライトもあったんだけど、これは軽すぎて深みがない。というわけで、フィルターで味をコントロールしながら吸っておりました。
で、フランスに行く知り合いに「おみやげにジタン・ブロンド買って来て!」と頼みまくり、時々吸ってはいたんだけど、先月また頼もうと思って、「これだよ!」って写真を手に入れる為にググってたら、何と!11月から日本でも発売!という情報が引っかかって来たのでした。早速渋谷のタバコ屋へ。あったあった!ところが地元三茶のタバコ屋には入っていない。というわけで、しばらくはわざわざ渋谷まで買いに行っていたのでした。
それが本日!我が地元若林の駅前のタバコ屋に入っているのを発見!いや〜、嬉しいなぁ〜。早速カートン買いしてきましたよ、ええ。
「ブロンドなんて、フランス本来の黒タバコを捨ててアメリカナイズされた製品じゃん!」と仰る本当のフランスタバコ党の方もいらっしゃるでしょうが、まぁ、好きなものはしょうがないですな。タバコってのは、酒と同じく嗜好品。かように文化も伝統もあるものを、ただただ排斥しようという今の風潮はいかがなもんですかねぇ。ま、当然嫌いな方に迷惑をかけない、っつー大前提はアリなんですけどね。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-01-15 23:19 | 雑談
<< 音楽の重さ ついにGoogle Earthが >>