インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Parts
カテゴリ
タグ
最新のトラックバック
足まくらを頭の方に
from ☆m7☆Markのblog
『ダイエット 食品』
from ダイエット情報収集館
ダイエットエンド
from ダイエット情報収集館
役立つブログまとめ(くる..
from 役立つブログまとめ(くるま)..
Twitterを始めてみ..
from 読書記録゛(どくしょきろぐ)
以前の記事
検索
タグ:Mac ( 50 ) タグの人気記事
by Mark@m7|ReTweet
こいつはすごいや!
NYのアパート泥棒、Macのリモート機能で御用:ニュース - CNET Japan

僕がLeopardを入れているのはMacBookとMac miniのインテルマック2台。メインのiMac G5とPowerMac G4にはTigerが入っている。外付けHDにはLeopardがインストールしてあって緊急時に立ち上げることができるけど、どうも挙動が不審なので日常的には使っていない。Spacesと画面共有、どこでもMy Macは便利そうなんだけどな〜と思っていた。
僕のMacでiSight内蔵なのはMacBookだけだが、Photo Boothというアプリを立ち上げるといきなり自分の顔が映ってビックリしたことがある。これ使ったんだね。
泥棒もまさか盗まれた本人がリモートコントロールで自分の写真を撮っていたとは思わず、あえなく御用。ま、つまり盗んだらすぐにクリーンインストールし直すかせめて管理者情報を変えなくてはあぶない、というのが今回の教訓か…って違うって(^^;)

いや〜久々に胸のすくような事件ではあります。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-05-12 23:49 | 雑談
機材処分の結果
さて、以前のエントリーで書いた機材処分は結局3万円以上の値がついて全部売れた。

YAMAHA GC2020B ステレオ・コンプ・リミッター→¥4000
CASIO VZ-8M シンセ音源→¥7000
Roland SC-55mkII GM/GSマルチ音源 →¥4500
MAXON HD1000 ハーモナイザー→¥16000

まとめ売りで¥500アップの〆て¥32000也。
ヤフオクをチェックしたらどれも二束三文だったので最初はあげようとしたのだが、ちゃんと専門店はそれなりの値段で買ってくれるのだね。

さて、これを原資にYAMAHA USBキーボードスタジオ KX49を買おうかな、と思っている。さすがにもうMIDIキーボードでの入力はつらい時代になってきた。USB接続でコントローラーも操作できるしかなり便利なのでは、と思う。問題は置き場所だけだ(^^;)。
そう考えるとKX25という選択肢もあるのだが、カシオ GZ-5でミニキーボードには懲りているだけに、25鍵はつらいだろう、と思って。メロの打ち込みだけならいいんだが、両手を使ったピアノアレンジは無理だもんなぁ。
以前買おうかななんて言ってたYAMAHA MW10Cであるが、よくよく考えるとリアル・ミキサーというのは僕の環境では必要ないな、と気付いたわけで。自分は一人しかいないわけだから生楽器は常に一つしかトラックを使わない。というわけでオーディオ・インターフェイスがあればそれで十分ってことで。
まぁどれを買ってもCubase AIがついてくるので、ドラム打ち込みだけCubase、というのもアリかな、なんて思っている。ただ、KXのドラムアルペジエーターがかなり使えればLogic直接でいいかもしれないし、そのへんはまたレポートしようと思います。
いずれにしても環境が整えば次回作へのクリエイティブな意欲も湧いてくる、はず(^^;)。もう少しだな。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-02-10 04:46 | 音楽・カルチャー全般
だいぶご無沙汰ですがもろもろ
お知らせ以外では久々の更新になりました。
何をしてたかというと、もろもろありますが、

まずはiPod touch追加情報。アップグレードするといつの間にかスケジュール入力ができるようになっておりました。これはiPod touchをバリバリPDAとして使いたいという人には朗報でしょう。

