インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
by Mark@m7|ReTweet
シルバー仮面
Excite 社会ニュース :<訃報>実相寺昭雄さん69歳=映画監督

ガンですか、まだ若いよなぁ。

彼の演出については好き・嫌いがはっきり分かれるようで、「暗い・難解」と言うか「陰影・テーマ性」と表現するかでその評価は180度異なるけれど、何よりも子供番組にこのような演出を持ち込んだ功績は大きいと思う。僕としては一番エンターテイメントとのバランスがとれているのはウルトラセブンだったんじゃないかな、と思う。それにしてもこの方、元々TBSの社員だったんですね。

合掌。

さて、実相寺作品についての解説は詳しい方にお任せするとして、このニュースで僕がハッとしたのは以下の部分だ。
自身が演出したテレビ番組を映画化した「シルバー假面(かめん)」を監督し、公開予定だった。
シルバー仮面といえば、僕はほとんど想い出がないし観ていない。何故なら真裏の番組「ミラーマン」を観ていたからだ。当時の男の子はミラーマン派とシルバー仮面派に分かれていたが、ミラーマン派の武器は、「シルバー仮面は生身の口元が出ているのでヒーローとしてはミラーマンに劣る」という理論武装だった。仮面ライダーでも、同様に生身の口が出ている「ライダーマン」は一段低く見られていたが、当時の男の子にとってはヒーローは人間からかけ離れているほど憧れが強くなったのだろう。結果、視聴率競争に苦しんだあげく、「シルバー仮面ジャイアント」という、泥縄のテコ入れを試みるものの、あえなく打ち切りとなったようだ。しかしミラーマンも後半つまらなくなり、僕は裏番組(シルバー仮面と同枠の次の次の番組)の「アイアンキング」を観ていた記憶がある。アイアンキングのデザインは、これはどうみてもシルバー仮面とウルトラセブンを足して2で割ったものだった。しかし、アイアンキングは1分しか闘えなかったり、結局相手を倒すのは巨大ヒーローであるアイアンキングではなく相棒の石橋正次が操るムチ(なんじゃそりゃ!)だったりするのにすぐに飽きて、ミラーマンの後枠「マジンガーZ」を観ることとなった。まぁ、後の歴史から観てこれは必然であったろう。かくも少年の心を捉えるのは難しいのである。
ただ、おぼろげながらの記憶として、ミラーマンではなくシルバー仮面を好んで観ていた奴らは、なんとなく文学少年っぽかったようなような気がする。口では「なんであんなの観るんだよ」と言いながら、実はちょっとうらやましかった様な気もする。

で、このニュースにシルバー假面とあって、ググってみると、映画ではなくオリジナルDVDのようだが、12/23から渋谷のユーロスペースで特別先行上映するとある。なるほど、こうすると映画ということになるのか。ビジネスモデルとしては面白い。単館映画で公開しておいて本命はDVD、という映画も多い中、その逆のパターン(DVDだと言っておいて特別先行上映する)ってのもアリなんだ。
元々脚本は佐々木守氏の遺稿を元にしているようだし、今となっては実相寺監督の遺作。これは観に行ってもいいかもしれない。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-11-30 22:10 | 雑談
いや〜、とりあえず入るんだけどね
mixi追撃なるか--モバイルSNS「EZ GREE」の会員数が1週間で10万人を突破 - CNET Japan

