インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
タグ:スポーツ ( 67 ) タグの人気記事
by Mark@m7|ReTweet
AFCアジアカップでの日本サッカー
ザック監督「日本の監督、誇り」 アジア杯決勝一夜明け(共同通信) - エキサイトニュース
いきなり脇道にそれるのだが、最近トラックバックが打てるニュースが少なくなってきた。エキブロのトラックバックの為にあると言っても過言ではないエキサイトニュースですら、アジアカップ決勝関連の記事でTB打てるのはこれだけだ(30日現在)。一般のニュースサイトを見てもCNETも朝日と合体してからTB打てなくなったし、ざっと見渡してエキブロからTB打てるのはiZaだけだ。twitterとfacebookが存在感を増す中で、ブロガーには住みにくい世の中になってきたということか。

で、今回のアジアカップであるが、今までの日本代表と比べて一番観ていて楽しいチームになったなぁと思う。だいたい歴代日本代表ってのは、「得点力不足」という冠が常につきまとうチームだった。それは岡田ジャパンにしてもそうだ。だから本田と遠藤があれだけ光ったのだ。
今回も初っぱなのヨルダン戦はそんな感じだった。ようやくロスタイムで追い付いたが、危なかった。だが、全く点がとれそうではないという感じでもなかった。それはやはり、香川の存在が大きい。中盤でボールをとられ過ぎではあったが、バイタルエリアからペナルティエリアに切れ込む動きには大きな予感を感じさせた。

転機となったのは次のシリア戦だったと思う。前半香川から松井ちょい経由長谷部のシュートで1-0となり折り返したが、後半頭から攻め込まれ防戦一方になってしまった。その悪い流れから、例の川島の一発レッド、そしてPKを与えてしまい同点となる。
引き分けでは1次リーグ突破がほぼ絶望的になる。日本中が「ああ〜〜」と点を仰いだことだろう。しかも交代で香川ももういない。
だが、10人になった直後、ここから5分間の日本の攻撃は今まで見たことも無いような怒濤の波状攻撃だった。まさに日本代表の歴史に残る5分間だったと言っても過言ではない。数的不利ならば相手の何倍も動かなければならない。だが残り時間すべてそんなことしていたら体力が持たない。ならばこの一瞬だけでも死ぬほど動こう!全員が相談もしていないのに一瞬にしてそんな意識を共有したかの如くだった。そして香川に替わって入っていた岡崎の飛びだしと粘りでついにPKを獲得、勝ち越したのである。ああこのチームならやってくれるんじゃないか、そう思える気迫と執念を見せてくれたこの試合で、日本代表は今までとは違うチームになった感じがした。

その後のサウジ戦では岡崎がハットトリック、前田も2得点とFWがその真価を発揮。完全アウェーのカタール戦では先制されるも絶対に追い付けるという確信とともに観ていた。そしてついに香川がゴール!後半では再び10人となり勝ち越されるが、香川の爆発で逆転勝利!このチームはすごいぞ、と感じていた。
韓国戦はまさに死闘だったが、延長後半の同点劇は、それまでドンピシャだったザック采配の唯一のミスだったのではないかと思う。すでに前田を替えて伊野波を入れて5バックにしていた上に、長谷部に替えてボランチの本田を入れたことで、あまりにもあからさまな守りというメッセージを送ってしまった。だが、人数が多過ぎて組織に混乱が起こってしまった結果が、あの同点劇ではなかったか。
だが、そのピンチを救ったのは川島だった。twitterでは「川島神!」がTLに並んだ。

