インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Parts

タグ

カテゴリ

お知らせ
☆blog内BBS☆
m7
レコーディング
ポッドキャスト
音楽・カルチャー全般
iPod・音楽配信
iPhone
iPad
雑談
ホッピー

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2012年 10月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

検索

タグ:音楽 ( 156 ) タグの人気記事

ずっとウソだったんだぜ

斉藤和義の動画アップ騒動でレコード会社が右往左往する裏事情 - エキサイトニュース

斉藤和義、嫌いじゃない。この曲の元歌「ずっと好きだった」のPVはビートルズへのオマージュ。凝りまくりで微笑ましい。ビートルズ・ファンの間でも話題になった作品。



この歌の替え歌「ずっとウソだった」がようつべにアップされて大騒ぎになっているわけだが、内容は置いといて何が問題なのだろうか?
上記の記事の中にも一部誤解があるようなので、ちと専門的な話をしてみる。

まず著作権の問題。作詞作曲は斉藤和義本人であり、メロディは元曲と同じなのでJASRAC管理曲。歌詞は替え歌なので恐らく著作権管理団体には登録しておらず、本人管理。YouTubeはJASRACと包括契約をしているので、歌詞について斉藤和義本人が許諾すれば公開しても問題はない。
次に原盤権を含む著作隣接権の問題。今回は斉藤和義本人一人による弾き語りであるから、実演家等の権利・原盤権ともに斉藤和義本人に帰属し、本人の許諾があればこれも問題はない。ここまでは、レコード会社の出る幕ではないのだ。

では何が問題なのかというと、レコード会社とアーティストの専属契約に抵触する、ということだろう。両者がどのような契約を結んでいるのかは知る由もないのだが、専属実演家契約を結んでいれば、レコード会社の求めないところでの実演、録音、録画、公表は契約違反になってしまう。

つまり、仮にこのビデオを斉藤和義本人が公開したのだとしたら、問題はビクターが彼をコントロールできなかった、というただ一点に尽きるわけだ。これは多くのメジャーレーベルが抱える問題で、インターネット時代になった今、アーティストが個人的に作品をいくらでも発表できるようになってしまった為、この部分については業界関係者は誰もが神経を尖らせているわけだ。
しかしビクターが、「本人や弊社の許諾がなく動画投稿サイトに公開された。」などというウソまで言ってアーティストを守らなければならないところに、今のレコード会社が置かれた困難な状況が見て取れる。それは、最早レコード会社と契約しなくてもアーティスト活動はやっていける、と多くのアーティストは気付いていて、それを引き止めるのに必死なレコード会社の姿、という現実があるということだろう。

昨日、斉藤和義はライブを行い、Ustreamでライブ配信しながら「ずっとウソだった」を演奏した。これはもう、最初から確信犯だったことは疑いようもないだろう。どうしてもやりたかったに違いない。こうなると最早どんなに取り繕おうと、レコード会社の斜陽ぶりが明らかになるだけなんで、アーティストの好きにさせた方がいいと思う。こうして新しい時代がやって来ることが、これからの音楽業界には必要なことだと思う。
[PR]
by kenpapa9 | 2011-04-09 16:23 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(0)

EMIが米シティに売却された

米シティ、債務の株式化で英EMIの全株取得 | ビジネスニュース | Reuters

まぁこれ自体はなんてことない話だ。すでに2007年に投資ファンドに買収されていたが、ファンドはその買収資金を米シティから借り入れていた。しかし遅々として経営再建が進まず返済がこげついた為、米シティが一旦全株取得したということだろう。
問題はここがゴールではないということだ。シティは銀行だから、このままEMIを長期保有するつもりはないだろう。そうなると、次どこが買うことになるのか。ワーナーなんて話も出ているが、それはいつになるのか?
ちょうど一年ほど前、アビー・ロード・スタジオ売却騒動があったのは記憶に新しい。大きな反対運動が起きて売却は実現しなかったが、それがとうとう本体の屋台骨をゆるがしたということだろう。その後スタジオ前の横断歩道が文化遺産指定されたりと、もうますます売れなくなっている。が、EMIの資産を考えたときどうしても避けては通れない道ではないかと思うので、またこの問題が再燃するかもしれない。
またEMI Music Japanは英EMIの100%子会社なので、日本のアーティストをも直撃する問題だろう。どのレコード会社も体力が落ちている中、アーティストの移籍等がどれだけ円滑に進むのか。とりわけEMI Music Japan所属のアーティストは非常に特徴がある為に、レーベルの特色を失った大企業による吸収合併ではかなりの不満が出そうな気がする。あるいは一時的にも所属アーティストが一斉にインディーズ化するといった、ドラスティックな動きに繋がるかもしれない。このへんも注目である。

