インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
やっぱりiPhoneは革命だった
アップル、iPhoneでAT&T月額利用料も受け取りか--アナリスト調査 - CNET Japan

iPhone発売当初から噂されていたことだが、これが事実だとしたら、業界の常識を覆すまさに革命である。iPhoneの日本展開が難しい本当の理由にあるように、例えば日本ではキャリアの意向に添った形でのハード開発しか出来ない。携帯メーカーは完全にキャリアに支配されている状況だ。ヨーロッパあたりではハード開発についてはメーカーの自主性が確立されているようだが、それでもキャリアの契約プランにまで口出しはできない。
ところがAppleはどうやら、それらすべてを自社でコントロールしようとし、その条件を飲むキャリアすなわちAT&Tに独占販売権を与えたようだ。これはまさに「iPhoneは特別」であることを通信キャリアに知らしめたということだ。他の国でもそのような戦略に出るだろう。そうなればもう携帯ビジネス自体の産業構造が変わってくる。それほど大きな事件なのだ。
実際、iPhoneを触ってみると、まさに特別であることがよくわかる。かつてAppleが提唱した(ジョブズではないが)ナレッジ・ナビゲーターの究極の形であって、決して携帯電話ではない、とすら感じる。電話機能は数ある機能の一つに過ぎない。これひとつ持っていれば、普通の人はPCすらいらなくなる。そんなシロモノだ。例えばメールにはGMailが標準装備されているが、こんなことは従来の携帯電話には考えられなかったことだ。
iPhoneの日本展開が難しい本当の理由では日本での展開に法整備が必要だという見解が書かれているが、そんなものを待たずしてもきっちり来年には日本で発売されると僕は踏んでいる。それは、様々なソースから入ってくる情報を総合すると、従来の商習慣を崩してでも欲しい端末だ、ということを日本のキャリアはよく認識していると感じるからだ。例えば3キャリアがそれぞれ日本の商習慣を重視して導入を見送ったら、必ずイー・モバイルが導入するだろう。そうなったら、一気にイー・モバイルが首位に躍り出るかもしれない。それほどの爆発力を持った端末である。
SBにとっては魅力的な端末であることは間違いないだろう。しかし、本命はDocomoではないか?最近やられっぱなしの感があるDocomoが、業界のリーダーの地位を不動にするのにもってこいの端末である。苦渋の決断ではあろうが、この「毒」を飲むのではないか、と僕は考える。Docomoが変われば携帯業界が変わる。iPhoneをキッカケに、もっとメーカー独自の個性的な端末がたくさん出てくるのを期待もできる。

ま、こんなことを勝手に予想しているのも楽しいもんである。とりあえずアクティベート済みのiPhoneが見つかったら、買ってみようかな。電話として使えなくても、十分欲しい端末だ。
但し、アップルの特許申請、「Wi-Fi iPod」や新マウスを示唆なんて記事を読むと、Wi-Fi iPodも捨て難い気がする。でも、今ごろ特許申請ってことは、製品化はずいぶん先なんだろうなぁ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-07-21 11:10 | 雑談
<< 風邪っぴき GRECO GO1400DST >>