インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
by Mark@m7|ReTweet
久々、ジムの話題
ちょいと風邪をひいていたので、1週間ぶりにジムに行ってきた。ついに体重は58キロになって、体脂肪率も13.5%まで落ちた。もうそろそろ週何回かは昼飯食うようにしてもいいかもしれない。

ダイエットでお腹の回りがスッキリしたのはいいのだが、最近何となく筋肉まで落ちてきたように見えていた。実は以前日記に書いたように、インナーマッスルを鍛える為にマシンのウエイトを半分にして回数を増やすというやり方をこの半年ばかり続けてきたのだが、では元のウエイトが持ち上がるか試してみたら、まるで持ち上がらない。つまり、回数をこなす筋肉と重いものを持つ筋肉は別のものであり、僕がその片方だけ鍛えていた為にもう片方が弱ってしまっていたのだ。
インナーマッスルも大事だが、見た目も大事だ。というわけで、ジムではここ最近両方をやるようにしていた。まずは軽めのウエイトで回数をこなし、2セット目にウエイトを上げて15回勝負。そして順調に体重も減ってきていたので運動後のウエイトアップ・プロテインも復活させた。

そうした中での58キロなので、もうそろそろ週に2〜3回は昼飯を食うようにしてもいいかもしれない。ダイエット2ヶ月弱で5キロ近く落としたことになる。うまく60キロでバランスをとれる食事量を見極めて、今後は続けていければなぁ、と思っている。


Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-01-28 04:24 | 雑談
Twitterふたたび
Excite ITニュース : 日本縦断の旅、Twitter使って生き延びろ 「電波少年」が第2日テレで復活

Twitterは半年以上前ぐらいに思いっきりハマったのだが、最近はやや飽きて放置気味だった。だが、@denpa2010のおかげで僕の回りもTwitterで騒がしくなり始めたので、もう一度、手を出さなかった新機能も取り入れて自分のTwitter環境を整理し始めた。

今まで1本のタイムラインにこだわってフォロー先を絞ってきたが、マルチコラム型のクライアントを使うことにした。巷ではhootsuiteが流行っているようだが、あくまでスタンドアロンのアプリケーションにこだわって、以前インストールしてほとんど使っていなかったTweetDeckにした。全く同じビジュアルと操作感で使えるiPhoneアプリTweetDeck for iPhoneがあるのもいい(hootsuiteHootSuiteではこうはいかないらしい)。Adobe AirベースのアプリなのでMacでもWinでも使える。
で、まず始めたのがフォローの拡大とリスト作り。1本のタイムラインにまとめていたため僕の苦手な短時間でつぶやきを連投する方々を泣く泣くはずしていたのだが、それを復活。新たに以前から興味があったが同様の理由でフォローしなかった有名人の方も何人か加えた。
そしてリスト。TweetDeckでは独自にグループ分けができるのだが、アプリを変更したときにもすぐ使えるようにシステム提供のリストを使うことにした。フォローしている方々をカテゴリーに分け、さらに現在のホームTLを廃止し、アプリ上は非表示とし、それに代わるメインTLのリストを作成。こうすればメインに表示するタイムラインに乗る人をフォローをはずさずに出し入れできるのだ。最初に自分をリストに加える方法がわからず、そうするとホームの代わりにならないので四苦八苦したが、自分のプロフィールページから設定できることがわかって解決。
あらかたリスト作りを終えたら、TweetDeckのコラムに振り分け。一番左にメインTLを持ってきてシングルコラムビューにすれば今までと変わらぬタイムライン(おっと鳩山さんがはじかれてるが(^^;))、あとは横スクロールして他のコラムをチェックすればいい。

もうひとつ、ハッシュタグの活用。まだ手を付けたばっかりだが、ハッシュタグごとにコラムを追加できるので、そこのTLにはフォローしてない人も表示される為新たな出会いがあるかも?!

こんな感じで環境はほぼできたかな。あとは日々のつぶやきで使い勝手がどうなのか検証して微調整、って感じでしょう。久々にTwitterまた面白く感じております。


Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-01-27 01:49 | 雑談
タイムカプセル
もう1月も半分終わってしまった。ブログの更新が滞っているのは毎日mixiアプリのハッピータワーに一生懸命になっているから。サン牧はさすがに飽きてきて日々義務的にメンテしてる感じなのだがハッピータワーは早くレベルを上げようと必死にやっている。このゲーム、最も効率的にレベルを上げようとしたら1時間に1回アクセスしなければならず、最悪でも3時間に1回アクセスしないと効率が悪くなるというやっかいなシロモノなのだ。でももうすぐ☆3つなのでそうなるとお客のレベルもアップするのでなかなか楽しみではある。


ではなくて、昨年来予告しているTime Capsuleの話である。元々は昨年末、うちに3台あるAirMac Expressのうち1台がオシャカになり、WDSの一端がくずれてしまったところに始まる。AirMac Expressを1台買い替えるよりは、1TBのストレージ付きのTime Capsuleにした方がいいかな、と軽い気持ちでiMac 27"と一緒にオーダーした。
さて、Time Capsuleはデュアルバンドで、802.11b/g用の2.4GHzと、より高速な802.11nの5GHzと両方の電波を出すことができる。で、WDSを組むAirMac Expressは初期型なので802.11b/gである。というわけでiMac 27"は5GHzで、その他のネットワークは2.4GHzのWDSに組み込んでWPA2パーソナルでセキュリティを設定した。
ところがうちにある数台のMacは最初期型のAirMacカードを搭載していて、何とWPA2に対応していないので繋げないことがわかった。う〜ん、困った。WEPでネットワークを構築するのは恐いしスピードも犠牲になる…
で、いろいろとググっていたら、WEP TSN(Transitional Security Network)というものがあることがわかった。これは、WPA対応の機器からはWPAで、WEP対応の機器からはWEPで繋げると言う便利な機能。ところがこれをTime Capsuleに設定するのがまた一苦労だった。最新版のAirMacユーティリティーでワイヤレスセキュリティを設定しようとしても、プルダウンメニューにWPA、WPA2しか出てこないのだ。またまた小一時間ググってやっと解決法が。何とoptionキーを押しながらプルダウンすればすべてのメニューが出て来るのである。何でこんな隠しコマンドみたいなことするかな…
さらにWDSに設定するAirMac Expressの方はWEP TSNに対応してないので、こちらはもうWEP128に設定するしかない。仕方ないな。というわけで、半日がかりでようやく無線LAN環境が整ったわけである。