ただ、こうした動きは音楽業界が新しく生まれ変わっていく上で避けては通れない道だと思う。その震源地はやはり海外だった。ここで新たな道を見つけることが音楽業界再生のステップとしては必要不可欠なのではないだろうか?
[PR]
by Kenpapa9 | 2011-02-02 20:49 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(0)

ハカセのボレロ・フルバージョン #balancers



舞踏戦隊バランサーズVも最終回の配信がなされ、いよいよ配信期間も今月いっぱいとなってしまいました。僕が作った「ハカセのボレロ」も、BGMつまり劇番として使われているだけでは勿体ないので、フルバージョンを公開しておきます。エキブロにはサウンドファイルが貼れないので、YouTubeに上げてみました。折角なんで申し訳程度の動画もつけて(^^;
[PR]
by Kenpapa9 | 2010-10-10 04:51 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(0)

MIT3G終了

3年に渡りお送りしてきたMIT3Gですが、今週最終回を迎えます。最初のMITが始まってから実に8年!MIT→MIT Revolutions→MIT3Gと形を変えて続いてきましたが、どうやらその使命を終える時が来たようです。
VO VO TAU、riya、angela、工藤慎太郎、ケイタク、イカルス渡辺、キマグレン、ON/OFF、ナオト・インティライミ等、この番組に出てステップアップしていったアーティストも数多くいます。ですが、時代は8年前とは大きく変わりました。
「Music Industry Thinking」つまり「音楽産業考」というタイトルのこの番組が目指したこととは、インターネット時代になって、誰もが自ら情報を発信できる時代になり、今までのメジャーという大企業がパトロンとなってアーティストを支えていくというシステムが崩壊するであろうことを予測して、インディーズあるいはインディペンデント・アーティストが「メジャーの二軍」としてではなく、そのままの姿で世の中に楽曲を発信できる場を作ろうということでした。そして8年経った今、メジャーがCDを売って儲けた金でアーティストを発掘、育成するというシステムはほぼ崩壊し、ただ単にインディーズである程度採算が取れそうなアーティストをデビューさせるだけ、つまり将来の為の投資を行わず自社の社員を食わせる為に必死になって食いつないでいる状況になり、またニコ動やYouTubeによって無名のアーティストが一夜にしてポピュラリティーを獲得する、という場も整備されてきました。
今後最も大事なのは、プロのアーティストが安定して作品を生産できる環境をどうするか?マネタイズのシステムをどう再構築するのか?ということでしょう。メジャー大企業に代わるパトロンシステムを構築しなければならないわけです。それは、アーティストとリスナーに最適化されたシステムになる必要があり、必然的に音楽業界全体がシュリンクする必要があると考えます。
この段に至っては、もはや一番組の出る幕ではありません。

僕自身、インディペンデント・アーティストの端くれとして、この再構築をどうしたらいいのか考えておりますが、いまだにいい答えが見つかりません。それが閃いたとき、またプロジェクトを再始動するやもしれませんが、それまではしばしお別れ、ということになります。

今週土曜の深夜3:00から、BS日テレにて最終回・総集編が放送されます(CSでは10月に再放送があります)。是非是非チェックしてみて下さい!
[PR]
by kenpapa9 | 2010-09-20 00:06 | m7 | Comments(0)

久々に音楽のお仕事

舞踏戦隊バランサーズV」のテーマ曲と「ハカセのボレロ」を手がけました。こちらにクレジットされております。
a0033438_16293083.jpg

[PR]
by kenpapa9 | 2010-07-19 16:30 | m7 | Comments(0)

恒例の苗場は30周年

この季節はすっかり恒例となった苗場のユーミン参戦。例年なら打ち上げのあるラス前に行くのだが、今年は初めて初日を観てみることにした。今年はユーミンの苗場も30周年という記念すべき回。このブログで初めて苗場について書いたのは25周年のときだったので、ブログ始めてもう5年以上たつわけだなぁ。

ところが今回はちょうど木曜日、新潟地方は大雪警報が出て記録的な降雪になるとの予報が。これはまずい。冬仕様のカイエンとはいえ、本格的に降られるとしんどい。ビクビクもんだったが、道ガイドちょーこくのライブカメラを観てみると17号線が白くない。黒々とアスファルトの色が出ているのでこれなら大丈夫だ、と思い出発!
a0033438_5381635.jpg結局関越道も全く雪が降っておらず、関越トンネルを抜けても多少曇っているが降っていない。で、全く問題なく苗場プリンス到着。早速ナイター券を買ってリフトに乗ってみたら
←こんな感じ。これは晴れてると言ってもいいでしょう。さては天気予報はずれたんじゃないの?と思って夜ニュースを観たら、何と新潟は50センチ近い降雪で空港が閉鎖されたなんていってる。なるほど、では苗場は新潟ではない?(^^;。また次の日も大雪だという。ふと外を見ると雪が降っている。う〜ん、こりゃ帰りは大変かも、と思いながら会場のブリザーディウムへ。