で、次はLogic。Cubaseで作ったプロジェクトをMIDIファイルで吐き出し、Logicに取り込んで調整、という作業をシコシコとやってました。まずはMIDIファイルを読み込む時にビックリ。勝手に楽器を割り当ててすぐそのままPlayできるような状態で開きます。これは初心者には便利な機能でしょう。ま、なんじゃこりゃ?という割り当てもあったりしますが(^^;)。トラック名とかを判定して割り当ててるんでしょうね。
次にLogicが勝手に割り当てたGarageBand音源をプロ用のサンプラー音源に置き換えていく作業。この作業をするとアプリの使い方がいろいろと勉強になります。プログレみたいに拍子やテンポがコロコロ変わる曲はグローバルトラックの調整が必須なんで必然的にグローバルトラックの使い方を覚え、最適なインストを使う為にプラグインの使い方が覚えられ、ちょっとしたベロシティやタイミングの違いで音の出方が違うのでその調整を通してLogicのクセが覚えられる、と。2ミックスになっているリズム音源もマルチアウトに変更して別々にミキサーに立ち上げ、個々の楽器に別々のエフェクトをかけられるようにします。スネアはゲートをかける、とか。同様にミキサーをいじってオートメーションやEQ、エフェクトプラグインやBUSの使い方を覚えます。マスタリングツールも使って2ミックスで再生してみます。
で、僕が打ち込んだ曲はこの状態で走らせるとやはり重すぎてオーバーロードするようなので、Logicの強力な武器、フリーズ機能を使って調整が終わったトラックのインストを解放してやると、ちゃんと走るようになりました。これはいちいちバウンスしてたことを考えるとかなり便利です。但しマルチアウト音源のフリーズができない、っつーのはイタイところ。
さて、これをやってわかったLogicの最大の欠点は、HyperEditorで3連の打ち込みができないということ。グリッドが3連仕様になってくれなくて、リージョン全体に3連のクオンタイズをかけないといけない。これはかなり不便。ピアノロールに戻るとちゃんと3連のグリッドになるんだけど、これだとどの楽器がどのキーに割り当てられているかが出てこないので打ち込みには不便。ドラムの打ち込みには苦労しそう。
というわけでひょっとしたらドラムの打ち込みだけ前に書いたCubaseAIを使うっていうことも考えなきゃです。もしもこうすれば手軽にいけますよ、っていう情報お持ちの方は教えて下さいませ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-02-05 19:01 | 雑談
iPod touchのアップグレード
無線端末としてiPod touchはどこまで「使える」のか試した|ニュース・特集|BCNランキング

Apple Store(Japan) iTunes Storeでソフトウェアアップグレードのバナーをクリックしても「後で通知する」しか出てこなかったんでずっとまだダウンロードできないと思ってたんだけど、MacにiPod Touchを繋げてからStoreに行かなきゃならなかったんだね!というわけで、僕としてはかなり遅めですが、やっとダウンしていじってみました。

メールは、Gmailと.MacはOKだけど、Yahooはアメリカの「Yahoo.com」に見に行ってしまうので接続できず、その他でアカウントを追加しなきゃダメ。でも最新の50件だけダウンロードするこのシステムはメモリの節約になっていいかもです。何と言っても添付ファイルが簡単に確認できるのが便利。かなり使えますね。 これでiPhoneにかなり近づいた感じです。

株価もダウ・ジョーンズとかNASDAQとかが入っているので日本のヤツは自分で追加しなきゃダメ。TOPIXとNIKKEIをサーチして追加してみました。まぁ興味がないのでどうでもいいけど(^^;)。Appleの株価がデフォで入っているのは笑えますが。

天気もTokyo→サーチってやって東京を追加しないとダメです。でないとCupertinoっていうどこかよくわからないところの天気が出てきます。水曜日は雨なのかい…

時計は世界時計やタイマー、ストップウォッチだの、意外と使えそうです。これも「東京」→サーチで加えないとアレですが。

マップは相当いいです。自分の家のAirMacに繋げるとダメですが、公衆無線LANにアクセスしていればそのアクセスポイントの場所を検知してワンクリックで現在地を表示してくれます。地図・航空写真・そのミックスとGoogle Mapと同じ使用感で、さらに例のアクションで自由に拡大縮小ができるのでPCよりも使い易い感じですね。

メモは普通に使えそうです。ただ、メモにしてもメール出すにしても、横にして書けないのはイカンなぁ。ソフトキーボードは横向きが圧倒的に使い易いのに。

というわけで、他人の日記につけたコメントを元に新たなエントリーを作ってしまいました(^^;)。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-01-22 01:40 | iPod・音楽配信
YAMAHAの動向に注目です
MusicMaster.jp ~音楽制作ニュース&ポッドキャストポータルサイト~ News: ヤマハ、USBキーボード・スタジオ「KX25/KX49/KX61」発表!

