インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
by Mark@m7|ReTweet
プロジェクトを進める為に必要なツール
グループウェアというものがある。サイボウズとか、ここに貼ったAipo3とか。Aipo3は色味がmixiに似ていて、女性にも使いやすそうだし、イントラブログ機能なんてのもあるから、まさにグループ内SNSみたいな使い方ができる。サイボウズはわりと質実剛健なのに対して、こちらはポータル型グループウェアというだけあって、楽しそうなビジネスツールではある。

しかし僕のように、複数の会社や個人を横断したプロジェクトをやっている人間には悩みどころである。グループウェアは基本、イントラネット内でしか使えないからだ。そうなると、スケジュール管理はWebベースのソーシャルカレンダーに頼らざるを得なくなる。しかしこのソーシャルカレンダーが、ちょっとどれも中途半端なんだよね。
僕の条件としてはまずは携帯からの使い勝手。少なくとも週一覧表示は欲しいところ。そしてデータコンバート。当然今まで使っているスケジュール管理ソフトがあるわけで、それを手打ちで入れなおすなんてことは絶対にしたくない。ics、CSVなどありとあらゆるスケジュールフォーマットでのインポート・エクスポートができて欲しい。
それこそGoogleからYahoo、Linkeysなどいろいろ試したが、どれも機能不足。c2talkが一番しっくりきたのだが、これは全員がアプリケーションをインストールしないといけないので、ちょっと敷居が高い。

こうなると、Aipo3あたりがうまいぐあいにファイアーウォールをまたいだ使い方ができると一番いいのだが。と思ったらサーバーをレンタルしてくれるASP版があるようだ。こりゃちょっと導入を考えてみるかな?

※BloMotion・キャンペーン参加記事


[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-02-27 20:23 | 音楽・カルチャー全般
Wii痛
体がバキバキです。初日の野球・テニス・ボウリングではなんともなかったんですが、ボクシングでやられました。これは完全にエクササイズです!きちんとストレッチ、有酸素をやって心拍数を上げてからやらないとダメです!終わった後もストレッチです!!
でないと肩の外側がえらいことになります。ブーメランフックを多用したからだと思いますが…
本当はどうやらもっとコンパクトにコントローラーを振ればいいらしいのですが、ボクシングは興奮してきてどうしても大振りになります。ホント、ヤバイです。

しっかしWiiってのは今までのゲームとは全く違いますね。全身センサーでも作ってくれればジムに行かなくてもいいような気がしてきました。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-02-26 18:05 | 雑談
CDシングルがなくなる日
2006年の音楽配信サービスは535億円規模、ダウンロード回数は3億回以上に - CNET Japan

この535億円というのは、2006年のシングルCDの売り上げ508億4,700万円を初めて抜いた、という意味を持つ数字らしい。
とはいえ、イギリスではすでに2004年にダウンロード数がシングルCDを抜いた為にダウンロードをカバーしたヒットチャートに変更している。世界の趨勢はこうだった。2年前からわかっていた話だ。つまり、日本は2年ほど遅れたって話だ。

元々シングルCDってのは、アルバムのプロモーション的意味合いが強い。シングルで名前を売っておいて、アルバムで刈り取るわけだ。事実、アルバムに収録されることがわかっている曲が直前にシングルで発売されると、アーティストのバリューに比してシングルの売り上げは伸びない。買い控えが起こるわけだ。
このようにシングルってのは確かに売り物ではあるんだけどアルバムを売る為の広告塔のようなものだった。リスナーもうすうすそれに気付きつつ聴きたいから買ってしまっていたにすぎない。そんなものだから、この部分がごっそり音楽配信に置き換わってしまうだろう、ということは容易に想像がつくし、事実言われ続けてきたことである。
ただし内訳を見ると、なんだかなぁ、である。iTunesを筆頭とするPC向けの音楽配信の売り上げはわずか50億。あとはモバイルである。モバイルってことは、そのほとんどが着うた(R)ってことだろう。もはやユーザーは「流行歌はサビだけでいいや」、と思ってるってことか?寂しい限りである。大量消費音楽の末路である。もっとも僕らの頃は、「FMでかかってるのをカセットに録ればいいや」だったので大して変わっていないのかもしれない。90年代あんなにシングルCDが売れちゃったってことがむしろ異常だったのだろう。

