インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
盛り上がったり盛り下がったり、しまいにゃ落ちた
Excite スポーツニュース : <五輪野球>日本、米国に敗れメダル獲得ならず 3位決定戦

ソフト金で折角盛り上がったのに、野球準決勝敗戦で盛り下がり、それでも4x100mリレーの銅でまた盛り上がったのだが、野球3位決定戦敗戦で落ちた…なんたって試合内容が悪すぎる。
昨日は朝まで飲んでたので、起きてきたらもう日本が負けるとこだった。

この敗戦は、日本野球の歴史的な転換点かもしれないね。

すでに野球のレギュラーシーズンについては視聴率の低下もあって地上波は放送すらしないことが多くなった。それをはね返すカンフル剤としてのオリンピックはメダルなしの惨敗で終わった。これは、人気の低下が実力の低下に裏付けられているということにはなりやしないか?
五輪期間中はどこも全く野球のレギュラーシーズンの試合を放送しなかったのだから、試合やってたことすら知らない人も多いのでは?そんなペナントレースなら休んじゃえばいいじゃん。サッカーA代表のように海外組を招集してベストメンバーで臨む体制が作れないんならせめて国内組のベストメンバーを集めないともう世界には太刀打ちできないということがわかった。それでも厳しいかもしれない。アジアのレベルもものすごく上がっているのは韓国の優勝を見ればわかる。韓国は国を挙げてバックアップしている。
結果が求められるプロが出場しておいて金メダルの重圧云々は論外。チーム作りがきちんとできなかった、次善の策で作ったチームだということなんだろう。

これで恐らく日本のプロ野球人気はさらに地に落ちることになろう。来年開かれるWBCには大リーガーを含めたベストメンバーで臨み、ディフェンディング・チャンピオンとして恥ずかしくない試合をすることに野球界は全てを賭けるべきだろう。その為の体制をどれだけ作れるか、作れないんだとしたら、もう日本野球はマイナースポーツに転落するという危機感を持ってもらいたいものだ。日本で野球が生き残って行く為の最後のチャンスかもしれない。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-08-24 04:32 | 雑談
<< 胸いっぱいの愛を 確率のスポーツ >>