インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

Parts

タグ

カテゴリ

お知らせ
☆blog内BBS☆
m7
レコーディング
ポッドキャスト
音楽・カルチャー全般
iPod・音楽配信
iPhone
iPad
雑談
ホッピー

以前の記事

2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2012年 10月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

検索

<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

睡眠と酒

前のエントリーで僕の眠りのグラフがほぼフラットで、どんだけ熟睡なんだという話をしたが、Sleep CycleSleep Cycle alarm clockも継続してしばらく使ってわかってきたことがある。それは、飲酒との関係だ。
僕は週に2回休肝日を作っているのだが、休肝日のグラフは熟睡パターンになる。しかし、飲酒した後は普通にデコボコなグラフになる。そういった相関関係が浮かび上がってきたというわけだ。
「酒を飲むと眠りが浅くなる」といった話は聞いたことがあるが、まさに実感。よく眠れるように酒を飲む、というのは間違った考え方なのかもしれない。
但し、グラフを見ると熟睡パターンのときは必ず寝付くのに1時間ほどかかっている。方や飲酒後は、結構すぐに眠りに入っている。この辺が勘違いの元なのかもしれない。
どっちがいいのかは微妙だが、飲酒と眠りについては「飲酒した時の方が寝付きはいいが眠りは浅い」という結論が導きだされたわけだ。まぁ完全に僕の個人的なデータなので本当にそこに因果関係があるかというとちょっとわからないが。


Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by kenpapa9 | 2010-02-27 23:51 | 雑談

今日は恵比寿でMIT 3Gの収録があったので、帰りにサムラートでカレーを食べてきた。恵比寿に行ったらかなりの頻度で寄る店だ。ここはライスとナンがおかわり自由の人気店で、ランチタイムなどは人で溢れ返っている。ま、もちろん小食の僕はおかわりなどしませんが(^^)。

ところで最近、iPhoneアプリのSleep CycleSleep Cycle alarm clockってのを購入して、ここ数日使っている。これは、スリープをセットして睡眠時にベッドの上にiPhoneを置いておくと、寝返りの振動とかを加速度センサーで感知して、眠りの深い浅いを
a0033438_0255771.jpg←こんな感じでグラフ化し、セットした30分前からセットした時間のうちで一番眠りの浅いときにアラームを鳴らしてくれ、スッキリと起きられるというシロモノである。TV通販で有名なスリープトラッカープロ(¥19800)と同じ働きをたった¥115のアプリで実現してしまうとあって、普段有料アプリには手を出さない僕もついポチッとしてしまった。
だが、2、3日使ってみて驚いた。例えば僕の睡眠はこんな感じなのである。
a0033438_0291813.jpg月曜日

a0033438_0301338.jpg今朝

僕はほとんど寝返りをうたないようである。思い当たるフシはある。寝た時と起きた時が全く同じ格好で、どこかしびれている、ということがよくあるのだ。ま、ウォーターベッドってこともあると思うが。
というわけで今朝のグラフで、起きる1時間前ぐらいから眠りが浅くなっているが、恐らくそこでみた夢のことを書こうと思う(ここからが本題なのだ(^^;))。

---------------------------------------------------------------------------
僕はカレーライスをたのんだ。店はテラスというか、庭というか、公園のバーベキュー場のような分厚い木でできた6人がけのテーブルみたいなのがあってそこに座っている。

ところが出てきたのはカレールウだけでライスがない。店のオバサンが出てきて、

「すいませんがライスが切れてしまいまして…」

と言う。僕は、

「カレーライスをたのんだのに、カレーしかないから、お金は半分しか払いません」

と言って¥300を渡した。オバサンはすごすごと奥へ(どうやらこのカレーは¥600らしい)。

ここで用足しなのか、中座。

テーブルに戻ると、ライスがちゃんとある。またオバサンが出てきて、

「うちの家族が食べる分を特別にお出ししました。お代はお連れさんからいただきました」

ふと横を見ると、仕事仲間が2人。偉い方が部下を説教している。
まぁいいや、これでちゃんとカレーライスが食える。というわけで、ガツガツと食べだしたところへまたオバサンが。

「あのー、やっぱり、そのライスは特別なんで、あのー、お代はもう少しいただかないと…」

僕は¥100を渡した。そして再びカレーライスを食べているところで目が覚めた。
---------------------------------------------------------------------------

まぁ寝る前に「あー明日は恵比寿だなぁ。カレー食べようかな」と思って寝たのでこんな夢をみたのだろうが、なんだろうねこのディテールは(^^;)。僕は相当セコイということか?夢診断、わかる人いたら教えて下さい(^^;


Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by kenpapa9 | 2010-02-18 01:24 | 雑談

子供vs大人げない大人:スポーツは教育か?

