インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Parts

タグ

カテゴリ

お知らせ
☆blog内BBS☆
m7
レコーディング
ポッドキャスト
音楽・カルチャー全般
iPod・音楽配信
iPhone
iPad
雑談
ホッピー

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2012年 10月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

検索

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Amplitube for iPad + iRig BlueBoard

前のエントリーで最先端を行っていると書いたが、ちょっと解説する。昔からiPhone向けギター用インターフェイスiRigで有名なIK Multimediaの製品群はギタリストを次の時代へと誘ってくれる。それでいて、使い勝手はレガシーな昔ながらのエフェクターシステムということで、最新のマルチエフェクターにどうしてもなじめない僕のようなロートルには最適である。

僕の使っているシステムは、家ではiPad mini(Amplitube for iPad)+iRig PRO+iLoud+iRig BlueBoardという組み合わせ。
iRig PROは元々MacBookで出先でレコーディングする為のオーディオインターフェイスとして買ったもの。今まで使っていたM-AUDIO Fast Track ProのドライバーがYosemiteまでしかサポートせず開発終了となった為、とりあえず外でボーカル入れをする際に必要十分なスペックでしかも安価だったので購入。非常にコンパクトでキャノン対応、ファンタム電源供給でコンデンサーマイクが繋げる、さらにMIDI inまであるというスグレモノ。ところがこれにオマケでついてくるIK Multimediaのソフトウェア群に完全にハマってしまった!iOS用にはAmpliTube FREE、VocaLive FREE、iRig Recorder FREE、SampleTank FREE、iGrand Piano FREEといった無料アプリがこのiRig PROを繋ぐことによって機能制限が解除される。さらにSteinbergのCubases LEまでロック解除されるというオマケ付き!Mac用にもAmpliTube Metal、T-RackS Classic、SampleTank3 SEのライセンスがついてくる。まぁそれまではNative Instrumentの無償ソフトが結構太っ腹だと思っていたが、それの比じゃないっす。

というわけでまぁいわばオマケでついてきたAmplitubeをいろいろいじくっているうちに、これは十分エフェクターシステムとして使えるな、ということで、さらにいろいろとハードウェア買い足して益々術中にハマるの図w
a0033438_19265247.jpg
こんな風に好きなアンプを選んでエフェクターを並べるというギタリストにとってはお馴染みのUI。マルチエフェクターのエディットと比べると格段にやり易いのはこの画面を見ればわかるだろう。さらにアンプの後ろに2つまでエフェクターを繋げられるので、空間系とかをここに加えてプリセットを保存。バッキング、テーマ、ソロなどのプリセットを事前に作っておけばそれを切り替えるだけで一発で目的の音が出せるわけだ。

そしてそれをリアルタイムにコントロールするのが、Bluetooth接続のiRig BlueBoardというわけだ。
a0033438_19194896.jpg
これは今の僕のセッティング。YAMAHAのボリュームペダルをエクスプレッションペダルとして接続、Rolandのダンパースイッチを特定のエフェクターのON/OFF用に接続。上のAmplitubeの画面でいうと、フットスイッチがDistortionの青くなっているスイッチに連動。さらにワーミーペダルのペダル部分ではなくOFFとTILTの切り替えにExペダルを連動している。もちろんペダル部分に連動することも可能。僕は決まった音程のハーモナイズを出す為にワーミーペダルを使っているのでこういうセッティングだが、そこは自由に割り当て可能。
AからDまで4つのプリセットの切り替えができ、この4つで1バンク。Aを長押しすれば1バンク上がってBを長押しすれば1バンク下がる仕組み。つまり、1曲のプリセットを1バンクに4つ設定すれば、あとはバンクを切り替えていけばどの曲にも対応してくれる。この辺はエフェクターボードには真似できない芸当で、マルチエフェクターの良さを受け継いでいる。

もちろんプリセットごとにアンプを切り替えるなんてことも可能。クリーンな音はツインリバーブで作っておいて、リードはマーシャルで、なんて芸当も。
a0033438_19193073.jpg
最初はこれをiPad Pro 9.7に入れて使っていたのだが、これだけ動かすにはオーバースペック。画面も9.7インチはいらんだろうということで、Amplitube専用でiPad miniを購入。ヤフオクでガラクタを売り続けて貯まった売上金で手に入れた。画面が小さくていいならiPhoneでいいんじゃないか、と思うかもしれないが、iPhoneだとこんな画面になってしまう。
a0033438_22292885.jpg
アンプのつまみもスライドして見ていかなければならないし、STOMPも1個ずつしか表示されない。直感的ではないのである。というわけで今の所iPad miniがベストだと思う。

さて、家ではこのiPad miniをiLoudに繋いで音を出している。こいつがまたスグレモノなわけだが、普段はiMacに繋いでスピーカーとして使っていて、ギターを弾くときにだけiPad miniに繋ぎ直している。実はこのiLoud自体にもiRig回路が搭載されているのでギターを直接入力してiPadとiLoudを繋ぐだけでも使えるのだが、iLoudのiRig回路は初代iRigと同じアナログ回路。ノイズを拾い易くちょっと実用に耐えない。というわけでデジタルオーディオインターフェイスのiRig PROをわざわざ繋いでいるのである。

