インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Parts

タグ

カテゴリ

お知らせ
☆blog内BBS☆
m7
レコーディング
ポッドキャスト
音楽・カルチャー全般
iPod・音楽配信
iPhone
iPad
雑談
ホッピー

以前の記事

2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2012年 10月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

検索

おめよろ2015

何と一年ぶりの投稿(^^; やはりFBやTwitterに日常投稿してるとあえてブログ書こうという風に思わないわけでw

とは言え新年の初投稿ぐらいは続けておこうと言うことで。正月はテレ東の大江戸捜査網2015を観てしまった。「死して屍拾うもの無し」ついつい。
これ観て思ったのは、ああ、日本人の「お上意識」ってDNAレベルで刷り込まれてるんだなぁ、ってこと。人々は常に名君の出現を期待する。吉宗公が現代に現れないかしら、と。政治が悪ければ文句を言う。でも自分たちで変えられるよと言われても困ってしまう。「ご政道のことはさっぱりわからねぇや!ここはお上にがんばってもらうしかあんめぇって!」なにしろ近代化のプロセスで市民革命を経験していない国である。明治維新もクーデターにすぎず、政治は貴族が行い町人には関係なかった。これが300年の太平の世が作り上げた日本人というものなのだろうなぁ、と思った次第。時代劇なんて観たこともない若者にブレイクスルーを期待するしかあるまいw

新春のニュースでトヨタのMIRAIが大きく取り上げられていた。僕がこれを知ったのは昨年暮れのエコプロダクツ2014だったが、年をまたいでこんなに大騒ぎになるとは思ってなかった。電気自動車なのだが、燃料電池という発電ユニットを積んでいて、自ら発電しながら走るという、簡単に言えばエネファームを積んでいる電気自動車だ。だから災害時はエネファーム代わりにもなり、家庭用電源を発電することも出来るのだ。燃料は水素。発電時には水しか出さない為究極のエコカーとも言われている。
これには重要なポイントがいくつかある。電気自動車だと充電スタンドから電力の供給を受ける。その電力は、火力や原子力など通常のプロセスで発電されたものだ。だから、実はCO2削減には役立っていないという声もある。MIRAIは電力を自分で作れる為、こうした既存のインフラには頼らない。但し、燃料である水素を作り出すのに電力が必要であるというジレンマはかかえている。材料は水でも汚泥でもいいので化石燃料に頼らなくていいのだが…
ここで重要なのは再生可能エネルギーだ。経済界や電力会社は風力やソーラーといった再生可能エネルギーは不安定なのでベース電源にはなり得ないという。だから安倍政権も原子力を重要なベース電源と位置付けなければならなくなっている。だが、その不安定な再生可能エネルギーを水素生産に振り向けたとしたら…全く化石燃料にも原子力にも頼らない水素生産が可能になるわけだ。
トヨタはMIRAIの発売を「水素社会への第一歩」と位置づけている。電力はすべて燃料電池が発電してまかなう水素社会、これこそが日本の目指す道だとしている。一気に来た感じだ。最も重要なのは、これを日本を代表するグローバル企業であるトヨタが始めたということだ。誰も文句は言えないし、政府も無視できない、ということだ。さらに驚くべきは、水素ステーションが年内に40箇所以上開設される予定だということ。トヨタもENEOSも本気だ。

2015年はいろんな節目になるかもしれない。上記の通り水素元年、そして若返りの薬が今年臨床試験に入るという。僕は比較的若く見られるのだが、まだNMNを飲んでいるわけではないw 恐らく重要なのは飢餓だと思う。腹減っても平気なタチなんで、集中するとメシを食わない、という生活を若い頃からずっと続けて来た。おかげで若い頃は体重42kgまで痩せて、健康診断で栄養失調と言われ、女の子に腕相撲で負けてw だがこの飢餓状態と言うのは若さを保つのに有効らしい。常に死の危険にさらされていると思い細胞が若さを保つらしい。つまりDNAの乗り物としての肉体はDNAを次世代に残すことを最優先とするので、飢餓状態になると次に食事をするまで生殖ができるよう若さを保つ、というわけだ。そう考えると最近の生活は老化への道をまっしぐら、なのかもしれないw

でもね、現在60kg、ベスト体重だ。いつも秋から冬にかけて太るのだが、去年は夏から準備に入った。昼は必ず蕎麦。それ続けてたら秋になっても体重は変わらず、今でもキープできている。これでどうしてLDLコレステロールが多いのかわからない…w というわけで今年も宜しくお願いします。
[PR]
# by Kenpapa9 | 2015-01-08 02:44 | 雑談

