インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
タグ:Mac ( 50 ) タグの人気記事
by Mark@m7|ReTweet
Mac de DIY
最近全くブログを更新していなかったが、何をしていたかというとタイトルの件で大変だったのである。

僕の家にはPowerBook G4が2台あり、両方ともチタニウムで、1台は667MHzのVGAモデル、もう1台は867MHzのDVIモデルである。667の方はヒンジが折れ、スルーして使っていたら断線してしまったのでケーブルをちょん切って液晶をはずして捨ててしまい(今思えば勿体ないことをした)、外付けのVGAモニターをつなげて使っていた。867の方はこれもヒンジが折れたのだが断線しないよう慎重に使っていたが、突然バックライトが点かなくなってしまった。これを直そうとしたところからストーリーは始まる。

もっとちゃんと勉強してから直せばよかったのだが、蛍光管が切れたものだとばっかり思い込んでしまった。で、ググるとチタニウムの蛍光管だけを交換するのは至難のワザだとわかった。そこで、液晶ごととっかえてしまおうと思い立ち、ヤフオクにアクセス。そうしたら、液晶の出物はあるもののだいたい落札価格¥15000ぐらいということで¥5000以下で直せるようなら買おうかな、と思っていたのでちょっと高い。そこに不動品ジャンクの800MHz本体という出物があったので入札してみたらうまいこと¥4200で落札できた。そこでこれを分解して液晶だけはずして、交換する、という作業を行った。分解手順は、日本語で解説した有料のものもあるが、英語版でフリーのものをここからダウンロードして作業開始。

液晶をはずすためにはロジックボードをはずさなければならない、というかなり深いところまでの作業となったが、四苦八苦しながらも無事完了。立ち上げてみると…
何とバックライトが点かないではないか!これは蛍光管ではなくてインバーターがいかれていたということだった!だが、ジャンク本体からはインバーターがはずされていた。まぁヒンジの折れてない液晶を買ったと思えば安いものだが…

で、次にインバーターの出物がないかヤフオクをチェックしていたのだがなかなかない。このとき平行して667の方も液晶の安い出物があれば買えば直るなと思い、チェックしていたら¥1000スタートの【難アリ】というシロモノがあったので、これも安く落札できればラッキーかなと思って入札したら、¥3600で入札できた。これも英語のマニュアルを見ながら無事取り付け完了。すでに液晶交換には慣れていた。というわけで667の方はリペア完了。

ところが2週間ぐらいウォッチしていたがインバーターは落札できず。とうとうeBayに手を出すことになってしまった。eBayに行くといっぱいあった。一番安いやつが即落のBuy It Nowだったので購入。PayPalは電子タバコ用リキッドの個人輸入のためにすでにアカウントを取得していたのでスムーズに決済でき、何と送料込みで¥1800!ドキドキものだったが5日ぐらいで到着。早速取り付けてみると(インバーターの交換は最も簡単な作業の一つ)、見事867のバックライトが点灯。こうしてリペアは終了。

ところが、eBayを見ているうちにヒンジだけで売り物があることに気づいた。交換してはずしたヒンジの折れた液晶を直したいという欲望がふつふつと湧いてきた。実はDVIモデルの液晶はVGAモデルの液晶よりもハイレゾなのである。これを667に取り付けたら667がハイレゾになるのではないか?ということで、落札!送料込みで¥3400ぐらいでちょい高めだったが、これも1週間ぐらいで到着。意外なことに液晶ヒンジの交換はそれほど難しい作業ではなかった。
というわけで、867の液晶を667に取り付けてみると…

まだまだ続くが今日はとりあえずこの辺で。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-04-12 21:54 | 雑談
タイムカプセル
もう1月も半分終わってしまった。ブログの更新が滞っているのは毎日mixiアプリのハッピータワーに一生懸命になっているから。サン牧はさすがに飽きてきて日々義務的にメンテしてる感じなのだがハッピータワーは早くレベルを上げようと必死にやっている。このゲーム、最も効率的にレベルを上げようとしたら1時間に1回アクセスしなければならず、最悪でも3時間に1回アクセスしないと効率が悪くなるというやっかいなシロモノなのだ。でももうすぐ☆3つなのでそうなるとお客のレベルもアップするのでなかなか楽しみではある。


