インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
by Mark@m7|ReTweet
参院選に向けて徒然と
Excite 政治ニュース : 自民が舛添、与謝野氏を除名 反党行為と厳罰

最近僕の頭の中で我が母校の校歌がぐるぐると鳴り続けている。

「現世を忘れぬ 久遠の理想」

理想は机上の空論では意味がない。実現可能な理想、そこに到達するロードマップを作るには、現世を忘れてはならない。大多数の国民が反対することは、どんなに高邁な理想であっても実現しない。
こういう教育を受けてきたからだろうか、僕はコテコテの現実主義者になった。実現不可能なことは、どんなに素晴らしくても理想ではなく「空論」であり、考えるだけ時間の無駄。だが、実現不可能と思われることも、やり方によっては実現するかもしれない、その「実現化」の方策を考えることこそ意味があることだし、その方策が見つかれば実現化に邁進することこそ意味のあることだ。

最近、小泉純一郎はとんでもない理想をとんでもない方法で実現化しようとし、まだその途上にあるのではないか、と思うようになった。
小泉氏は「自民党をぶっ壊す!」と言っていた。これは保守という概念をぶっ壊す、国民のコンサバな感情をぶっ壊す、ということだったのではないか、と思うのだ。

高度成長以後の保守を支えてきた基盤は、一億総中流意識であろう。国民の大半が自身を「中流」と思うことによって、変化を求めないコンサバな国民意識が形成されていった。
だが、バブル崩壊後の失われた10年に、その中流レベルはじりじりと下がっていき、皆一斉に中流の下になってしまった。
その結果、消費は振わず経済は停滞し、まさにデフレスパイラルな世の中になってしまったのである。
小泉氏は「経済を活性化する為」「日本の国際競争力を強化する為」というエクスキューズで規制緩和、経済の自由化を行ったわけだが、実はこの「中流階級」自体をぶっ壊したかったのではないだろうか?
確かに、規制緩和によるベンチャー起業ブームなどによってアッパーな人達が出てきだし、○○長者という人達がたくさんでてきたおかげで経済は回りだし、戦後最長の景気回復局面を演出することとなった。だが、その結果勝ち組・負け組といった格差が生まれて、小泉政権の負の面と言われる格差社会を生み出した、と一般には言われているが、実はそれは負の面ではなく、それこそが小泉氏の狙いだったのではないだろうか?格差社会を生み出すことにより、一億層中流社会をぶっ壊したわけだから。

社会に格差が広がると、保守の基盤は崩れてしまう。人々はコンサバを批判し、変革を求めるようになる。小泉氏の後しばらく自民政権は何とか生きながらえたが、小泉氏の仕掛けた時限爆弾がついに昨年の総選挙で爆発、自民党は野に下った。そして野党になった自民党にもはや復活する力はなく、ここにきてどんどんと分裂、まさに「自民党ぶっ壊」れ状態になってしまった。今の社会状況で、保守政党である自民党を支持する選択肢はあり得ないだろう。次の選挙も必ず負ける。ここまで、小泉氏の思惑通り、だったんじゃないだろうか?それどころか、民主党が与党になっても、政治手腕の問題からうまくいくはずがなく、政治とカネの問題も普天間問題も想定の上で、このていたらく、というところまでも思惑通りだったとしたら?

では小泉氏の「理想」とは何だろうか?ずばり、スクラップ&ビルド、つまり全部ぶっ壊れて新党が乱立した現在以降の政界再編、というか新しい政治体制の確立、だったのではないだろうか?
恐らくそこまで辣腕を振るうと歴史に名の残る極悪総理大臣となるリスクもあるので、自身は種だけ蒔いてさっさと政界を引退したのかなとも推測する。ひょっとしてカオスな政局に再び名前が浮上することになるかもしれないが。

なんてのは全部僕の作り上げた妄想だが、もしこの妄想が当たっていたとしたら、小泉純一郎は歴史上類を見ないとんでもない政治家であったことになる。総理大臣時代にまいた種で、自身が引退した後も思い通りに世の中が動いているのだとしたら…

なんてことを考えながら、今度の参院選はどうしようかな、なんて思っている。正直どこが勝ってもカオスでしかないのなら、新党に入れてみるのも面白いのかもしれない。与謝野・舛添は除名らしいからもう自民と合流できないしね。


Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-04-28 16:47 | 雑談
ポルシェ356ロードスター
今日は愛車カイエンのサイドライト玉切れとエアバッグ・ワーニングの不具合を直しにポルシェセンター世田谷に行った。
店に行くといつも何かオマケをくれるのだが、今日はミニカーをくれた。組み立て式ながらダイキャストボディの結構重量感のあるやつ。1948年のポルシェNo.1のミニカーだ。
a0033438_125521.jpg
Mac de DIYの続きも書かなきゃいけないんだけど、DIY自体がなかなか終わらずまとめきれておりません…

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-04-23 01:30 | 雑談
Mac de DIY
最近全くブログを更新していなかったが、何をしていたかというとタイトルの件で大変だったのである。

僕の家にはPowerBook G4が2台あり、両方ともチタニウムで、1台は667MHzのVGAモデル、もう1台は867MHzのDVIモデルである。667の方はヒンジが折れ、スルーして使っていたら断線してしまったのでケーブルをちょん切って液晶をはずして捨ててしまい(今思えば勿体ないことをした)、外付けのVGAモニターをつなげて使っていた。867の方はこれもヒンジが折れたのだが断線しないよう慎重に使っていたが、突然バックライトが点かなくなってしまった。これを直そうとしたところからストーリーは始まる。

もっとちゃんと勉強してから直せばよかったのだが、蛍光管が切れたものだとばっかり思い込んでしまった。で、ググるとチタニウムの蛍光管だけを交換するのは至難のワザだとわかった。そこで、液晶ごととっかえてしまおうと思い立ち、ヤフオクにアクセス。そうしたら、液晶の出物はあるもののだいたい落札価格¥15000ぐらいということで¥5000以下で直せるようなら買おうかな、と思っていたのでちょっと高い。そこに不動品ジャンクの800MHz本体という出物があったので入札してみたらうまいこと¥4200で落札できた。そこでこれを分解して液晶だけはずして、交換する、という作業を行った。分解手順は、日本語で解説した有料のものもあるが、英語版でフリーのものをここからダウンロードして作業開始。

液晶をはずすためにはロジックボードをはずさなければならない、というかなり深いところまでの作業となったが、四苦八苦しながらも無事完了。立ち上げてみると…
何とバックライトが点かないではないか!これは蛍光管ではなくてインバーターがいかれていたということだった!だが、ジャンク本体からはインバーターがはずされていた。まぁヒンジの折れてない液晶を買ったと思えば安いものだが…

で、次にインバーターの出物がないかヤフオクをチェックしていたのだがなかなかない。このとき平行して667の方も液晶の安い出物があれば買えば直るなと思い、チェックしていたら¥1000スタートの【難アリ】というシロモノがあったので、これも安く落札できればラッキーかなと思って入札したら、¥3600で入札できた。これも英語のマニュアルを見ながら無事取り付け完了。すでに液晶交換には慣れていた。というわけで667の方はリペア完了。

ところが2週間ぐらいウォッチしていたがインバーターは落札できず。とうとうeBayに手を出すことになってしまった。eBayに行くといっぱいあった。一番安いやつが即落のBuy It Nowだったので購入。PayPalは電子タバコ用リキッドの個人輸入のためにすでにアカウントを取得していたのでスムーズに決済でき、何と送料込みで¥1800!ドキドキものだったが5日ぐらいで到着。早速取り付けてみると(インバーターの交換は最も簡単な作業の一つ)、見事867のバックライトが点灯。こうしてリペアは終了。

ところが、eBayを見ているうちにヒンジだけで売り物があることに気づいた。交換してはずしたヒンジの折れた液晶を直したいという欲望がふつふつと湧いてきた。実はDVIモデルの液晶はVGAモデルの液晶よりもハイレゾなのである。これを667に取り付けたら667がハイレゾになるのではないか?ということで、落札!送料込みで¥3400ぐらいでちょい高めだったが、これも1週間ぐらいで到着。意外なことに液晶ヒンジの交換はそれほど難しい作業ではなかった。
というわけで、867の液晶を667に取り付けてみると…

まだまだ続くが今日はとりあえずこの辺で。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-04-12 21:54 | 雑談