おめよろ2014

ようやく今年初の投稿。

2014はいろんな意味で注目すべきことがある。いきなり降って湧いた都知事選もそのひとつ。
ここに何故か原発ゼロを掲げて殿がご出馬とのこと。果たして国のエネルギー政策が都知事選の争点に成りうるのか?という疑問が各方面で上がっているようだ。

私は震災の一ヶ月後に
原発とこれからのエネルギーについて
という記事を書いた。今と状況は異なるが、基本的な考え方は変わっていない。原子力は人間が未だ完全にコントロールできない。というか、恐らく使用済み核燃料の処分まで含めれば未来永劫コントロールできないだろう。地層処分でコントロールしてるつもりになってもらっては困る。廃棄物を無毒化できる技術を開発して初めてすべてをコントロールしたことになるのだ。しかしあの太陽でさえ、放射性廃棄物は自身の内部に溜め込むしかないのである。そしていずれ廃棄物だらけになり赤色巨星となってその一生を終えるのである。こう考えれば、使用済み核燃料を出さないに越したことはない。即ち、原発ゼロを目指して行くことが人類がより永らえる道であることは間違いないと考える。

だが、今すぐ原発ゼロ、というとそれはそこまでの覚悟が皆にあるのか?と問いたくなる。日本は経済立国である。と同時にエネルギー資源をほとんど海外からの輸入に依存している。原発が動かないと日本は回らないのだ、と経済界は声高に言う。地球温暖化の問題もある。再生可能エネルギーが原発の代わりになるのはまだまだ先だ。特にソーラーはベース電源に成り得ない。化石燃料もいずれ底をつく。と経済界が言えば、日本の方向性は原発再稼働へ向かうしかない。これに抗い原発ゼロを目指して行く覚悟が本当にあるのか?と。

私が考える原発に唯一対抗しうる現実的な選択肢は、地域発電・分散型発電である。再生可能エネルギーも原発に代わるメガソーラーとか、大規模風力発電とか考えると確かに遥か未来の話になってしまうが、小規模発電であれば今でも十分に現実的である。そういう意味で2014年私が注目するのは、マンション用エネファームの発売である。パナソニック製のマンション用エネファームがついに発売され、今年はエネファーム組み込み型分譲マンションも発売されるのである。自分のマンションにつけられるかどうかは不明だが、つけられるのならば導入したいと考えている。

覚悟とはそういうことである。導入にはかなりのコストを伴うが、それでも東電に頼らない生活をしたい、というのが私の気持ちである。電気代がどうのということは全く考えていない。東電から家庭用電源を開放することが原発ゼロへの第一歩だと考えている。その覚悟があって皆原発ゼロを叫んでいるのか?

ここで冒頭の都知事選の話に戻ろう。
原発ゼロへの道が上述の様に地域発電にあるのだとすれば、原発ゼロは都知事選の争点になり得るのである。日本の首都東京が、このメガロポリスが、再生可能エネルギーによる電力の地産地消に成功すれば、それは一気に国の政策を変えるインパクトを持つ。特にそこに利用できるイベントが東京にはある。
そう、オリンピックである。「東京オリンピックをすべて再生可能エネルギーを使った地域発電によって運営する」と東京都が決めたらどうなるだろうか?これは一気に原発ゼロの世界に近づくのではないだろうか?
そこには東京を再生可能エネルギーを使った地域発電のモデル地区にする為のあらゆる政策が盛り込まれるべきである。国の補助金に加えてソーラーや燃料電池を取り入れた各戸にさらなる補助金を出すなどの施策は当然取られるべきだろう。

さて20日以降にずれこんだ殿の政策会見はどのようなものになるのか?あまり期待することなく待ちたいと思う(^^; というわけで、いろいろと転機に成りそうな2014年である。
[PR]
# by kenpapa9 | 2014-01-19 00:02 | 雑談

Tokyo 2020

今日というかもう昨日だが、神楽坂で祝宴があった。遠回りとは解っていたが、汐留から大江戸線でぐるりと牛込神楽坂まで乗ってみた。車両には何人かの外国人が乗っていた。最初は意識してなかったのだが、電話で英語を話していたので気付いたのだ。そう、彼らは平気で地下鉄の中で電話していた。
しかしながら、それが世界の常識なのだ。電車の中で電話しちゃいけない、なんて国は日本だけだ。海外から来た人は、電車の中で携帯電話を控えなきゃいけない、という日本独自のルールを理解できない。何故駄目なのか?と。

