インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
何だか変な展開になってきた
Excite 社会ニュース : <元次官宅襲撃>小泉容疑者が連続襲撃供述 殺人で再逮捕へ

こいつがやったんだと納得してる人ってどんぐらいいんのかな?出頭して2日もたっているのに、「血のりと被害者の血液型が一致した」とかいう決定的な情報が入ってこない。もうとっくに鑑定は済んでいるはずなのに、である。せいぜい「運動靴が現場の足跡と模様がよく似ている」ぐらいの曖昧なものだ。物証がないのだ。
元々この事件、現場に遺留品が何も残っていない。警察としてはお手上げだったはずだ。宅配を装ったダンボールさえ持って帰っているので、容疑者が持参したダンボールが本当に犯行に使われたものなのかどうか証明ができない。被害者宛の伝票なんてニュースを見ていれば誰でも書ける。サバイバルナイフだって本当に犯行に使われたものかどうかわからないし、こいつが持っていたというだけでこいつが使ったのかどうかもわからない。というわけで、現在のところ全面的に容疑者の自供に頼らざるを得ない、というわけだ。
警察としては、何らかの物証を押さえないと、自供だけ、ということは裁判になって自供をひっくり返されたら終わりである。しかも自供自体、誰が聞いてもとてつもなくおかしな動機だし、「やった」ということ以外はけむに巻いているようにすら見える。そう、犯行から導きだされた犯人像と、この容疑者のパーソナリティーがあまりにも食い違っているのだ。

僕はちょっと前のエントリーで妄想したように、まだ巨悪による犯行という線を捨てきれないでいる。捜査攪乱の目的か、時間稼ぎなのか、いずれにせよ警察には「こいつと決めつけ」ないで捜査を続けて欲しいところだ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-11-24 14:02 | 雑談
<< クォーターパウンダー すかいらーくが消えるの? >>