インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
twitterをやってみて
私がTwitterを使わないわけ-TechCrunch Japan

ま、合わない人もいると思うが、僕がtwitterを始めて面白いと思っているところを。

1.タイムラインという概念が面白い。例えば情報ツールとして使うときでもRSSリーダーだと様々なニュースサイトを登録してそれぞれのxmlを個別に見なきゃいけないわけだが、twitterだとあらゆるソースの情報がタイムラインという一つの軸でまとめられる。朝日はどうかな、読売はどうかな、といった風にニュースをチェックしなきゃおさまらない人にはアレだが、雑多なソースから速報が時間軸1本にまとまって閲覧できるのはとても快適である。

2.コミュニケーションツールとしても面白い。例えばmixi日記をほとんど一言二言で一日何回も更新するする人がいるが、あれは正直ウザイ。そういうマイミクさんは、残念ながら日記の表示からはずしている。だから、自分が書くときもそういうことはやめようと思うあまり、ほとんど中身のない、だけど一言言いたいなんて時には使えない。だが、twitterは一言で一日何回も更新するのがデフォなので、気兼ねなくやれる。反応があってもなくても気にならないゆるさもいい。

3.iPhone使いには快適そのものだ。世界のモバイルTwitterユーザーの半分はiPhoneからつぶやいているなんて調査もあるぐらい、iPhoneとtwitterの親和性は高い。iPhone用のtwitterクライアントが無料のものも含めてたくさん出ており、iPhoneのSMSとtwitterのタイムラインが似ていることも手伝って、まるでiPhoneの公式サービスのような、あるいはiPhone自体がtwitterのためにある端末のような錯覚に陥るぐらいだ。

僕がtwitterを続けているのはこんな理由から。
twitterを始めてから、明らかにmixiにアクセスする回数が減っている。昔は暇があれば携帯でmixiを開いていたのだが、今は暇があればiPhoneでtwitterを開いている。mixiの持っていたある部分をよりすぐれたインターフェイスで代替している感じだ。

フレンド、フォロワーが大量になってくるとどうなるか、また世界が違ってくるのかなぁとも思うが、今のところはどちらも10~15ぐらいでキープするのが快適なのでこれで続けようと思う。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-08-19 20:55 | 雑談
<< やはりこの人は頭悪いんじゃないか? えらぼーと >>