インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
iPhone 3G は携帯電話でも、PDAでもないのかも
iPhone 3G、日本のモバイル業界を変えるか:CNET Japan オンラインパネルディスカッション - CNET Japan

この江島さんという人、WWDCに参加しているだけあってエバンジェリストっぽく見られるかもしれないが、言っていることはなるほど、と思ってしまった。

Excite ITニュース : 「iPhone 3Gは最良の体験をめざして進化した」――iPhone/MobileMe担当者インタビュー

こちらの記事も合わせて読むと、iPhoneというのがいわゆる携帯電話とは別の製品だと思えてきた。言ってしまえば携帯電話でもPDAでもなく、「iPhone」という新しいカテゴリーの製品だ。つまり、携帯電話をiPhoneに買い替えるのではなく、iPhoneを買えば今までの携帯電話がいらなくなるだけの話だ。

携帯電話にもなるし、iPodでもあるし、どこでもつながるWebブラウザでもあるし、PSPやDSに対抗するゲーム機でもあるし、mobilemeを使ってPC環境を持ち出すこともできるし、アプリのデモを聞く限り楽器にもなる。いわば史上最小の汎用機であって、携帯電話専用機(iモード以降いろいろできるようになったが、すべては電話機能のオマケにすぎない)しかない携帯電話業界に存するカテゴリーの製品ではなかろう。
そうなると、「iPhoneが日本の携帯電話業界を変えるか?」なんて議論はナンセンスで、議論があるとすれば「iPhone業界は携帯電話業界を飲み込むか?」であり、現在iPhoneに否定的な意見の人は「No!携帯電話専用機には引き続き需要がある」と言っているのだろう。
僕は現時点ではiPhoneのような汎用機が全ての人に必要なデバイスだとは思わない。電話とメールとモバゲーしかしない人にとっては専用機の方が使い易いに違いない。FeliCa機能だって確かに便利で、僕も毎日電車に乗ったりコンビニで買い物したりと使っている。だから、専用機と汎用機は両立して行くと思っているので、両方の意見が理解できる。議論に対立点があるように見えるのは、そもそも議論の前提が間違っているからで、それゆえ噛み合っていないのではないだろうか?

ところが、iPhoneは日本の携帯電話専用機ユーザーにもアピールするよう、ある機能を積んでいる。インタビュー記事を見て初めて知ったのだが、それがkanaキーボードだ。
これもっとアピールした方がいいと思うのだが、携帯の日本語入力と同じように片手で打てるようになっている。僕もメールの時はこれ使うかも。iPod touchを使ってみて唯一不満だったのがこのソフトキーボードだったのだが、これなら携帯メールに慣れた日本のユーザーも違和感なく使えるに違いない。

早く手元に欲しい。10年先のエクスペリエンスが待っている。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-06-11 09:30 | iPhone
<< ついに初音ミクかぁ iPhone 3G 予約完了! >>