なんだそうだが、僕のようなユーザー多そう。

まだ一人も友達いません。

コミュには2つほど入りましたが、何も書いてません。

とりあえず知り合いはmixiにいるし。

1から繋がってくのはなかなか根性いるしやんないなぁ、きっと。


11/29追記:
おっと、一方こんなニュースが。
Excite 社会ニュース:SNS最大手ミクシィ 成長神話の終焉
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-11-28 02:02 | 雑談
MySpaceがおかしい!&EZ GREE
ここんとこ連続して、MySpaceのお知らせメールが文字化けして届く。そのいずれもがEventのお知らせなのであるが、メールにあるURLを叩いても「サービス開始までお待ちください。」とだけ書いた何もないページに飛ぶ。おかしいと思ってホームにログインすると、確かに新しいイベントのお知らせが届いているが、クリックしても同じく読めない。
で、すぐにMySpace Japanの不具合ではないか、と思いMySpace InternationalからUSAのHome入り、クリックするとちゃんと読めた。
どうやら、イベント機能はまだMySpace Japanには実装されておらず、フル稼働の海外のMySpaceからお知らせが届いても日本版では表示できない、ということらしい。

こんなことなら日本語版MySpaceなんて始まらなくてよかった。使いにくくていい迷惑だ!

だいたいUSAに登録してフル機能でやってきた人間をいきなりβサービスに引き摺り下ろすってのはどういうわけ?勝手にMySpace Japanにデフォルトで飛ぶのはやめて欲しい。ねぇ、MySpaceの人、聞いてる?(聞いてないか(^^;))

まぁこれからも何かあった場合はUSAに飛ぶようにしますわ。


さて、仕事の関係もあって最近au信者ぶりに磨きがかかっている僕ですが(ソニエリの新機種も買うし!)、EZ GREEにも入ってしまった。一体いくつSNSに入るのでしょうか?(^^;)でもプロフィールにHTMLが仕込めて楽しいぞ。まぁほとんどオープンインターネットになってしまったmixiもそろそろどうなの?って感じもあるし。いろいろ使って見比べてみたいと思います。まだ友達が誰もいないんで、GREE入っている人は声をかけて下さい。同じ名前で出ています。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-11-22 19:31 | 雑談
酸化防止剤無添加ワイン
コンビニで見つけたので買ってみた。左が「サントネージュ しぼりたて 山梨 白720ML」、右が「ワイン物語 赤 720ML」。

以前の記事では防腐剤の有無、という話をしたが、どうやらフランスワインにはほぼ必ず酸化防止剤は使われている、というような話もある。ただ、「サン・スーフル」というれっきとした酸化防止剤無添加製法もあるようなので(マイミクさんに教えてもらった)、もちろん入っていないものもあるわけだ。特に僕が現地で好んで飲んでいた若いプロヴァンスの地酒には、いろんなものがやっぱり入っているとしても少ないのだろう。
まずは白を飲んでみた。ん〜、甘い。ジュースのようだ。だが、悪酔いもしないし頭も痛くならないし残らない。そして赤。こっちは値段は半分ぐらいなのだが、ちょっとハマってしまいそうだ。元々すっきりとした白が好きな僕としては、非常に飲み易い赤だ。もちろんフルボディの深みは期待出来ないが、ちゃんとワインの味がするし、次の日を気にしないで飲めるワインはありがたい。
白の方はコンビニで買うと1000円以上してちょっと割高だが、赤の方は通販ともほぼ変わらない値段。元々ワインは好きなんだが悪酔いするので断っていた身としては、こんな安いワインでも飲めるのはちょっと嬉しい。
そのうち本場のサン・スーフルにも挑戦してみようかな。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-11-21 05:09 | 雑談
こりゃすごい、iPodでいいフライトを!
今度は「空飛ぶiPod」へ--航空会社と連携し、機内での充電・視聴が可能に - CNET Japan