決勝進出した日本だったが、その代償として香川を失うことになってしまった。これは今大会最大のピンチだと感じられた。
その予感的中で、決勝戦は得点機がほとんど作れないガマンの試合となってしまった。岡崎左、藤本右という布陣はほとんど機能しなかった。
後半に岩政を藤本に替えて投入したことでリズムが良くなり、徐々にペースをつかみだした。だが、マスコミではこれが「ザック采配的中」と持ち上げられているが、ちょっと試合を観ていた人は思い出して欲しい。岩政が準備しだしてから、ベンチと選手の間で一揉めあったのだ。実は岩政はセンターバックに入り、今野がボランチに上がる、というのが当初の構想だったらしいのだ。それを今野が断ったのである。放送席では今野がケガをして何かをアピールし、長谷部もベンチと話している、なんて風に見えたようだが、実はそんなやり取りがあったそうである。
そして結果的には岩政がセンターバックに入り、今野が左のサイドバックに回り、長友が左の二列目に入り、岡崎が右に行く、という実に複雑なポジションチェンジがあったのだが、これは選手側からの提案も合わせての結果だったからこそ、すぐに機能したのだろう。
そして延長に入り、ここでの李投入は皆さんご存知の通りザックのドンピシャ采配だったわけだ。
最終的には実に美しいボレーシュートで試合が決まったわけだが、そこまでの痺れる展開で相変わらず川島が神っぷりを発揮していたのは言うまでもない。

実に楽しい20日間だった。日本代表は次の次元に入った。ようやくW杯ベスト4を狙う、と本気で言えるチームになってきたのではないか。今後のサッカー日本代表が楽しみである。

あ、余談であるが、MVPは本田だけど僕の個人的なMVPは長友だ。「早く世界最高のサイドバックになりたい!」って言っていた彼だが、かなり近づいている気がするよ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by Kenpapa9 | 2011-01-31 01:19 | 雑談
W杯と日本のサッカー
Excite スポーツニュース:FIFA、19日から日本視察 22年W杯招致

W杯が終わって一週間、結構な喪失感だ。思えば一ヶ月も夜中に眠い中夢中になってきたわけだから、それも当然のことだろう。今回は初めてTwitterで感動を共有しながらテレビ観戦、なんてこともやった。パラグアイ戦はどうしてもはずせない飲み会があったので、その後マリオンでパブリックビューイングしようとまで思った。結局帰ったけどね(^^;。
深夜にも関わらず60%近い視聴率を稼ぎだした、まさに国民熱狂のお祭り騒ぎだったわけだが、そこはそれ、そうなってくると「にわかファン」の存在が云々言われるようになる。曰く「Jリーグも観ないにわかファンが、大騒ぎして困る」。だが、僕もJリーグは観ない。何故か?それは面白くないからである。単純な話で、Jリーグの試合はつまらないがW杯の試合は面白いから観るだけである。

かくいう僕もJリーグ元年は熱心にテレビ観戦していた。当時日本代表6人を擁したヴェルディの速いパスつなぎには興奮したものである。しかし、その翌年に行われたW杯アメリカ大会をテレビ観戦し、すべてが変わった。ロベルト・バッジオやロマーリオ、ベベットのプレーに感動し、興奮した。で、W杯が終わった後、Jリーグを観ても面白くなくなってしまったのだ。
当時はまだドーハの悲劇で失った日本のW杯初出場を応援する、という気持ちが強かったので、日本代表戦は食い入るように観るのだが、Jリーグは観なくなってしまった。ま、それが大方の国民のメンタリティだろう。Jリーグの試合は、残念ながら長時間観ているのが苦痛なのである。あまりにもリーグ戦は世界のレベルとかけ離れ過ぎているのである。

だから、「Jリーグも応援しないでW杯ばっか応援して」なんて言う人は、そんなカルトな意識を押し付けないで欲しいと思う。あなたは好きでJリーグを応援しているわけでしょ?我々には関係ない。

そんな日本が、W杯を招致できるのだろうか?この国にサッカー文化が根付いたとは言い難い。ま、来てくれたら嬉しいけど、あまり期待をしないで見守った方が良さそうである。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-07-18 17:12 | 雑談
五輪選手を国を挙げてサポートすべきなのか
Excite 社会ニュース : 城内議員が「浅田選手記事」で謝罪 「多くの人の気持ち逆撫でした」

この炎上自体には全く興味はなく、僕はキム・ヨナの演技に関しては「一番美しかった」、浅田選手の演技に関しては「一番迫力があった」と思っただけだ。ジャンプの失敗が無ければいい闘いだったと思う。

それより気になるのは、最近「4年後のオリンピックでは「ダントツの圧倒的勝利を掴む」ため、国を挙げてしっかりと選手を応援し」みたいな論調が跋扈し始めているのに違和感を感じるのである。

