インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
by Mark@m7|ReTweet
ついに僕のiPod touchも出荷されたようです
Excite 経済ニュース : iPod Touchの同期問題を修正、iTunes for Windows 7.4.3公開
ついにiPod touchがWindowsで利用可能に--アップル、ソフトウェアをアップデート-CNET Japan

今朝の11:54付けでApple Storeから届いたメールには、「ご注文いただいておりますiPod touchでございますが、予定通り本日海外工場を出荷し、10月4日までのお届けで手配を進めております。」とあった。が、それに続いて「ご注文状況確認ページ(www.apple.com/JapanOrderStatus)にて、出荷予定日/お届け予定日が長めに表示されておりますが、これは弊社のシステムの誤表示です。誠に申し訳ございません。」とある。実際確認してみると、「出荷予定日: 2007/10/10 - 2007/10/15・お届け予定日: 2007/10/16 - 2007/10/19」となっている。ここに、Appleのここ一週間の混乱が見て取れる。
↓のエントリーで最後に追記した様に、22日から出荷したiPod touchには不具合があった。Windowsユーザーがアクティベートできないという致命的な欠陥だ。アップデーターが本来の出荷日28日までに間に合うのか、それとも出荷日を遅らせなければならないのか、最後の最後までギリギリの勝負だったに違いない。それがこういった混乱を生んだんだろう。
しかし、本日17:24に届いたもう一通のApple Storeからのメールには、そのiPod touchの不具合に対するお詫びと、アップデートの手順が書いてあった。なんとか間に合ったのだ。まぁ、Mac使いの僕としてはどっちでもよかったんだが。っていうか、この不具合さえなかったら僕のiPod touchももう少し早く届いていたかもしれないと思うと、はなはだ迷惑な話ではある。
というわけで、刻印サービスがゆえに海外工場を今日出荷した僕のiPod touchは、到着までにまだ4-5日かかるようだが、タイミングの悪いことに明後日から沖縄に旅立ってしまうのだよな。まだいじるには時間がかかりそうだ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-09-28 22:20 | iPod・音楽配信
iPod touch出荷始まる
Apple Storeストアから「本日オンラインのApple StoreはiPod touchの出荷を開始いたしました」というメールが来た。ずいぶん早いな。と思ったら「ご注文が成立した順に、9月28日までに順次出荷を行います」とのこと。自分の注文状況を見てみると、<出荷予定日9/28、お届け予定日10/4>で変わらず。なんだよ。
メールをよく見ると、「刻印サービスをご利用いただいたiPodは海外工場より出荷いたします。通常、出荷メールをお送りしてから、3-4日程度でお届けいたします」なんだって。そうだったのか!刻印やめれば早く手に入れられたかもなんだね。
まぁこれはiPod touchの出荷が始まりましたよというお知らせメールなわけで、自分の注文したモノの出荷メールは改めて来るらしいので、待ってるけど、早いタイミングで注文して刻印ナシの人は来週早々にも手に入れられるかも、ってことなんだろうな。ちょっとこの件に関してはブログ等注目ですな。

