インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
YouTubeはダメかもしんない
バイアコム、YouTubeに動画の削除を要請 - CNET Japan
ViacomはYouTubeとGoogleと数ヶ月間話し合った結果、削除という結論に至った、というのはつまり「決裂」ということなんだろう。Viacomが要求している削除対象が10万本以上、と特定できているということは、Viacom側にも自社コンテンツを探査できる能力があるのだろうから、使用料を徴収して合法化する、という道もあったのだろう。もし実現していたら画期的なモデルだ。ユーザーが勝手にコンテンツをアップしてくれればチャリンチャリンとお金が入る。Viacom側としてはYouTubeにお墨付きを与える口実になる。(誰に対しての口実だって?出演者や脚本家などの権利者だよ。ViacomのコンテンツはViacomだけのもんじゃないんだ。)
だけど最大の問題はYouTubeにちゃんとした収益モデルが確立されていないってことだ。Googleがついたことで体力はあったんだろうが、Googleとしてもそれを許せばYouTubeはでっかいお荷物になってしまう。そんな巨大なコスト部門はいらないよ、ということだろう。
で、例によって「ユーザーが勝手に上げたものまで知らないよ」というインターネット企業の実に悪いクセがでたのではないか。それじゃぁ済まないのにね。
YouTubeの声明では「Viacomの番組にとって、YouTubeの熱心な視聴者による後押しが、プロモーションの助けになってきた。Viacomが今後、その後押しを得られなくなるのは残念なことだ。」なんて負け惜しみなのか捨て台詞なのかっていうぐらいのことを言っているが、それにしてもViacomの作品に勝手にCMつけてアップするヤツを許しておいてはいけないだろう。大衆の利便性を追求するという大義名分だけでは、他人のフンドシで相撲を取るなという声には抗えない。ビジネスの世界ではね。ユーザーはそんなこと知ったこっちゃないんだろうけどね。
でもいいコンテンツ作るにはカネがかかって、コンテンツ制作者はそのカネを回収できるっつー仕組みがきちんと整備されていないと、世の中プロフェッショナルのコンテンツ制作者が誰もいなくなるよ。便利だからって皆でただ乗りしてたらそのうちぺんぺん草も生えなくなるぜ。僕はやだな。世の中に存在する映像作品が素人投稿ビデオしかなくなるってーのは。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-02-06 02:21 | iPod・音楽配信
<< こりゃロマンチックだ なんじゃこりゃ! >>