さて、この家でのシステムがそのままスタジオ又はライブハウスに持ち出せるかというとそうではない。このシステムの欠点は、アウトプットの音声がiPadのヘッドフォンジャック経由になってしまう点である。つまり、エフェクターアウトがステレオミニジャックで出力されるわけで、こいつを変換してアンプに繋ぐわけだが、ちょっとヘッドフォンジャックから直接アンプに繋ぐのはいろいろアレな感じがしてイヤなものであるw こないだルースターノースサイドで演ったときはそうしたんだけどね(^^;

というわけで、出先ではiPad mini+iRig HD 2+iRig BlueBoardと、iRig HD 2を導入した。iRig PROよりさらにコンパクト(薄い)!Guitar/Bassに特化したインターフェイスで、MIDIだのキャノンだのない代わりに、アンプ出力端子がある、これが大きなポイント。これで普通のシールドでアンプに繋ぐことができるわけだ。

さて、今度の土曜日はペルセウスの再結成フルメンバーで初演奏。iRig HD 2のデビューだ。


[PR]
by Kenpapa9 | 2017-12-09 23:54 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(0)

ギター

a0033438_02595089.jpg
最近気に入って使っているエピフォンのSG-PRO G-400。Gibson直系のEpiphoneブランド、廉価版だがニセモノではない。
ま、そんなこだわりはいいとして、Live用としては非常に使い勝手がいい。ヘッドはすでにトロニカルチューンに換装しているのでチューニングの問題はない。そして何よりも軽い!Gibson Les Paul Studioと比べると明らかに取り回しがいい!StudioはザクリがあってLes Paulの中でも軽い方なんだけどね。ただこのSG、あまりに軽すぎてヘッド落ちする、ってのが欠点ではありますが、ネックを持っていれば問題ない(^^;


音は…そりゃGibsonの方があらゆる面で上ですが(^^; ノイズにしても粒立ちにしてもね。それでもコイルタップでシングルの音が出せるので多彩な音作りができる。元々エフェクター使って音作りをする方なので、LiveではこのSGの方が重宝する。最近はエフェクターもAmplitube+iPad+iRigHD2 with Blueboardというシステムで最先端を行っているつもりw


で、最近大学時代のバンドを再結成することになって、もう今年2回ぐらい演っているんだけど、ドラマーをヘルプに頼んでいた。で、ようやくフルメンバーが揃うことになったので曲数を増やそうということになったのだが、その中の1曲がどうしてもこのSGでは弾けない曲なんだな。つまり24フレットないと弾けない。あとアームも欲しい。





そこで復活というか、かつてのメインギター、Steinberger GM-4Sを引っ張り出すことにした。
a0033438_03445484.jpgRevolutionsの頃このギターを使っていたので、動画も残ってます。
久々に弾いたけど、やっぱりいいギターですなぁ。ただ、ヘッドレスなのにSGより重い…グラファイトネックだから仕方ないか。それともアクティブサーキットだからか?そう、そのアクティブだけど、やはりEMGの音はアルニコクラシックとは違うねぇ。あと、チューニングが狂わないからSteinbergerを使っていたのだけれど、実に久しぶりに引っ張り出してほとんどチューニングが合っていたのには驚いた。90年代のスタインなので、今のスピリットやシナプスとは違う真性Steinbergerブレンドのトラスロッドのないグラファイトネック。このメインギターにはきちんとダブルボール弦を張っている。もう一本GR4というのを持っていてそちらにはストリングアダプターをつけているんだけど。


とはいえ最近の僕のスタイルはトロニカルチューンを使った変則チューニングを駆使する感じなので、やはりこれ一本ではキツい。今度の演奏にギター2本持っていくかどうか、悩みどころだ。でも場所が家から歩いて5分のところなので、素直に2本持っていくべきかもねw



[PR]
by Kenpapa9 | 2017-12-04 04:35 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(0)

サイトリンク

※注:スパム防止の為、<トラックバック禁止>を設定しました。
なお、コメント本文にURLを表記するとスパムとみなされはじかれますので、URL欄への記入をお願いします。



m7公式サイト
Podcast in iTS(English)
Podcast in iTS(日本語版)
m7Radio in English

m7ラジオJapan


MIT Revolutions CD ONE

One/m7

In the Blue/m7


Shining Star/m7(廃盤)


iTMSで買えるプログレ
A Young Person's Guide to Progressive Rock in iTunes Store

プログレ!

m7が参加するindiesSite
 Last.fm
 BANDEST
 myspace

Mark on mixi








最新の記事

Epiphone Les P..
at 2018-06-22 19:21
ギブソン・レスポール
at 2018-05-11 19:48
Greco ミンコレ EG6..
at 2018-04-24 17:48
ギターをドレスアップ
at 2018-04-04 01:05
トレモロアームは結局こうなり..
at 2018-03-22 16:48