インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Parts

タグ

カテゴリ

お知らせ
☆blog内BBS☆
m7
レコーディング
ポッドキャスト
音楽・カルチャー全般
iPod・音楽配信
iPhone
iPad
雑談
ホッピー

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2012年 10月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

検索

NARKISSOS

新生サディスティック・ミカ・バンドのアルバム「NARKISSOS」の評判がいいようなので、iTunes Storeでポチッとしてしまいました。

確かにきちんと作っているし、いい曲が揃ってはいるのだけど、Pink Floydの「The Division Bell」を聴いたときのような感動がないのは何故だろう?
まず木村カエラのボーカルがハマりすぎてて、「これ、木村カエラの曲じゃないの?」って感じ。ミカバンドって感じがしない。常に加藤和彦とハモっている「Sadistic Twist」でさえそう感じるってのはどういうことだろう?
で、必然的にミカバンドらしいと感じるのはカエラ以外のボーカルの曲ってことになるのだが、これだけ個々のメンバーがそれぞれ功成り名を遂げて独自の世界を確立している時代に、集まって「らしい」曲をやることのモチベーションってどこにあるんだろう?って思ったりする。インタビューなんか見ると、それぞれのメンバーかなり楽しんでやっているみたいだけど、それはつまりミカバンドを「らしく」やるってことの楽しさなんじゃないか。まぁ同窓会なんかもそうだけど、このメンツが集まると一気にあの頃の気分に戻れる、って感じ?
一体何が言いたいかっていうと、やっぱりミカバンドに期待するのはどこかに「あっと驚く先進性」みたいなものが紛れ込んでいることだったりするわけで。そこがもうひとつ僕が乗り切れないところなのかもしれないなぁ。
ただその中でも、「Tumbleweed」から「Jekyll」への流れはかなりグッときた。前者はリリー・フランキー(ELVIS WOODSTOCK)の詞を起用した高橋幸宏の曲。ここでかなり新鮮な気分にさせておいて、後者でズギューンと時間を巻き戻されるようなギャップ感。こういう仕掛けがもう少しちりばめられていたら、もっと楽しめたかもしれない。

icon

でもまぁ、最近のアルバムの中ではピカイチですな。
[PR]
by kenpapa9 | 2006-11-03 16:03 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(2)
Commented by ケミカル at 2006-11-08 17:03 x
あ〜忘れてた。買いに行かなくっちゃ。初回DVD付きを!
まぁ、ミカ・バンドって看板はデカイからねぇ。過度に期待しちゃうでしょ。
でも「天晴」よかいいでしょね。だって今回は幸宏爺さん、
ちゃ〜んと座ってドラム叩いてるもんね。
前回はサポートドラマーがいて、ギター弾いてたり
スタンディングでエレドラ叩いたりだったから、もう絵的にガッカリ
だったわけです、私としては。
Commented by Mark@m7 at 2006-11-09 03:15 x
>ケミカル
「天晴」のときはちょっと中途半端な感じがして、僕も全く心が動かなかったな。ボーカルがまず「なぜ?」って感じだったし。そういう意味では木村カエラには「なぜ?」って感じは全くないし、いい意味で先祖返りしていると思うよ。

サイトリンク

最新の記事

おめよろ2018
at 2018-01-08 19:51
Amplitube for ..
at 2017-12-09 23:54
ギター
at 2017-12-04 04:35
健康とか、暑さとか
at 2017-06-02 17:22
ロボット・ギターをTroni..
at 2017-02-05 00:38