ではなくて、昨年来予告しているTime Capsuleの話である。元々は昨年末、うちに3台あるAirMac Expressのうち1台がオシャカになり、WDSの一端がくずれてしまったところに始まる。AirMac Expressを1台買い替えるよりは、1TBのストレージ付きのTime Capsuleにした方がいいかな、と軽い気持ちでiMac 27"と一緒にオーダーした。
さて、Time Capsuleはデュアルバンドで、802.11b/g用の2.4GHzと、より高速な802.11nの5GHzと両方の電波を出すことができる。で、WDSを組むAirMac Expressは初期型なので802.11b/gである。というわけでiMac 27"は5GHzで、その他のネットワークは2.4GHzのWDSに組み込んでWPA2パーソナルでセキュリティを設定した。
ところがうちにある数台のMacは最初期型のAirMacカードを搭載していて、何とWPA2に対応していないので繋げないことがわかった。う〜ん、困った。WEPでネットワークを構築するのは恐いしスピードも犠牲になる…
で、いろいろとググっていたら、WEP TSN(Transitional Security Network)というものがあることがわかった。これは、WPA対応の機器からはWPAで、WEP対応の機器からはWEPで繋げると言う便利な機能。ところがこれをTime Capsuleに設定するのがまた一苦労だった。最新版のAirMacユーティリティーでワイヤレスセキュリティを設定しようとしても、プルダウンメニューにWPA、WPA2しか出てこないのだ。またまた小一時間ググってやっと解決法が。何とoptionキーを押しながらプルダウンすればすべてのメニューが出て来るのである。何でこんな隠しコマンドみたいなことするかな…
さらにWDSに設定するAirMac Expressの方はWEP TSNに対応してないので、こちらはもうWEP128に設定するしかない。仕方ないな。というわけで、半日がかりでようやく無線LAN環境が整ったわけである。

さて、Time CapsuleといえばLeopard以降のTime Machineバックアップに使うのだが、これが1時間ごとにバックアップ作業をして非常にうざい。しかしインターバル調整などは一切出来ない。これまたググっていると、Time Machine Schedulerという便利なフリーウェアがあったんでダウンロード。これでバックアップのインターバル調整、それからバックアップ除外時間なんかも設定できるようになった。だいたい何でOSにそういう機能がないかね?

そして、1TBのTime Capsuleをバックアップの為だけに使うのは勿体ない。もちろんワイヤレスストレージとして使いたい。だが、放っておくと容量いっぱいまでバックアップをとってしまう。なんとかパーティションを切る方法はないのだろうか?これはググってみても皆さん相当複雑な方法で実現しているようで、僕はちょっと独自の方法でやってみた。

1.Time CapsuleをFinderにマウント
2.DATAフォルダを開くと"Macのコンピューター名.sparebundle"というファイル名のディスクイメージがあるので、それをディスクユーティリティーにドラッグアンドドロップ。
3."イメージのサイズを変更"を選択して好きなサイズに変更

とりあえずバックアップイメージはMAXで500GBにしてみた。これできっとあとの500GBはストレージとして使えることでしょう。

最後に、どこでもMyMac機能で使うと非常に便利!出先でも自分のTime Capsuleにアクセスできるのは容量が多い分iDiskなんかより全然いい。Macは電源OFFるけどTime Capsuleは電源入れっぱなしなんでこういう使い方ができるんだね〜。

一つだけ盲点だったのはAir Tunes非対応ってこと。これでiTunesの音をステレオにぶちこめなくなってしまった(;_;)


Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-01-16 22:40 | 雑談
明けました
喪中なのでおめでたくありませんが、会う人にはおめでとうと言っています。まぁ厳密に言い始めたらおせちも食っちゃいけないし初詣もしちゃいけないし(まだ行ってないが)お正月の飾り付けもやっちゃいけないし(してませんが(^^;))結婚式に出てもいけないらしいので適当にしときます。

