インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

Parts

タグ

カテゴリ

お知らせ
☆blog内BBS☆
m7
レコーディング
ポッドキャスト
音楽・カルチャー全般
iPod・音楽配信
iPhone
iPad
雑談
ホッピー

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2012年 10月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

検索

<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ギター用ワイヤレスシステム

そんな広い場所でライブするわけじゃないし、高価なイメージもあったので、ギター用ワイヤレスシステムには全く興味がなかった。ただ、iPad+Amplitube+iRig Blueboardというシンプルなシステムに移行したので、練習時にいちいちシールドを繋げること自体が億劫になってきた。すでにフットスイッチはBluetooth接続でワイヤレスなのに、シールドは必要なんね〜という感じ。部屋が結構ワチャワチャしてるのでね(^^; で、何の気なしにイマドキのワイヤレスシステムってどーなってんの?と思って検索したら、いや〜進化してますな!僕のイメージだとブルーレイレコーダーみたいなのに二本アンテナが生えたヤツがレシーバーで、ギター側はタレントがロケでベルトの後ろにはさんでつけてるようなトランスミッターが必要って感じだったんだけど、全然小さくてスタイリッシュでしかも安い!いろいろ検索して思わずポチってしまったのがコレ!

Donner DWS-1 ギターワイヤレスシステム。最近注目の中国のエフェクターメーカーDonner。安価なミニペダルを連発していて、クオリティにも定評がある。あ、いや実際MOOERとかJOYOとか、中国のエフェクターメーカーは勢いがある。回路はほとんどパクリで元ネタがあるものばっかりだけど、そのぶん開発費が商品価格に乗らないで済む、ということで激安なんですね。すでにパソコンの最先端CPUでもない限り、電子部品も安価で高クオリティな代用品が溢れているので、実はバカにならない。まぁコンパクトエフェクターは使わなくなっちゃったのでその辺はどうでもいいんだけどw で、とりあえずこのシステム、写真の緑の方がレシーバーで赤の方がトランスミッター。どちらも全く同じ形をしており、しかも直接プラグインするような形状。だからストラトタイプのジャックには刺さらないらしいんだけど(^^; 使ってみると、あ、決め手となったのはレイテンシー2.5ms未満っていうことだったんだけど、全く気にならない。Amplitube自体がレイテンシーを発生するシステムなんでこれ以上は勘弁だったんだけど、そんなこともない。音痩せやノイズもない。いや、むしろワイヤレスはノイズ対策でもあるんで、シールド使うより改善しているはず。とにかく電子機器がひしめく家での練習では実はナイスな選択だったのではないだろうか?

まぁしかし、実はタレントがロケでベルトの後ろに挟むトランスミッターに近い大きさはあるんだな(^^; レシーバーの方は劇的に小さくなっているんだけど、トランスミッターの方はね。レスポールとかスタインならいいんだけど、SGにつけたらこんなになっちゃったw
a0033438_01283156.jpg




[PR]
by Kenpapa9 | 2018-02-05 02:29 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(0)

エフェクター関連その後

先日のエントリーでエフェクター周りのセッティングを公開したが、そこからiRig BlueboardのExternal Controll関連の機材を変更した。現在のセッティングはこんな感じ。
a0033438_15133151.jpg
まずはYAMAHAのVP-500を変更。元々ただのボリュームペダルを無理やり接続でエクスプレッションとして使っていたので、接続ケーブルがややこしく、しかもちょっと大きいな、と感じていた。
そこで、電源不要で小型のエクスプレッションペダルを探していたのだが、本当はAMT EX-50 《エクスプレッションペダル》がBOSSのエフェクターとほぼ同サイズということで非常にコンパクトで良さげではあったのだが、如何せん高すぎる。パッシブのエクスプレッションペダルに何で1万5千円も出さにゃならんの?
他にもMOOER Expline エクスプレッションペダルも良かったのだがこれは電源が必要。VOCU Baby Volume Pedalも小さいのだがこれはボリュームペダルなんで接続の問題が出てくるのとこれも電源が必要。さらにAMTのよりもっと高いw
なかなかいいのはいないね(本田博太郎風w)

という中で見つけたのがコレ。

VALETON EP-2 【PASSIVE VOLUME/EXP PEDAL】

AMTのやつより4cm近く長いのだが、十分コンパクト。パッシブで、しかもボリュームとエクステンション兼用ということで高機能。そして何より安い!実際に使ってみるとこれはかなりのスグレモノ。
TRS接続でエクスプレッションに、TS接続でボリュームペダルになるということで、切り替えスイッチがあるわけでもないので機械的弱点はない。
ちょっと皆さんにオススメしたい機材ではあります。

で、もう一つはRolandのサスティンペダルをコントロール2につないでSTOMPのON/OFFスイッチとして使っていたのだけど、これがやはりアンラッチのサスティンペダルをラッチモードで無理やりスイッチとして使っていたので実際に演奏中に踏むと結構反応しないことがあったり。ディストーション踏んだつもりなのにペラッペラの音で慌てて踏み直す、といったことが多発したので、これはちゃんと踏むとカチッとなる機械的にラッチ式のフットスイッチを買おう!と思い立ち、いろいろ探して買ったのがコレ!
Neewer 1個ボタンのフットスイッチ プッシュオン-プッシュオフ

やっぱりエフェクターのフットスイッチといえばこのボタン形状でしょ!踏めばカチッといい音が鳴るので踏み損ないはないだろう。

ただ踏むたびにLEDが点灯、消灯するはずなのだが光っているのがほとんど見えないほど暗い。iRig Blueboardみたいな小電力のものに接続してもサプライが足りないのだろうなぁ。恐らくアンプにつないでトレモロとかのスイッチに使うものなのでそうすれば光るのだろうなぁ。まぁ踏んだ状態でプリセットチェンジすると極性が変わってしまうはずなので、光らないのはかえって混乱しないでいいかw


最後にラッチ式スイッチを使う場合のAmplitube設定上の注意点。ラッチ式をラッチモードで使うと、倍の回数踏まないと動かないので注意!ラッチ式スイッチを繋いだ場合はMomentalモードにして使いましょう。
a0033438_15163888.jpg




[PR]
by Kenpapa9 | 2018-02-02 16:52 | 音楽・カルチャー全般 | Comments(0)

サイトリンク

※注:スパム防止の為、<トラックバック禁止>を設定しました。
なお、コメント本文にURLを表記するとスパムとみなされはじかれますので、URL欄への記入をお願いします。



m7公式サイト
Podcast in iTS(English)
Podcast in iTS(日本語版)
m7Radio in English

m7ラジオJapan


MIT Revolutions CD ONE

One/m7

In the Blue/m7


Shining Star/m7(廃盤)


iTMSで買えるプログレ
A Young Person's Guide to Progressive Rock in iTunes Store

プログレ!

m7が参加するindiesSite
 Last.fm
 BANDEST
 myspace

Mark on mixi








最新の記事

Greco ミンコレ EG6..
at 2018-04-24 17:48
ギターをドレスアップ
at 2018-04-04 01:05
トレモロアームは結局こうなり..
at 2018-03-22 16:48
久々のアナログ起こし
at 2018-03-19 19:09
人生初のセミアコGet!
at 2018-03-13 14:10