インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
タグ:旅行 ( 29 ) タグの人気記事
by Mark@m7|ReTweet
あの肉の正体は?
Excite 経済ニュース : 日清カップヌードルの肉変更 「あの食感消滅は残念」が相次ぐ

あの不思議な肉、実はカンガルーの肉だとオーストラリアに行ったときバスガイドさんが得意げにマイクでアナウンスしてた。

要旨はこんな感じ。
オーストラリアの車にはカンガルーバンパーがついている→カンガルーは増え過ぎて事故が絶えない→増え過ぎて困っているので実は政府が間引いている→ただ殺すのはかわいそうなので肉を食用に→カンガルー料理はオーストラリアの名物・カンガルージャーキーなんかもある→日本人はこの話を聞くとかわいそうと言うが、実はカンガルー肉の最大の輸出相手国は日本→皆さんも絶対に食べています→あのカップヌードルに入っている肉、何だと思います?

言われてみると確かに…カンガルージャーキーのパサパサした食感と共通するところがあり、僕は信じ込みましたが、果たして真実は?!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-03-28 20:02 | 雑談
恒例の苗場
a0033438_11172730.jpg

快晴!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-02-15 11:17 | 雑談
足がガタガタです
昨日のエントリーでは書かなかったが、実はラビスタ伊豆山から渚町にあるライスボールまで、3キロちょっとの距離を犬の散歩も兼ねて歩いて行った。ところがラビスタから135号線に出るまでの坂の急なことといったら…昔逗子の山の上に住んでた僕でさえ見たこともない斜度が続く。雪が降ったり凍結したら完全に孤立するね、あれは。ま、ショートカットして急なところを選んだからなんだが…
で、往復6キロ以上、1時間半の行程で足がガクガクになってしまった。ジムで足を鍛えるのを疎かにしていたのがモロに出たなぁ。部屋についたらスネの横、前脛骨筋が痛む。早速温泉に行ってマッサージ。ラビスタ伊豆山の温泉は源実朝が詠んだという有名な「走り湯」で、効能的には筋肉痛にもいいらしい。大浴場にゆっくりつかってマッサージしていたらだいぶ楽になった。そこで併設の露天風呂へ。こっちはちょいとぬるい。長時間つかって汗をかいてくればなかなかよさげではあるが。で、サウナがあったのでサウナ大好き人間としては入らずにいられない。ちゃんとつかれる水風呂もある。ところが、このサウナがぬるい。全然汗をかかない。温度計を見ると90℃以上あるのだが…?で、立ち上がってみると何と上の方がめちゃ暑い!鼻から息を吸うとやけどしそうなぐらいだ。何でこうなるんだろ?構造上の問題かな…段が低すぎるのか。
で、水風呂につかる…と、スネの横がつってしまった!イタタタタ!再び温泉に入ってマッサージ。トホホである。
で、本格的な筋肉痛は翌日やって来る。今はふくらはぎと臀部が痛い。立ったり座ったりするのがつらい…ただ、下半身の体脂肪率はかなり低下していそうだ。明日ジムに行って測ってみるか。

ところでこのラビスタ伊豆山であるが、初めて行ったが貸別荘の風情でありながらちゃんとホテルなところが気に入った。特に部屋は2LDKでリビングが17.5畳もあるという広さ!玉乃井の鄙びた風情とは正反対だが、来年もここに行ってみようっと。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-01-07 19:08 | 雑談
訂正
☆m7☆Markのblog : パリ旅行記・その2 iPhone編
で、マカロンのことを「決してうまいもんではない」なんて言いましたが、それは他の店のやつでした。Caretteのマカロンはモッチリしてうまかった!さすがパリNo.1のマカロンが有名なパティセリーです。お詫びして訂正致しますm(_ _)m
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-08-08 00:37 | 雑談
パリ旅行記・その3 最終回
Excite 経済ニュース : <iPhone>最低月額利用料金を値下げ…ソフトバンク
モバイルチャンネル - 「iPhoneは想定以上の売れ行き」--ソフトバンク孫社長、手ごたえをアピール - CNET Japan
iPhoneの月額通信料金、2990円からに--「パケット定額フル」が2段階定額に変更:モバイルチャンネル - CNET Japan