以前のエントリーでCubaseからLogicに乗り換える、なんて言ってたが、結局挫折中である。まずは使い勝手に全く慣れることができないのと、何故か自分が最もよく使うHalionとLM4mkIIでマルチアウトができない、というのが致命的だ。

FxPansionのVST to AU Adapterがマルチアウトに対応していないというのは知っていたが、まさかSteinberg製品がAUネイティブまで使えないとは思わなかった。というわけで、まず環境が構築できないので次のステップに進めないのだ。



HalionからKONTAKT3に乗り換えようかとも思った。Halionライブラリをそのまま読み込めるからだ。デモを落として試してみたりもした。しかし乗り換えるには高いし、問題はそれだけじゃなかった。ドラムデータの打ち込みとか、もろもろの使い勝手の違いも大きかった。それで乗り換えに逡巡していたところだった。
そこにヤマハのKX発売のニュースが飛び込んで来た。このニュース自体はそれほどのもんでもなかったが、いろいろと調べるとこのキーボードにCubase AI4というソフトがついてくるという。このソフトがなかなかすごそうなのだ。OEMなので当然のことながらCubase4の機能限定版なのであるが、このAI4、ミッドレンジのCubase Studio 4が持っていないSutudio Connectionsという機能を装備しているのだ。Cubase AI4からYAMAHAのハードウェアをコントロールし、Total Recallを実現、さらにAudio IntegrationというYAMAHAのハードウェアをソフトプラグインのように扱えるという機能も装備している。YAMAHAがSteinbergを買収した効果がやっと出て来たようだ。

これはなかなか良さそう、と思ってYAMAHA製品をいろいろ調べてみると、もうすでにCubase AI4はいろんな製品にバンドルされている。中でもMW10Cが一番安く手に入れる方法である。2万ちょっとだ。ミキサー+USBオーディオ・インターフェイスというシロモノで、ワンノブ・コンプというのがなかなか使えるらしい。
というわけで、以前のエントリーでも書いた不要な機材を一気に処分し、新しいハードウェアを手に入れることにしようと思っている。Cubase AI4を使えば、恐らくもうLogicには行けないだろうなぁ。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2008-01-14 04:20 | 音楽・カルチャー全般
初めて使ったDVD-RAM
というわけで、初期化済みのDVD-RAMを買って来て試したところ、普通に使えたので片っ端から録りだめていた映画を吐き出してなんとかHDDの危機脱出。現在スタチャンHVのキングコングを無事録画中(^^;)。
しかしRAMはリビングのMitsubishi製DVDプレーヤーでは観られないのだよな。まぁDJ-P230って古い機種なんでDVD-R/VRも観られないんだけど。このさいパナのS50でも買うかな、安いし。でもどうせならレコーダー買って、2台体勢になれば修理にも出せるしなぁ、うーむ。つなぎでポータブル買うか。今までにないジャンルだし、自分の中で言い訳がつくな。でもこんな具合に最近自爆(^^;)気味なんで、ちょっと考えた方がいいかもしれない。

