インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
タグ:音楽配信 ( 59 ) タグの人気記事
by Mark@m7|ReTweet
radiko.jp
IPサイマルラジオ「radiko.jp」が示すラジオ業界の課題:コラム - CNET Japan
Excite ITニュース : ラジオ聞きながら交流 「radiko」関連サービス、個人開発者が続々

ネットで聴けるサイマルラジオの配信が始まったが、どうやって権利処理をしているのか不思議だった。だって絶対(他社からの)ネット配信ダメ!なソニーの曲がソニー以外のサイトからネットに流れてるわけだからね。
と思ってCNETの記事を見たら、
音楽利用に関してはこの10数年で制度改正が度々行われ、数年前に、地上波(デジタル・アナログの両方)のサイマル同時放送であれば許諾なしに利用が可能となった
とある。全然知らなかった!いつ?どうやって?
と思ってググってみると、こんな記事が見つかった。2008年にコミュニティFM主導ですでにスキームができていたようだ。う〜ん、ラジオのことはほとんど忘れていたので、全く知らなかった。当時はCMは別許諾だったようだが、今回のradikoはCMまでまるごと流しているのでその部分の整備も進んだんだろう。

但し、これをもってネット上の音楽利用が解放された、と考えるのは早計で、「サイマルに限り」という但し書き付きなわけである。つまりアーカイブ化とか時差視聴とか、編集してしまったコンテンツは相変わらずダメなのである。
要するに「放送局」が「放送補完」の為に行うサイマル配信については、その著作権管理、運用は「放送法に準じる」的な拡大解釈で実現している可能性が高い。つまり、サイマル配信が許されるのは放送免許事業者のみであるわけで、決して放送と通信の融合なんてものではなく、放送局のネット利用にすぎない。

インターネット時代の表現者にとってはあまり進捗があったとは思えないが、それでもユーザーにとっては大きな事件であることは確かだろう。radiko.jpが大きな話題になっているのは、放送と通信の問題というよりは、ネット上の音楽コンテンツのクオリティの話なのではないかと考える。
つまり、通信の許諾規制でがんじがらめになって、素人の作るインディーズ曲中心のネットラジオか、プロの曲を45秒以内で試聴することぐらいしかネット上の無料音楽コンテンツはないわけで、あとはiTunes Store等でお金払ってダウンロードするしかない、という状況で、もうすでにラジオのハードを持っていない人もたくさんいると思われる中、ネット利用者がプロの作ったコンテンツを無料で利用できるようになるというのは、これは大きなことだ。

しかしながら、オープンソースではないものの、通信の世界に一歩足を踏み出せばWeb2.0的な独自コンテンツで溢れ返るのはもう避け難いわけで、様々な開発者が上記の記事のようにいろんなインターフェイスを勝手に作って公開する。放送に準ずるという大義名分がいつまで続くのか見物である。
これすなわち、なし崩しに規制が壊れていく一歩なのではないかと考える。早いとこ音楽業界も現行の「パトロンシステム」に代わる仕組みを見つけないと、時代はさらに加速していくよ。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-03-21 17:07 | 音楽・カルチャー全般
mixiミュージック終了と日本版フェアユース
ミクシィ、音楽系サービスをすべて終了:ニュース - CNET Japan
Excite ITニュース : 「mixiミュージック」終了 ユーザー数伸びず
Excite コラムニュース : クリエイティブ・コモンズ・ジャパン、日本版フェアユース導入についてのアンケート実施中

どちらもmixiやtwitterでちょこっと触れたが、改めてまとめてみたい。

mixiミュージック自体はアプリの開発回りぐらいなもんだろうが、mixi Radioは無料のサブスクリプションサービスの一種だし、それなりのコストがかかっていると想像できる。こういった、プロの音楽を流すコストとmixiミュージックの利用度合いがビジネス的に釣り合わなかった、というところだろう。
放送であるラジオではバンバン曲が流せるのにインターネットでは何故?って恨み節が聞こえてきそうだがそこは放送と通信の法律の違いなわけで。

で、そんな著作権者との摩擦から生まれたのが日本版フェアユースの考え方だと思う。記事にあったアンケートに答えてみた。
だが、一般制限規定をただ単に法律面の問題として捉えると権利者との溝は埋まらない。
一番大事なのは「著作者又は著作物への敬意」だと思う。

ITな人達が著作物に敬意を全く払わない場面に僕は何度も遭遇している。作品を作るにはそれなりにお金と時間と労力がかかるわけで、それにふさわしい値付けをしてくれないとプロの著作者はいなくなってしまう。だが、モノを右から左に動かしてお金を生み出そうとする奴らにはそんなことは関係ない、ってなぐらい「そこにあるもの」としか考えていないフシがある。

おーい、ご飯を食べる時に「作ってくれた農家の方に感謝して食べなさい」って言われて育たなかったか?