いくら値下げしてくれたところで、海外でのローミングには全く関係がない。その恐ろしい電話は、金曜日の朝、いつものようにホテルでコンチネンタル・ブレックファストをとっているときにやって来た。
突然、iPhoneが鳴った。着信音に設定しているKansasの「伝承」がけたたましく鳴るもんだからみんながビックリしていた。おかしい。僕のiPhoneの番号はまだほとんど知られていないはずだ。誰からなんだろう…
電話に出てみると、ソフトバンクからの電話だった。「お客さま、現在海外で使われておりますね?」「はい」「海外ではパケット代が定額対象外なのはご存知ですか?」「はい」「最初の3日間ですでに3万円を超えております。ご注意下さい」「…」
金曜日に言うなよ。明日帰るんだぜ?どうせいっちゅうねん!

最終日は午前中モンマルトルの丘に行く。チュイルリーからメトロに乗り、コンコルドで乗り換え、Abbessesで降りる。出口へ行くエレベーターがあったが、車椅子用だと思って無視して階段を登ったが、全く表に出る気配がない。しまった!もうこれは丘を登っている状態なんだ!凱旋門のテッペンと変わらないぐらいの階段を登ってようやく外へ。しかし当然右も左もわからない。ダメだ、やっぱり君の出番だよ、iPhone。Google Mapを起動する。こうなりゃヤケだ!使い倒してやる!
a0033438_116109.jpgそこから坂を上りまたもや階段を延々登ってようやくサクレ・クール聖堂へ。聖堂前から見るパリの街は格別な眺めだ。
聖堂の丘を降りると生地屋さんがたくさんある。生地の問屋街なのだろうか?その中で一番大きい、5階建てでそのすべてが生地売り場という建物に入ってみる。3階までしか行けなかったが、意外とお客さんがたくさんいて驚く。
その後は土産物屋やらカフェが並ぶ坂をだらだらと降りて行く。何故か江ノ島を思い出してしまった(^^;)。Anversの駅まで降りたら、大通りを右へ、中央分離帯のところが緑道になっている道をてくてくと西に向かって2駅歩くことにする。シックでいい感じなのだが、Pigalle駅を過ぎたあたりから様相が一変した。左右にはポルノショップが立ち並び、「SEX」の字が躍る。ここはパリの歓楽街、クリシー大通りだった。そんな調子が1駅分続いた。
a0033438_1373748.jpgそして、Blanche駅前にはムーラン・ルージュがあるのだが、そこからほど近い所に目的の地があった。映画、アメリの舞台となったカフェだ。カフェ・デ・ドゥー・ムーラン。映画アメリのポスターが貼ってあり、アメリの名がついたメニューもあった。ここで食べたクロック・ムッシュは絶品だったよ。

午後はもうちょっとちゃんとサン・ジェルマン界隈を見ようとメトロを2号線から4号線へと乗り継いでSt-Germain des Presへ。教会からサン・ジェルマン大通りをはさんで向かい側の南方面に行ってみるが、高級ブティック街になっていて全然面白くない。あれれ、ずいぶん前来たときと印象が違うなぁ。歩き疲れてとりあえずドゥ・マーゴで一休み。
で、気を取り直し、今度は北側へ。なんだ、行く方向を間違えていただけだ。こっちはごちゃごちゃして面白い店がいっぱいある。MabillionからOdeon、St-Michelへと裏道をうろうろしながらパリの街を堪能した。夜はセシールがサン・ミッシェルの人気のお店に予約を入れてくれておいしいディナーとワインを堪能いたしました。
そして土曜日、朝イチで空港に行きパリを後にする。6泊8日のパリ旅行はこうして終わりを告げた。

さて、パリでほぼGoogle Map GPS機能フル稼働でiPhoneを使うとどうなるのか?日本に帰って来てから料金を確認してみると…
3G国際パケット通信料 7万円!