まだ始まったばかりでExcite 芸能ニュース : ユーミン30年目の苗場開幕!動員数は25万人超もの記事でもほとんど中身には触れていないのでネタバレは自粛して多くを書くのは避けるが、今年は苗場史上最長のメニュー。前半は30周年で今までの苗場を振り返ったスペシャルな構成で、10回以上苗場に来ていて初めて観た演出がありビックリ!とだけ言っておこう。

a0033438_6113610.jpgさて翌日、吹雪になってるかなぁ、とビクビクしながら起きると、
←こんな感じ。完全に晴れている。6号館北に泊まっていたのでチェックアウトは正午。4時間券買って午前中めいっぱい滑って帰ろう、と思ったんだけど、写真を見てもわかるように非常にすいている。平日ということもあろうが、こんなにゲレンデに誰もいない苗場は信じられない。僕らの他は数人しかゲレンデにいない。リフトも並ぶことなく、クワッドなのに一人しか乗らずしかも数台置きにしか人がいない、ってな感じ。スキー場不況ってニュースでは観てたけどこんななんだ。10時過ぎてようやく少し人が出てきたが、それでもリフトが埋まる風ではなかった。アリエスカでブランチ食べても客は僕らだけ。そりゃ混んでるより気持ちいいけど、こんなんで経営成り立つのかね?今シーズンはすでに岩原に一回土日に行ってるけど、確かにそのときもリフト待ちはなかったなぁ。ゴンドラなくなっちゃってたし。
そういえば苗場もモーグルコースがなくなってたしフード付きリフトも見当たらなかった。不況なのかなぁ。

で、午前中ぎりぎりまで晴れの中滑っていて正午にチェックアウト。帰ろうと外に出てみると一天にわかにかき曇り、雪が降っている。何とタイミングのいいことか!っていうか積もらないうちに帰ろうっと!
ということで全く渋滞にも遭わず無事帰って来たのでした。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by kenpapa9 | 2010-02-07 06:44 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(0)

ビクターの犬の置物がうちにある

Excite 経済ニュース : <ビクター>音楽ソフト事業、コナミに売却検討

音楽業界から東芝の名が消える日のエントリーを書いたのはもう3年前になるのか。今度はビクターの名前が消えようとしている。蓄音機を聴き入るビクターの犬。まさに音楽業界の象徴のようなマークだったなぁ…(いや、オーディオ部門を強化するんだからいいのか(^^;))

報道ではサザン、SMAPなどの…と紹介されていたが、その他をちょっと思い出してみたが、広瀬香美、夏川りみ、ジェロぐらいしか思い浮かばない。で、サイトのアーティスト一覧を見てビックリ!こりゃひどい。こんなに売れない人を抱えていたらそりゃ会社として成り立たないのは当然(まぁすでに活動してない人も多いようなのでほとんどアーカイブ的な所属なんだろうけどね)。それはシェアがビクターより下位であろうEMIミュージックのアーティスト一覧と比べると一目瞭然である。去年の年間アルバムランキングで100位以内に入っているアーティストはSMAP、MINMI、菅野よう子、斉藤和義のみ。シングルではサザン、ジェロ、May'n、坂本真綾、中島愛が加わるのみ。これで業界4位というのだから、数千枚しか売れないアーティスト多数を合わせてようやく売上高でシェアを獲得しているのだろう。これでは利益は出ないよね。というわけで、なるほど、整理対象になるのも頷ける。

音楽業界の終わりの始まりについて書いたのが去年の1月。ついに第1波がきた、という感じだ。これがビクターだったのは、必然かもしれない。図体が大きい(従業員420人)ところほど、ちょっと売れないと利益率が大幅に下がるのだ。かえってドリーミュージックやトイズファクトリー(どちらも数十人規模)のように小回りが利く方がこれからはしぶとく生き残っていくのではないか。これら小規模なレーベルは、レコード・メーカーというよりもよりマネージメントと一体化しているような印象を受ける。それは、マネージメント・サイドと力関係が拮抗しているから感じるのかもしれないが。