ただ、こうなってくるとオリコンのチャートが気になる。某ライターがオリコンを批判して訴えられているので一般論として書くが、すでに売り上げシェア半分以下のCDシングルのチャートをもって「今週のチャート」というのはどう考えてもリスナーの嗜好を正しく反映しているとは言い難いのではなかろうか。イギリスのようにダウンロードチャートをここに取り入れていかないと、ナショナルチャートたり得ないのではないか?
難しいのはダウンロードの場合、「先行配信」ってのが一般的なので発売日が異なる、ということである。DLチャートとCDシングルチャートのトップ10が全くかぶらない、なんてこともあるだろう。でも、これを合わせていくことによって、発売週に上位に来て翌週には圏外に落ちていくような楽曲が多数ある、という現在の乱高下チャートよりむしろ、ビルボードのように初登場は40位以内ぐらいでいい曲はじわじわ上がってくるというような、まともな音楽文化が根付いた国「みたいな」チャートになるかもしれなくて、そうなればなったで音楽ファンとしてはちょっと嬉しいかもしれない。
どういうカウントで合わせていくのか、など課題も多いと思うが、是非オリコンさんには頑張って対応していただきたいものである。そうしないと、近い将来シングルCDが消え去ったとき、オリコンのシングルチャートもなくなってしまうことになるのだから。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-02-24 03:23 | iPod・音楽配信
Wii買いました
先日書いた、苗場での「ちょっと嬉しい出会い」のおかげで、ようやくWiiを手にいれることができました。パチパチパチ!
うちのAirMacもDS仕様に設定変更してたおかげで簡単にWiiでも認識できて、インターネットにもすぐに繋がりました。
一緒に買ったソフトは当然定番のWii Sports。ベースボールやりました。ホームラン3本打って9-7で勝ちました(何で3回になるととたんに敵も含めてみんな打てるようになるんかね?)。テニスやりました。面白い!ボウリングやりました。難しい!今日はここまで。
これは、ゲームの概念を全く変えるシロモノだね。ゲームといえばチマチマ、って感覚が全くない。明日は筋肉痛だなぁ…
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-02-23 01:55 | 雑談
「iPhoneを上回る画期的な端末」らしいがどこが?
Excite 経済ニュース : <イー・モバイル>定額制の高速通信サービスで市場開拓へ

携帯市場に新規参入のイー・モバイルがHSDPAとWi-Fiに対応した端末EM・ONEを発表した。なかなかいい端末のようだし、キャリアが増えれば競争が激化しユーザーの利便性が増すだろうから大歓迎である。

ところがその発表会で、表題のようなことを言ったらしい。やめときゃいいのに。

W-ZERO3は日本にスマートフォン市場を創出したという点で画期的であったと言っていい。だが、EM・ONEが画期的な理由がわからん。HSDPAだから?ワイドVGAだから?薄いから?あ、そうか、ワンセグ載ってるからか。そりゃ画期的だわ・・・ってWindows Mobileが載っててキーボードがついている時点で画期的ではないんですけど。

iPhoneが画期的だ革命だ言われているのは、ユーザーインターフェイスが従来のスマートフォンと全く違い、しかもデザインが洗練されているからだ。EM・ONEはデザインにもこだわったらしいが、正直写真を見た限りではW-ZERO3とどこが違うのかわかんない。ちょっとつるんとしているだけで。シャープだし新しいザウルスでしょ?箱のデザインにもこだわったっていってもどうみてもiPodのパクリだぜ。
せっかくスマートフォンの進化系としての一定の評価は得られる端末なのに「iPhoneを上回る画期的な」なんて言っちゃうもんだから、この会社のセンスが知れてしまった。残念でしょうがない。