1日1万の計算ですわな。ガイドが雇えたかも(^^;)。海外に行かれる方、お気をつけ下さい。


タバコ事情
フランスでも禁煙令が施行され、タバコ文化圏のヨーロッパがどうなっていたかとても興味があった。まず値段。僕の愛用するジタン・ブロンドは5ユーロ20サンチーム。日本円で800円以上!でもタバコ屋が少なくなった雰囲気はなかった。
帰りに免税店でジタンを買おうとしたら何と免税品なのに一箱換算2.4ユーロもする。明らかに日本で買った方が安いのでやめてしまった。
禁煙は、建物内では全くダメ。駅の構内とか空港でもダメ。でも、外はオールOK、と覚えておくと分かり易い。このへん、外でもちょいと気を使わなきゃならなかったハワイよりずっとよかった。そしてさすがパリっ子は、禁煙令などなんのその、外では相変わらずスパスパ、吸い殻は道にポイ捨てだ。あるカフェのテラスで灰皿を頼んだら、この店には灰皿はない、灰皿はフロアを使ってくれ、と言って地面を指差した。見ると歩道は吸い殻だらけ(^^;)。但し、これは毎日毎日何人もの清掃員が吸い殻をきれいに掃除してくれる公共サービスが整っている所ならではのこと。東京では真似しないように。

気候
いろいろあった旅だが、天気には恵まれた。1週間ずっと晴れ。気温は最高27℃〜29℃ってところ。思いのほか日差しは強いのでかなり暑いのだが、日陰に入ると涼しい。湿度が低いんだね。いい気候でした。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-08-06 02:47 | iPhone
パリ旅行記・その2 iPhone編
Excite ITニュース : mixiのiPhoneアプリ公開
2つ前のエントリーで早く出さないかな、と言っていたmixiアプリがやっとでたのだが、これお世辞にもよくできたアプリとは言い難い。ほぼ写真付き日記をアップするだけのアプリだな、これ。更新情報の中身を見るのにいちいちSafariが起動するってのもエレガントとはほど遠い。足あと見ようとするとフリーズするってのもやっつけ仕事見え見えだ。
先行するMyspaceはというと、
Excite ITニュース : マイスペース、日本語版iPhoneアプリ公開
というわけでまた一歩進化。頑張ってね、mixiさん。

というわけで、このアプリが間に合わなかったおかげでパリでリアルタイムの日記更新ができなかったわけだが、デフォルトで世界ケータイのiPhoneはパリでも大活躍した。

22日は午前中オルセー美術館行ってそのまま美術館並びのカフェで昼食。Google Map起動するも電波の入りが悪くGPSが作動しない。そこからちょっと南下してサンジェルマン方面へ。しばらくブラブラするがあまり面白くない。GPSも相変わらず作動しないので明日行くマレ地区に下見の為に移動。Pont des Artsを渡ってLouvre-Rivoliからメトロ1号線に乗る。Bastilleで乗り換えてSaint-Sebastien-Froissartで降りる。そこから歩いてRue Vieille du Templeという通りに出るつもりが、逆方向に歩いてしまう。メトロを降りると方角がわからなくなるのだ。Google Mapを起動して現在地を確認すると、明らかに逆方向に歩いていたので戻ってやっとのことでRue Vieille du Templeへ。なるほど、この道はなかなか面白い店が多い。この界隈は電波の入りもいいしGoogle Mapもバリバリ使えそうだ。てなわけで下見終了。Saint-Paulまで歩いてブラッセリーで夕食をとりメトロでホテルまで戻る。
a0033438_239183.jpgホテルの部屋で明日の行程を確認。GPSがマレ地区ではかなり使えることがわかったのでGoogle Mapに明日の行き先を打ち込んで行く。例えば「ピカソ美術館」と日本語で打てばちゃんと検索してピンを打ってくれる。これを次々にブックマークに登録していく。