10年以上前だが、香港に行った時、感心したことがある。彼の地ではすでに地下鉄全線で携帯電話の電波が入るようになっていた。電車に乗っている人の半分ぐらいが携帯電話で怒鳴る様にガンガンしゃべっていた。当時日本は失われたナントカ中で世の中が沈んでいたが、香港・中国は日の出の勢いだった。僕にはその象徴に思えた。これが「活気」なんだ、日本はお行儀良く押さえつけようとしてすべてが沈んでしまっている、そう思えた。

2020年、東京はホストとして、世界中の人を迎え入れなければならない。7年後ではあるが、「お・も・て・な・し」の心で日本の常識=世界の非常識を排していかなければならない。まずは電車の中で電話しちゃいけないという世界でも奇異な常識を覆さなきゃいけない。これはティピカルな例をあげただけで、実は他にも一杯あると思う。猪瀬都知事は東京の交通能力を数字をあげて自慢していたが、その言葉の裏に果たしてあの地獄のような通勤ラッシュを想像した外国人がいただろうか。あんなにギュウギュウ詰めで大人しくしてるのは日本人ぐらいだw
首都高でも渋滞が起こらない?お前首都高乗ったことがあるのか?って思ったね。

新しく何か作るとか、そういうことばかりが語られているようだが、まずは足下を見直して正していく必要があることがいっぱいある。それが五輪招致に成功した東京と、そこに住む者の責任になってしまったわけだ。浮かれてばかりもいられないよね。
[PR]
# by Kenpapa9 | 2013-09-11 03:01 | 雑談

ダイエット終了

コレステロール値が高いので、ダイエットを敢行した。人間ドックが5月の半ば、そこから一ヶ月ちょっとだ。
昔は高脂血症と言ったものだが、今は脂質異常症というらしい。低すぎるのも異常なのでそれをも含めて、ということだ。

僕のダイエットは決まっている。コレステロールコントロールの為の食事療法といえば、「一日の総摂取カロリーを減らす」というのが基本だ。僕の場合、晩飯に好きなもの食べて酒を飲む、という生活は変えたくない。そこで、標的となるのが昼食である。昼にほとんどカロリーを摂らなければ一日のトータルは劇的に低下する。僕はダイエットするとき必ず、昼食をサラダだけにするか、カロリーメイトでしのぐ、という方法をとっている。
始めて二週間で二キロ減った。僕のベスト体重は60キロなので、ほぼそこまできた。だが相変わらず体脂肪率は17%台後半だ。というわけで、もう少し続けることにした。

そんな感じで続けていて、こないだジムで計ったら、サウナに入る前で59キロ台前半、サウナ後は58キロ台に入った。体脂肪率も15%台、皮下脂肪率もヒトケタになった。これ以上やるとマズイ!ということで、ダイエット終了ということにした。
今後は一日おきに昼食で蕎麦を食べたいと思う。蕎麦にはパスタとかに比べて炭水化物がほとんど含まれてないので、いいんだよね!
[PR]
# by kenpapa9 | 2013-06-28 22:43 | 雑談

同窓会

6/15土曜日、中学校の同窓会が逗子にて行われた。
そこで会ったある人に「全然ブログ更新してないじゃん!」とお叱りを受けたので去年の10月以来ブログを書いてみることにした(^^;

ブログを書かなくなったのは、ちょっとしたことならFacebookで事足りてしまう、というのが一番大きいかな。Twitterやmixi日記だけだったらまとまった記事を書きたくなる欲求が生まれるのだが、Facebookは結構なボリュームの書き込みもできるしTwitterのようなつぶやきもできる、というわけでmixiは引退し、Twitterはほとんど使わなくなってしまった。
あとはこの記事でも書いたようにGreeのガンダムマスターズにハマってしまったのがデカイ。ブログ書くヒマがなくなったのだ。そのハマり具合はこちらに公開してある。やってる人が見たら「あんたちょっとおかしいんじゃないの?」と思われるかもしれない内容だ(^^;

おっと、同窓会の話だった。同窓会といっても同窓生が一同に会すわけではなく、同じ学年だけのものだ。だけど当然のことながら同期がクラス横断で集まるのでクラス会よりは規模がデカイ。今回は何と逗子文化プラザのさざなみホールを押さえてバンド演奏をするという、あまり聞いたことのない催しとなっていた。