上記にリンクしたエントリーでも何度も言及しているが、僕は物理メディアを売るスキームである音楽業界というものは消滅すると思っている。これからはアーティストにぶら下がる人達がなるべく少ない形、言い換えればマネージメントに音楽業界が集約されていくような形が最も有り得るのではないかと推測している。
流行歌は歌謡曲からJ-POPに名を変えて続いてきたが、もはや流行すらしないので流行らせる為の「作られた」流行歌は消滅し、アーティストは自己表現としての音楽を世に出し、それを好きな人が聴きに行くことでビジネスが成立するという、プリミティブな形に帰結していくのではないだろうか。当然こうしてプロとしてやっていける人はごく一握りの限られた人だけで、それゆえ今よりももっと強い憧れを抱けるような世界になるのではないか。それは、決して悪いことではない、と僕は思うのだが。

おっと、ビクター自身は否定してるんだね。
Excite ITニュース : ビクターの音楽部門売却報道、JVC・ケンウッドHDがコメント

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by kenpapa9 | 2009-11-05 02:43 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(0)

THE BEATLES IN MONO

Excite 芸能ニュース : ビートルズ、アメリカでモノ・ボックス品切れ店続出
実に久しぶりに音楽の話題である。今更ながらビートルズの限定盤モノボックスを買った。EMIの知り合いに頼んで社販で買ってもらった。「最後の一個ですよ」ということだった。
リマスター自体は期待度高いし、初期のものは当然モノの方がいいと思っていたが、Sgt.PEPPER'S以降がモノというのは一体どうかな、と思っていた。で、昨日今日と一気に聴いてみた。

まずのっけからI Saw Her Standing Thereのクリアさにぶっ飛ぶ。まるで新録のようである。初期のものはとにかく楽器が近くで鳴っている感じがする。特に鳴りもの、シンバルとかタンバリンとか、スネアのスナッピーの感じとか。あとアコギのシャリーンというスチール感もすごいリアル。ボーカルもこんなにドライだったっけ?と思うぐらいドライだ。
で、初期モノの中で一番気に入ったのはBEATLES FOR SALEだ。元々好きなアルバムなのだが、言っても初期3枚は録音時の問題なのかそれなりに歪み感があった。それがこのアルバムに関してはほぼ完璧。素晴らしい完成度だ。
HELP!とRUBBER SOULに関してはモノとステレオでテイクが違うためステレオバージョンもすべて入っていてお得。
で、THE BEATLESの分岐点となったREVOLVERであるが、TAXMANの1,2,3,4,1,2の部分、ヒスノイズがないとこうなるんだ!って感じ。
ただこの頃になってくるとSEが多用されているのだが、これのMIXにちょっと違和感を感じることも。Yellow SubmarineのSEってこんな感じの混ざり方だっけ?ちょっとケツが短くない?ってな感じ。きっとクリアになった分、それまでヒスノイズと渾然一体になっていたSEがストンとなくなる感じがするのだろうが。
で、心配していたSgt.PEPPER'Sであるが、いやはやのっけからやられました。まるでポールが来日公演でやったSgt.PEPPER'Sのイントロのような迫力。
さすがにこのアルバムになるとかなり加工が多い為に初期ほどのドライ感はないが、ボックスのブックレットの冒頭にあるジョージ・マーティンの言葉「モノラルで聴いてこそ、あなたは本当に『サージェント・ペパー』を聴いたことになる」というのもなるほどと頷ける出来だ。Good Morningで動物が走り回らないのはどうでもいい(笑)。但しここでもSEに違和感が。特にWithin You Without YouからWhen I'm Sixty-Fourに繋がる部分。皆さんはどうお感じだろうか?また、A Day in the Lifeはオーケストラが入って来るところがはっきり聴こえ過ぎてちょいと違和感。分離が良過ぎかな。
さて、MAGICAL MYSTERY TOURに入って来ると、ドラムにフェイザーなどの加工が入っているのだが、聴いてみるといろいろと深読みできて面白い。
アナログテープからヒスノイズを除去するのはDeNoiserなどのプラグインがあれば比較的簡単にできるわけだが、例えばハイハットにフェイザーをかけていた場合、ヒスノイズ自体にもフェイザーがかかってそれがえもいわれぬ効果を生み出している。Your Mother Should Knowで聴けるのだが、ハイハットの余韻にヒスノイズにフェイザーがかかったシュワーンという音が長く残っている。これが、元々エフェクト後の音しかマルチに残ってなかったからなのか、ドライな音が残っていたが印象が変わりすぎる為にあえて再現したのか、いろいろと想像してみるのも面白い。

