インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
by Mark@m7|ReTweet
AFCアジアカップでの日本サッカー
ザック監督「日本の監督、誇り」 アジア杯決勝一夜明け(共同通信) - エキサイトニュース
いきなり脇道にそれるのだが、最近トラックバックが打てるニュースが少なくなってきた。エキブロのトラックバックの為にあると言っても過言ではないエキサイトニュースですら、アジアカップ決勝関連の記事でTB打てるのはこれだけだ(30日現在)。一般のニュースサイトを見てもCNETも朝日と合体してからTB打てなくなったし、ざっと見渡してエキブロからTB打てるのはiZaだけだ。twitterとfacebookが存在感を増す中で、ブロガーには住みにくい世の中になってきたということか。

で、今回のアジアカップであるが、今までの日本代表と比べて一番観ていて楽しいチームになったなぁと思う。だいたい歴代日本代表ってのは、「得点力不足」という冠が常につきまとうチームだった。それは岡田ジャパンにしてもそうだ。だから本田と遠藤があれだけ光ったのだ。
今回も初っぱなのヨルダン戦はそんな感じだった。ようやくロスタイムで追い付いたが、危なかった。だが、全く点がとれそうではないという感じでもなかった。それはやはり、香川の存在が大きい。中盤でボールをとられ過ぎではあったが、バイタルエリアからペナルティエリアに切れ込む動きには大きな予感を感じさせた。

転機となったのは次のシリア戦だったと思う。前半香川から松井ちょい経由長谷部のシュートで1-0となり折り返したが、後半頭から攻め込まれ防戦一方になってしまった。その悪い流れから、例の川島の一発レッド、そしてPKを与えてしまい同点となる。
引き分けでは1次リーグ突破がほぼ絶望的になる。日本中が「ああ〜〜」と点を仰いだことだろう。しかも交代で香川ももういない。
だが、10人になった直後、ここから5分間の日本の攻撃は今まで見たことも無いような怒濤の波状攻撃だった。まさに日本代表の歴史に残る5分間だったと言っても過言ではない。数的不利ならば相手の何倍も動かなければならない。だが残り時間すべてそんなことしていたら体力が持たない。ならばこの一瞬だけでも死ぬほど動こう!全員が相談もしていないのに一瞬にしてそんな意識を共有したかの如くだった。そして香川に替わって入っていた岡崎の飛びだしと粘りでついにPKを獲得、勝ち越したのである。ああこのチームならやってくれるんじゃないか、そう思える気迫と執念を見せてくれたこの試合で、日本代表は今までとは違うチームになった感じがした。

その後のサウジ戦では岡崎がハットトリック、前田も2得点とFWがその真価を発揮。完全アウェーのカタール戦では先制されるも絶対に追い付けるという確信とともに観ていた。そしてついに香川がゴール!後半では再び10人となり勝ち越されるが、香川の爆発で逆転勝利!このチームはすごいぞ、と感じていた。
韓国戦はまさに死闘だったが、延長後半の同点劇は、それまでドンピシャだったザック采配の唯一のミスだったのではないかと思う。すでに前田を替えて伊野波を入れて5バックにしていた上に、長谷部に替えてボランチの本田を入れたことで、あまりにもあからさまな守りというメッセージを送ってしまった。だが、人数が多過ぎて組織に混乱が起こってしまった結果が、あの同点劇ではなかったか。
だが、そのピンチを救ったのは川島だった。twitterでは「川島神!」がTLに並んだ。

決勝進出した日本だったが、その代償として香川を失うことになってしまった。これは今大会最大のピンチだと感じられた。
その予感的中で、決勝戦は得点機がほとんど作れないガマンの試合となってしまった。岡崎左、藤本右という布陣はほとんど機能しなかった。
後半に岩政を藤本に替えて投入したことでリズムが良くなり、徐々にペースをつかみだした。だが、マスコミではこれが「ザック采配的中」と持ち上げられているが、ちょっと試合を観ていた人は思い出して欲しい。岩政が準備しだしてから、ベンチと選手の間で一揉めあったのだ。実は岩政はセンターバックに入り、今野がボランチに上がる、というのが当初の構想だったらしいのだ。それを今野が断ったのである。放送席では今野がケガをして何かをアピールし、長谷部もベンチと話している、なんて風に見えたようだが、実はそんなやり取りがあったそうである。
そして結果的には岩政がセンターバックに入り、今野が左のサイドバックに回り、長友が左の二列目に入り、岡崎が右に行く、という実に複雑なポジションチェンジがあったのだが、これは選手側からの提案も合わせての結果だったからこそ、すぐに機能したのだろう。
そして延長に入り、ここでの李投入は皆さんご存知の通りザックのドンピシャ采配だったわけだ。
最終的には実に美しいボレーシュートで試合が決まったわけだが、そこまでの痺れる展開で相変わらず川島が神っぷりを発揮していたのは言うまでもない。

実に楽しい20日間だった。日本代表は次の次元に入った。ようやくW杯ベスト4を狙う、と本気で言えるチームになってきたのではないか。今後のサッカー日本代表が楽しみである。