エールフランス、コンチネンタル、デルタ、エミレーツ、KLM、ユナイテッド限定ではあるが、iPodシートコネクションを搭載し、機内での充電、そしてシートバックのディスプレイでビデオ鑑賞ができることになるという。ビデオが送れるってことはドック接続なわけだから、航空機の中で唯一残されていた接続機器の可能性をiPodがもぎとったということだ。
国際線で(特にヨーロッパ・アメリカ線で)iPodの電池が持たないのは確かに不満だった。ま、いたしかたないと思っていたのだが、まさか充電出来るようになるとは。今度ヨーロッパに行くときは、断然エールフランスだな(元々好きだけど)。
こういう国際的インフラみたいなものをiPod+iTunesという非常に閉鎖的なシステムが牛耳ってしまうということは、本格的にデファクトを取った、ということなんだろう。ここにはウォークマンもZuneも接続出来ない。
考えてみればiPodが国際的な規格で作られているということがこのような躍進を支えているのだろう。そういう意味では、やはり携帯電話は負けるわけだな。言語以外をローカライズしなければならない機器は、国際的なデファクト・スタンダードとはなり得ない。
カーナビもiPodにシステムレベルで対応しているものは多いが、他のものはない。Panasonicでさえ、確かにSD Audioには対応しているが、iPodをナビから直接操作出来るようになっている。iPodはもはや単なるポータブル・メディア・プレイヤーではなく、何か別物なんだね。「iPod」としか言い様のない。

全く、何度も言うが、初代iPodを買ったときにはこんなになるなんて思ってなかったよ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-11-15 04:34 | iPod・音楽配信
そういえば昔からMAC使いだった
といってもAppleのじゃなくて、ナショナルのラジカセ。ひょんなことから思い出し、そういえばあれもMACだったな、と不思議な因縁を感じたので、忘備録として。

初めて手にしたラジカセは、ナショナルのMAC BBってやつだった。なかなか質実剛健なデザインで、遊びゴコロのカケラもないんだが、当時の僕としてはとびっきりのおもちゃだった。といっても親父のものだっだんだが、当然家にいる時間は子供である僕の方が長いわけで、親父がいないときはいつも使っていた。マイクをテレビにくっつけて歌番組を録ったりしていた。友達を家に呼んで、ラジオドラマもどきを吹き込んだりもした。当然外に持ち出せるので、鳥の声を録りに行ったりもした。
しかし当時の僕はやっぱりガキなわけで、使い方も荒く、すぐにボロボロになった。イジェクトカバーが割れてはずれたりした。親父も腹ワタ煮えくり返っていただろうが、見るに見かねてか、「んではお前専用のヤツを買ってやるよ」ということになった。
MAC BBにはポーズボタンがついていなかった。だから、録音するときはPLAYとRECORDをいちいち一緒に押して「ガチャコン」とやらなければならなかった。これだとラジオで好きな曲を録ろうとしても、立ち上がりが遅いので頭が欠けてしまう。
当時のラジカセの最高峰は、SONYのStudio1980だった。2ウェイスピーカー、マニュアル録音レベルコントロール(当時はオートレベルコントロールが当たり前だった)、ミキシング機能などを備え、当然ポーズもついていた。友達に自慢されてヨダレが出たものである。しかし、MACの倍ぐらいの価格だった。高嶺の花である。
ナショナルのMACの新機種は、MAC FFといって、これはもの凄く売れた機種だったようだ。右側からトランシーバー型のワイヤレスマイクがピョコンと飛び出し、まさに少年心をくすぐって余りある魅力的な機種。ところが、これに採用されたポーズボタンは「ロック式ポーズ」といい、要はモーターへの電源供給を切るといったような無理矢理なポーズだったため、回転⇔停止に一瞬だが時間がかかりその間徐々に回転数が変わるため、録音時には頭やケツが変な風になってしまうのだ。これでは編集はとても無理だ。
こんなんじゃダメだ、と思い悩んでいたとき、最新機種が出た。MAC FFの後継機種、MAC FTである。これはMAC FFの機能を受け継ぎながら、初のメカニカルポーズ採用!これだ!というわけで、MAC FTを買ってもらうことになったのである。
それからの僕は、REC状態のままポーズボタンを押してひたすらエアチェック。DJの曲紹介が終わった瞬間にシャキーンとポーズを解放し…なんてことをひたすら行っていたっけ。
それから家に2台ラジカセがあるもんだから、編集なんてこともやったし、当時楽器を始めたばかりで、オーバーダビングなんてこともやったみた。最初は元の音楽に自分のギターを重ねるってな自己満だったんだけど、そのうちオリジナルを作り始めて…
よく考えたら、このMAC達がなかったら、曲を作るなんてことやったかどうか。そう考えると、こいつらのおかげで今の僕があると言っても過言ではないかもしれない。

