インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Parts

タグ

カテゴリ

お知らせ
☆blog内BBS☆
m7
レコーディング
ポッドキャスト
音楽・カルチャー全般
iPod・音楽配信
iPhone
iPad
雑談
ホッピー

以前の記事

2017年 12月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2012年 10月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

検索

タグ:格闘技 ( 3 ) タグの人気記事

まぁ実際なめてたんでしょうなぁ

Excite スポーツニュース : 亀田家に総厳罰を…歴代王者「なめるな」と怒り心頭

THE END...かな?
まぁ興味はあったけどこの試合観てませんでした。えらい視聴率高かったみたいだけどね。
ボクシングの歴代視聴率を見てみると、確かに94年の薬師寺VS辰吉以来スター不在でボクシング自体が低迷していたのがわかる。そこに久々に出てきた亀田家という存在が日本のボクシング界の期待を集めていたのもわかる。だが、ボクシングというスポーツは実力と実力がぶつかり合って結果的にエンターテイメントとなるわけで、スター不在だったのはその実力が人を感動させるレベルにまで達していなかった時代が長く続いたから。それは日本のボクシング界全体の責任だろう。この状況に焦ったためか、亀田家というエンターテイメントありきのボクシング、つまり最初にストーリーありきで結果を合わせていくようなシロモノにJBCが乗ってしまった、というのがすべての原因だったような気がするよ。歴代チャンピオンが個人的に「なめるな」という感想を持つのはその通りだろうが、それを許したボクシング界の一員だということは肝に銘じなければならないんじゃないかな。
K-1や総合格闘技の台頭で脇に追いやられていたボクシングが起死回生のギャンブルに出たのが亀田をスターにするというストーリーだったのかもしれないが、道半ばで終了。結局当事者である亀田家を全くコントロールできなかったのが敗因だろう。様々な優遇措置が何の為であったのか、当事者には伝わらなかった、ってことなのかな。当事者としてはストーリーありきだから、筋書きが変わってしまいそうな展開にはそりゃ必死になって反則もするわさ。亀田父にはコンサルをつけるべきだったね。
この代償は意外と高くつくかもね。しばらくは国民はボクシングに見向きもしなくなるかもよ。
[PR]
by kenpapa9 | 2007-10-14 04:37 | 雑談 | Comments(7)

KID脱臼とレスリング協会

Excite スポーツニュース : <レスリング>格闘家“KID”マットに沈む 右ひじに重傷
最後にタップしていたのが印象的でしたが。アマレスでタップってあるの?というか、KID公式戦初のタップなのでは?

しかし僕はこのアマチュアスポーツってやつに最近特に懐疑的だ。例えば、KIDの実力はともかく、今回の巻き投げがあんなにきれいに決まったのは両腕のテーピングのせいに間違いないだろう。タトゥーを隠す為にこんな不利な条件を出しておきながら、
最終日は初の有料開催で約2300枚の入場券が完売したが、山本選手の敗退が決まると観客の大半はため息とともに早々に席を立った。だが、テレビ放映権料やスポンサー料で収入も増え、日本レスリング協会の福田富昭会長は「知名度の低い競技にたくさんの人が見に来てくれて良かった」と、「KID効果」を喜んだ。
と協会は彼を金儲けと知名度アップに利用している。う〜ん、汚ねぇ。タトゥーを隠せなんて、どの口が言うんだ!って感じ。
だいたい国際大会になれば、普通にタトゥーをした選手が試合をやっている。今回見ても上腕部分は見えていて全部隠してないわけだから、何であの部分だけ隠さなきゃならないのか全く解らない。ケガを治して北京への挑戦は続くのだろうから、協会としてはしばらくウハウハが続くんだろう。なのに条件を出すというのは、本当は勝ってもらいたくないんじゃないか、などと邪推してしまう。五輪にプロを出したくないか、あるいは最後の最後まで勝たせないことで人気を引っ張るのか(早々と内定すれば次の試合に出ない可能性もあるからね)。どっちにしても、とってもダークな臭いがする。
プロであろうがアマであろうが、一流の選手が必死に努力して臨む大会に物理的ハンデはどうかと思う。柔道だって道着がはだけたまま試合を続行して物議をかもすこともあるのだ。

高野連といい、今回のことといい、なんかアマチュアスポーツの協会ってのはどうも「正義」が世の中とズレちゃっている様な気がするのは僕だけでしょうか?
[PR]
by kenpapa9 | 2007-01-29 04:12 | 雑談 | Comments(0)

こりゃすごい!

PRIDE無差別級グランプリ2006 決勝戦 全試合配信

無料だぜ!
1Mがあるからかなり奇麗に観られる!ニュースでは結果を知っているけどミルコがいかにしてチャンピオンになったか、ずっと観たかったんだけど、こんな形で観られるとは…
準決勝のミルコvsシウバもすごかったけど、ノゲイラvsジョシュはPRIDE史上に残る名勝負じゃないだろうか?新日で「おまえはモウ、シンでいる!」というジョシュばかり観て来た者としては、ジョシュ・バーネットってこんなに強かったんだぁ、と素直に感動。
で、ミルコとジョシュの決勝。これも素晴らしかった。ミルコは強い!こないだのHero'sがイマイチだっただけに、とっても充実感がある。

やるな。あっ!とおどろく放送局。10/26までの期間限定配信なんで、皆急げ!
[PR]
by kenpapa9 | 2006-10-14 02:51 | 雑談 | Comments(3)

サイトリンク

最新の記事

Amplitube for ..
at 2017-12-09 23:54
ギター
at 2017-12-04 04:35
健康とか、暑さとか
at 2017-06-02 17:22
ロボット・ギターをTroni..
at 2017-02-05 00:38
おめよろ2017
at 2017-01-06 17:18