で、新年一発目に目を引いたニュースはこれ。
Excite コラムニュース : Appleタブレットは3月1000ドルで発売!?
アップル製タブレット、3月から出荷開始か--WSJ報道:ニュース - CNET Japan
ついに出ますかねぇ。ただ使えるかどうかが問題ですな。Touchのでかくなったやつって話だけど、WebだってiPhoneのようにFlash非対応では画面でかくする意味ないし、動画だっていろんなフォーマットで観たいわけで。SilverLightに対応するとは思えないから、せめてMac並みにプラグインをインストールできるようにして欲しいし。App Storeを中心としたクローズドな空間では伸びないんじゃないかな。あとはドキュメントの編集といったビジネス用途にどれだけ使えるか。Bluetoothキーボード接続機能なんてあったらずいぶんと便利だと思うけど。あと、iSlateってネーミングはいかがなものか。

Mac関連の話でいえば、昨年のiMac27"導入でまだ書いてない話がいくつか。一つ目はBootCampを捨てて完全にParallels Desktop1本にしたということ。理由は簡単で、MacOSXには移行アシスタントってのがあって旧機種の環境をまるごと新機種に移せるんだけど、BootCampにはその機能がなく、Windowsのインストールからやり直さなければならないということ。ということはSP2もSP3もダウンロードしてインストールってことになりこれは気の遠くなるような作業。だがParallelsならBootCampで起動した旧MacからWindows環境をまるごと引き継げるわけ。iMac27"はメモリも8GBにしたし、おそらくバーチャルマシンでもスピード的にはストレス感じないぐらい快適に使えるのではないか、さらに27"という大画面がマルチウインドウ向きだってこともあって。
具体的にはParallels Transporterというツールを使ってネットワーク経由で繋がっているWin機からまるまるコピーするって作業なんだけど、初めてやったんで結構試行錯誤。僕のWin機はMac miniをBootCampで立ち上げたものなんだけど、まずParallels Transporter側でMac miniを認識してくれない。おかしいなと思っていろいろ調べてみたら、結構複雑な手順があったのね。

1.まずWindows用のParallels Transporter Agentなるツールをダウンロード、Mac miniにインストールして再起動
2.iMac側でParallels Transporterを操作。進めばParallels Transporter Agentを起動中のマシンを表示してくれるのでそれを選択

というわけで、イーサ経由なんでそこそこ時間はかかったものの、無事Mac miniのWindows環境をまるまるIMac27"に引き継ぐことができた。起動してみると、少なくともMac miniのBootCamp並みにはサクサク動くので、とりあえずこれでいいや、と。ただちょっと携帯電話のUSB回り(LISMO Port)がいまいちうまく通信してくれないようなので引き続き検証が必要ではあるが。

さて、次回はTime Capsule導入記、かな。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2010-01-05 21:18 | 雑談
失敗!AT-DP200はiMac 27"で使えず!
さて、またまた久々の更新になってしまったが、これは前回注文して届いたAtlona DVI to Mini Display Port コンバーター [AT-DP200]を何とか使える状態にしてからブログをアップしようと思っていたからだが、ここ数日悪戦苦闘するも結局失敗!iMac 27"のPowerMac G4のサブディスプレイ化は頓挫してしまった。
僕がこいつを注文したときにはメーカーのサイトでもiMac 27"コンパチを謳っていたわけで、全く疑問を抱かなかったが、上記のリンクの楽天のショップには今でも何も注意書きがないが、うまくいかずにいろいろググってみると秋葉館本体のページには「iMac 27”では動作未確認です。」なんて注意書きが!さらにメーカーのページにもいつの間にかこんな注意書きが足されていた。
Note for iMac 27" users only: Even our box is capable of passing high resolutions up to 1920x1200, users of iMac 27" will only be able to get picture with resolutions up to 1280x720 (720P). The reason for it is that iMac 27" native resolutions are: 800x600, 1280x720 or 2560x1440 (since our box is limited to single link (1920x1200), and can't work with 2560x1440 it will take the next resolution down the list which is 720p. We are working on AT-DP400 which will allow dual link resolutions (such as 2560x1440) to pass though. For PS3 or Xbox users, you can use our converter without additional devices at only 720p resolution. Make sure to set 720p prior connecting it to the DP200.
何ということだ。それでもまだ使えると言い張っているようだが、MacでDVI出力を720pに固定する方法なんてないのである。結局起動時に一瞬iMac側は信号を確認、画面を切り替えるのだが真っ暗なままでしばらくたつとiMacネイティブの画面に切り替わってしまう。G4側でもプロファイルを見るとディスプレイに接続していないことになっている。iMac 27"ディスプレイがG4に認識されないのだから何ともやりようがないのである。