iPod touch購入希望は40%--魅力的な機能はマルチタッチディスプレイ-CNET

9/23追記:なんか大変なことになっているようで。
iPod touch、商品到着と同時にWinユーザーから不具合報告多数-CNET Japan
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-09-22 13:26 | iPod・音楽配信
こりゃiPhoneの日本発売がますます遠くなったな…
「iPhone」、英国では3Gに対応せず - CNET Japan
英国だけじゃなく、ドイツでもGSM/EDGEということで3Gには対応しないという発表がなされた。
ハード的に3G対応がないということは、日本では発売できないということだ。
一縷の望みがあるとすれば、アジアでiPhoneが発売されるのは早くて来年、そして、AppleがGSMにこだわる理由について「3Gチップセットでは2008年まで十分なバッテリ寿命を得ることができない」とコメントしている点だ。この「2008年まで」というのが2008年いっぱいをさすのか、あるいは「まで」だから2007年いっぱいの意味なのかそのへんが定かではないが、なんとなくこれから1年ぐらいで3Gチップセットの低消費電力化なのか電池の性能の向上なのか、いずれかをやってくれそうな期待を抱かせるコメントではある。そうなれば、来年世界初の3GiPhoneが日本でデビューする可能性はなくはない。
iPod touchは公衆無線LANに縛られることになるから、実用上モバイル・インターネット端末として使うのであれば携帯電話機能が付いているに越したことはないはずだ。ただ、それでも多くの人がiPod touchで満足してしまったのなら、iPhoneの電撃的日本上陸は遠のくように思える。この、Appleファンの多い日本でのiPhone戦略をAppleがどう考えているのか、非常に興味があるところだが、実際にはそれは数年後にならないと解明できないんだろうなぁ…
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-09-21 01:55 | iPod・音楽配信
いいギターなんだけどな
a0033438_053320.jpg復活したGRECO GO1400なんだけど、10月にライブが決まったんで久々に使ってみようかと思ったんだけど、現在のメインギターSteinbergerGM4SFBと弾き比べてあえなく断念。何と言っても重すぎる!実測値で4.9キロもありました。
この重いってのはこのギターを使っていたときの大きな不満だったということを今ごろ思い出しました。
それから、やっぱりチューニングが狂うというのは、これはペグ式の普通のギターなら当たり前なんですが、全く狂わないスタインに慣れてしまった身としてはつらい。特にライブで使うということを考えると、今回もまたスタインですなぁ。だけど、ジャズが一曲あるので、持ち替えて使ってみようかな。座って弾くならOKかも。

というわけで、ライブやります!MIT Special Band"Revolutions"が、あの小野瀬雅生ショウと対バンします!10/18日、高円寺Showboatにて。
詳しくはこちらをクリック!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-09-18 00:37 | 音楽・カルチャー全般
福田さんってのは
Excite 政治ニュース : <自民総裁選>福田氏を8派が支持 麻生氏と一騎打ち

ある種の天才なのかもしれませんね。機を見る才能に長けているというか。

この人は第一次小泉内閣の官房長官として、つまり番頭役として一気に全国区の名声を得た。しかし、小泉さんと袂を分かってからは頑として政権や党執行部に加わろうとしなかった。自分では総理になるつもりなどなかった、などと言っているようだけど、長い雌伏のときはまさにこのチャンスを狙っていたようにも見える。ポスト小泉のときだって、有力な候補として期待されながらまるで興味のないようなポーズをとり、結局総裁選には出なかった。誰もが本当に総理になるつもりがないのだと思った。安倍さんが総理になって、完全に世代交代が行われた、誰もがもう福田の芽はない、と思った。ところがどっこい、この状況。総裁選の常連麻生氏が順当についに総理総裁かと思われた時、今まで何年間も決して動かなかった福田康夫がついに動き出した!このピンポイントに人生のすべてをかけてきたが如く、たった2日で大勢を決してしまった。
この感じ、民主党の前原辞職→小沢復権、のときに構図は似ていると思う。前原誠司が民主党の党首となり、もう古い3人はお払い箱だと誰もが思ったが、若さ故の幼稚な失敗で自滅、結果小沢一郎の復権となったわけだ。安倍ちゃんがあんな不可解な辞め方をした後だけに、ついに70歳過ぎたこのオッサンにチャンスが回ってきたわけだ。混沌のあとは安定感を求める、ということなのかもしれない。

さぁて、このままいっちゃうのかねぇ?言っとくけど昭和の黄門さまの息子さんですよ。総理大臣になろうなんて考えたこともない、ってのはウソですぜ。でも、政治的に腹黒い人の方が、今の時代は期待できるという感じもしますが。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-09-15 01:06 | 雑談
iPhoneの値下げを誰も正しく言い当てない件
Excite 経済ニュース : <米アップル>iPhone販売台数が100万台に
このニュースでも「販売が伸び悩み」値下げ、って言い方してるけど、そんなことは決してない。値下げがiPhone発売時からの既定路線なのは、今回の新型iPodの価格ラインナップと見事にシンクロしているのを見れば明らかで、Appleを理解してないジャーナリストが多すぎることを逆に露呈している結果となっているように思う。ま、だからこそAppleは常にサプライズを供給できるわけだけどね。百ドル還元の件もドタバタのように見えるけど実は巧妙に仕組まれている。だって価格差200ドルなのに百ドルしか還元しないでもう沈静化してんじゃん。これも恐らくAppleの計画通り。エポックメイキングな新製品を高く売り出しその後値下げする、というのは今までAppleが何度となくやってきたこと。アーリーアダプターは高くても買うし高い程有り難がる、というAppleの自信の現れだし事実そうなっている。一つ誤算があるとしたら売れ過ぎてApple信者以外の人が買い過ぎた為に混乱が大きくなったことぐらいか。でもそれにはかなり早くから気付いて百ドル還元戦略を練っていたに違いない。

iPhoneの発売から2ヶ月ちょっとでiPod touchを発表する、というのは期間を考えればiPhone発売の時にすでに決まっていたはずだ。要はこのiPod新ラインナップをiPhone以上のインパクトを持って世に送り出す、という戦略の一翼をiPhone自身の発売とその値下げが担ったということなんじゃなかろうか?

