インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Parts

タグ

カテゴリ

お知らせ
☆blog内BBS☆
m7
レコーディング
ポッドキャスト
音楽・カルチャー全般
iPod・音楽配信
iPhone
iPad
雑談
ホッピー

以前の記事

2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2012年 10月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

検索

テニス

Excite スポーツニュース : <女子テニス>伊達が決勝進出 英・サウスにストレート勝ち

「エースをねらえ!」にもあったが、人は高みを目指すもの。憧れる選手=スターがいてはじめてそのスポーツが盛り上がる。伊達が25歳という若さで引退した後テニス界はスター不在だった。杉山愛がひとりで頑張っていたがスターたり得なかった。
今やひところのテニスブームなど見る影もない。うちの区にいっぱいあったテニスコートも相続税の物納でどんどんなくなって、テニスをできる場所すら少なくなってきている。
ひとりの人間として幸せを追求した結果、若くして引退という結論を導きだしたのだろうが、このテニスという自らが打ち込んだスポーツ自体の荒廃に彼女は心痛めていたはずだ。引退早すぎたかな、と後悔の念もあったのではないか。自分がいなくても後からどんどん選手は出てくるはず、と思っていたが全く伊達に続くプレイヤーは現れず。そして今の体たらくである。そう、本人は分かってなかったのだろうが、伊達は間違いなく日本のテニス界にとっては佐藤次郎に続く100年に一人の天才だったのだ。
だいたい伊達の得意とするライジングショットは、「エースをねらえ!」で岡ひろみがウインブルドンを勝ち上がる為に取り入れた必殺技である。つまりはマンガを地でいって本当に勝ってしまったという、佐山サトルみたいな人なのだ。まさしくスター以外の何者でもない。

伊達自身は「若い選手の刺激になれば」と言っているが、それは裏を返せば「37歳の私に勝てなければ世界は遠いよ!」ということで、それだけ日本のテニスのレベルが落ちていることに危機感を持っていたのだろう。
しかしどうだ?伊達が復帰しただけでカンガルーカップ国際女子オープンテニスなんつーマイナーな大会が俄然注目を浴び、メディアが連日報道し続ける。昨日までテニスなんて全く興味がなかった人もその戦果に今や注目している。確実に「テニス」というスポーツの広告塔としてはこの12年間で一番機能しているだろう。それがスターなのだ。他にかけがえがないのである。
で、優勝しそうな勢いである。下手するとシングルス、ダブルスのダブル優勝。それは、伊達が天才であることの証だ。

さすがに世界ツアーで最前線で活躍するには歳をとりすぎているのは間違いない。だが、日本人の高みとして大きな壁であり続けることが日本のテニス界を発展させることだと彼女は知っている。これだけのブランクをおして彼女が復帰してくれたことは本当に嬉しい限りだ。

僕は高校大学とテニスをやってきた。もうかなり離れているが、久しぶりにラケットを握りたいな、と思っている。

5/5追記:やったね!
Excite スポーツニュース: クルム伊達、複でカムバックV!単でも準優勝
[PR]
by kenpapa9 | 2008-05-03 22:10 | 雑談

サイトリンク

※注:スパム防止の為、<リンクのないブログからのトラックバック禁止>を設定しました。このブログにTBするときは、必ず当ブログへのリンクをお願いします。
なお、コメント本文にURLを表記するとスパムとみなされはじかれますので、URL欄への記入をお願いします。


Twitter Button from twitbuttons.com


カウンター
shinobi


m7公式サイト
Podcast in iTS(English)
Podcast in iTS(日本語版)
m7Radio in English

m7ラジオJapan



MIT Revolutions CD ONE



One/m7



In The Blue/m7



Shining Star/m7(廃盤)


iTMSで買えるプログレ
A Young Person's Guide to Progressive Rock in iTunes Store

プログレ!

m7が参加するindiesSite
 Last.fm
 BANDEST
 myspace

Mark on mixi

携帯でこのブログを見る!QRコード





One/m7



In the Blue/m7



MIT Revolutions CD ONE


暗殺者 (新潮文庫)


炎~あなたがここにいてほしい~



フィジカル・グラフィティ



アイランド (紙ジャケット仕様)



恐怖の頭脳改革(K2HD紙ジャケット仕様)



ライヴ・イン・ジャパン

最新の記事

健康とか、暑さとか
at 2017-06-02 17:22
ロボット・ギターをTroni..
at 2017-02-05 00:38
おめよろ2017
at 2017-01-06 17:18
紙巻きタバコが吸えなくなりました
at 2016-11-11 18:37
1993シドニー・Paul..
at 2016-11-09 03:33