インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
ストリートビュー
Google ストリートビューは便利? 怖い?:CNET Japan オンラインパネルディスカッション - CNET Japan
Excite ITニュース : 何でも見れちゃう「ストリートビュー」ドロボーの物色に「悪用の危険性」

まぁいろいろ言われておりますが…
すでにGoogleマップが航空写真リリースした時点でいいの?ってな感じだったわけで。北○鮮なんて困るだろうな、みたいな。すでに国家機密すら裸にされつつあるわけで。
それでも自分のプライバシーが世界中に公開されているのはあまりいい気がしない。僕の家の前の画像で車のナンバープレートがバッチリ写っていたもんだから、「不適切な画像を報告する」ってやつをやってみた。そしたら何と、連続写真の中でその画像だけ削除されてた。別にモザイクかけてくれりゃいいだけだったのに。削除されたらされたで一抹の寂しさを覚えるのは何故?(^^;)。

でもこうやって自分のプライバシーは守らなきゃならない時代なんだね。今の時代、便利と引き換えに様々な情報がネットワーク上に存在する。このディスカッションで西山さんが書かれているように、それがオープン・インターネット上ではないだけでいろんなネットワーク上にかなり機微な個人情報がふわふわ漂っている。攻殻機動隊の世界だな。存在すれば、それはハッキングできるわけだ。もし厳密に守ろうとするのならネットワークから自己を遮断し、オサイフケータイとかGPS機能とか全部あきらめて自分だけ時計を巻き戻すしかない。
だから、プライバシーに必要以上に過敏になるのもどうかな、と思う。著作権問題もそうだが、ネット社会の発展の為にはこういった権利をいつまでもフルフルで主張している場合じゃないと思う。どこかで折り合いをつけて前へ進まないと新しいビジネスも生まれてこない。著作権問題ってのは「既得権」ばかり主張するから進展がないのであって、社会の構造が変わろうとしているのだから今までのルールは一度チャラにして全く新しい社会に対応する全く新しいルールをイチから構築するぐらいのつもりがないと。

来るべきネット社会というのは世界中の個人と個人が誰でも繋がれる社会。今までのように企業が物を集約してメディアが流布する必要はない。但し大衆心理というものは常にあるだろうし、マイナーなものはメジャーの中に埋没する、という傾向も続くだろう。だとするのなら、個人個人が端末から道具としてアクセスするポータルと、人と人を繋げて多くの人が集まるコミュニティといったものが重要になってくる。それは現在までの流れでわかる。と同時に、そこに流れるコンテンツというものがネットコンシャスというかネットに最適化されたとき、そこに新しいビジネスチャンスが生まれるわけだ。ここが足踏みしているところだろう。
つまりポータルとSNSによるネット支配、という構図から脱却できないでいるわけだ。ポータルだけが肥大化し、一部デリカシーに欠けたコンテンツを生み出している。


それがGoogleでいいのか?


何かロボコップとかX-MENとかウルトラバイオレットに出てくるような、企業による社会支配。それを彷彿とさせるようなこのところのGoogleの振る舞い。僕の気持ち悪さの根っこはこれかもしれない。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-08-11 03:03 | 雑談
<< 悩み 水 >>