Excite 社会ニュース : 「国母騒動はイジメ」 ホリエモンが服装原理主義批判

この人がこういうこと書くとつい反発したくなるんだが、実は僕自身今回の騒動自体には違和感を持っている。
確かに「服装は自己表現だ!」ってなことでやったのかそもそもユニフォーム自体が気に入らなくて反発としてやったのか定かではないが、「自己表現すべきはそこじゃないだろう?子供だな〜」と思ったことも事実。でも顔を真っ赤にして批判している人たちもどうかと思うな。端的に言って大人げない。つまり子供vs大人げない人々の構図なんだな、僕が持つ違和感は。「反省してま〜す」なんて相手が子供だと思えば可愛げすら感じる。大人ならもっと余裕持ちたいよな。

大人げない大人が増えているのは、ひとつには日本にはびこる現実の閉塞感があるんじゃないかな。日々の生活に窮々としているため、心に余裕がなく、ちょっとのことも許せないというギスギスした世の中になっているのではないかな。

それから、もう一つは、「ちゃんとした服装をしろ!」というのが中学の風紀指導の先生が言っているような感じなんだな。つまり日本ではスポーツが教育の一環になっている。ここがものすごく僕が違和感を抱くところ。ホリエモンが「高校球児」と言ったのは恐らく同じような意味だと思うが。
スノーボードってサーフィンとかスケートボードを起源に持つ、新しくて自由な「遊び」がスポーツになっただけだよね。それが五輪種目になった途端に「教育」になってしまう日本の風土ってのがどうもアレだよね。これでは真のスポーツ文化なんて生まれないよね。「教育」だと反発も生むが、「文化」ならやってる本人たちが自ら大事にするんじゃないかな。

まぁしかし「正装したくない!」と勲章を辞退するロック・ミュージシャンのように、あれをやるなら五輪辞退した方がよっぽどカッコいいのにな、国母クン。あの場であれをやるのはカッコ悪いことだと気付いて欲しいな。「(怒られるから)二度としません」じゃなくてさ。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by kenpapa9 | 2010-02-16 20:10 | 雑談

ダイエット成功!

さて、LDLコレステロール対策で始めたダイエットだが、昨日ジムに行ったら体重58kg、体脂肪率はついに12.9%まで落ちた。で、本日再検査の結果が出て、結論から言うと全く問題のない数値になっていた。

おさらいの意味で僕のダイエットの方法をもう一度説明すると、
1.一日2食のうち、昼飯を「サラダのみ」またはカロリーメイト2本とする
2.朝起きたら腹筋をする(といってもたった15回)
3.通勤の時2駅歩く(といっても1kmちょっと)
4.週に2日休肝日を作る(これは尿酸値対策で以前から続けていた)
5.週に2回ジムに行く(サボリ気味で週一になっていたのを修正)
6.コレステロール対策で毎日DHA/EPAとマルチビタミンサプリを摂取
7.ラーメンと卵を断つ

夕食は好きなものをたらふく食べられるし、酒も休肝日以外は好きなだけ飲む。だから無理なく続けられる。12月にこれを始めて、今ではすっかり健康体になってしまった。悪玉のLDLコレステロールは166から128に。γGTPも81から28に落ちた。びっくりしたのは、全く意識していなかったのだが尿酸値が8.4から6.5に下がっていることだ。これならもう痛風にはならない。
脂質異常症と高尿酸血症はリンクする、と言われているが、まさにその通りであった。コレステロールをコントロールするだけで尿酸値まで下がるというのは目からウロコである。

昼飯をサラダのみにする、というのは一日の総摂取カロリーを減らすということにほかならない。だから、夕食を減らさないと意味ないんじゃないの?とか酒をやめないとダメでしょ?とかトンチンカンなことをいろいろと言われたが、問題は一日の総カロリー数なのであって、その方法はどうだっていいのだ。つまり、太るときは明らかに栄養過多になっている、ということなのだ。

