インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
生まれ変わったmF247
音楽配信サービス「mF247」、ひろゆき氏の下で再始動--「ニコニコ色は出したくない」:ニュース - CNET Japan

mF247が始まったとき上げたエントリーでさんざん批判して読者からおしかりを頂いたこともあったが、思った通り失敗して閉鎖→ヤフオクに出品。それをひろゆき氏が落札してmF247 Episode2として生まれ変わった。今度は成功するかもしれない。

ポイントは「いままではアーティスト登録料を1万円にしていたが、ひろゆきさんが無料にこだわった」という点と「アーティストが曲作ることでお金を稼げる環境を作っていきたい」という2点だ。これこそがmF247が成功する為に必要だった2点である。
それはつまり、音楽業界的発想からの脱却、ということである。モデル事務所のように登録料を取り選ばれたごくわずかな人をメジャーに引き上げようという発想からはインディーズシーンを活性化できないしインターネット時代の音楽のあり方としては古すぎた。CGMの発想からとにかく多くの作品を集める、そこにコミュニティが生まれる、ユーザーが増えればビジネスにもなる、その利益がアーティストに還元されればさらにシーンが活性化する、というサイクルが今回はきちんとできている。さらにニコ動というメディアを持ち、dwango.jpという収益構造もある。

これは僕がやっているMIT 3Gと全く同じ構造だ。MIT 3Gも第2日本テレビ・BS・CSというメディアを使って集客し、MIT BANKを通じて、着信☆うた、MUFFINで音楽配信していく。MUFFIN経由であらゆる音楽配信サービスに有料展開していくことも可能だ。いや、別にパクった、なんて言うつもりはない。ひどくまっとうなやり方になった、ということが言いたいのだ。

今後成功するかどうかはわからない。ビジネスの視点に重点がおかれれば失敗する可能性もある。儲けは度外視して文化的な広がりといった方向に注力すればやがて成功しビジネスになるかもしれない。当面気になる存在としてウォッチしていきたいと思う。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-03-26 14:27 | iPod・音楽配信
<< 隔離セッション総集編 侍ジャパン連覇! >>