インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
by Mark@m7|ReTweet
バブルかよ!
Excite エキサイト : 社会ニュース

大荒れの天気となった昨日はMIT Revolutionsの忘年会。大雨だったのでタクシーで向かおうとしたら車が全然来ない…雨の中待つこと20分。ようやく支払いで止まった車をつかまえる。
この運転手さんがとんでもない人で、「田舎から出てきて3ヶ月なので道がわかりません」と言うのでじゃあナビしますね、ということで「次の信号右に」と言ったら何と左に曲がった!「右!右!」と大声で言うと交差点内をUターンしやがる始末。「すいませんねぇ、田舎モノなもんで」って、右と左を間違えるのは道がわからないレベルとは違うと思うぞ。そのあともう一度右と左を間違えそうになったんでキレる寸前。
で、そんなことはいいとして、南青山での忘年会を終えて有志3人で赤坂に流れて2次会。この移動もちょっと車をつかまえるのに苦労したんだけど、さて午前1時を過ぎ帰ろうか、となったところが最悪の状態に。ふだんはあの赤坂の狭い通りにタクシーがあふれかえっているのに、何と1台もいない。逆にタクシーさがす人であふれかえっている始末。外堀通りもタクシー求める人たちがぞろぞろ。30分ほど待ってみたが実車か迎車か回送ばかり。
これは呼ばなきゃダメかもね、ということでバーに入って3人で電話しまくるが全くつながらない。もう気分はバブル時代にタイムスリップ!久々にアドレスに入っているタクシー会社の番号を使ったっけ。

帰る道すがら外を眺めていたら、大通りはどこもタクシーを求める人たちでいっぱい。渋谷を越えて駒場あたりまで行ってようやく空車がちらほら見られるようになっていた。
バブル崩壊以降、普段タクシーの使用は激減したと思うんでタクシーの台数を増やせとはとても言えないが、こういうシーズンにはそれなりのシフトを組むぐらいはやってもいいんじゃないのかな?昼間の台数を抑えて夜に回すとか。そうすりゃあの回送たちはみんな空車になるわけだからさ。

ところで話は変わるが、最近iPodを持ち歩いていない。W44Sにインナーホンという便利さに慣れてしまった。特にメールが来たり着信したりというときによくわかるしそのまま使えるのがとても便利。問題は転送の不便さだ。というわけで、今更ながらのWindows XP Home SP2とParallels Desktop for Macをポチっとしてしまって、今朝届いた。これをMac miniにインストールして快適に使えれば、普段持ち歩くのはShuffleからW44Sに完全移行するかもしれない。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-12-27 17:56 | 雑談
お待たせしました!W44Sレポート第二段です!
まず最初に謝っておきますが、前回書いた「電池の持ちが悪い」というのはガセネタでした。確かにあの時は電池の消耗が激しかったんですが、その後の使用ではそんなこともありませんでした。

さて、ここ一週間ほど動画転送に手間取り、なかなかレポートをアップできませんでしたが、ようやくレポートの材料が揃ったので報告したいと思います。

では長文の報告書に続く…
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-12-22 20:48 | 雑談
音楽業界から東芝の名が消える日
Excite 経済ニュース : 東芝、EMI株を売却へ 音楽事業から撤退

東芝が東芝EMIの株式を英EMIグループにすべて売却することになった。これによって外資系100%になるという。資本構成を見ると、元々米Capitol-EMIが55%、東芝が45%ということで、Capitol-EMIの連結子会社だったわけだから、実質は何も変わらないのであろう。社長もこう言っている。
東芝による全株式売却を受け、東芝EMIの堂山昌司社長兼CEO(最高経営責任者)は14日、「すでにEMIグループが主導権を握っており、基本的に経営方針は変わらない」と述べ、経営体制を含め、大きな変化はないことを強調した。
-CNET Japan
しかしながら、いずれはCapitol-EMI JapanなのかEMI Japanになるであろうこの東芝という文字が抜けるという事実は、「変革」の端的な例として特別な感慨がある。もちろん「いずれ日本のレコード会社は消滅する」というのが僕の持論なので、来たか、という感じではあるのだが、ビートルズの時代から慣れ親しんだ名称が消えるのは寂しいという気持ちもある。

というわけで「ちょいと分析」に続く…
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-12-17 16:56 | 音楽・カルチャー全般
W44Sレポート第一弾
KDDI、デジタルラジオ&ワンセグ対応「W44S」を発売開始 - CNET Japan

うん、まさにニュースになる機種ということだな。

a0033438_1351370.jpgこれ、発売日である12/8の朝イチでauショップ行って手に入れました。本当はもっと早く感想をアップしようと思っていたんだけど、まだ使えていない重要機能がいくつかあって、それをすべて試してから一気に、と思っていたのだがちょっと先になりそうなのでとりあえず第一弾をアップします。