国を挙げて選手を育成する、ということから思い出すのは旧ソ連や東欧諸国のそれ、日本でも東京オリンピックあたりの力の入れよう、すなわち国策としてのそれである。国策としてスポーツ振興をとるのはいわゆる「疑似戦争」としてのオリンピックの位置付けがあるからだ。オリンピックで世界に勝つことで「国威発揚」する、言い換えると内政の行き詰まりを隠す為の手段であって、オリンピックに国民の鬱積した不満のガス抜きをしてもらう、ということだ。日本はもっと成熟した国だと思っていたが、不況でそこまで落ちてしまったのだろうか?いや、本当にそういった政策が必要なのはまさに暴動や革命の心配がある国だと思う。日本はそこまでいっていないはずだ。
それをたかだか韓国にいっぱいメダルをとられて悔しい、ってことをキッカケにこういう論議が盛り上がるのはまさに疑似戦争の臭いがして非常に危険な風潮だと思う。

オリンピック選手支援に税金を突っ込むのなら、もっと他に使うべきところがあるんじゃないのか?と思う。
現状、決して他国から比べると予算的に恵まれているとは言えないそんな状況下で活躍した選手たちは本当に立派だし、素直におめでとうを言いたい。だが、これが国策ともなれば、選手たちに課せられるメダル獲りへのプレッシャーは何倍にもふくれあがり、決して「楽しんできます」なんて言うことは許されなくなる。その重圧に押しつぶされ、自ら命を絶つことになった選手だっているのだ。あの歴史を繰り返すべきではないと思う。

僕はプロスポーツが好きだ。プロフェッショナル達がお金を払っても見たいパフォーマンスを繰り広げてしのぎをけずる。その裾野を広げる為の真のスポーツ文化の育成、どうせ金を使うのならそっちに使って欲しいな。五輪のためじゃなくて。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-03-05 02:17 | 雑談
子供vs大人げない大人:スポーツは教育か?
Excite 社会ニュース : 「国母騒動はイジメ」 ホリエモンが服装原理主義批判

この人がこういうこと書くとつい反発したくなるんだが、実は僕自身今回の騒動自体には違和感を持っている。
確かに「服装は自己表現だ!」ってなことでやったのかそもそもユニフォーム自体が気に入らなくて反発としてやったのか定かではないが、「自己表現すべきはそこじゃないだろう?子供だな〜」と思ったことも事実。でも顔を真っ赤にして批判している人たちもどうかと思うな。端的に言って大人げない。つまり子供vs大人げない人々の構図なんだな、僕が持つ違和感は。「反省してま〜す」なんて相手が子供だと思えば可愛げすら感じる。大人ならもっと余裕持ちたいよな。

大人げない大人が増えているのは、ひとつには日本にはびこる現実の閉塞感があるんじゃないかな。日々の生活に窮々としているため、心に余裕がなく、ちょっとのことも許せないというギスギスした世の中になっているのではないかな。

それから、もう一つは、「ちゃんとした服装をしろ!」というのが中学の風紀指導の先生が言っているような感じなんだな。つまり日本ではスポーツが教育の一環になっている。ここがものすごく僕が違和感を抱くところ。ホリエモンが「高校球児」と言ったのは恐らく同じような意味だと思うが。
スノーボードってサーフィンとかスケートボードを起源に持つ、新しくて自由な「遊び」がスポーツになっただけだよね。それが五輪種目になった途端に「教育」になってしまう日本の風土ってのがどうもアレだよね。これでは真のスポーツ文化なんて生まれないよね。「教育」だと反発も生むが、「文化」ならやってる本人たちが自ら大事にするんじゃないかな。

まぁしかし「正装したくない!」と勲章を辞退するロック・ミュージシャンのように、あれをやるなら五輪辞退した方がよっぽどカッコいいのにな、国母クン。あの場であれをやるのはカッコ悪いことだと気付いて欲しいな。「(怒られるから)二度としません」じゃなくてさ。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-02-16 20:10 | 雑談
いや、バレーボールを思い出したよ
Excite スポーツニュース : 上村4位、メダル届かず 4大会連続入賞の健闘