MAC FTは僕が本気で使った最初で最後のラジカセとなった。その後はLRが別々に録れるカセットデッキを買い、4チャンのオープンリールのマルチトラッカーを買い、そしてコンピューターに移行していった。ラジカセという意味では大学時代に夏に海に持っていく為にダイクマで安いダブルカセットラジカセ(それでもダビングには固執していたんだなぁ(^^;))を買ったぐらいだな。

そして、長い年月の後、今では別のMac使い。これも入り口は音楽だったことを考えると、その奇妙な符合になにやら感慨を覚える。関係ないが、マクドナルドの音楽関係の仕事もしてたりして(^^;)。これも別のMacだな。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-11-14 04:01 | 雑談
とても優秀な頭脳だったのでしょう
「最新のカーナビvs.道路地図」のレース、勝者は地図 | Excite 世界びっくりニュース

うちのカロナビは、ときにものすごくひどい道案内をします。とある駅前の店に行こうとして途中までは店のHPに載っていた地図で知っていてここだと思って曲がったら、ナビの設定したルートからはずれたようで、とてつもない変更をされて、2つ先の駅まで遠回りさせられて…なんてことしょっちゅうなので、さもありなん。
でも、助手席に人が乗っているとしても、地図がちゃんと読めないともっとひどいことになります。ナビは遠回りしても結局目的地には着くので、それは便利かな。あと一人で乗っているときは、いちいち停まって地図を見なくて済むのはいいですね。音声認識と音声案内も便利だし。ちょっとウルサイけどね。不思議なのは「ここから先、道路標識に従って走行しましょう」っていうセリフ。ここまでは従わなくて良かったのかよ!ってツッコミたくなります。あと「この先右折専用レーンがあります。注意して下さい。」俺は右折すんだよ!っていつもツッコンでいます。
便利なのは、この先の渋滞状況がわかること(工事の有無や車線規制も教えてくれる)と、近所の駐車場の混雑状況がわかることかな。あと、何か話す時に画面に女子アナのアニメが出てくるんだけど、クリスマスにはサンタの格好してたり、正月は着物だったり、夏は水着だったり、ハロウィンにはかぼちゃかぶってたりするのが微笑ましい。別に萌えはしないけど(^^;)。
データがちょいと古いので、時々畑の中を走っていることになってたりして。あと六本木ヒルズがなかったりするので、そろそろアップデートしようかなと思ってます。HDDだと書き換えられるから便利だね。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-11-12 07:14 | 雑談
MySpace日本上陸…って…
Excite コンピューターニュース : ソフトバンクと米ニューズがSNS事業で提携、日本で合弁会社設立
ソフトバンク、世界最大のSNS「マイスペース」日本語版を開始--ニューズグループと合弁で - CNET Japan