ひとつだけうなずける分析が日経にあったので紹介する。
「iPod」を全面刷新したAppleの巧みな製品戦略を検証-ITpro
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-09-12 01:31 | iPod・音楽配信
ついに来た!iPod touch!
アップル、「iPod」シリーズを刷新--「iPod touch」や価格改定を発表 - CNET Japan

最近社会ネタが多くなってきていたが、ようやくこのブログ本来のエントリーが上げられるのは非常に嬉しい。しかも特大のニュースである。2005年の9月にすでにWi-Fi対応iPodの登場を予測していた僕としては、ついにこの日が来たか、という思いだ。しかも今年の2月に予測した通りのデバイス発売ということで、この記事を今朝目にした時すぐにエントリーを上げたかったのだが忙しくて出来ず、とりあえずApple Storeで注文だけして、仕事を終えた今記事を書いている。ちなみに出荷予定日は10/4だそうだ。あ〜、早まってアメリカのiPhoneに手を出さなくて良かったな、と。
Google Mapはないようだが、OSXとSafariが搭載されているのでメールもWebメールを利用できるはずだ。Webアプリも使えるんだろう。ということはひょっとしたらWeb経由でSkypeが使えるかもしれない。そうなるともはやiPhoneはいらないぜ。問題は日本語入力である。あのちっこいキーボードとことえり(OSXってことは当然そうだよね)ってのが実際どう動くのか?ま、もう注文しちゃったから楽しみに待つこととしよう。
もうひとつ見逃せないのがiTunes StoreがついにWi-Fi対応になった、ってこと。これでこそiPodがワイヤレスになった意味がある。iPhoneがもし日本で発売されると、着うた業界は完全に崩壊するな、これ。そういえばZUNEってどこいったんだ?
一つ心配なのは、この時期にiPod touchが出てしまうと来年と言われていたiPhoneの発売が見送られる可能性があるんじゃないか、ってこと。話題沸騰でキャリアによる争奪戦といわれてきたが、iPod touchが爆発的に売れてしまうと逆にiPhoneの買い控えが起こるだろうから、期待していたほどの効果はない、ってことになっちゃうからね。これだけの機能があれば、どうしても電話がついてないとやだ、という人はそんなにいない気がする。

しかしついに「家電業界」にまで進出してきたOSX。これがApple社名変更の本当の戦略だったのだろうか。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-09-06 22:54 | iPod・音楽配信
究極の自由は人の行動を制限する
Excite 社会ニュース : 年金の着服99件、総額3億4000万円

これはひどい。ひどいがこれだけひどいと「公務員が」って話ではない気がする。特に社保庁のみならず全国の自治体にまでこれだけ広がっていると、「人間ってのは」と考えざるを得ない。

僕の親父は役人だった。清廉潔白を絵に描いたような人だった。公務員は金品を貰ってはいけないからと、お中元やお歳暮はすべて送り返していた。貧しい中で、送料はすべてこっち持ちである。シーズンになると、お袋が泣きながら返送作業をやっていた。子供心にそれを見ながら、「親父のような生き方は僕には出来ない」と思っていた。
親父のような人間であることが公務員の条件であるならば、この国から公務員はほとんどいなくなってしまうだろう。今、全国にこれだけ公務員がいるのなら、それらはほとんど僕と変わらない普通の人であろう。仕事関係の人におごられたり、時にはおごったり、お中元やお歳暮も普通に受け取る。年賀状に毛の生えたようなものだと思っている。
しかし、僕はネコババもしなければ使い込みもしない。ここがどうしてもわからない。なぜこんなにネコババしようとする人がいるのか。
報道ステーションで鳥越俊太郎が言っていたのは、「それが年金だから」。辻褄が合わなくてバレるのはずっと先のことになるので、魔が差してしまうのだろう、という。なるほど一理ある。だとすれば、同じ立場におかれた人間は、同じような確率でネコババをやってしまうのだろうか?盗むという行為のトリガーは、バレるバレないの状況判断によって引かれるものなのだろうか?僕も絶対にバレないという確信があれば、ネコババしてしまうのだろうか?