Leopardと時を同じくして、Logic Expressを買った。LeopardがOS9から決別したのにともなって、そろそろOS9-CubaseVST5という制作環境から脱する潮時だと思ったからだ。音楽制作環境がOSXに完全に移行できれば、もはやデュアルブートマシンにこだわる必要もなくなる。CubaseSXが出た時にちょっといじったが、それまでとはまるで別のソフトだったので、どうせ苦労するならAppleのLogicに切り替えようと思ったまま現在に至ってしまったわけだ。
Logic StudioではなくExpressにしたのは、どうせStudioの多機能は使いこなせないのだからExpressで慣れておいて、そのうちアップグレードでもいいかな(これが結構安い)と思ったのと、Final Cut Studio使いなのでSoundtrack2がダブっているのと、もしも今まで蓄積して来た大量のVSTプラグインが使えるのならExpressでも十分だと思ったからだ。そこでFxPansionのVST to AU Adapterを買った。これがなかなか使えて、よく使うインストプラグイン、HALionとかPlexとかFM7とかB4とかLM4 Mark IIなんかは動くようだ。Virtual Guitaristが動いたのには感動した。The GrandがNGなのはちょっと痛い。EXS24のYamahaピアノで代用するか。
エフェクトもそこそこ動くようだ。まだ本格的に制作作業までいっていないので不具合は出てくるかもしれないが、VoiceMachineあたりが使えるのは嬉しい限りだ。
というわけで、そんなに高いものじゃないがちょこちょこ散財しちゃってるのだ。こういうときはでかい買い物は気をつけるがそこそこのものはパッパカ買ってしまって後で泣きを見ることになるので注意が必要だ。ちょっとよく考えてみることにしよう。

うむ、だいぶ前向きなブログになってきたな。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-11-28 04:39 | 雑談
どこまでも続くトラブルの連鎖
Leopardの方はクリーンインストールしたら調子良くなりました。起動も速くなり、重い感じもしません。SecondLifeも軽快に走っております。
Leopardのいいところも少しずつ見つけ出した今日この頃。中でもSpacesはいいね。Parallelsを全画面モードで走らせておいて瞬時にMacに切り替えられるのは便利。

ところがところが、今度はiMacG5のSuperDriveがいかれてしまった!悪いことは続くもんですなぁ。書き込みエラーが出たのでクリーニングしたら、さらに症状が悪化。スロットローディングにブラシ付きのクリーナーが使えないんなら最初に言ってくれよ!!
ほぼ時を同じくしてHD/DVDレコーダーの方もおかしくなってしまいました。CPRM対応DVD-Rに焼いたものを再生できなくなった(スクランブルがかかる)のを皮切りに、DVD-RWの初期化ができなくなり、スカパーで録りまくってる映画がDVDに吐き出せなくなってしまいました。もっとも初期化が出来ないだけで、書き込みは普通にできるのですが…というわけで以前初期化済みで消してもいいRWをほじくりだして細々と焼いている始末。それもそろそろ底をつきそうです。仕方ないので初期化済みのRAMを買ってくるかな。
LeopardがUDF2.0の書き込みに対応したはずなんだけど、UDF2.0でフォーマットする方法がわからない。UDF2.0で初期化だけできればいいんだけどな〜。誰か知ってたら教えて下さい。

どちらも修理に出すには二の足を踏むんだよなー。iMacの方はSuperDrive交換となるはずで、だったら外付けのBlueLay対応機買った方がいいだろな、とか、この際新型iMacを買う口実ができたな、とかいろいろ考えちゃって。HD/DVDレコーダー(Toshiba RD-XD71)の場合はエアチェック用に片時もなくなると困るわけで、だったら代替機を用意した上で修理に出さなきゃなんないわけで…