実は数ヶ月前、MySpaceをいじっていたら一瞬だけメニューが日本語化した。「おおっ!ついに日本語対応か!」と思ったがすぐに元に戻ってしまった。あれはテスト環境を誤って公開してしまったんだな、きっと。
だが最近では、確か昔は文字化けしたと思うんだが、日本語のコメントもちゃんとつけられるようになっており、変化は近いぞ、と思っていた。そして、数日前から徐々にメニューが日本語化されて、「MySpace Japanはβテスト中です!」と表示されるようになっていた。そしてついに発表されたわけだな。
だが、「米最大手のSNS「MySpace」ついに日本上陸」みたいな見出しを見てもですね、「上陸」と言われてもですね、昔から使っている身としてはピンと来ないのですよ。
僕が初めてこのブログでMySpaceについて書いたのは去年の5月。m7 Radio in Englishを始めるちょっと前で、当然のことながら音楽の公開機能が魅力で、全米に向けて自分の曲を公開するという目的で始めたもんで、SNSとしてはほとんど使ってこなかった。ご覧の通り75人ものFriendがいるが(何とマイミクの数より多い!)、リクエストを受けて次々と承認していったらこうなってしまったというだけで、ときどき「日本に行くのだがいいライブハウスはないか?」なんて質問に答えたりするぐらいでほとんど交流はない。しかしその間にもMySpaceはどんどん巨大化し続け、何と今では1億超のユーザーをかかえるという。こうなるともうほとんどオープンインターネットと同じであって、SNSである意味があるのか?という気分になったりするのだが、これは一種の勘違いなのだろう。
日本ではどうしてもmixiの影響が強くて「閉鎖的なのがSNS」ってイメージが強い。いわゆるOrkut型のSNS。だが、これは日本人の気質に非常に合っていると思う。島国根性、ムラ社会が好きなのである。「仲間内で気心知れてて安心♪」なんて具合なんだけど、実はmixi安全神話はすでに崩壊しているのは前に書いた通りである。
で、オープンインターネット上にぽっこり浮かぶ人と人とを結びつけるシステム、これがMySpace。これもSNSなんだなー。そういう意味ではエキサイト・ネームカードなんかも同じなのだけど、このタイプが果たして日本でブレイクするのだろうか?

とりあえず、すでに1年半も前からMySpaceのユーザーである僕は、どうしたらいいのだろうか?プロフィールを日本語併記にするのか?しかしそれをやると75人の海外のFriendからはどう見えるのだろうか?文字化けしてレイアウトが崩れたり汚く見えるのはいやだなぁ。誰か同じ悩みを持った人、一緒に研究しませんか?
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-11-09 02:11 | 雑談
NARKISSOS
新生サディスティック・ミカ・バンドのアルバム「NARKISSOS」の評判がいいようなので、iTunes Storeでポチッとしてしまいました。

確かにきちんと作っているし、いい曲が揃ってはいるのだけど、Pink Floydの「The Division Bell」を聴いたときのような感動がないのは何故だろう?
まず木村カエラのボーカルがハマりすぎてて、「これ、木村カエラの曲じゃないの?」って感じ。ミカバンドって感じがしない。常に加藤和彦とハモっている「Sadistic Twist」でさえそう感じるってのはどういうことだろう?
で、必然的にミカバンドらしいと感じるのはカエラ以外のボーカルの曲ってことになるのだが、これだけ個々のメンバーがそれぞれ功成り名を遂げて独自の世界を確立している時代に、集まって「らしい」曲をやることのモチベーションってどこにあるんだろう?って思ったりする。インタビューなんか見ると、それぞれのメンバーかなり楽しんでやっているみたいだけど、それはつまりミカバンドを「らしく」やるってことの楽しさなんじゃないか。まぁ同窓会なんかもそうだけど、このメンツが集まると一気にあの頃の気分に戻れる、って感じ?
一体何が言いたいかっていうと、やっぱりミカバンドに期待するのはどこかに「あっと驚く先進性」みたいなものが紛れ込んでいることだったりするわけで。そこがもうひとつ僕が乗り切れないところなのかもしれないなぁ。
ただその中でも、「Tumbleweed」から「Jekyll」への流れはかなりグッときた。前者はリリー・フランキー(ELVIS WOODSTOCK)の詞を起用した高橋幸宏の曲。ここでかなり新鮮な気分にさせておいて、後者でズギューンと時間を巻き戻されるようなギャップ感。こういう仕掛けがもう少しちりばめられていたら、もっと楽しめたかもしれない。

icon

でもまぁ、最近のアルバムの中ではピカイチですな。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-11-03 16:03 | 音楽・カルチャー全般