いい?iPhoneを機能で上回ったとしても、その総合評価を下すのはユーザーだよ。自分で言っちゃダメだよ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-02-20 17:52 | 雑談
ユーミン苗場
帰って参りました。太ももビキビキです。結構ちゃんと滑ったな。今シーズン初だったけど、もう1回ぐらい行きたいですね。

今年のユーミンは、かなり渋めの選曲。相当マニアックでしたが、苗場はこのぐらいの方がウケるのかな?リクエスト・コーナーではホリケン+ビビる大木、黒柳徹子さんといったサプライズゲストにビックリ。ショーとしてはかなり楽しめました。
打ち上げではさらに布袋・今井夫妻が来られていたことが発覚!武部さんがプロデュースしている関係だったようだけど、美樹さんとは5年ぶりぐらいだったんで久しぶりのご挨拶ができてよかった。
昨年の苗場があんなことがあって打ち上げナシだったんで、2年ぶりに皆さんに挨拶できてよかった。ちょっと嬉しい出会いなんかもあって、充実した苗場でした。

それにしてもメーカーさんの顔ぶれが一変していたのには驚き。知っている顔は偉い人約一名を除いていませんでした。いつも苗場で会うEMI関係者は、そういえばみんな外へ出てしまったからなぁ。以前の日記でも書いたけど、想像以上に東芝さんの変化って速くて大きいものみたいです。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-02-19 03:03 | 音楽・カルチャー全般
恒例の苗場
a0033438_1525502.jpg

あったかいしいい天気!昨日雪降ったそうで雪質もいいです。
もうすっかり春スキーな感じ。苗場にしちゃぁすいてるし。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-02-17 15:25
iPodのフラッシュメモリ化は何をもたらすのか?
アップル、「iPod」全機種でフラッシュメモリ搭載を検討か--アナリストが予測 - CNET Japan

すでにshuffleとnanoはフラッシュメモリを搭載している。HD駆動型は5GiPodだけであるという現状をみれば、フラッシュメモリの大容量化さえなされれば容易にラインナップが置き換わることは普通に想像できる。しかし、フラッグシップであるVideo iPodのフルモデルチェンジということは、別の意味を持つ。iPodのラインナップのそれぞれの違いは、大きさや容量だけではない。明確に機能が違うのだ。音楽プレイヤーとしてのエントリーモデルは明らかにnanoだろう。shuffleは大きさを犠牲にして機能を絞り込んだライトモデルという位置づけ。ではフラッグシップであるiPodはというと、これはVideo機能やゲームを搭載することでマルチメディアプレイヤーとしての地位を確立した。こうなると、フラッシュメモリを搭載したからといって小型軽量に走っても意味がない。マルチメディアプレイヤーとしては液晶画面が小さすぎてもダメだ。となるとどこに向かうのか?ヒントは記事の最後にあった。
Tortora氏はまた、新しいiPodはフラッシュメモリのほかにWi-FiチップやGPSチップ、改良型のタッチスクリーンディスプレイなどを取り入れ、「iPhone」と似た外観になるかもしれないと予測している。
そう、つまりHDをはずしたスペースに、付加機能用のチップを詰め込むわけだ。前にiPod Airの登場を予測していた僕としては、ついにきたか、という感じである。ただ単にiPodがネットとつながるだけではない。次の進化はiPodのPDA化と呼べるだろう。
このニュースに接して、僕は迷ってしまった。僕はアメリカで発売されたらすぐ、iPhoneを買うつもりだった。もちろん、日本では電話としては使えないが、PDAとして、携帯ネット端末としては使えるのでは、と思ったからであり、電話機能がなくても是非とも欲しいものだったからだ。しかし、今回の情報は、本家iPodがマルチメディアPDAとして進化するかもしれないということである。それなら無理やりiPhoneを買うまでもなかろう。
もちろん時期の問題はあるし、Appleの発表でもないので動向を注視しなければならないが、楽しみが、いや、悩みのタネがまたひとつ増えた感じだ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-02-13 16:54 | iPod・音楽配信
こりゃロマンチックだ
永遠の抱擁 | Excite 世界びっくりニュース