表題の件は、↓のエントリーでコメントのやりとりするうちに頭の片隅に居座った考えである。人は自由がいいと普通に思っているはずだ。自由と不自由なら自由を望むはずだ、と。ところが実は「何をしても自由だよ」と言われるととたんに何も出来なくなる人が多いのではないか。誰かが決めてくれて、「こっちだよ」と言ってくれないと、右にも左にも行けない、そんな人が多いのではないか。能動的人間と受動的人間がいるとすれば、受動的人間がほとんどなのではないか。最新の統計調査によると、インターネットをよく使うと答えた人の中で、ブログやHPその他CGM等で何かを発信している人は7%にも満たないという。そう考えると、僕たちがインターネット世論みたいに思っているブログコミュニティに集まっている人って、極めて少数の、特殊な人なのかもしれない、と思うと、変にカラ回りしてないか?僕たち。

「何でもしていいよ」と言われると、「な〜にしよ〜かな〜」と目を輝かせていろんなことを企む僕のような人間は少数派なのかもしれない。多くの人は「何もしない自由」を選択するのかも。確かに何もしないのって楽っちゃぁ楽かもねぇ。う〜ん、人間ってのは…
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-09-05 02:28 | 雑談
インターネットのニュースってイカン気がする
Excite 政治ニュース : 遠藤農相の辞任不可避 麻生氏ら早期決着で一致

前々から思っていたことであるが…
例えば新聞なら1面があって3面があって紙面の割き方からニュースの軽重が新聞社の主張として表現できる。これがジャーナリズム。ところが、インターネットのニュースはどのニュースも完全に並列に扱われる為報道機関の主張が見えなくなる。特にRSSやポータルに引用されるものは新しいニュースが順番に載るため、新聞の扱いでは内側のちょこっとしたスペースに書かれていて普通ならスルーするようなことにも大ニュースと同様に日が当たってしまう。そうすると、一般庶民は意外なところに反応したりして、本来なら小さなニュースとして扱われるものが大ニュースのように見えてしまう。トラックバックとか投票とかを通じてね。これに今度はテレビのワイドショーが反応する。ワイドショーは「娯楽番組」であるから、視聴率の為に視聴者の興味があるネタを中心に取り扱っていく。当然ネット上でのニュースの人気には注意を払っているはずである。こうして、メディア上からもジャーナリズムが失われていく。結果、本来なら重要なニュースなのに埋もれてしまうニュースがたくさんでてくる。情報の洪水の中からプロフェッショナルの手できちんとプライオリティをつけて提示するという報道機関本来の役目がどんどん果たせなくなっている。
例えばインターネットのニュースを見て「こんなことで本名が報道されるの?」と疑問に思ったことはないだろうか?「いつからこんなに厳しくなったんだっけ?」と。実は昔から新聞には載っていたのだ。しかし、軽微な事件だと扱いが小さいから皆スルーしていたわけだ。テレビもそんなもの取り上げなかった。だが、インターネット上では政治ニュースと完全に並列で扱われる為、あたかもトップニュースのように見えてしまう。実は凶悪事件や少年犯罪やおかしな輩が増えているように感じるのも同様の理由である。統計的には増えてはいない。ただ、限りある紙面に優劣をつけて取捨選択しながらニュースを載せていたプロフェッショナルのフィルターがはずれて事実がダイレクトに伝わるとこうなるのである。

で、間違いなく1面モノのこのニュースではあるが、「政治とカネ」の問題はもっと本質を見極めなければならないと思う。政治家の脇が甘いのは確かなのだが、それよりも政治家の周りにわらわらと群がる普通の人々の「欲」が顕在化してきているのではないか、と思うのだ。
知り合いに政治家がいると、誰でも利用してやろうと思うのだろうか?スピード違反もみ消したり、なんて話は昔はよく聞いたが、「あの人に頼めば補助金が出るらしいよ」という思考に誰もが陥ってしまうのだろうか?なんとももの悲しい人間のサガにしか思いは及ばず、とても僕は政治家を叩く気にはなれないんだが。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-09-03 04:59 | 雑談