普段は音楽業界を散々批判している僕がこんなことを言うのは何だ!と思うかもしれないが、基本的には言っていることは同じだ。音楽業界の中にも音楽を右から左に動かしている人達がたくさんいて、それが無駄だと僕はずっと言い続けているわけだ。
だが、少なくとも音楽業界内には音楽に対するがある。中にはモノとしか考えていないような人達もいるかもしれないが、基本的には音楽が好きで入ってきた人の集まりであるから、そのへんはだいぶマシなのである。しかし、外の世界となると、それは全く様相が異なるのだ。この石コロとどこが違う?みたいな扱いを受ける。だからこそ、音楽業界が頑になっているのだ。こいつらに自由に使われたら、文化としての音楽はどうなってしまうんだ、と。

コンテンツを流通させる、その為に現行の著作権が障害になっている、と言う人々に言いたいのは、あなた達がもう少しコンテンツに愛を、制作者に敬意を払えば話はもっと簡単に進んでいたのかもしれないよ、ということだ。その辺を考えながらフェアユースの問題も注視していく必要があるだろう。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-07-30 02:03 | iPod・音楽配信
新曲ようやく1曲できました
m7 feat.Markによる男声ボーカルロックシリーズ、第一弾がやっとできました。まだミックスは改善の余地があると思いますがとりあえずアップ。Last.fmモバゲーmyspaceで公開しました。

そろそろ始動って言ったのが去年の7月(^^;)、プリプロを始めたのが9月前、キー合わせは昨年末、で今年になってコンデンサーマイクを手に入れ、録音場所にさんざん悩みながら先週ようやく歌入れ、そんでもって1曲だけできました。

何と歌入れにはスタジオを使わなかった。「静かで一人きりで大声出せて迷惑にならない場所」が身近なところにあったのに気付き、そこを使った。うまいこと録れました。
結局ファンタム電源の問題もあるのでM-Audio FireWire Audiophileは使わずに、M-AUDIO Fast Track Proを買った。マイク固定用にKIKUTANI / 卓上マイクスタンド AD-63をヤマハ渋谷店で買った。ま、大した出費ではない。これでどこへ行っても一人でボーカル録りができてしまうんだから素晴らしい。また明日ももう一曲レコーディングしようと思っている。一応プリプロがほぼ上がっているのが全部で4曲なので、おいおい発表していくと思う。

ミキシングはLogicの機能をかなり使って、イコライジングからエフェクト処理までめいっぱいやったつもりではいるが、なにぶんミックスは素人、音聴いてアドバイスがあったら是非お願いします。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-05-13 02:12 | m7
生まれ変わったmF247
音楽配信サービス「mF247」、ひろゆき氏の下で再始動--「ニコニコ色は出したくない」:ニュース - CNET Japan

mF247が始まったとき上げたエントリーでさんざん批判して読者からおしかりを頂いたこともあったが、思った通り失敗して閉鎖→ヤフオクに出品。それをひろゆき氏が落札してmF247 Episode2として生まれ変わった。今度は成功するかもしれない。

ポイントは「いままではアーティスト登録料を1万円にしていたが、ひろゆきさんが無料にこだわった」という点と「アーティストが曲作ることでお金を稼げる環境を作っていきたい」という2点だ。これこそがmF247が成功する為に必要だった2点である。
それはつまり、音楽業界的発想からの脱却、ということである。モデル事務所のように登録料を取り選ばれたごくわずかな人をメジャーに引き上げようという発想からはインディーズシーンを活性化できないしインターネット時代の音楽のあり方としては古すぎた。CGMの発想からとにかく多くの作品を集める、そこにコミュニティが生まれる、ユーザーが増えればビジネスにもなる、その利益がアーティストに還元されればさらにシーンが活性化する、というサイクルが今回はきちんとできている。さらにニコ動というメディアを持ち、dwango.jpという収益構造もある。

