インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
コムスン問題
Excite 政治ニュース : 厚労相、法の不備認める コムスンで、事業譲渡の改正検討

このニュース、介護保険制度を全く理解していないためさっぱりわからなかった。いろんなブログで「コムスンひどい」とか「厚労省やりすぎ」とか異なった意見がいろいろ書かれていたけど、どれ読んでもなんとも言いようが無い。そこで、自分なりに調べてみて、ようやくなんとなく全体像が掴めてきたので書いてみたい。

まずこのニュースに接して素人考えで思ったことが、「おいおい廃業かよ、コムスン使っている人は困るだろうな」という感想である。ニュースでも6万人に影響、とか言われているし、処分はいいけどエンドユーザー無視じゃない?と思ったわけだ。
ところが介護サービスっつーのは「ヤマト使おうかしら、それとも佐川急便にしようかしら」というようにユーザーが選ぶもんじゃなく、「地域包括センター」や「在宅介護支援センター」といった公益性の高い組織(運営主体が市町村だったり公益法人だったりする)がマネージメントして最終的にサービス業者に実務を委託する、という仕組みなので、なるほどこれならいかに最大手といえどもいなくなれば単に事業者をすげかえればいいだけの話である。コムスン事業譲渡の理由、「利用者へのサービス継続や従業員の雇用確保を最優先するため」は苦しい言い訳と言わざるを得ない。ケアマネージャーやヘルパーだって他事業者に移籍ってことになるだろうからね。もちろん今日明日ってわけにはいかないが、今後数年は事業継続して引継ぎを行い、廃業前にすべての移転を終了する、というのが厚労省のシナリオだろうし、それに従うのが真に誠実な態度であろう。

免許事業ではないが事実上の免許剥奪みたいなもの、っつーことなんで、虚偽申請が高くついたってことなんだろうけど、そもそも虚偽申請や脱法的譲渡を平気でやれる企業風土があったってことなんで、長い目で見ればエンドユーザーにも利益となる今回の処分であるような気がする。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-06-08 19:14 | 雑談
<< 桑田メジャーデビュー なんでだろ? >>