3月半ばに突如中学時代の旧友からFacebookページにメッセージが入る。恐らく、ミク友だったが僕がmixiを引退したのに気付いてプロフに残してあるFacebookページのリンクを叩いたのだろう。旧友はドラマーで、中学高校時代によくプレイをした。高校時代には別の高校なのに横浜のライブハウスでインプロヴィゼイションをやって、人生初のギャラをもらうという経験を共にした仲だ。その旧友から、「同窓会をやるから、ハコバンのギタリストとして参加希望」というオファーを受けた。ミュージシャンとしては参加しないわけにはいかないだろう。但しやる曲に比して編成に不安があったので、キーボードは絶対の信頼を置ける奴を指名させてもらった。口説くの大変だったろうが、きっちり口説いてくれた。というわけで、4月半ば頃には譜面のやりとりやメンバー確定をメールベースで完了し、5月に入るとバンドで集まっての練習が始まった。5/12からほぼ毎週日曜日逗子に通う。実家を引き払ってからはほとんど逗子に行くこともなかったので、実に懐かしい。常に車で移動していたのだが、改めて気付いたのは自宅から逗子は非常に近いな、ってこと。ちょっと混んでも1時間ちょっと、帰りはスイスイで40分ぐらいで到着。
というわけで本番ももちろん車で行きたかったのだが、問題は酒飲むわけで、車を駐車して宿泊を確保する、ということだった。しかし、逗子には宿がない。なぎさホテルが潰れて以降、KKRぐらいしかない。でもKKRは図体のでかい僕の車で行くのはちょっと心配。
そんなとき、バンドでリードボーカルをとる「地元の実力者」が逗子マリーナの一室をとってくれた。逗子に10年以上住んでいたが、マリーナに泊まるのは初めて。もちろんいわゆるホテルではないので、逆にオーナーズクラブ気分を味わわせてもらった。

6/2には会場を使ってゲネプロを行った。ここで様々な問題が持ち上がる。ライブハウスと違ってホールなので、セッティングは1から。PAは同級生に音響のプロが一人いたのだがもちろんスタッフはいなくて手伝えるのは素人だけ。コロガシを繋ぐことも出来ない。ドラムのセッティングはドラマーが全部やる、これが大変。それぞれの楽器、アンプセッティングはそれぞれのパートが1からやらなきゃならない…
でも逆にこのゲネプロで「相当状況はヤバいぞ」と全員が思ったからこそ、当日うまくいったんだよね(^^;

というわけで無事本番を迎え、終了した。成功かどうかは知らないが、とりあえず満足。やはりものづくりは楽しいね!

そうだ、来年向けに次のバンドを始動しようぜ!
[PR]
# by Kenpapa9 | 2013-06-17 02:46 | 雑談

サイトリンク

※注:スパム防止の為、<リンクのないブログからのトラックバック禁止>を設定しました。このブログにTBするときは、必ず当ブログへのリンクをお願いします。
なお、コメント本文にURLを表記するとスパムとみなされはじかれますので、URL欄への記入をお願いします。


Twitter Button from twitbuttons.com


カウンター
shinobi


m7公式サイト
Podcast in iTS(English)
Podcast in iTS(日本語版)
m7Radio in English

m7ラジオJapan



MIT Revolutions CD ONE



One/m7



In The Blue/m7



Shining Star/m7(廃盤)


iTMSで買えるプログレ
A Young Person's Guide to Progressive Rock in iTunes Store

プログレ!

m7が参加するindiesSite
 Last.fm
 BANDEST
 myspace

Mark on mixi

携帯でこのブログを見る!QRコード





One/m7



In the Blue/m7



MIT Revolutions CD ONE


暗殺者 (新潮文庫)


炎~あなたがここにいてほしい~



フィジカル・グラフィティ



アイランド (紙ジャケット仕様)



恐怖の頭脳改革(K2HD紙ジャケット仕様)



ライヴ・イン・ジャパン

最新の記事

健康とか、暑さとか
at 2017-06-02 17:22
ロボット・ギターをTroni..
at 2017-02-05 00:38
おめよろ2017
at 2017-01-06 17:18
紙巻きタバコが吸えなくなりました
at 2016-11-11 18:37
1993シドニー・Paul..
at 2016-11-09 03:33