23日は朝からピカソ美術館へ。Saint-Paulまでメトロで行って歩くことにした。Google Mapで現在地を出しブックマークまでの経路を呼び出すと「○○通りを100m行って左」という具合にナビしてくれる。これは便利!世界共通サービスなのがいいね。
白いお屋敷を改造したピカソ美術館のあとは、ポンピドーセンターへ。これまたGoogle Mapが大活躍。パリみたいな歩き倒す街にはホント欠かせない。現代美術のあとはまたRue Vieille du Templeに戻ってお買い物。ビルケンシュトック専門店があってビックリ。Soldeなので日本で買うよりずいぶん安い。サンダルゲット!
マレ地区を堪能した後はホテルに戻って、レジーナ前のジャンヌダルク像を挟んだちょうどトイ面にあるカフェ・ブラッセリーへ。なんか常に混んでいるのでおいしいんじゃないか、ということで行ってみた。まぁ初日に行った店よりはよかったかな。

さて、パリ旅行も残すは2日。24日は午前中ホテルから歩いてオランジェリー美術館まで行ってモネの睡蓮を堪能。その後メトロに乗って日本大使館行って渡航書をもらう。発行料が15ユーロもかかった(T_T)。ギャラリー・ラファイエットでお買い物しようということになり、メトロで移動。ウエストバッグを買う(T_T)。ここまで僕は手ぶらで観光してたんだね。
a0033438_316090.jpgそしてオペラ座まで歩いてAMEXのオフィスでカードの緊急再発行。警察の書類を見せたらすぐに出してくれた。でもなんか色が渋い。ヨーロッパな感じのAMEX。
で、オペラ座通りをてくてく歩いて日本の旅行代理店へ。ここで最終日のモンサンミッシェル観光を予約しようと思ったら、すでにいっぱい。ホテル・レジーナそばにもう一件代理店があるから行ってみてと言われたのでそのままてくてくホテル前まで戻り、旅行代理店に入ると「ああ、空きがありますよ」とのことでホッ。「あ、でも日本語ガイドですよね、少しお待ち下さい」とカタカタ調べて「あ、66人で満員です」だって!どんだけ日本人いるんですか?
金曜日はそんなわけで予定を変更してパリで行っていない地区を回ってみることにしよう。
さて、ホテルで少し休んでからバトー・パリジャンというセーヌ川の遊覧船に乗る。エッフェル塔の前から出ていて、日本のパリ観光株式会社というとこでミュゼパスをゲットするときにセットでお得、ということでディスカウントでチケットを買っていたわけだ。ミュゼパスは盗まれてしまったが、こっちは残っていた。パリの遊覧船といえばバトー・ムーシュが有名だが、バトー・パリジャンは新興勢力で日本語ガイドもついていて今急激に伸びているという。
エッフェル塔からセーヌ川を下ってシテ島をぐるっと回って戻ってくるコース。川から見るパリはまた違った顔を見せてくれる。パリに行くたびに乗っているのだけれど、夏なのでデイライトの中で乗ったのは初めて。うーん、ナイトシーンでサーチライトに照らされた建物を見る方がやっぱ風情はあったな、という感じかな。最終の22時あたりの便に乗らないといけなかったかも。この建物ライトアップっつー文化が、初めてパリに行ったときはえらくインパクトがあったっけ。
船を降りたらシャイヨー宮を抜けてTrocaderoへ。Caretteという有名な店でマカロンを買う。まぁ決してうまいもんではないが(^^;)。なんか香水づけのクッキーみたいで、ただパリの香りなんだろーねー。
その隣のカフェ・ブラッセリーで夕食。うまかった!夜ホテルに戻ると、セシールから電話アリ。金曜日一緒にディナーをしましょ、というお誘い。もちろん二つ返事で受ける。さぁ、残すはあと1日だねぇ。

