インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
再び弦を張り替える
去年のErica with Revolutionsの初ライブの直前に弦を張り替えるというエントリーを上げたが、今度は逆の張り替えをした。すべての弦をダブルボールの09のセットに戻したのだ。
ストリングアダプターを使った08のセットで初ライブはこなしたが、実はチューニングが狂い易くなったという問題が生じていた。物理的に狂いようのないダブルボールと違って、やはりストリングアダプターは弦を挟んで止めている関係上少しずつずれるのだろう。
で、今年の春のライブでの練習で、相次いで1,2弦が切れた。持っていた08セットの1,2弦ととっかえたが、すぐにまた切れてしまった。仕方がないので手持ちのダブルボールの1,2弦を応急的に張った。当然09のセットだ。つまりダブルボールと普通の弦が混在した状態となったわけだが、これが思いのほかフィーリングが良かったんで、そのまま本番に突入した。しかし相変わらずチューニングは狂い易かった。
で、今回のライブに当たり、ちょっとアーミングを多用しようかなと思い立ち、先日のリハでやってみたところ、見事に狂った。これでは安心してライブができない。というわけで、すべてダブルボールに戻してみたのだ。
すべて09のセットにすると、さすがに太い感じがする。特に3弦が太い。だが、1,2弦はすでに09のセットで慣れていたので、そんなに違和感はない。が、弦が太くなった分全体のテンションが変わったので全体的に少々力がいる感じではある。そうかぁ、太さというよりテンションの問題なんだな。しかし弦高調整までやってるヒマはなさそう。
というわけでこの状態で全部の曲をひととおり弾いてみたけど、概ね良好。チョーキングも問題ないし、ソロは前も書いたけどこのセットの方がヘナヘナしなくてしっかり音が出る。
というわけで、またしてもライブ前々日の夜中にこんなことをやっているのだが、これはもう性分なのだろう。

最後にもう一度宣伝。

「 MIT vs. OMS 」
出演:小野瀬雅生ショウ/MIT Special Band"Revolutions"
open/start:19:00/19:30
adv/door:¥2,800 /¥3,300 ドリンク別
整理番号なし
受付電話番号 tel 03-3337-5745
メール(24時間OKです):ticket@showboat.co.jp
会場/問合せ/チケット:SHOWBOAT
東京都杉並区高円寺北3-17-2-B1 tel 03-3337-5745
http://www.showboat.co.jp
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-10-17 03:38 | 音楽・カルチャー全般
<< 大々的に始まりました まぁ実際なめてたんでしょうなぁ >>