インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
DRM撤廃への大きな流れが始まった!
Excite 経済ニュース : <アマゾン>不正コピー防止ソフトを撤廃…デジタル音楽
アマゾン、DRMフリーの楽曲を販売へ - CNET Japan

iTunes StoreとEMIが組んでDRMなし楽曲の配信に乗り出す話はすでに書いたとおりだが、米アマゾンによってその動きが後戻りできない大きなものになるかもしれない。アマゾンは年内にデジタル音楽ストアをオープンし、その全曲をDRMなしのmp3で配信するという。
EMIとの提携は発表されているが、他にどんなメーカーが名前を連ねるのかは不明だ。ワーナーあたりはEMIの動きに批判的だっただけに、動向が注目される。
ただ、アマゾンは「全曲mp3で配信」と宣言してしまったわけだから、このストアに出したいメーカーは必然的にDRMフリーのファイルを提供するしかないわけだ。これは、業界的にもかなり大きなインパクトではないかと思う。

一方、iTunesの方ではこんなニュースがあった。
iTunes Storeでポール・マッカートニーの新作を販売-インプレス AV Watch
サー・ポールから始まる、ということはEMIとの提携第一弾か、と思ったらそうではなかった。コーヒー店のスタバと米Concord Music Groupが立ち上げた新レーベルに移籍していたのだね。このConcord Music Groupはどうやらユニバーサル系らしいのでこちらも注目だ。しかしながらアップルのリリースによればこの新作だけでなく、今月末には、ポール・マッカートニーの25のソロアルバム全カタログが、オンラインでは初めてiTunesから提供されるということで、こちらの方はEMIとのコラボだということなので、これこそThe Beatlesの楽曲をiTunes上で配信する布石なのだろう。
iTunesとThe Beatlesとamazonが、大きなうねりを作り出そうとしている。日本はまた乗り遅れるのだろうか?

5/19追記
DRMフリーの楽曲販売--アップルとアマゾンが握る普及のカギ - CNET Japan
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-05-17 16:58 | iPod・音楽配信
<< 珍しく真面目なお話 IC入り運転免許 >>