あ、余談であるが、MVPは本田だけど僕の個人的なMVPは長友だ。「早く世界最高のサイドバックになりたい!」って言っていた彼だが、かなり近づいている気がするよ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by Kenpapa9 | 2011-01-31 01:19 | 雑談
ライフログに関する疑問---人類の退化ではないのか?
ライフログといってもこのようなブログもその一つだし、twitterだってそうだ。ただ自分の書きたいペースで書いてる分には道具の一つだ。
だが、自動記録とか完全記録(トータル・リコール)だのは行き過ぎではないだろうか?
人間の脳を記憶というものから解放する、なんて説明もあるが、長期記憶から解放された大脳皮質はどうなるのか?それを別のことに使えればまさに人類の進化にほかならないが、外部メモリに記憶を移した脳は、記憶を使わなくなるだけではないのか?

例えば産業革命後の機械文明によって、人類は重労働から解放された。その結果どうなっているかというと、現代人は健康維持の為に作為的に走ったり、ジムに行ったりしなければならなくなってきている。もちろん、機械文明によってもたらされる恩恵にどっぷり浸かっている自分のライフスタイルは、なかなか変えられない。だから、便利さの代償としてのトレーニングは甘んじて受け入れるしかない。だが、それと同じことが脳で起こるとすれば、僕はご免だ。

歳をとると物忘れが激しくなる。だが、例えば「えー、あの人、誰だっけ…」となったときは、できるだけ何も見ず誰にも聞かずに自分で思い出すまでトライするのが脳にとってはいいらしい。そこでほころんだシナプスが繋がるのである。ということは、「えーと、あれは…」と思ったらすぐライフログを頼る、という生活をしだすと、もっともっと早く人類はボケてしまうのではないだろうか?
短中期記憶は海馬に取り込まれ、そのうち重要な記憶だけが大脳皮質に書き込まれ、長期記憶となるらしい。ライフログを使いだすと、この長期記憶というものが人間の脳から失われるのではないか?つまり、ライフログを見た時は思い出した気になっても、それは長期記憶を呼び覚まして本当に思い出したわけではなく、新たに海馬に書き込まれた情報で、それが脳内に保存されることはなくなってしまうのではないだろうか?

倫理的な観点から、ライフログに対して警鐘も鳴らされているようだ。機械的に記憶してしまうと、忘却という概念がなくなってしまう。だがニーチェが指摘しているように、忘却は人間を歴史から解放するのである。忘れることが、許すことにつながる。忘れなければ、人間は過失を許さないのである。

憶えることと忘れること、この2つを人類が失ったらどうなるのか?もはや人間ではなくなってしまうのではないか、とすら思うのだ。

だから僕はEvernoteを使う気になれないのである。iPhoneを手にしたときに真っ先にダウンロードしたものの、結局一度も使っていない。自分のライフスタイルからして、使うシーンが思い浮かばなかったからだ。ライフログの観点からもそうだし、情報整理術という意味でもそうだ。
僕の中では、情報整理術といえば「いかに情報を捨てるか」ということだ。この作業を経ることによって、情報は自分の個性というバイアスがしっかりかかり脳内に蓄積される。今日び再び元ネタにアクセスしたければいくらでもできる。だから、とりあえず何でもかんでもクリップするというEvernoteは僕のスタイルに合わない、と思ったわけだ。

いろいろ書いてきたが、毎日1時間頭の体操をしないと人間が記憶を失ってしまう未来、なんて来て欲しくはないものだ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by Kenpapa9 | 2011-01-18 19:49 | 雑談
ネット上で個人情報を晒す危険
Twitterに有名人の来店情報を店員が投稿 ウェスティンホテルが謝罪 - エキサイトニュース

ま、ワイドショーネタはいいとして、この店員、2chで祭られた為に一夜にして本名、所属大学・学部・部活、出身高校・予備校、顔写真、果ては住所の一部までもネット上に晒されてしまったのだ。
Twitterプロフィールで学部はすぐ確認されたそうだ。mixiアカウントが発見されたことで参加コミュから大学の入学年度、予備校が割れて、facebookで顔写真が割れた。すなわち、図らずも自分でヒントをちりばめていたというわけだ。

ま、モラルが低い行いをしていろんな人に迷惑をかけたお馬鹿さんであることは間違いないのだが、それと引き換えに払った代償はあまりにも大きい。彼女A.Tさんはまず間違いなく大企業には就職できない。こうした危機管理情報というのはあっという間に大企業の共有するところとなり、すでにブラックリストに載ってしまったであろうからだ。
システマチックにこのようなシフトが敷かれないその他の企業でも、今回の事件で誓約書を提出しているにもかかわらず守秘義務違反を犯してしまうような人、というレッテルが貼られてしまったわけであるから、今年就活だろうに元々氷河期なのに彼女に手を出す企業は皆無であろう。

