インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
これはiPhone導入への布石なのか?
Excite 経済ニュース : KDDI、電話端末の購入方法が選べる「au買い方セレクト」を提供

これは、日本における携帯市場の特殊性・閉鎖性を端的に現してきた販売助成金制度にキャリア自らメスを入れた、ということなのか。
キャリアが販売助成金によって小売店に¥0ケータイを売る口実を与え、これが飛躍的に携帯の普及率を上げたしキャリアがメーカーをコントロールする(つまりキャリア好みの端末を作らせる)大きな原動力となってきた。しかし、携帯普及率はすでに飽和状態を迎え、今はキャリア自体のサービス競争も、MNP以降どこかが値下げすれば他社も追随するというイタチごっこ。こうなってくるとケータイ選びは個々の端末の魅力で勝負、という段階に入ってくる。もちろんそれを認めることはキャリアの主導権をメーカーに奪われるというリスクと表裏一体なのだが、AppleのiPhoneの登場が業界全体に衝撃を与えた。たった一つの大ヒットケータイ(ハード)の存在がキャリアの勢力地図を塗り替えるパワーを持っていることが証明されたからだ。その優れたハードを独占的に扱えることで他キャリアとの差別化を図る、これが新たな戦略として浮上したのはある種健全な進化かもしれない。
これはAppleだけではなく、国内の優れた端末メーカーにも朗報ではないだろうか?今まではお上(キャリア)の言いなりに端末を作ってきたが、これからは自社が抱える技術者の独自性をより発揮でき、Appleのような強気の販売戦略がキャリアに臆することなくとれるかもしれない。一発大逆転のチャンスである。逆に、魅力のない端末しか作れないメーカーは淘汰されていくリスクもあるけれども。
Design Projectを長年やってきたauがこのシステムに移行したのはハードの魅力がキャリアの勢力にも多大な影響を与えることの、先駆者としての自負もあるだろう。もうサービス競争では他社との差別化は難しいが、魅力あるハードを揃えることで差別化を図る。それにはハード素人のキャリア主導よりも専門家であるメーカー主導の方がいい端末が生まれる可能性が広がる、という判断なら、DやSBがこのサービスを追随しても決して負けないという判断もあろう。そして、期せずして(というかこっちがメインかもしれないが)Apple iPhoneの日本上陸を阻害していた慣習が一つ取り除かれることにもなる。

意外な伏兵、iPhoneはauで出るのか?

10/11追記:
と思ったらこんな分析が。
au新料金に総務省が激怒-NB online
この料金は本当に総務省向けのダミーなのか?こりゃちょっと様子見だなぁ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-10-06 02:32 | iPod・音楽配信
<< MIT Special Ban... これはすごいやiPod touch >>