インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
そういう運命なのだな
Excite 政治ニュース : 61%が小沢代表の辞任求める 共同通信調査

ああ、この人はどうしても首相にはなれないのね。

自民党離脱後、細川・羽田とキングメーカーに徹し、新生党→自由党の党首となった時代も合従連衡に明け暮れ自らは首班指名を受けうる立場には一度もならず、民主党合流後も岡田が代表になるとすでに世代交代完了の感が強くもうこの人は首相になることはないのね、と思った。ところが前原誠司の失態を受けた直後の凄まじい動きで民主党代表になるや、選挙に強い剛腕ぶりを発揮して参院選勝利、ねじれ国会で与党を追いつめ、まぁ焦ったのか大連立騒ぎなんつー余計なことをやらかしつつも歴史的な大根役者麻生太郎が自ら失点を重ねてもうすぐ間違いなく政権がとれるだろう、というこの時期…なんだろうねぇ、人生の哀れというか、なにかひゅるるる〜って感じがするね。やったことのいい悪いはおいといて。

この人のこれまでの政治史を見ると「権力」というものに取り憑かれてるような人だから、最高権力者である総理大臣になりたくないわけがない。だけど民主党に合流した後はさすがにもう出番はないかな、と自分でも半ばあきらめたのではないだろうか?それが前原辞任を契機にこれが最後のチャンスとばかりの大攻勢を打って出てやっとここまできたのにねぇ。

まぁ田中角栄最後の弟子ってことからも選挙に強い「剛腕」と呼ばれていることからも間違いなく「カネ」とは切っても切れないわけで、あまり僕は驚きませんでしたけどね、今回の件は。逆に一般の人から今回の件で「辞任せよ」みたいな声がこんなに出るってことは、この人をみんなクリーンだと思っていたのかね?非常に不思議です。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-03-08 22:59 | 雑談
<< 好評のようなので いや〜、気持ちがいい! >>