うん、惜しかったが世界の壁は厚かった。というか、この1年で厚くなってしまった。
アナウンサーが「上村愛子しかできないターン」と繰り返し言っていたが、それは1年前までの話なのだった。
トリノでメダルを逃した後、「エアの愛子」は「ターンの愛子」に変身すべく男子しかやっていないカービングターンに取り組んだ。これ自体は大変素晴らしい戦略だった。そしてその戦略は、昨シーズンW杯、世界選手権を総ナメにするという最高の結果に結実した。だが、1年早かった。
昨シーズンの結果を見て、世界中が上村愛子を研究した。そして、僕が見る限り上位の3人は完全に上村を凌駕する形でその技術を自分のものにしていた。
元々体格やパワーで劣る欧米勢に対抗する為に技術を磨く、これ日本スポーツの常道である。いまだにパワー神話に取り憑かれている大リーグは、それゆえWBCでの日本の連覇を許すことになったのである。
だが、オリンピックの世界はそうではなかった。下手なプライドよりもメダルを獲ることの方が重要なのである。欧米列強はきっちり極東の小国の技術を1年で盗んでいたのである。元々体格とパワーが優れる上に技術まで追い付かれたら、日本人としてはなすすべがないのだ。あの、上位陣が次々転倒をしてしまったのを見ても、上村の真似をしても一つ間違えばああいうことになってしまう。そういう意味では上村の技術は素晴らしく成熟しているわけだが、メダルの3人はそれをパワーで押さえつけてしまった感がある。上村が4年かけてきたものが、あいつらには1年でいちかばちかでできてしまうのだ。
これは…バレーボールがそうだ。体格とパワーに勝る相手に勝つ為に日本があみだしたコンビネーションバレー。これが東洋の魔女という異名を産み日本のバレーボールの黄金時代を築いた。だが、体格とパワーに勝る奴らに同じコンビネーションバレーをやられてはやはり日本人では太刀打ちできないのだった。
7位6位5位4位ときたからには、上村には次こそメダルを獲って欲しい。だが、そこにはもうひとつ何かが必要になってしまった。もし狙うのなら、次は五輪にドンピシャ照準を合わせて、世界の誰も真似できないような滑りをして欲しいと思う。

そういう意味では秘かに期待しているのが、スノーボードパラレル大回転の竹内智香である。彼女は今シーズンになってカービングターンを取り入れた。まだ男子しかやっていない高度な技を、いわば誰にも真似されないうちに一発勝負で五輪に持ってきた。いちかばちか、何の保証もないが、All or Nothingの精神で栄光を掴んで欲しいものである。
そして、もう一人がミキティこと安藤美姫である。モロゾフコーチとの2ショットインタビューを観て驚いた。2人はこの4年、なるべく目立たないようにしていたということである。そして、オリンピックで一発逆転の秘策があるという。こういった戦略が五輪には必要なんだろうな、と感心した。

ま、結果はどうあれ、バンクーバーオリンピックはまだ始まったばかり。4年に一度のことなので、存分に楽しもうと思う。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-02-15 02:29 | 雑談
恒例の苗場は30周年
この季節はすっかり恒例となった苗場のユーミン参戦。例年なら打ち上げのあるラス前に行くのだが、今年は初めて初日を観てみることにした。今年はユーミンの苗場も30周年という記念すべき回。このブログで初めて苗場について書いたのは25周年のときだったので、ブログ始めてもう5年以上たつわけだなぁ。

ところが今回はちょうど木曜日、新潟地方は大雪警報が出て記録的な降雪になるとの予報が。これはまずい。冬仕様のカイエンとはいえ、本格的に降られるとしんどい。ビクビクもんだったが、道ガイドちょーこくのライブカメラを観てみると17号線が白くない。黒々とアスファルトの色が出ているのでこれなら大丈夫だ、と思い出発!
a0033438_5381635.jpg結局関越道も全く雪が降っておらず、関越トンネルを抜けても多少曇っているが降っていない。で、全く問題なく苗場プリンス到着。早速ナイター券を買ってリフトに乗ってみたら
←こんな感じ。これは晴れてると言ってもいいでしょう。さては天気予報はずれたんじゃないの?と思って夜ニュースを観たら、何と新潟は50センチ近い降雪で空港が閉鎖されたなんていってる。なるほど、では苗場は新潟ではない?(^^;。また次の日も大雪だという。ふと外を見ると雪が降っている。う〜ん、こりゃ帰りは大変かも、と思いながら会場のブリザーディウムへ。