というわけで今回はここで終わり。金曜日の朝に恐怖の電話がかかってくるところから、次回は始まります。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-08-01 03:49 | iPhone
てんやわんやのパリ旅行記・その1
いや、ほんとにいろんなことがあった。いいことも悪いこともてんこ盛りの一週間であった。でもかなりヘビーな事件があったわりにはトータルとしてはいい旅行だった。いや〜、やっぱパリはいいですわ。

20日の午前中の便でパリに発つ。時差の関係でその日の夕方パリ到着。いきなり白タクに引っかかる。今まで数えきれないほど海外に行っているが、そのすべてが仕事だったわけで、プライベートのみの旅行は実は2回め。コーディネーターが出迎えに来てくれてないとこんなもんである。シャルル・ド・ゴールからルーブルの真ん前のホテル・レジーナまで85ユーロ。帰りのタクシーが50ユーロだったので、でもまぁ白タクにしちゃぁ良心的だ。あまりにも荷物が重くて長時間のフライトで疲れていたので荷物も運んでくれるしま、いいや、という感じだったのだが。
早速ホテル周辺を散策。チュイルリー公園には移動遊園地が来ていて結構エキサイティング。
a0033438_181467.jpga0033438_19773.jpgコンコルド広場まで歩いてマドレーヌ教会、ヴァンドーム広場の方を回ってピラミッドのカフェに入り夕食。
う〜ん、ザッツ・パリ!でも料理はイマイチでした(^^;)。
あちらはサマータイムということもあり緯度が高いということもあり、夜10時ぐらいまで暗くならない。この写真だってもう夜なんだけどね。たぶん8時ぐらいかな。

最悪の事件
21日は朝も早よから美術館めぐり。目の前のルーブルへ。お決まりのモナ・リザ、ニケ、ミロのビーナスあたりを見て、館内のカフェテリアで昼食。そこで事件が起きた。
ウエストとショルダー縦横3ウェイのバッグをショルダーモードで使っていたのだが、地図を取り出しバッグをテーブルの上へ。午後の予定を決めようとしばし集中。で、地図を戻そうとしたら、バッグがない!隣の男もいない!自分の食事にはほとんど手をつけず、忽然と消えていた。やられた!完全に狙われた!
海外ではバッグは肌身離さず、という鉄則を一瞬忘れていた。ウエストバッグにしていたら、と悔やまれる。だが、もう遅い。
バッグの中にはパスポート、メインのAMEXとヨーロッパではAMEXが使えないことが多いのでサブのVISAカード、日本から買って行ったミュゼパス、家の鍵、そして現金300ユーロが入っていた。海外でパスポートを失ったのは当然のことながら初めてだ。
ルーブルのインフォメーションに行きどうしたらいいのか聞く。1.カード会社に連絡してカードを止める、2.いろいろな再発行のため被害届を警察に出し、被害証明書をもらう、3.日本大使館に行きパスポート替わりの渡航書を発行してもらう。
ルーブルの係員は非常に丁寧に親身になって対応してくれた。だが警察はかなりハードルが高そうである。ここで、パリに行ったら会おうね、と約束していた古い付き合いのコーディネーターにS.O.Sの電話。1時間ちょっとで来てくれるという。
ルーブルのオフィシャルな被害届とカードを止める手続きに1時間ちょっと、そこにコーディネーターのセシールが来てくれた。ルーブルの出してくれた書類を手に警察へ。だがその前にパスポートNo.を調べる為にホテルに寄れという。このへんは自分では思いつかなかった部分だ。助かった。警察ではほとんどフランス語なのでセシールに取り調べまで付合ってもらい、無事に証明書をゲット!それを手に凱旋門のそばの日本大使館へ。営業時間(?)の5時を若干回っていたが電話を入れていたこともあって手続きをしてくれた。土曜日まで滞在すると言うと、では木曜日に発行します、ということで手続き終了。火曜日水曜日はパスポート無しで過ごすわけだ。
a0033438_224748.jpga0033438_2244599.jpg初日から思わぬ事件で午後が丸々つぶれてしまってくやしかったのでそのまま凱旋門へ。何回もパリには来ているが凱旋門に登るのは初めてだ。なかなかの絶景である。さすがはパリの中心だ。
その後はシャンゼリゼをプラプラしながらLIDOの近くのカフェで夕食をとる。もちろんセシールへの感謝を込めて僕がごちそうした。何故サイフを盗られた人間が支払いできたかと言うと、実はホテルの金庫にさらにサブのセゾン・マスターカードを預けていたのだ。これは実は大正解で、パリでは支払い、キャッシング、メトロに至るまでマスターカードはオールOKで、AMEXはかなり制限されるしVISAもオールマイティーではなかった。こいつのおかげで火曜日からも何不自由なく過ごすことができたわけだ。

