インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
by Mark@m7|ReTweet
スライドバー
a0033438_213384.jpg
ずらりと並んでしまったのはスライドバー。元々一番左の小指用のものしか持っていなかったのだが、ロボットギター購入を機にIn My Time of Dying - Led Zeppelinをコピーしようと思い、YouTubeで映像を探したら、ジミー・ペイジは薬指にはめているではないか!しかもそれまで僕はわりとバーを滑らせるように弾いていたのだが、ペイジはネックを深く握り込んでいる。その映像がこれ↓

というわけで、同じ指使いをしないとコピーできないわけで、慌てて薬指が入るタイプの物を買った。それが左から二番目。しかしこれ、標準的な6cmの長さなのだが、これだと握り込むことができない。薬指の第一関節までバーに隠れてしまう。これで握り込むと非常に疲れる…ってんでググってみるとこんなのを見つけた。TGI Short Slide。売り文句に次のようにあった。
長さ42mmで、Jimmy Pageのようにネックをグリップしたフォームで安定したスライド奏法が可能。
バーを使ったスライド奏法にもいくつかのスタイルがありますが、Jimmy Pageのギターネックをグリップしたフォームの奏法は、スピーディーでアグレッシブです。
※Led Zeppelin ”DVD”の”In My Time Of Dying”で見られます。

何と!これぞまさに求めていたものではないか!と思って注文。それが写真左から三番目。届いて使ってみると…
最初は握り込みができたのでいい感じだと思ったのだが、バーの厚みが足らず重量感がないため音が安定しない。これで弾いていて、試しに6cmのものに代えてみると、全然音の安定感が違う。なんだよ、ダメじゃん。むしろ前のヤツの方がいいなんて…でもこれだと弾いてて疲れてしまって一曲通せないんだよな…
で、ちょっと高いが奮発して今回買ってみたのが一番右のゴールドのやつ。

これ、長さは58mmなのだが、ご覧のように指の付け根側が切れ込んでいてしっかりと握り込めるようになっている。しかも先端にいくほど内径が狭く、つまり厚さが増しているので、指にフィットしてバーの中で指が遊ばない。重量感もバッチリだ。さらに先端の中指側が斜めに凹んでいて、ここに中指を添えることでさらにバーが安定する、というものだ。


さすが、これまで買ったバーの3倍ぐらいの値段なだけあって、弾き易いし音も安定する。ようやくこれだ!ってヤツに出会えた感じ。ちょいと無駄金使ったが、まぁ今までスライドなんてほとんど使ってこなかったから仕方ないんだけどねw

というわけで、さぁ練習だ!8月頭にこいつを使ってちょっと演るんで、頑張らないと。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2011-07-27 02:58 | 音楽・カルチャー全般
これはFair使いにとっては神アプリ!
NTTコミュニケーションズ、スマートフォン向けの050IP電話サービス「050 plus」を提供 - エキサイトニュース

b-mobile Fair+SIMフリーiPhone4での快適モバイル生活を送っているわけだが、この組み合わせでできないことは1.通話、2.SMS/MMS、3.FaceTimeである。元々iPhoneを電話としてほとんど使っていなかったので踏み切れたわけだが、電話なのに通話できないってのも一抹の寂しさがある。Tango Video Calls - TangoMe, Inc.を使えばテレビ電話にもなるが、相手を選ぶ。Skype - Skype Software S.a.r.lで着信させるために3ヶ月15ユーロもするオンライン番号に申し込むのも二の足を踏む。
そこに現れたのがこれ!050 plus - NTT Communications Corporation NTTがソフバンの牙城を崩しにかかった挑戦的なアプリだ。IP電話なので料金が非常に割安ということで、何と通話終了後にホワイトプランとの比較表が出て「これだけおトクでした」と表示するあたりまさに挑戦的だが、登録するのにクレカ必須といった敷居の高さが邪魔してか、イマイチ盛り上がっていない。
だが、元々通話ができないb-mobile Fairユーザーにとっては神アプリである。基本料金月額¥315はSkypeと比べても安く、同じ日本通信のtalkingSIMより断然お得だ。NTTコム系のIP電話とは通話無料、で、キャンペーンで今なら3ヶ月間基本料金が無料!アプリ自体も無料なので、とりあえずダウンロードして申し込んでみた。

実はアプリからの申し込みには、iPhone電話番号がいる。これをもって通話可能なiPhone電話番号を持たない人があきらめてしまうケースもあるかと思う。僕も当然Fairを使っているということは、通話できる有効なiPhone電話番号は持っていない。ではダメなのか?
いやいや、実は携帯電話の番号さえ持っていれば大丈夫なのだ。打ち込んだ番号に電話がかかって来て、暗証番号を打ち込めばそれで登録が完了するので、iPhoneである必要はないのである。僕はauの携帯電話を使って無事に登録できた。…ということは、実はこのアプリ、iPadでもiPod Touchでも使えてしまうのだ!Pocket Wi-Fiと組み合わせたiPod Touchが電話になってしまう!