まだ始まったばかりでExcite 芸能ニュース : ユーミン30年目の苗場開幕!動員数は25万人超もの記事でもほとんど中身には触れていないのでネタバレは自粛して多くを書くのは避けるが、今年は苗場史上最長のメニュー。前半は30周年で今までの苗場を振り返ったスペシャルな構成で、10回以上苗場に来ていて初めて観た演出がありビックリ!とだけ言っておこう。

a0033438_6113610.jpgさて翌日、吹雪になってるかなぁ、とビクビクしながら起きると、
←こんな感じ。完全に晴れている。6号館北に泊まっていたのでチェックアウトは正午。4時間券買って午前中めいっぱい滑って帰ろう、と思ったんだけど、写真を見てもわかるように非常にすいている。平日ということもあろうが、こんなにゲレンデに誰もいない苗場は信じられない。僕らの他は数人しかゲレンデにいない。リフトも並ぶことなく、クワッドなのに一人しか乗らずしかも数台置きにしか人がいない、ってな感じ。スキー場不況ってニュースでは観てたけどこんななんだ。10時過ぎてようやく少し人が出てきたが、それでもリフトが埋まる風ではなかった。アリエスカでブランチ食べても客は僕らだけ。そりゃ混んでるより気持ちいいけど、こんなんで経営成り立つのかね?今シーズンはすでに岩原に一回土日に行ってるけど、確かにそのときもリフト待ちはなかったなぁ。ゴンドラなくなっちゃってたし。
そういえば苗場もモーグルコースがなくなってたしフード付きリフトも見当たらなかった。不況なのかなぁ。

で、午前中ぎりぎりまで晴れの中滑っていて正午にチェックアウト。帰ろうと外に出てみると一天にわかにかき曇り、雪が降っている。何とタイミングのいいことか!っていうか積もらないうちに帰ろうっと!
ということで全く渋滞にも遭わず無事帰って来たのでした。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-02-07 06:44 | 音楽・カルチャー全般
久々、ジムの話題
ちょいと風邪をひいていたので、1週間ぶりにジムに行ってきた。ついに体重は58キロになって、体脂肪率も13.5%まで落ちた。もうそろそろ週何回かは昼飯食うようにしてもいいかもしれない。

ダイエットでお腹の回りがスッキリしたのはいいのだが、最近何となく筋肉まで落ちてきたように見えていた。実は以前日記に書いたように、インナーマッスルを鍛える為にマシンのウエイトを半分にして回数を増やすというやり方をこの半年ばかり続けてきたのだが、では元のウエイトが持ち上がるか試してみたら、まるで持ち上がらない。つまり、回数をこなす筋肉と重いものを持つ筋肉は別のものであり、僕がその片方だけ鍛えていた為にもう片方が弱ってしまっていたのだ。
インナーマッスルも大事だが、見た目も大事だ。というわけで、ジムではここ最近両方をやるようにしていた。まずは軽めのウエイトで回数をこなし、2セット目にウエイトを上げて15回勝負。そして順調に体重も減ってきていたので運動後のウエイトアップ・プロテインも復活させた。

そうした中での58キロなので、もうそろそろ週に2〜3回は昼飯を食うようにしてもいいかもしれない。ダイエット2ヶ月弱で5キロ近く落としたことになる。うまく60キロでバランスをとれる食事量を見極めて、今後は続けていければなぁ、と思っている。


Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-01-28 04:24 | 雑談
Twitterはリアルタイムなメディアだ---日本シリーズに寄せて
Excite スポーツニュース : 巨人、逆転サヨナラ勝ちで王手 プロ野球日本シリーズ第5戦

デスクでテレビ観戦。ずっとじりじりした展開でなかなか席を立つことができなかったが、大道の執念の同点打を観て勝ちそうな気がしたのでやっと帰路につく。
地下鉄を乗り継いで、ようやく地上に出たのが21時過ぎ。ワンセグを立ち上げるとすでに別の番組が。試合は終わっているのか。どういう結末だったのか?まずは結果が知りたい。携帯でmixiニュースを見るも、まだ大道の同点打の情報で止まっている。

こういうときはどうすればいい?

そうだ、Twitterだ!

