インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
おめよろ2007
昨年から使っている「あけおめことよろ」のさらに短縮バージョンで失礼します。

あ〜、明けてしまいましたね〜。さっきようやく年賀状を出し終わったところです。ダメじゃん。
というのも、mixi日記にはちょっと書いたんだけど、年の瀬は今更DS版FF IIIにハマってしまい、毎日気がつくと外が明るくなっているという廃人な生活。だからゲームはやりたくなかったんだよな〜。こんな何も生み出さないものに徹夜で取り組んでいてどうすんのさ。ただ暗闇の洞窟まできたんでクリアもそう遠くないでしょう。クリアしたらジョブチェンジしてもう一回…ってそれがいけないんだっつーの!ちなみにゲームにハマったのは鉄拳2以来です。

そんなことと並行して、Intel Mac miniにWindowsをインストールしてW44Sと繋げてみたのでそのレポートなどを。しっかし高いなーXP SP2!しかも1台にしかインストールしちゃいけないってなめとんのか!

まずはリビングの37型アクオスに繋いでほとんど使ってなかったMac miniを自分の部屋に移動。これで僕は4台のDesktop Macに囲まれてしまったわけだがそれは置いといて、まずはCore Soloのminiのパフォーマンスを考慮してBoot Camp使ってインストール。XPのインストール自体は30数分で終了。で、再起動。

おおっ、これはビックリ。フツーに動く!(当たり前だが)
っていうか、事務所のDELLのペン4のかなり速いヤツよりもサクサク動く!(余計なフリーウェアをインストールしてないからだろうが)起動も速いし。あらま、こりゃWindowsマシンとして十分使えるのね、Mac miniって。しかも一番安いCore Soloなのに。Mac用の追加ソフトウェアをインストールして、これで青歯もAirMacも使えるようになった。あ、このときBoot Campの最新バージョンを使わないと、右クリックだの通信関連で不具合が出るので注意。最新バージョンは、1.1.2
で、au Music PortとSonic Stage CPをインストール。こちらもVPCとは違って気の遠くなるような時間はかからず、フツーにインストール。まずはW44Sを接続し、Sonic Stageを起動。立ち上がったらすぐにW44Sを認識してくれた。VPCとは大違いだ。試しにATRACに変換して転送をやってみたら、変換15秒、転送10秒ってな感じだった。たまたま手元にあったCREAMのベストCD「CREME DE LA CREAM」を読み込んで転送してみたら4分ぐらいで全19曲転送できてしまった。これはフツーに使えるなぁ。どうしたものか。
しかしながら、音楽管理ソフトとしてはSonic Stageはいただけない。まるで使いにくい。膨大なライブラリを管理するにはやはりiTunesは手放せない。しかもiTunesで買った曲は相変わらずiPodにしか転送できないから、やはりiPodは手放せない。というわけで、W44Sには流行の曲だけ転送することにした。う〜ん、これって十分Shuffleの替わりだなぁ。ShiffleはUSBメモリと化してしまいそうだ。
で、次はVPCで失敗したau Music Portだが、こちらも問題なく認識。フツーに使えた。とりあえずアドレス張と着うたフル、EZビデオクリップを転送してバックアップ。しかしこれは使わんな。LISMO Music Storeは高すぎて使う気になれない。

Boot CampはMacを完璧にWindowsマシンと化すことを確認したところで、今度はParallels Desktopに挑戦。こちらは再起動が必要ない、OSXとWindowsを同時に使える、など、VPCライクな機能を持ちながらIntelネイティブなので速いという触れ込みの製品。しかし、メモリ512MBのminiでは、VM(バーチャルマシン)の推奨メモリサイズが192MBで最大。若干の不安を残し立ち上げてみる。
う〜ん、Boot Campに比べるとさすがに遅い。処理速度自体はそんなにおそくないのだろうが、一部のレビューにあったようにマウスポインターの動きがカクカクして、印象的に遅い。Sonic Stageは何とか使えたが、au Music Portは最低メモリ256MBなのでインストールすらできない。そこで、VMのメモリを推奨サイズ以上の256MBに上げてみた。パフォーマンスが落ちますという警告もとりあえず無視して。そしたら…

遅い!とにかく遅い。VPC以上に待たされる感じ。これはとても使い物にならない。とりあえずau Music Portはインストールしたが、W44Sを認識してくれなかった。

というわけで、Core Solo 512MBのMac miniで使うなら断然Boot Campだということがはっきりしたのでこれでいこうと思う。おまけにParallels DesktopではOSXと同時に使えるといってもVPCのようにドラッグアンドドロップによるファイルコピーはできないし、何故か共有フォルダをうまく認識してくれないのでまるで使えない。
これがCore 2 Duo搭載の1GBのMacBookならどうなのだろうか?ああ、また物欲が…

あ、そうだ、曲を作らなきゃ!(^^;)
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-01-01 17:55 | 雑談
<< 毎年恒例 バブルかよ! >>