これはApple Discussionsでも問題になっているようだ。どっちにしろ720pでは27"に映す意味がほとんどないわけだが、今後海外での成功例が報告されるまでは、ファームウェアのアップデートを待つしかなさそうである。2万円もしたのになぁ…

本当は今回のiMac 27"導入においてはもっといろいろ書きたいことがある。BootCampの環境移行をどうしたか、とか、Time Capsule導入しました、とかね。
ちょいとショックから立ち直ったら書いてみようと思う。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-12-30 00:35 | 雑談
部屋大改造・道半ば…
a0033438_1717332.jpg

27日に届くはずのiMac27"が早まって先週土曜日にいきなり届いてしまった為に部屋大改造を余儀なくされ、他に何も出来ない日々が続きましたとさ。
で、とりあえず上の写真のような環境にあいなりました。センターにiMac27"を配し、左がテレビ兼PowerMacG4とPowerMac9600共用のモニターバイデザイン22型、右がiMacG5の確か17"。
こうして並べるとやっぱり27"はでかいのだが、何よりもそのデスクトップの広さにはあんぐり。2,560×1,440という解像度は実際に使ってみると相当広い。写真にも見えているようにiTunesとSafariとTwitterクライアントを並べておいてもまだ余る。これ、隣のG5だとSafariとクライアントで画面がいっぱいになってしまうことを考えるといかに広いかがわかるというもの。あんまり広すぎてDockを右端に表示していたのがいちいちそこに行くのがつらくなって下表示に変えました。
これならマルチモニターは必要ない(って3台も並んでいてなんですが(^^;)。注文済みのAtlona DVI to Mini Display Port コンバーター [AT-DP200]をG4に繋げたらバイデザインは9600専用にしてもいいかも。
ついでといっては何だけど、INNO ドックジュニア iPhone 3G / iPodっつーのを買ってみた。これだけ壮観なデスクになって、iPhoneだけがケーブル差しでデスクに転がっているのがちょっとイヤで。これはケースをつけたままiPhoneが差せるドックで、パワサポのクリスタルジャケットホルスターをつけた状態で何の問題もなく差せた。これは便利だ。

さて、とりあえずデスク回りをこういう状態にする為にいろんなものをどかしたわけで、それが部屋にうずたかく積まれている状態。今度はこれを片付けなければ…部屋の改造は道半ば…久しぶりの大掃除だと思ってやるしかないな。

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-12-24 18:30 | 雑談
iMac検討中
いよいよiMac G5では苦しくなってきた。なんたってサンシャイン牧場の動物たちの動きがのろい(笑)。カクカクして使えたもんじゃない。これはMacBookで使ったときとの歴然とした差を見て気付いたんだが(^^;)。G5に比べるとMacBookでの動物たちは加速装置がついたようだ。
というわけで新型iMac21.5"にしようと思ったのだが、ここで新機能に色気が出る。27"のみに装備されたmini Display Port入力機能だ。

現在僕の部屋ではPower Mac 9600、Power Mac G4、Mac mini(Intel)、iMac G5の4台のMacが動いており、前々から悩んでいるのだが音楽ソフトのプラグインの問題でiMac G5を新型にリプレイスするわけにはいかず、Mac miniをリプレイスするつもりだ。そうなった時に、部屋に2台のiMacはなかなかしんどい。現在その他のMac用に2つのディスプレイがあり、新型を足すとディスプレイが4つ並ぶことになってしまう。
Power Mac G4はマルチディスプレイで使いたいのでiMac以外にディスプレイ2台は譲れないなぁ、と思っていたが、この新型iMac27"ならばディスプレイを一台リプレイスできるのではないか、と考えたのだ。

ところがこのmini Display Portというのがクセモノらしい。Appleとしてはmini Display Port搭載のMac(2008年以降)との接続しか保証していないしDVIやVGAからの変換アダプターもない(逆向きのはある)。これでは折角買ってディスプレイを減らそうと思ってもiMac G5のビデオポートともPower Mac G4のDVI-Iポートとも繋がらない、ということになる。やっぱ21.5"にするか。27"でかいし(^^;)。

