インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Parts

タグ

カテゴリ

お知らせ
☆blog内BBS☆
m7
レコーディング
ポッドキャスト
音楽・カルチャー全般
iPod・音楽配信
iPhone
iPad
雑談
ホッピー

以前の記事

2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2012年 10月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

検索

Duesenberg Les Trem IIをSGに装着してみた

24フレットとアーム問題でSteinbergerを使ってきたが、やはりどうしてもSGを使いたいのである。24フレット問題は奏法で何とかなりそうではあるが、問題はアームだ。ボルトオンでトレモロユニットつけるにしてもBigsbyは高いし、SGに穴開けるのもやだし…といろいろググってたらこれを見つけた。

1.5万とお安いし、ごついトレモロユニットが多い中にあってシンプルでスッキリしてカッコ良さそう。何よりもボディに穴を開けなくていい。

一般的なTune O Matic採用のギターすべてに取り付け可能。テールピースのボルトのアンカーをそのまま利用するということで交換も簡単らしい。

ダメなら元に戻せるというのが手軽でいいな、ということで、先週末にポチってしまいました。

で、昨日もう届いたので早速装着。

a0033438_11312776.jpg

  届いた箱はこんな感じ。














a0033438_11313367.jpg

 で中身はこんな感じ。











a0033438_11313900.jpg
a0033438_11314569.jpg弦を外してテールピースのボルトを取り去って、そこにユニットを合わせて専用のボルトでしめれば完成。簡単!




と思いきや、思わぬ罠が(><)





専用ボルトは2種類、インチ規格とミリ規格で別になっているのだが、上図のように一緒の袋にゴチャっと入っているのでどっちがどっちだかわからない。で、どうやら間違った方を入れてしまったようで、しめていたら途中で回らなくなった。よーく見比べて細い方に替えて入れたがまた途中で止まってしまう。どうやら曲がって入ってしまっているようだ。慌ててオリジナルのボルトを入れてみたがこれもダメ。ネジ山がおかしくなってしまったのか…取り返しのつかないことになってしまったか…

何度か挑戦するがどうしても斜めに曲がって入ってしまうのでダメ。装着用のボルトは短いので、まっすくに修正しながら入れていくのが難しい。ならば、とオリジナルのボルトはテールピースの厚みの分長いので何度か根気よくトライしてようやくまっすぐに入ってくれた。
というわけで、見た目は悪いがオリジナルのボルトを仕方なく装着してフィニッシュ。ようやく完成した。

a0033438_11315084.jpg
a0033438_11315615.jpg

あー疲れた(笑)


結構格好良いんじゃない?見た目はなかなかである。普通のテールピースにアームが生えているような感じで実にシンプル。

で、肝心の弾き心地なんだけど…けっこう弾きにくいんだなこれが(^^;
なんつーか、可動部分がブリッジに近すぎるんだよね。ボディの関係なのかバランスの関係なのかSGの場合結構ブリッジ側でピッキングしてる(ことに初めて気がついた。スタインだとネック側でピッキングするんだけどなぁ)ので手に当たってヤバイ感じ。カッティングなんてできたもんじゃない。フロント側でピッキングするように意識すればいいのかなぁ?慣れるかなぁ?

うん、これはボディ全体に対するトレモロ、ブリッジの位置の関係だと思う。スタインのSトレムはボディの端についているのに対して、SGのブリッジはボディのほぼ真ん中。つまりボディのエンドからの距離がピッキング位置を決定しているのかもしれない。そう考えると意識して弾いていればそのうち慣れる公算は高そうだ。

テンションは若干緩んだ気がする。この辺は緩い方が好きなので実用上問題はない。

アームが固い感じは調整ネジをゆるめることで解決したけど、総合的にうまく慣れるまで時間がかかるかも。使いこなせるようになればいいんだけど、そのうち元に戻っているかもね(^^;

ここで思い出した。僕はナンチャッテBigsby B5を持っているではないか!たぶんグレコのコピー商品。中学の時初めて買ったレスポールモデルに御茶ノ水で安く買ったトレモロを装着していたヤツが倉庫に眠っている(ついでに言うと、そのギターはフレットをすべて抜いてフレットレスギターに改造してある)。これをはずして流用する手がありやなしや?無改造という前提でどこまでいけるか、だな。

さて、ここまできて、次に買おうと思っていたギターに迷いが生じている。本当はカジノ・クーペが欲しかったのだが、無改造でトレモロユニットをつけるのは不可能だ(結局僕のギタープレイにトレモロは不可欠だと最近気づいた次第。なのでトレモロは必須だ)。となると、Tune O Matic搭載のES-339の目が再び浮上してきた。P-90搭載のヤツは試奏させてもらって結構いい音出してたしな。う〜ん、カジノ・クーペのフルアコ構造も捨てがたいんだがなぁ。悩む悩む…


[PR]
by Kenpapa9 | 2018-03-06 15:50 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(0)

サイトリンク

※注:スパム防止の為、<トラックバック禁止>を設定しました。
なお、コメント本文にURLを表記するとスパムとみなされはじかれますので、URL欄への記入をお願いします。



m7公式サイト
Podcast in iTS(English)
Podcast in iTS(日本語版)
m7Radio in English

m7ラジオJapan


MIT Revolutions CD ONE

One/m7

In the Blue/m7


Shining Star/m7(廃盤)


iTMSで買えるプログレ
A Young Person's Guide to Progressive Rock in iTunes Store

プログレ!

m7が参加するindiesSite
 Last.fm
 BANDEST
 myspace

Mark on mixi








最新の記事

Les Paul Ultra..
at 2018-08-23 19:24
Epiphone Les P..
at 2018-06-22 19:21
ギブソン・レスポール
at 2018-05-11 19:48
Greco ミンコレ EG6..
at 2018-04-24 17:48
ギターをドレスアップ
at 2018-04-04 01:05