a0033438_240022.jpgさてとりあえずパリ旅行記その1、ここで終わっておこうと思うが、木曜日に発行された渡航書どんなもんだか見た人の方が少ないと思うので写真を載せておく。有効期限は7/22-7/30のわずか9日間というシロモノ。これのおかげで無事に日本に帰って来れたが、成田のイミグレでは一人だけおみそ扱いだったり、いや、なかなかこれも「いい」経験だったかもしれない。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-07-28 02:42 | 雑談
W62Sでワイハー
a0033438_1813308.jpgというわけで、結局W62Sを増設し、ハワイに来たわけですが、W62SをなんとかW44Sと同じような環境に整えるのが大変で、でもリスモくんをちょっと見直しました。W44Sから機種変更だったらデータを移せばいいんだけど、増設なんでいろいろコピらなくてはならない。もちろんアドレス帳とかはショップでやってもらったけど、メールデータなど他のものはお店でやると1時間ぐらいかかるといわれてとりあえずやめてたわけです。で、PCのリスモくんのバックアップ機能を使って、苦労しながら着うた含めて6割ぐらいコピーできたかな?おサイフ機能はさらに複雑で、Edyはダウンロードすれば新たにチャージできるんですがSuicaは一度W44Sの方を殺さないとW62Sで使えない。完全に機種変更の手続きが必要です。W44Sに戻すときも同様だから、これはなかなか面倒。とはいえ、両方にお金が残ることがないんで、これはこれで便利なのかも。

さて、W62Sハワイではどうかといえば、まずはとりあえず待ち受けになってるツインプラネットクロックが便利。ハワイ時間と東京の時間が一目でわかるのはこっちに来るまでそうでもなかったけど来てみたらすごくいいです。
それから普通にEZwebとメールが使えます。但しパケ代定額制が適用されないので、どのぐらい請求が来るのかちょっとコワイ。とりあえずついたときに嬉しくてmixiに写真付き日記上げちゃったりしたんで、相当ヤバそうな臭いはします。というわけで、このブログはMacBookで書いてホテルの部屋から上げてます(^^;)
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-06-02 01:04 | 雑談
雪ダルマ
吹雪の中をスキーして15時前に切り上げてさぁ、帰ろう、と思ったら車の雪ダルマ状態がものすごくて…屋根の上に4-50cm積もってて、この雪かきに1時間弱かかってしまったのは大誤算!あまりにも大変で写真を撮る余裕もなかった(^^;)。
しかも帰りの道中は湯沢ICまではほとんど前が見えない悪条件。IC手前ですでに大渋滞。そりゃそうだ、もう1時間早く出るはずだったから。しかも、関越乗ったら除雪車の真後ろにつけてしまい、超ノロノロ運転。関越トンネル抜けても吹雪(T_T)。っつーこってとんでもない渋滞。渋川伊香保まで雪は降り続け、結局6時間かかって家にたどりつきました。
あー、明日は朝早いんだよな。起きられるかなー?
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-02-17 23:47 | 雑談
雪です
a0033438_13563516.jpg

ゆうべからの雪は今も降り続いております。かなりの量降っているので、新雪に埋まりまくり足取られまくりこけまくりです。さあ、暗くなると困るのであと一時間ぐらい滑ったら帰ろうっと。車のダルマ雪はさらに成長しとりましたが(^_^;)
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-02-17 13:56 | 雑談