というわけで、僕のiPhone4もようやく電話になったわけだが、相変わらず電話としては使っていないw 神アプリとかいいつつ、これ、使うのかな?3ヶ月で使わなかったら解約しようっとw
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by Kenpapa9 | 2011-07-12 19:24 | iPhone
ロボットギターがやって来た!
Gibson Robot Les Paul Studio Desert Burstをヤフオクで落札、本日届いた。
a0033438_31221.jpg
普通のギターよりも当然の事ながら複雑な構造でコンディションがシビアな製品だけに、かなりオークションものということでビビっていたが、中古ではあるが届いてみるとキズもほとんどなく、実に状態のいい品で、ロボット・チューナーも問題なく動作したので一安心。新品投げ売り時より安い値段で落札できたので、今の時点で相当レアで手に入れることが難しいのを考えるといい買い物をした。

実は本物のギブソンのレス・ポールを買うのは初めてだったりする。中学生の時ウエストミンスターのレス・ポール・モデルを初めてのエレキギターとして手にし、後にGRECOのEGも買ったのだが本物は初めてである。ロボット部分以外は通常のLes Paul Studioということで、まずギターとして弾いてみた。お!さすが弾きやすい!レス・ポールは重いという先入観があったが、これは軽い!そしてボディの鳴りがいい。チェンバー構造で、うまく本体に空洞を作っているからだという。確か3.6kgぐらいだったはず。僕のGRECO GO1400が4.9kgあるから、そりゃだいぶ軽い感じがするわけだ。だが、ロボット機構がついててこんなに軽くなるの?↓こんなもんつけてて。
a0033438_3125646.jpg
これがパワーヘッド・チューナー。一個一個サーボモーター内蔵なんよ。これがチューニングを始めるとウィーンウィーンとロボコップのような音を出して回るわけ。ところがこのペグ、何と普通のギブソン製ペグより軽いんだって!というわけで、チェンバー構造や特殊軽合金のペグなどのテクノロジーが、軽量化を生み出しているわけなんだねぇ。
a0033438_3123491.jpg
これがMCK(マスター・コントロール・ノブ)。普段はただのトーン・コントローラーなんだけど、プルアップするとこうしてLEDが光り、様々なコマンドを実行させるわけだ。EADGBeの6つのバンクに、それぞれ様々なチューニングがプリセットされているが、まずやんなきゃいけないことは、ZEPを弾く為にどこかを潰して特殊なチューニングを覚え込まさなければいけない。まず使えるプリセットを調べる。バンクEにはオープンEチューニング。これはBron-Y-Aur Stompに使える(ちょっと違うが、カポつければ同じw)。バンクAにはDADGADチューニング。これはKashmirで使う。ひとつ飛んで、バンクGにはDelta Bluesチューニング。In My Time of Dyingで使える。ということで、バンクDのDrop Dと、バンクBの半音下げを潰して、それぞれFriendsのCGCGCE、The Rain Songのライブバージョン、EADADEを登録することとした。ところが、後者がどうもうまくいかない。B弦をDに上げるのを覚え込まそうとしても、どうしてもそこだけ覚えてくれない。どうやらBからDに上げるというのは許容範囲外らしい。というわけでスタジオバージョンの、DGCGCDを覚えさせることにした。BからCなら問題なく覚えてくれた。

というわけで、レギュラー・チューニングのGallows PoleTangerineTen Years Goneを合わせると8曲いけるようになった。はやくプラグインしたいなぁ。明日ラヂヲに弾きに行っちゃおうかなw
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2011-07-06 04:27 | 音楽・カルチャー全般
バーチャル家族
“ひとりぼっちの食事”から卒業させてくれるサービス(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

無縁社会ここに極まれり、って感じかな。何でもかんでもお金で解決、ってのは何か釈然としないんだけど、もっと先を見て介護とかの現状を考えると、仕方ないのかな、とも思う。家族がその役目を負えなくなっている以上、社会にそれを補完するシステムが必要だというのは正しいわけで、社会のシステムである以上コストがかかるということだろう。この分野でのビジネスチャンスはまだまだあるんだろうけど、ビジネスに徹しすぎて利潤追求だけになっちゃうとちょっと怖いね。

自分がそうなったらどうするのかな、と考えると、夜な夜な近所のライブバーにギター弾きに行っているような気がするw やはり自己完結しない何らかの趣味を持つことは大事だね。団体スポーツでもいいだろうし。

前のブログで書いたGibson Robot Guitarであるが、結局ヤフオクでいい出物があったので落札してしまった・・・SGではなくてレス・ポールになった。今日すでに自宅に届いたらしい。帰ったら弾いてみようっと!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2011-07-05 18:38 | 雑談