だが、ググっていたらこんなものを見つけた。
DVI to Mini Display Port コンバーター [AT-DP200]。これを使えばどうやらPower Mac G4のDVI-Iポートとは繋がりそうである。ちょっと高いけど仕方がないか。
iMac G5の出力もラトックシステム VGA to DVI/HDMI 変換アダプタをかませればいけそうな気がするが、いずれにしてもミラーリングでG5本体のディスプレイが死んでしまうのも勿体ないので、G4のメインorサブディスプレイを新型iMacで代用し、1台ディスプレイをはずし、byd:sign22"、新型iMac27"、iMac G5の3台を並べて使うことにしようかと現在考えている。こうなったらなったで、現在の部屋のレイアウトを大改造しなきゃなんないわけだが、ちょうど年末でもあるし大掃除気分でやってみるかな、と思っている。

え?よくそんなカネがあるって?ローンですがな。なんたってAppleローン 1%金利キャンペーン中!

Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-12-09 19:27 | 雑談
GyaO!がMacに対応
ようやく使えるようになりました。Silverlight。但しインテルMacのみなのでうちのG5では観られないんだけど、とりあえずMacBookで視聴。
お台場 実物大ガンダム メイキング映像を観たら引き込まれてしまい、12本がっつり観てしまった。う〜ん、あの存在感のある佇まいの裏にはこんな苦労があったわけだな。すごい。

で、密かにShowtimeなんかもMac対応してた。見逃したエヴァ17話18話を視聴。
まぁストレスなく観られるけど、Silverlightねぇ、どうなんでしょ?

それにしてもアップルのイベントはがっかりでしたな。


Tweet me!Tweet Me!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-09-10 17:42 | 雑談
Adobe Airってのがあるんだ
Mac OSX Tigerで動くいいtwitterクライアントがないってグチっていたが、Twitterまとめwikiを見ていたら、WinでもMacでもLinuxでも動くAdobe Airベースのクライアントというのがあるらしい。早速試してみたが、どれも高機能!中には日本語が表示されないものもあって残念だったが、気に入ったのはtwhirlというヤツ。これは小さいながら多機能で、SinplyTweetに操作感が近くていい感じ。TLが@Replies、DM、Favoritesなどで切り替えができ、短縮URLや写真貼付もワンタッチ、表示も様々なカラーテーマが用意されている。マルチアカウントにも対応しているし、さらにFriends、Followers管理までできるスグレモノ!メニューバーに常駐はしてくれないけど、起動項目に入れれば常時起動させておけるのでOK。

というわけでAfficheurから乗り換えました。いいもん見つけた!
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-08-04 01:45 | 雑談
iPhone OS 3.0にアップデート!
Excite ITニュース : iPhone OS 3.0ソフトウェアアップデート、配信開始
Excite ITニュース : 「iPhone 3G S」予約開始――ソフトバンク表参道では一時200人の行列

iPhone 3G Sはちょっと様子見かな、と思っているんだけど、iPhone OS 3.0は早速ゲットしてアップデートしてみた。

まずは何といっても今回の目玉、カット、コピペ機能。テキストをダブルタップすると単語を選択してくれる。あとはその選択範囲をドラッグして範囲設定し、コピーの吹出しをタップするだけ。うん、これでかなりパソコンに近づいた。今まではURLを貼付けたメールを出すとか、メモにパスワード保存しといてコピペするとかができなかったが、これで少なくともメールに関しては普通に仕事で使えるようになった感じだ。
あと写真を複数選択してコピー、メールに貼付ける、なんてこともできるようになった。これなら出先でiPhoneだけ持っていればある程度仕事ができるな、という感じだ。

メールはSMSに加えてMMSが使えるようになった。いわゆる携帯メール、S!メールが使えるようになったわけだ。これがSMSと同じインターフェイスで見れるもんだから、なんだか楽しい。チャット気分でメールの送受信ができるわけだ。