本人は何気なくつぶやいたつもりなんだろうが、結果は人生を変えるような大きな出来事となってしまったわけだ。

と考えると、僕はmixiやtwitterでもこのブログでも身元を明かしていないが、やはりfacebookは使えないなぁ、と。バカなことしなきゃいいんだよ、と言われるかもしれないが、どこで「もらい事故」するかもわからないしね。
ブームに乗ってfacebookに登録する人は気をつけた方がいいと思うよ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by Kenpapa9 | 2011-01-17 20:52 | 雑談
b-mobile3Gの導入から半年
b-mobileのトップページからはすでにもうなくなってしまったかのような扱いのbモバイル3G アワーズであるが、どっこい細々とだけどちゃんとまだ売られている。U300シリーズを出したことによって、速度無制限のbモバイル3G アワーズが鬼っ子になっちゃったんだろうけど、値上げするわけにもいかないし買った人へのサポートもあるし、引っ込められないんだろうね。だからできるだけ目立たなくしてこれ以上ユーザーが増えることを防止するぐらいしかないんだろうな。だけどどっこい、当ブログではどんどん宣伝しますよw。bモバイル3G アワーズは最強です!

導入から半年たったわけだが、ほとんどiPadがWi-Fi圏外になっているときにWi-Fiルーターとともに使う、という使用法で48時間ほど使っている。これは480日で150時間使えるというプリペイドタイプの使用ペースとしては実に丁度いい感じだ。このSIMの使用期限は11月半ばにやってくるのだが、さらに更新ライセンスをチャージして延長できる。その商品が更新ライセンス50時間(最大利用期間200日) 130時間(450日)500時間(600日)と3種類売られている。それぞれbマーケット価格で¥12,800、¥31,800、¥81,800なのだが、この値段は使える日数というよりも一日当たり使える時間の多さに比例しているようだ。単純に月額換算すると、一番高い500時間のものが約¥4090、一番安い50時間のものだと約¥1920ということになる。で、僕の場合半年で48時間使っているということは、一番安いヤツでなんとかやっていける感じではある。FOMA回線で3Gハイスピードパケット契約で月額¥2000以下、というのは夢の様な数字である。

というわけで、僕としてはb-microSIM U300なんて見向きもしないで、こいつをmicro SIMカッターで切ってSIMフリーの小型iPadで使う、ってのが近い将来の夢なのである。ハイスピードで安い!日本通信が隠そうとするぐらいの高コストパフォーマンスプランなのである。

ま、ハイスピードとはいっても「注6)接続中に利用した通信量が一定量を超える場合に切断させていただく場合があります。」なんて書いてあるんだけどね(^^;。延々ストリーミング動画とか観てるとヤバイかも。でも、3Gで動画観ないよね、普通w。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by Kenpapa9 | 2011-01-14 20:46 | iPad
明けましておめでとうございます
もうすでに6日なんだね。遅まきながら、まだ松の内ということで。

しかし何にも書くことがないなぁ。それは何にもしてないからだろうなぁ(^^;
熱海の玉乃井本館が休館してから、正月にどっか行くこともなくなってしまったし、ただただダラダラと過ごしてしまった。

去年の最初のブログを見ると、なんだかまだ見ぬiPadについて批判的なことが書いてある(^^;。その後実際にiPadを購入し、もはやMacBookは持ち歩かないだろうなどと言っているわけで、やはり未来は予見し難いものなのか。
今年は新型iPadが出るだろうが、小型化されたら絶対に買うだろう。単に軽量化とカメラが付いただけではちとわからない。もし7インチだけでなく、一部で噂されているような5.7インチiPadが出たら、僕はiPadを2台持ちにしてiPhoneをやめるかもしれない。それも3GのSIMフリー版(もちろんファクトリーモデル)をeBayで買って、b-mobile 3G アワーズのSIMをマイクロSIMカッターで切ってぶち込む。これでソフバンとおさらばするわけだ。
元々僕はiPhoneを全く電話として使っておらず、通話機能ははっきり言っていらない。だが、モバイル・インターネット・マシンとしてはiPadの方がすぐれている。デスクトップやドックに並べるアイコンの数も多い方がいい。出るんじゃないかなぁ。ジョブズは7インチ端末を「発売された時点で死んでいる」なんてケンシロウみたいなことを言っているようだが、iPad発売以前にジョブズは「人はキーボードを必要とする。タブレットは、失敗すると思っている」と言っていたのだから。iPhone発表前には「Appleが携帯電話ビジネスで成功することはないだろう」とも言っていた。大々的に発表される前の製品について、否定的な考えを示して煙に巻くのはいつものことなんである。
とはいえ、今のiPadの重量にやや不満を持つ身としては、大きさそのまま軽量化、でも買替えをするかもしれないけどね(^^;
一説によると今月発表なんて話もあり、非常に楽しみである。

ところで全然気付かないうちにいろんなものがiPhone対応になっていて驚いた。ネットバンキングが今や普通にSafariでできるのね。AMEXなんてアプリAmex JP - American Expressまであるし。モバゲーもmixiも、もはやガラケーなくてもiPhoneから登録できるのね。ま、これもAndroidが出てきてスマホが一つのムーヴメントになってきたからだろうけどね。これからどんどんガラケーのビジネスモデルは崩れていくんだろうなぁ。どうすんのかなぁ、みんな(^^;
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by Kenpapa9 | 2011-01-06 04:00 | 雑談