ただ、58kgはちょっと減り過ぎな感じもする。見た目的にも筋肉まで若干落ちている感がある。ウエイトアップ・プロテインを運動後に摂取しているが、それだけではダメなようなので、週に2回ぐらい昼飯を復活してみようかな、と思っている。


Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by kenpapa9 | 2010-02-15 16:31 | 雑談

いや、バレーボールを思い出したよ

Excite スポーツニュース : 上村4位、メダル届かず 4大会連続入賞の健闘

うん、惜しかったが世界の壁は厚かった。というか、この1年で厚くなってしまった。
アナウンサーが「上村愛子しかできないターン」と繰り返し言っていたが、それは1年前までの話なのだった。
トリノでメダルを逃した後、「エアの愛子」は「ターンの愛子」に変身すべく男子しかやっていないカービングターンに取り組んだ。これ自体は大変素晴らしい戦略だった。そしてその戦略は、昨シーズンW杯、世界選手権を総ナメにするという最高の結果に結実した。だが、1年早かった。
昨シーズンの結果を見て、世界中が上村愛子を研究した。そして、僕が見る限り上位の3人は完全に上村を凌駕する形でその技術を自分のものにしていた。
元々体格やパワーで劣る欧米勢に対抗する為に技術を磨く、これ日本スポーツの常道である。いまだにパワー神話に取り憑かれている大リーグは、それゆえWBCでの日本の連覇を許すことになったのである。
だが、オリンピックの世界はそうではなかった。下手なプライドよりもメダルを獲ることの方が重要なのである。欧米列強はきっちり極東の小国の技術を1年で盗んでいたのである。元々体格とパワーが優れる上に技術まで追い付かれたら、日本人としてはなすすべがないのだ。あの、上位陣が次々転倒をしてしまったのを見ても、上村の真似をしても一つ間違えばああいうことになってしまう。そういう意味では上村の技術は素晴らしく成熟しているわけだが、メダルの3人はそれをパワーで押さえつけてしまった感がある。上村が4年かけてきたものが、あいつらには1年でいちかばちかでできてしまうのだ。
これは…バレーボールがそうだ。体格とパワーに勝る相手に勝つ為に日本があみだしたコンビネーションバレー。これが東洋の魔女という異名を産み日本のバレーボールの黄金時代を築いた。だが、体格とパワーに勝る奴らに同じコンビネーションバレーをやられてはやはり日本人では太刀打ちできないのだった。
7位6位5位4位ときたからには、上村には次こそメダルを獲って欲しい。だが、そこにはもうひとつ何かが必要になってしまった。もし狙うのなら、次は五輪にドンピシャ照準を合わせて、世界の誰も真似できないような滑りをして欲しいと思う。

そういう意味では秘かに期待しているのが、スノーボードパラレル大回転の竹内智香である。彼女は今シーズンになってカービングターンを取り入れた。まだ男子しかやっていない高度な技を、いわば誰にも真似されないうちに一発勝負で五輪に持ってきた。いちかばちか、何の保証もないが、All or Nothingの精神で栄光を掴んで欲しいものである。
そして、もう一人がミキティこと安藤美姫である。モロゾフコーチとの2ショットインタビューを観て驚いた。2人はこの4年、なるべく目立たないようにしていたということである。そして、オリンピックで一発逆転の秘策があるという。こういった戦略が五輪には必要なんだろうな、と感心した。

ま、結果はどうあれ、バンクーバーオリンピックはまだ始まったばかり。4年に一度のことなので、存分に楽しもうと思う。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by kenpapa9 | 2010-02-15 02:29 | 雑談

恒例の苗場は30周年

この季節はすっかり恒例となった苗場のユーミン参戦。例年なら打ち上げのあるラス前に行くのだが、今年は初めて初日を観てみることにした。今年はユーミンの苗場も30周年という記念すべき回。このブログで初めて苗場について書いたのは25周年のときだったので、ブログ始めてもう5年以上たつわけだなぁ。