それから、カレンダーがCalDAVに対応した。今まではNuevaSyncを使っていたが外のサーバーを使うということで若干のセキュリティに対する不安があったが、カレンダーアプリから直接Google Appsを覗けることでその不安も解消。さらに参加通知等NuevaSyncでは対応していなかったGoogleカレンダーの独自機能もアプリから直接いじれるようになったのは大きい。

まだ使い倒してないのでまずはこのぐらいか。iPhone 3G Sについては手に入れた人の感想を見て決めようかなと思っている。ま、それよりも何といっても新しい13インチMacBook Proでしょう!これは買いだな〜。ヨダレが出てます。ユニボディMacBookを買った人は今頃地団駄踏んでるんじゃないだろうか?(^^;
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-06-18 19:02 | iPhone
Mac自分史4
アップル、新iMacでデュアルコアと4コアを採用か--アナリストが予想:ニュース - CNET Japan

iMacがクアッドコアになったら買いかもなぁ。まぁリーズナブルな値段で出るなら、だけど。今の24インチのハイエンドiMacが¥244600、そのレベルならば、中古のMac Proという選択肢もあるし。同じ4コアでもっと安いし拡張性は高いし制約が少ない。
Book系にしても<数量限定 お得な整備済製品>ってのを皆さんご存知だろうか?Apple Storeの中でも最近このページしか見ないんだけど(^^;)ちゃんとした製品がBTOがきかないだけでかなり安い。メモリは他で買って載せ換えた方が安いんでBTOなんてどうでもいいって人にはこれでしょう!

というわけで、G3の時代に入ったわけだが僕はPower Mac 9600/300+G3カードPowerBook Duo 2300c(Upgraded)でしばらく頑張ったわけだ。タワー型の高速化には全く興味がなかった。G3カード刺さってるんで、形状的には9600と変わらないしハイエンドの初期型を持っている意識だった。PowerBookにも興味がわかなかった。Duoのラインを捨ててしまったからだろう。丁度Macはもうダメなんじゃないかと言われていた頃だね。そんな中いつのまにかジョブズが復帰していた。数々のサプライズを秘めて…
そしてついに'98年、iMacが発表される。この初期型iMacはApple復活の立役者となったわけだが、僕自身はそんなにそそられなかった。その頃既に液晶モニター環境に移行していたので、何を今更ブラウン管だと思ったわけだ。むしろ滅び行くブラウン管モニタの在庫処理を兼ねてコストを抑えてるんだろとまで思った。レガシーデバイスを廃し、USBしか拡張性がないことも僕の目的からははずれていた。しかしながらポップなデザインと色使いはさすがジョブズと唸らざるを得なかった。
翌年、新型青白G3発売。FireWire搭載なのでビデオマシンとしては実用的ではあるが、まだG3なので購買意欲はわかず。ところが、その夏iBookが発表される。これは迷わず買いだった。Duo以来久しぶりに欲しいと思うノートだった。プロセッサはG3だし、何よりもその独創的なデザインに惹かれた。というわけで、僕が久々に買ったMacはiBook タンジェリンであった。うん、この章で初めて買ったな。思えばこの数年間が一番カネを使わなかった時期かも…(ウソです、家買ってお金がなかったんです…)
だがそれからわずか一年足らずで、僕はこのiBookを手放すことになる。この初期型iBookの最大の欠点は、FireWire非搭載というところにある。Final Cut Proも発売されて、DTVが本格化しようというときに編集環境が持ち出せないのは苦しい。そんな中ミレニアムの年に、FireWire搭載のiBookがついに発売された。僕はタンジェリンを後輩に売りつけ、迷わずiBook キーライムを買った。
この辺からなにやら散財しまくり時代に突入したようだが、21世紀に入るとOSXが発売される。OSX10.0はとても使えた物ではなかったが、キーライム購入から半年後、OSXプリインストールのフルモデルチェンジiBook (Dual USB)が発売されると、キーライムをヤフオクで処分し(新しかったから結構高く売れた)新しい白い躯体のiBookを購入してしまうのである。だがしかし、iBookではとてもOSXの重さに耐えきれず、結局はOS9マシンとなってしまい、さらなる購買欲を抱える結果となってしまった。

Mac自分史5に続く…
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2009-02-06 00:43 | 雑談