このケータイの特徴は、
1.メカメカしいでっぱり、ヒンジ部分のギミック。
2.そのヒンジによる縦横開閉のメカニズムとBRAVIAの画質を受け継ぐ完全16:9の3インチ液晶。
3.初のデジタルラジオ受信端末。
4.テレビ電話を除くすべての機能が1台に詰まった高機能性。

ってとこだろうか。

では長文のレビューへ続く
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-12-12 03:33 | 雑談
頭にきた!&ねむい…
頭にきたのはMySpace。先日書いた文句をMySpaceのブログに転載しようとしたら、日本語のフォントがないのかすべて文字化け。でサポートに文句のメール出したらこんな返事が。
現段階では、http://JP.myspace.comに新規でご登録頂いたユーザー様にのみ
日本語版のサービスを提供させて頂いております。

日本語の利用をお急ぎである場合には、
大変お手数ではございますが、新規でご登録頂きますよう
お願い致します。

MySpaceカスタマーサービス
頼みもしないのに無理やり日本版にアクセスさせといて、使おうとしたらそれはサポート外ですとはどういうこった!
まったくムカつく!もう絶対金輪際日本語版なんか使わないからな!

で、ねむいのはMIT Revolutionsの企画でMIT Special Bandのレコーディングをやったのだが、ボーカル入れが間もなくということで音声ファイルの整理に追われているからで。
インディーズらしくお金をかけず、練習スタジオでマルチ録音をするというコンセプトで、使ったのもCubaseVST5と15インチモデルしかなかった頃のPowerBookG4という組合せでOS9環境で、というわけで極めて安価に中古で揃えられるような機材。これで14ch.のマルチトラックレコーディングをしたわけであるが…残念ながら音声にところどころプチプチノイズが入ってしまっている。ADAT入力のバッファ設定をしくったのかなぁ…とにかく各トラックを聴きこいつを消していくのが大変な作業で、特にearthなんて10分以上もある大曲なのでホント大変でした。
ま、あらかた終わったんだけどそんなわけで寝不足の日々。あと1曲今週中にやっつけなきゃ!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-12-05 17:03 | レコーディング
銀塩フィルムの技術がこんなとこに!
世の中デジカメばっかになっちゃって、っていうのもデジカメの性能が上がったからなんだけど、プロレベルでも印刷を前提とした場合はよほど大判でない限りもはや銀塩にこだわる理由はない、なんて時代になっちゃって、仕事場で会うプロのカメラマンも最近持っているのはみんなデジカメ。ま、友人にはカメラ詳しい人や写真家が結構いるんで下手なことは書けないんですが、そんなこんなで街の写真屋さんやフィルムメーカーも大変だな、と漠然と思ってたときに偶然コニカミノルタのサイトを観てちょっと感動したのでご報告。

そりゃそうだよな、とは思うんだけど、企業はとっくに銀塩フィルムで培った企業技術を他の分野に転用することで新規事業に乗り出しているわけなんだよね。銀塩フィルムの画素数を上げる為に培ったナノテクノロジー、カラーの発色を良くする色素を操る技術、そして有機半導体技術。これはカラーコピー機などに用いられた有機感光材料開発や写真フィルムで用いられた色素開発で培ったノウハウを使っているそうだ。特に有機EL白色発光パネルなんてものを作り出していたなんてことは全然知らなかった。

例えばビール会社が酵母の研究を進化させてバイオテクノロジーを推進、なんて話はずいぶん昔からあるけど、各分野でちゃんと次世代の生き残りを考えた事業戦略ってのはあるんだね。それも、いたずらに不動産や金融に手を出す(最も失敗するパターン)事業拡張ではないところがなんかちょっと不思議と嬉しい気分になってきます。

翻ってみると、我がエンタメ業界はこういった明確な事業戦略なりビジョンなりってのはあるのかな?コンテンツ・メーカーとしてのノウハウは唯一無二のものではあるが、それをこれからの時代に生かそう(最大の収益性を上げるための転用)って努力をしているようには見えないし、「権利」にばかりしがみついている末期的症状にも見えるよな。ニューフロンティアを切り開いていこうっていうエネルギーを感じない。これ、誰か新たなビジネスモデルを開発したヤツが一人勝ちするっていう気もするんだけど、どうなんだろ?(それが今のところiTunesなのか)

関係ないけどそういえば、昔就活でミノルタを受けたことがあったなぁ…なんてことを思い出しました。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2006-12-02 07:26 | 雑談