インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
こりゃすごい、iPodでいいフライトを!
今度は「空飛ぶiPod」へ--航空会社と連携し、機内での充電・視聴が可能に - CNET Japan

エールフランス、コンチネンタル、デルタ、エミレーツ、KLM、ユナイテッド限定ではあるが、iPodシートコネクションを搭載し、機内での充電、そしてシートバックのディスプレイでビデオ鑑賞ができることになるという。ビデオが送れるってことはドック接続なわけだから、航空機の中で唯一残されていた接続機器の可能性をiPodがもぎとったということだ。
国際線で(特にヨーロッパ・アメリカ線で)iPodの電池が持たないのは確かに不満だった。ま、いたしかたないと思っていたのだが、まさか充電出来るようになるとは。今度ヨーロッパに行くときは、断然エールフランスだな(元々好きだけど)。
こういう国際的インフラみたいなものをiPod+iTunesという非常に閉鎖的なシステムが牛耳ってしまうということは、本格的にデファクトを取った、ということなんだろう。ここにはウォークマンもZuneも接続出来ない。
考えてみればiPodが国際的な規格で作られているということがこのような躍進を支えているのだろう。そういう意味では、やはり携帯電話は負けるわけだな。言語以外をローカライズしなければならない機器は、国際的なデファクト・スタンダードとはなり得ない。
カーナビもiPodにシステムレベルで対応しているものは多いが、他のものはない。Panasonicでさえ、確かにSD Audioには対応しているが、iPodをナビから直接操作出来るようになっている。iPodはもはや単なるポータブル・メディア・プレイヤーではなく、何か別物なんだね。「iPod」としか言い様のない。

全く、何度も言うが、初代iPodを買ったときにはこんなになるなんて思ってなかったよ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-11-15 04:34 | iPod・音楽配信
<< 酸化防止剤無添加ワイン そういえば昔からMAC使いだった >>