インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
タイムカプセル
もう1月も半分終わってしまった。ブログの更新が滞っているのは毎日mixiアプリのハッピータワーに一生懸命になっているから。サン牧はさすがに飽きてきて日々義務的にメンテしてる感じなのだがハッピータワーは早くレベルを上げようと必死にやっている。このゲーム、最も効率的にレベルを上げようとしたら1時間に1回アクセスしなければならず、最悪でも3時間に1回アクセスしないと効率が悪くなるというやっかいなシロモノなのだ。でももうすぐ☆3つなのでそうなるとお客のレベルもアップするのでなかなか楽しみではある。


ではなくて、昨年来予告しているTime Capsuleの話である。元々は昨年末、うちに3台あるAirMac Expressのうち1台がオシャカになり、WDSの一端がくずれてしまったところに始まる。AirMac Expressを1台買い替えるよりは、1TBのストレージ付きのTime Capsuleにした方がいいかな、と軽い気持ちでiMac 27"と一緒にオーダーした。
さて、Time Capsuleはデュアルバンドで、802.11b/g用の2.4GHzと、より高速な802.11nの5GHzと両方の電波を出すことができる。で、WDSを組むAirMac Expressは初期型なので802.11b/gである。というわけでiMac 27"は5GHzで、その他のネットワークは2.4GHzのWDSに組み込んでWPA2パーソナルでセキュリティを設定した。
ところがうちにある数台のMacは最初期型のAirMacカードを搭載していて、何とWPA2に対応していないので繋げないことがわかった。う〜ん、困った。WEPでネットワークを構築するのは恐いしスピードも犠牲になる…
で、いろいろとググっていたら、WEP TSN(Transitional Security Network)というものがあることがわかった。これは、WPA対応の機器からはWPAで、WEP対応の機器からはWEPで繋げると言う便利な機能。ところがこれをTime Capsuleに設定するのがまた一苦労だった。最新版のAirMacユーティリティーでワイヤレスセキュリティを設定しようとしても、プルダウンメニューにWPA、WPA2しか出てこないのだ。またまた小一時間ググってやっと解決法が。何とoptionキーを押しながらプルダウンすればすべてのメニューが出て来るのである。何でこんな隠しコマンドみたいなことするかな…
さらにWDSに設定するAirMac Expressの方はWEP TSNに対応してないので、こちらはもうWEP128に設定するしかない。仕方ないな。というわけで、半日がかりでようやく無線LAN環境が整ったわけである。

さて、Time CapsuleといえばLeopard以降のTime Machineバックアップに使うのだが、これが1時間ごとにバックアップ作業をして非常にうざい。しかしインターバル調整などは一切出来ない。これまたググっていると、Time Machine Schedulerという便利なフリーウェアがあったんでダウンロード。これでバックアップのインターバル調整、それからバックアップ除外時間なんかも設定できるようになった。だいたい何でOSにそういう機能がないかね?

そして、1TBのTime Capsuleをバックアップの為だけに使うのは勿体ない。もちろんワイヤレスストレージとして使いたい。だが、放っておくと容量いっぱいまでバックアップをとってしまう。なんとかパーティションを切る方法はないのだろうか?これはググってみても皆さん相当複雑な方法で実現しているようで、僕はちょっと独自の方法でやってみた。

1.Time CapsuleをFinderにマウント
2.DATAフォルダを開くと"Macのコンピューター名.sparebundle"というファイル名のディスクイメージがあるので、それをディスクユーティリティーにドラッグアンドドロップ。
3."イメージのサイズを変更"を選択して好きなサイズに変更

とりあえずバックアップイメージはMAXで500GBにしてみた。これできっとあとの500GBはストレージとして使えることでしょう。

最後に、どこでもMyMac機能で使うと非常に便利!出先でも自分のTime Capsuleにアクセスできるのは容量が多い分iDiskなんかより全然いい。Macは電源OFFるけどTime Capsuleは電源入れっぱなしなんでこういう使い方ができるんだね〜。

一つだけ盲点だったのはAir Tunes非対応ってこと。これでiTunesの音をステレオにぶちこめなくなってしまった(;_;)


Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-01-16 22:40 | 雑談
<< Twitterふたたび 明けました >>