これは僕がやっているMIT 3Gと全く同じ構造だ。MIT 3Gも第2日本テレビ・BS・CSというメディアを使って集客し、MIT BANKを通じて、着信☆うた、MUFFINで音楽配信していく。MUFFIN経由であらゆる音楽配信サービスに有料展開していくことも可能だ。いや、別にパクった、なんて言うつもりはない。ひどくまっとうなやり方になった、ということが言いたいのだ。

今後成功するかどうかはわからない。ビジネスの視点に重点がおかれれば失敗する可能性もある。儲けは度外視して文化的な広がりといった方向に注力すればやがて成功しビジネスになるかもしれない。当面気になる存在としてウォッチしていきたいと思う。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-03-26 14:27 | iPod・音楽配信
いつの間にかLast.fm
このブログでも何回か紹介したm7がPOPチャートに食い込んでたアメリカのDownload.comへのリンクが突然切れ、Last.fmにリダイレクトされるようになっていた。おかしいと思ってメールを調べてみたら3/6付けで「Important Announcement」というタイトルのメールが来ていた。それには「On Wednesday, March 11th, 2009, the CNET Download Music site will begin redirecting all artist pages and category doors to corresponding pages on our sister music site Last.fm.」とあった。つまりLast.fmに吸収合併されてしまったわけだ。しかも、詳しくはブログへ、ということで行ってみると「If you are an artist with music posted on CNET Download Music, please note that we will not be transferring any of your content to Last.fm. 」とある。何と、ちまちまDownload.comに作品をアップしていた弱小インディーズにとっては「Last.fmに移行」ではなくただ単に「Download.comが消滅」したのと同じ、ということだ。
だが、考え方を変えると我々の様な者がLast.fmに作品をアップできるようになった、ということだ。この機能は前からあったのかな?しかもロイヤリティ・システムがあるという。で、早速よくわからないまま登録してみました。

完全に英語版しかなかったからDownload.comは好きだったんだけどな〜。でもまぁ、新しい配信先が増えたと思うことにしよう。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-03-18 01:57 | m7
Cubase5、REBEAT、ボーカル録り、そしてメモリ
Cubase 5が発表された。ピッチ修正などなかなか魅力的なツールが揃っているが、Cubase AI4とLogic Express8で分業する体制でやっている限り必要ないものかな、と思う。買うとしてもCubase Studioで十分なのだが、1/16日以降現行のCubase Studio 4を買うと無償アップグレードの対象となるため、Cubase AI4からのアップグレード版を買ってそれをさらにアップグレードする、これが一番安く手に入れる方法か。¥46800か…
だが、Cubase自体にはあまり食指が動かないのだが、Cubase 5についてくるREBEAT試用版というソフトが気になった。これ、音楽配信ソフトウェア だそうである。早速公式サイトに行ってみると、使い方ビデオがあった。どうやら使い勝手はiTunes Producerみたいな感じである(といっても普通の人は知らないか(^^;)。
このソフトの凄いところは、これ使って曲をアップロードするだけで、全世界の音楽配信ストアから配信できてしまうということだ。その中にはiTunes Store Japanも当然含まれている。
このアプリ自体のコストが99ユーロかかるが(Steinbergのショップで¥9731で買える)、例えば10曲入りCDを配信する場合、1曲に対して1ユーロ、ISRCコードが一つ1ユーロ、JANコードが1ユーロということで、21ユーロで配信できてしまう!約¥2500!そこらのアグリゲーターは真っ青である。しかも手数料は15%しかとらない。売れた分の85%はアーティストの手に渡るのだ。ちなみに日本で一番安い世界配信のアグリゲーターはmonstarfmだと思うが、それがアルバム1枚¥3150、手数料25%なので、いかに安いかわかるだろう。
これはインディーズ音楽界を一変させるアプリのような気がする。買おうかな…

ところでボーカル録りであるが、友人のスタジオを借りようと思っていたが近所のリハスタが個人練習1h¥630ということでこっちの方がいいんじゃないかと思い出した。ま、5hもあれば4曲録れると思うので¥3150。車で横浜まで行くと思えばトントンかもしれない。いや、意外と隣の部屋の音漏れが気になったりするかもしれないので今度1hだけ試しで行ってみるか。ちょっと歩くが三茶のNOAHならボーカルブース独立しているので最悪そこでいけそうだし。