早速iPhoneからEchofonを立ち上げ情報チェック!あったあった、サヨナラ勝ちか!しかも9回ホームラン2本とは劇的な。
こうして心穏やかな状態で家に帰れましたとさ。帰ったらNHKニュースウォッチ9→報ステから始まるスポーツニュースのハシゴである。

Timelineとはよく言ったもので、そこにはリアルタイムがある。多くの人が同時刻に共有する現象があれば、リアルタイムで一斉につぶやかれる。例えば地震があれば「あ、地震だ」「地震なう」などとバババーっと連なる。
最近mixiアプリにハマっていたおかげでmixiボイスを使う頻度の方が増えていたが、改めてTwitterの有用性を再認識した次第。ボイスと両方使えるEchoEchoMac版Echoも手に入れたしね。

Excite スポーツニュース : 松井秀「ここまで来られて最高」 WシリーズMVPの喜び
今日は昼間から最高の気分だった。なんたって堀内政権のときに僕は完全に巨人ファンをやめて一時期ヤンキース一本だったからな。車のナンバープレートは松井の背番号と同じ(^^;。それだけに今日はとても気分がいい日となった。
松井選手、おめでと=!!

さ、久々に早く寝るかな(^^)

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-11-06 01:40 | 雑談
Twitter落ちてますか?(復旧したようです)
全くつながりません。

さて、また整体に行ってきましたが、今回はほぐし整体ぐぅぐぅってところにしてみました。前回が指圧メインだったんで、今回は「骨格・骨盤調整」に期待。

まず最初に指摘されたのはいかに体が歪んでいるかということ。左足が短く肩の位置が違う、背骨が左右に湾曲している。で、これだけ歪んでいるとまっすぐにしたらかえって違和感が出るかもしれませんがご了承を、と言われたので「やっちゃって下さい」と返す。

まずは全身の筋肉をほぐすところから。特に痛むようなことはなし。背中の筋肉が固まってて、それが首や肩にも悪影響を及ぼしている模様。
で、背中の筋肉がほぐれたところで背骨を伸ばし始める。これも特に痛いことはなし。
次に骨盤の調整。これもかなり歪んでいるようなのだが、特に痛まずちょいちょいとやってはい、まっすぐになりました。
そして肩をやって最後は首。筋肉をほぐしていく途中で、
「ちょっとここ押すと痛いでしょ」
「はい」
「そこの骨がずれてるんです。じゃ治していきますねー」
と、首をグリグリグリと左右に回転。これも特に痛むことはなく、あっという間に
「はい、治りました。さっきのところ押してみてもらえますか?」
「!!(痛くない!)」

いやぁ、正直言ってここはスゴイ!首の骨のずれが治ったおかげであんなにつらかった首がとても軽くなり、骨盤の歪みを治したことで10年来痛んでいた左足の付け根の痛みが全く消えてしまった!これならまたテニスができそうだ。

残念ながらこないだ行った中国整体とは比べ物になんない。60分¥5500とちょい高めだが、ここにき〜めた!!

「3日ぐらいしたら整体の効果が出てきて、別の場所に反動が来るかもしれません。それを一つ一つつぶしていくのが整体ですから、よかったらまた来て下さい」
はい〜、おかしくなったらまた行きますね〜!

追記:これか!
Twitter、DoS攻撃で一時サービス停止に:ニュース - CNET Japan
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-08-07 00:02 | 雑談
筋肉痛
がおさまらない中、またジムに行ってきた。いや、昨日よりマシになったので行き時だと思ったのだ。いつもと全くマシンは変えてないのにウェイトを半分に下げてゆっくりと倍の回数やる、というだけでこれだけ筋肉痛になるということは、いつもと違う筋肉を使っているということなのだろう。やはり狙い通りインナーマッスルが鍛えられているのだろうか?
筋肉痛になるということは悪いことではなく、それだけ筋肉が育っているということだ。だが、ウエイトやり始めの頃のようなひどい筋肉痛になるとは思わなかった。
ま、繰り返して行けば慣れていくのだろうが、これだけつらいとちょっとペースダウンした方がいいかもしれない。というわけで、それまで15回x2セットだったのを30回x2セットにしてひどい目にあったので、今日は20回x2セットにしてみた。これを続けて慣れてきたら30回にしてみようっと。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-08-02 23:38 | 雑談