インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
松井大リーグ100号に思う
Excite スポーツニュース : <大リーグ>松井秀が日本人選手初の100本塁打
4年半、意外と長くかかったのはもちろん昨年のケガが大きいわけだが、いかに大リーグが長距離打者にとって難しいところか、ということだろう。そう考えると7月の大爆発はすごかった。月間13本は巨人時代年間50本を打った最後の年に1度記録して以来なので、日本にいてもなかなか打てるものではない(確か日本の月間本塁打記録は、門田・江藤・阿部が記録した16本)。松井が現在まで最も成績がいいのが8月だということを考えると、7月に準じる小爆発でも年間40本が見えてくるかもしれない。そう考えると、記念の100号がわりと早く出たのは喜ばしいことだ。40本いけば大リーグであっても押しも押されもしない長距離砲。すでに今日時点での22本はア・リーグ本塁打ランキングで6位タイまで上がってきた。ま、A.ロッドは今年50本は打ちそうだから本塁打王はムリだろうけどね。
ボストンとのゲーム差は7。負け数と勝ち数がちょうど7ずつ違う。チームとしては8月終わって4ぐらいに縮めれば9月面白いことになりそう。ヤンキースは後半の驚異的な追い上げが持ち味だからね。ただ、7月の松井爆発に引っ張られてチームも勝ち続けた結果、気がつけばワイルドカード争いではすでに0.5ゲーム差に。一時期8ゲーム以上もあったのにね。というわけで、宿敵ボストンと優勝争いを最後まで続けることによってポストシーズンへの切符も現実的なものとなるだろう。そうやってモチベーションを高く持てば、また松井の個人成績もついてくるに違いない。今年は実に楽しみだ。

しかしイチローや松井を見ても、人間的魅力も兼ね備えているところがやはり海外でも活躍できる第一人者の必須条件だなと思うのだが、そこいくと↓で書いたエントリーは寂しい限り。家庭環境もあるだろうが、やはり仰木さんなりミスターなりがしっかり教育したのだろうな、と。昨日のバダ・ハリを見てても、教育者の存在と言うのは非常に大きい、というか選手生命に関わるのだな、ということを痛感した。子供から大人に変身し、ものすごく強くなったバダ・ハリ。彼のトレーナーのような人が、朝青龍には必要なのだと思う。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-08-06 15:48 | 雑談
<< 明日(もう今日か)は汐留でイベント! これはねー、親方がいかんよ >>