そういえばMacBookとiMac G5のメモリがようやく明後日あたり到着しそうだ。これで高速化したら曲作りも準備完了、というところか。どれだけ効果があるのか楽しみである。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-01-18 13:47 | 雑談
またまた宣伝ですが(^^;)

いつの間にか着うたフルまで配信されてました(^^;)。music.jpにて。左のバーコードからURLを読み込んで飛んでみて下さい。アーティスト名で「m7」を検索すると出てきます。


また、ハドソンの着うたサイト「着信☆うた」からも着うたがゲットできます。しかもこっちは無料!右のバーコードから飛んで、アーティスト名で「m7」を検索してみてね!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-09-28 16:19 | m7
久々に宣伝
m7の曲が着うたになって、何とあのmusic.jpから配信されてます。左のQRコードで飛んで、アーティスト名でm7を検索。是非ダウンロードをしてみて下さい!

それからPC音楽配信の方も、あのListen Japanで始まりました。アルバム「One」、マキシシングル「In the Blue」を配信中!僕らマック使いには使えないサイトですが(^^;)是非是非ご利用できる方は行ってみて下さい!

もうすぐiTunes Storeでの配信も復活すると思いますので、お楽しみに!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-09-20 23:15 | m7
m7のCDがAmazonで買えます!
久々の宣伝です。m7のCDがAmazonで買えるようになりました!
楽天の方が完売して、今はHMVだけになってましたが、強力な販路が加わりました。
One In the Blue

というわけでエキブロの皆さんは買わなくてもいいんでライフログに是非貼付けていただきたい!

これは別にコネがあったわけでも必死に営業活動したわけでもありません。ただ、MUFFINというサイトに登録しただけです。無料でサービスとしてAmazonに出してくれたり、music.jpやListen Japanに出してくれたりします。まぁ売れれば手数料を抜かれますが、それは委託販売とて同じこと。初期費用がかからないってのがいいですね!

以前インディーズを食い物にする奴らで書いたように、これでビジネスやっていこうとするとどうしても詐欺まがいの商売になっちゃう。そりゃそうだ。インディーズ達ほとんど自分でも儲かってないのにそれを束ねたって儲かるはずない。じゃぁこのMUFFINはなんでこんなボランティアみたいなサービスができるのかというと、このサイト、CDプレス屋さんがやっているからなのです。恐らく少しでもインディーズが売れてくれて、次に新譜出す時発注が来ればいいな、ということなのでしょう。サイト自体はビジネスではないと割り切っているからこそ、ここまでできるんだと思います。

インディーズ仲間の皆さん、このサイトかなり使えると思いますよ。どっかの金とって登録させる配信サイトと違って。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-05-24 01:43 | m7
モバゲー
Excite ITニュース : DeNA、携帯フィルタリング問題の早期打開と「モバゲー=若者向けサイト」からの脱却をはかる

今まで全く興味がなかったモバゲーですが、音楽配信やってるということで登録してみた。ケータイ小説を始めたのは知ってたけど、音楽配信までやっているとは思わなかった。行ってみるとゲームサイトだと思っていたが完全にSNSなんだね。アバターを使ったプロファイルが、なるほど若者に受ける作りとなっているけど、例のフィルタリング問題で年齢構成も徐々に変わりつつあるようで、20代30代の比率が増加しているらしい。それでいて会員数を1000万人に乗せ、増加させているわけだからなかなかすごい。

元々m7の音楽は大人向け音楽とは言い難いので、こういう若者が多く集まる場所でどういう評価をしてもらえるか、まぁテストのつもりで5曲程出してみた。早速ファンがついてくれたりと、なかなかの滑り出し。アメリカみたいにブレイクしてくれるといいのだけれど。
PCがメインのサイトと携帯専門のサイトだと住む人種が明らかに違う感じはあるな。エキサイトがやってる「エキサイト ザ★マンション」(恐らく全く盛り上がってない)みたいなものもモバゲー内だとよりしっくり来る感じ。mixiみたいなテキスト中心のコミュニケーションとも違う。まぁ僕自身はそんなにのめり込みそうはないけど、作品の発表の場としてはアリかも。ちょっと様子見ですね。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-04-20 10:40 | iPod・音楽配信