さて、Time CapsuleといえばLeopard以降のTime Machineバックアップに使うのだが、これが1時間ごとにバックアップ作業をして非常にうざい。しかしインターバル調整などは一切出来ない。これまたググっていると、Time Machine Schedulerという便利なフリーウェアがあったんでダウンロード。これでバックアップのインターバル調整、それからバックアップ除外時間なんかも設定できるようになった。だいたい何でOSにそういう機能がないかね?

そして、1TBのTime Capsuleをバックアップの為だけに使うのは勿体ない。もちろんワイヤレスストレージとして使いたい。だが、放っておくと容量いっぱいまでバックアップをとってしまう。なんとかパーティションを切る方法はないのだろうか?これはググってみても皆さん相当複雑な方法で実現しているようで、僕はちょっと独自の方法でやってみた。

1.Time CapsuleをFinderにマウント
2.DATAフォルダを開くと"Macのコンピューター名.sparebundle"というファイル名のディスクイメージがあるので、それをディスクユーティリティーにドラッグアンドドロップ。
3."イメージのサイズを変更"を選択して好きなサイズに変更

とりあえずバックアップイメージはMAXで500GBにしてみた。これできっとあとの500GBはストレージとして使えることでしょう。

最後に、どこでもMyMac機能で使うと非常に便利!出先でも自分のTime Capsuleにアクセスできるのは容量が多い分iDiskなんかより全然いい。Macは電源OFFるけどTime Capsuleは電源入れっぱなしなんでこういう使い方ができるんだね〜。

一つだけ盲点だったのはAir Tunes非対応ってこと。これでiTunesの音をステレオにぶちこめなくなってしまった(;_;)


Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-01-16 22:40 | 雑談
明けました
喪中なのでおめでたくありませんが、会う人にはおめでとうと言っています。まぁ厳密に言い始めたらおせちも食っちゃいけないし初詣もしちゃいけないし(まだ行ってないが)お正月の飾り付けもやっちゃいけないし(してませんが(^^;))結婚式に出てもいけないらしいので適当にしときます。

で、新年一発目に目を引いたニュースはこれ。
Excite コラムニュース : Appleタブレットは3月1000ドルで発売!?
アップル製タブレット、3月から出荷開始か--WSJ報道:ニュース - CNET Japan
ついに出ますかねぇ。ただ使えるかどうかが問題ですな。Touchのでかくなったやつって話だけど、WebだってiPhoneのようにFlash非対応では画面でかくする意味ないし、動画だっていろんなフォーマットで観たいわけで。SilverLightに対応するとは思えないから、せめてMac並みにプラグインをインストールできるようにして欲しいし。App Storeを中心としたクローズドな空間では伸びないんじゃないかな。あとはドキュメントの編集といったビジネス用途にどれだけ使えるか。Bluetoothキーボード接続機能なんてあったらずいぶんと便利だと思うけど。あと、iSlateってネーミングはいかがなものか。

Mac関連の話でいえば、昨年のiMac27"導入でまだ書いてない話がいくつか。一つ目はBootCampを捨てて完全にParallels Desktop1本にしたということ。理由は簡単で、MacOSXには移行アシスタントってのがあって旧機種の環境をまるごと新機種に移せるんだけど、BootCampにはその機能がなく、Windowsのインストールからやり直さなければならないということ。ということはSP2もSP3もダウンロードしてインストールってことになりこれは気の遠くなるような作業。だがParallelsならBootCampで起動した旧MacからWindows環境をまるごと引き継げるわけ。iMac27"はメモリも8GBにしたし、おそらくバーチャルマシンでもスピード的にはストレス感じないぐらい快適に使えるのではないか、さらに27"という大画面がマルチウインドウ向きだってこともあって。
具体的にはParallels Transporterというツールを使ってネットワーク経由で繋がっているWin機からまるまるコピーするって作業なんだけど、初めてやったんで結構試行錯誤。僕のWin機はMac miniをBootCampで立ち上げたものなんだけど、まずParallels Transporter側でMac miniを認識してくれない。おかしいなと思っていろいろ調べてみたら、結構複雑な手順があったのね。

1.まずWindows用のParallels Transporter Agentなるツールをダウンロード、Mac miniにインストールして再起動
2.iMac側でParallels Transporterを操作。進めばParallels Transporter Agentを起動中のマシンを表示してくれるのでそれを選択

というわけで、イーサ経由なんでそこそこ時間はかかったものの、無事Mac miniのWindows環境をまるまるIMac27"に引き継ぐことができた。起動してみると、少なくともMac miniのBootCamp並みにはサクサク動くので、とりあえずこれでいいや、と。ただちょっと携帯電話のUSB回り(LISMO Port)がいまいちうまく通信してくれないようなので引き続き検証が必要ではあるが。

さて、次回はTime Capsule導入記、かな。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-01-05 21:18 | 雑談