というわけで、まだまだ寝不足の日が続きそう…
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-11-27 03:49 | 雑談
ダメだ、Leopard
「Leopard」が猛烈な初速、アップルの新OSが10月販売シェア53.9%を記録:ニュース - CNET Japan
MacBookにインストールしたLeopardであるが、起動が遅いとか重いとか思っていたらディスク・イメージをマウントできなかったりデスクトップ上のアイコンの移動ができなくなったりデスクトップに移動したファイルが表示されなかったり、SecondLife内の動画再生がジャミジャミになるなどと相当な不具合が出て来たのでもう一度クリーン・インストールすることに決定。
例のアカウントバグ騒ぎで相当変なインストールの仕方をしたわけで、そのせいで挙動がおかしくなったのかもしれない。クリーンインストールでもう一度試そうと思う。これでダメならTigerにバックデートだ。本当に大変だよ(T_T)
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-11-22 19:18 | 雑談
Leopardもうアップデート
アップル、Mac OS X 10.5.1公開--Time MachineやFinderを修正:ニュース - CNET Japan
ほらね、この早さでもう10.5.1ですよ。かなり基本的で深刻なバグが多かったようですね。
とはいえ、これで少し安定したのかな。というわけでiMacG5にいきなり導入するのは怖いので、とりあえず↓のエントリーで直した外付け300GBにインストールしてテストしてみることに。
ところがインストールの途中でエラーを出して止まってしまった。深刻な不具合があるということで初期化しますか、ときたもんだ。1日がかりで復活させたばかりなのに消されたらたまらん、ということですぐにキャンセルしてディスクユーティリティーを立ち上げるが、検証しても問題がありますが修復できません、だって。もう壊れたのか?
仕方なくTigerで立ち上げてもう一度ディスクユーティリティーを走らせると、今度は「問題ありません」。ははぁ、さてはDrive10が扱えるようにジャーナルをオフってフォーマットしたのが気に入らんのだな、と思いジャーナル記録を開始。もう一度インストールを試みるがやはりダメ。仕方がないので別のHDDを接続してみたらそちらはOK。どうやら最初からジャーナリングでフォーマットしないとダメらしい。
で、40GBのディスクにLeopardをインストール。設定を終えるとGOボタンを押す前にソフトウェアアップデートが強制的に立ち上がった。そうだよね、アップデートしてから再起動しないとまた二度とログインできなくなるからね。この辺はちゃんと考えてある。
で、ようやくLeopardで起動、すると何と300GBのHDに問題があるとのアラートが。読めるけど書けない状態に。ブートだけではなく、Leopardではジャーナリングでフォーマットしてないボリュームは使えないのか!!
Tiger上では全く問題なく使えているので、こりゃぁiMacG5の方はTigerのままでいく、で決まりだな。時々必要な時(UDFボリュームを扱うときとか)だけLeopardで立ち上げることとしよう。
Tigerではこの前日10.4.11のアップデートがなされたけど、Safariの3.0はいいね!今までトラックバックすると元リンクが文字化けしてたのが修正されたようだ。その代わり、今までちゃんと表示されてたサイトが文字化けするようになった、なんてこともあるけど。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-11-17 15:18 | 雑談
Leopardその後
Excite 社会ニュース : アップル新OS「レパード」好調  MSからの乗り換え進む?
まぁ好調のようだが、こっちは四苦八苦、なのは既報の通り。やっとそれなりに使える様になってきたのだが僕の2.0Ghz Intel Core 2 Duo搭載MacBookだとやや重い感がある。まず起動が遅い。メニューバーにすべてのアイコンが並ぶまでかなりかかる。それからSpotlightが使いにくくなったと思うのは僕だけ?Tigerではファイルの種類別に表示してくれたのにそれがなくなってしまった。SecondLifeが使えなくなった、なんて話も聞く(僕のは幸い動いてますが)。これではG4/G5にはインストールできないなぁ。まぁクラシックが使えなくなると困るからG4にはインストールしないけどね。
良くなったと思うのはUDF2.0ボリュームにOSレベルで直接アクセスできるようになったこと。これはごく一部の人にとっては朗報だろう。あとはダウンロードしたものを一括管理してくれるようになって、まぁデスクトップが汚れなくなったことかな。これは慣れるまではちと困惑するけどね。

というわけで新OSもこなれて使い易くなるまで旧OSと共存かな、てな感じです。

ところで既報のすったもんだの間に外付け300GBをマウントできなくなってしまった。元々ちょっとおかしくてだましだまし使っていたのだが、FirstAIDもきかない。Drive10でもダメ。仕方がないので巷で噂のDATA RESCUE IIを購入してみた。これがなかなかすごい。すべてのファイルにアクセスできて、しかも消えちゃったファイルも復元できる。てなわけで、現在ディスク復元中。これはいい買い物をしました。
[PR]
by Mark@m7|ReTweet by kenpapa9 | 2007-11-16 01:59 | 雑談