40年以上前の音源を最新の技術でリフレッシュするということは単に音源を磨くということではなく、新たな命を吹き込むのに似た作業なんだなぁと思う。音の出口ではなく、入り口に近い音が聴ける素晴らしい作品だと思う。

最後に、このタイミングでこのニュースに接したことはとても残念でならない。
Excite 芸能ニュース : 加藤和彦さん首つり自殺…うつ病が悪化
フォーク・クルセイダーズはそれほど思い入れはないが、ミカバンドは明らかに僕のルーツの一つだ。あの時代、日本でロックと呼べた僕が知っていたバンドはクリエイションとミカバンドだけだった。ご冥福をお祈りします。合掌。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by kenpapa9 | 2009-10-18 15:51 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(1)

レス・ポール

Excite 芸能ニュース : ギタリスト/発明家のレス・ポール氏が死去

僕のレス・ポールとの出会いは言わずと知れたLed ZeppelinLed Zeppelinジミー・ペイジJimmy Pageだったわけだが、当時はレス・ポールLes Paulが人の名前だなんて知らなかった。演奏を観たのは何年か前(かなり前)のグラミー賞に出たときだけだが、なるほど、僕の敬愛するスティーブ・ハウSteve Howeチェット・アトキンスChet Atkinsと並んで影響を受けたというその奏法は独特だった。
しかしMTRまで発明しているとは思わなかった。確かに、iTunes Storeでざっと流し聴きしてみると、テープ早回しなどのトリッキーな録音手法を使っていてさもありなん、という感じだった。僕も昔TASCAMの4トラでよくやったもんだ。懐かしい。

ところで、TBS ishopがけいおんの平沢唯モデルのレス・ポールを売り出した。これだけならただの便乗商売だが、注目は女子高生が弾き易いように軽量なNATO材をボディバックに使用しているということ。言うまでもなく、本物のレス・ポールは重い。僕が中学のとき最初に買った¥25000のWestminsterのレスポールは軽かった。それでずっと来ていたので本物のレスポールは重くて違和感があった。しかも、この歳になるともう重いギターはしんどい(^^;)。
ただ、軽いと言いながら重さが書いてない。これでは買えないなぁ。軽けりゃ軽いでハウリング対策等いろいろ必要になって来る気もするが、安いのでピックアップ取り替えてギアレスチューナーつけて遊んでみるのも手だな。
だけど軽いだけなら★エピフォン/Les Paul Ultraにすりゃいいのか(笑)

大往生に合掌。
Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by kenpapa9 | 2009-08-16 16:35 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(2)

ブルートゥース・ヘッドセット

サンワサプライ BluetoothステレオヘッドセットMM-BTSH3BKを購入。iPhone OS 3.0から搭載のステレオ・ブルートゥースを実践してみることに。
何故この機種を買ったかというと、
1.こないだ買ったShureのイヤホンを生かしたかった。
2.ゆえに高音質のヘッドホンが売りな高価なモデルは必要なかった。
ということで、デザイン的にイマイチなのは目をつぶって購入。
機能には満足。まずは当然のことながらわずらわしいケーブル接続をしなくてすむ快適さ。そして何よりも、マルチリンクに対応している為、iPhone以外の携帯にかかってきた電話がとれるのが嬉しい。僕の場合携帯のメインマシンはauのW62SHであり、iPhoneはあくまでもサブ。しかしながら、iPhoneで音楽を聴いている間はauの方にかかってきた電話に気付かないという難点があった。今回このMM-BTSH3とiPhone、そしてW62SHをそれぞれペアリングすることでマルチリンクが成立し、iPhoneで音楽を聴いていてもW62Hに電話がかかってくると呼び出し音が鳴り、再生を中断しハンズフリーで電話に出れるシステムとなった。これは非常に便利である。

難点は、若干音質が損なわれること。僕の場合直挿しと同じヘッドフォンを使っているので違いがよくわかる。これはブルートゥースの限界なのか、この機種特有の現象なのかは判断はできないが、全体に少し歪みっぽくなる。特にイコライザーで低音をブーストした場合聴けたもんじゃなくなる。こいつは設定で折り合いをつけていくしかなさそうだ。

もしステレオブルートゥースで「音質がいいよ」という機種があれば紹介して欲しい、モトローラのやつとか気にはなっているので。
[PR]
by kenpapa9 | 2009-07-17 02:50 | iPhone | Comments(0)

サイトリンク

最新の記事

おめよろ2018
at 2018-01-08 19:51
Amplitube for ..
at 2017-12-09 23:54
ギター
at 2017-12-04 04:35
健康とか、暑さとか
at 2017-06-02 17:22
ロボット・ギターをTroni..
at 2017-02-05 00:38