ところが今回はちょうど木曜日、新潟地方は大雪警報が出て記録的な降雪になるとの予報が。これはまずい。冬仕様のカイエンとはいえ、本格的に降られるとしんどい。ビクビクもんだったが、道ガイドちょーこくのライブカメラを観てみると17号線が白くない。黒々とアスファルトの色が出ているのでこれなら大丈夫だ、と思い出発!
a0033438_5381635.jpg結局関越道も全く雪が降っておらず、関越トンネルを抜けても多少曇っているが降っていない。で、全く問題なく苗場プリンス到着。早速ナイター券を買ってリフトに乗ってみたら
←こんな感じ。これは晴れてると言ってもいいでしょう。さては天気予報はずれたんじゃないの?と思って夜ニュースを観たら、何と新潟は50センチ近い降雪で空港が閉鎖されたなんていってる。なるほど、では苗場は新潟ではない?(^^;。また次の日も大雪だという。ふと外を見ると雪が降っている。う〜ん、こりゃ帰りは大変かも、と思いながら会場のブリザーディウムへ。

まだ始まったばかりでExcite 芸能ニュース : ユーミン30年目の苗場開幕!動員数は25万人超もの記事でもほとんど中身には触れていないのでネタバレは自粛して多くを書くのは避けるが、今年は苗場史上最長のメニュー。前半は30周年で今までの苗場を振り返ったスペシャルな構成で、10回以上苗場に来ていて初めて観た演出がありビックリ!とだけ言っておこう。

a0033438_6113610.jpgさて翌日、吹雪になってるかなぁ、とビクビクしながら起きると、
←こんな感じ。完全に晴れている。6号館北に泊まっていたのでチェックアウトは正午。4時間券買って午前中めいっぱい滑って帰ろう、と思ったんだけど、写真を見てもわかるように非常にすいている。平日ということもあろうが、こんなにゲレンデに誰もいない苗場は信じられない。僕らの他は数人しかゲレンデにいない。リフトも並ぶことなく、クワッドなのに一人しか乗らずしかも数台置きにしか人がいない、ってな感じ。スキー場不況ってニュースでは観てたけどこんななんだ。10時過ぎてようやく少し人が出てきたが、それでもリフトが埋まる風ではなかった。アリエスカでブランチ食べても客は僕らだけ。そりゃ混んでるより気持ちいいけど、こんなんで経営成り立つのかね?今シーズンはすでに岩原に一回土日に行ってるけど、確かにそのときもリフト待ちはなかったなぁ。ゴンドラなくなっちゃってたし。
そういえば苗場もモーグルコースがなくなってたしフード付きリフトも見当たらなかった。不況なのかなぁ。

で、午前中ぎりぎりまで晴れの中滑っていて正午にチェックアウト。帰ろうと外に出てみると一天にわかにかき曇り、雪が降っている。何とタイミングのいいことか!っていうか積もらないうちに帰ろうっと!
ということで全く渋滞にも遭わず無事帰って来たのでした。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by kenpapa9 | 2010-02-07 06:44 | 音楽・カルチャー全般

サイトリンク

※注:スパム防止の為、<リンクのないブログからのトラックバック禁止>を設定しました。このブログにTBするときは、必ず当ブログへのリンクをお願いします。
なお、コメント本文にURLを表記するとスパムとみなされはじかれますので、URL欄への記入をお願いします。


Twitter Button from twitbuttons.com


カウンター
shinobi


m7公式サイト
Podcast in iTS(English)
Podcast in iTS(日本語版)
m7Radio in English

m7ラジオJapan



MIT Revolutions CD ONE



One/m7



In The Blue/m7



Shining Star/m7(廃盤)


iTMSで買えるプログレ
A Young Person's Guide to Progressive Rock in iTunes Store

プログレ!

m7が参加するindiesSite
 Last.fm
 BANDEST
 myspace

Mark on mixi

携帯でこのブログを見る!QRコード





One/m7



In the Blue/m7



MIT Revolutions CD ONE


暗殺者 (新潮文庫)


炎~あなたがここにいてほしい~



フィジカル・グラフィティ



アイランド (紙ジャケット仕様)



恐怖の頭脳改革(K2HD紙ジャケット仕様)



ライヴ・イン・ジャパン

最新の記事

健康とか、暑さとか
at 2017-06-02 17:22
ロボット・ギターをTroni..
at 2017-02-05 00:38
おめよろ2017
at 2017-01-06 17:18
紙巻きタバコが吸えなくなりました
at 2016-11-11 18:37
1993シドニー・Paul..
at 2016-11-09 03:33