あんまりこの「世界びっくりニュース」ってやつにTB打った記憶がないのだが、こりゃいい。新石器時代といっているが、日本では縄文時代か…恋は神代の昔から…男と女は変わらないのだね。つい昔の曲名を出したが、これ題材に歌何曲も書けそう。

だが、「永遠の愛」って歌では出てくるが、人間ずっと生きているとどうなのだろうか?恋少なき僕でさえ、5〜6年周期で恋をしてたりした。もちろん「愛情」は一生モンだが、それは男と女のソレから形を変えた別の愛情となっていく。話題の「愛ルケ」ではないが、恋愛のピークで時間を止めなければ「燃えるような恋」は永遠たりえないのかもしれない。

そういう意味では、まさに「絵に描いたような」永遠の愛。白骨なのに抱き合っているだけでグロくないのは何故なんだろう。
藤岡琢也さんが亡くなった時に追悼番組として放送された「死に花」という映画で、その藤岡さん演じるおじいさんが死んだとき、棺の中に忍び込んで一緒に焼かれた加藤治子演じる恋人、このシーンをおもいだしてしまった。

恋愛は死をもって永遠となる…

らしくないエントリーを上げてしまいました。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-02-09 03:28 | 雑談
YouTubeはダメかもしんない
バイアコム、YouTubeに動画の削除を要請 - CNET Japan
ViacomはYouTubeとGoogleと数ヶ月間話し合った結果、削除という結論に至った、というのはつまり「決裂」ということなんだろう。Viacomが要求している削除対象が10万本以上、と特定できているということは、Viacom側にも自社コンテンツを探査できる能力があるのだろうから、使用料を徴収して合法化する、という道もあったのだろう。もし実現していたら画期的なモデルだ。ユーザーが勝手にコンテンツをアップしてくれればチャリンチャリンとお金が入る。Viacom側としてはYouTubeにお墨付きを与える口実になる。(誰に対しての口実だって?出演者や脚本家などの権利者だよ。ViacomのコンテンツはViacomだけのもんじゃないんだ。)
だけど最大の問題はYouTubeにちゃんとした収益モデルが確立されていないってことだ。Googleがついたことで体力はあったんだろうが、Googleとしてもそれを許せばYouTubeはでっかいお荷物になってしまう。そんな巨大なコスト部門はいらないよ、ということだろう。
で、例によって「ユーザーが勝手に上げたものまで知らないよ」というインターネット企業の実に悪いクセがでたのではないか。それじゃぁ済まないのにね。
YouTubeの声明では「Viacomの番組にとって、YouTubeの熱心な視聴者による後押しが、プロモーションの助けになってきた。Viacomが今後、その後押しを得られなくなるのは残念なことだ。」なんて負け惜しみなのか捨て台詞なのかっていうぐらいのことを言っているが、それにしてもViacomの作品に勝手にCMつけてアップするヤツを許しておいてはいけないだろう。大衆の利便性を追求するという大義名分だけでは、他人のフンドシで相撲を取るなという声には抗えない。ビジネスの世界ではね。ユーザーはそんなこと知ったこっちゃないんだろうけどね。
でもいいコンテンツ作るにはカネがかかって、コンテンツ制作者はそのカネを回収できるっつー仕組みがきちんと整備されていないと、世の中プロフェッショナルのコンテンツ制作者が誰もいなくなるよ。便利だからって皆でただ乗りしてたらそのうちぺんぺん草も生えなくなるぜ。僕はやだな。世の中に存在する映像作品が素人投稿ビデオしかなくなるってーのは。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-02-06 02:21 | iPod・音楽配信