インディーズ・ポップスユニットm7のプロデューサーMarkのblogです

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

Parts

タグ

カテゴリ

お知らせ
☆blog内BBS☆
m7
レコーディング
ポッドキャスト
音楽・カルチャー全般
iPod・音楽配信
iPhone
iPad
雑談
ホッピー

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 06月
2012年 10月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

検索

タグ:プリプロ ( 11 ) タグの人気記事

Macのメモリ

新型アルミユニボディのMacBook、いいなぁ、欲しいなぁと思っていたのである。何回か渋谷のApple Storeでいじったが、薄くてカッコイイのはもちろんのこと、何といってもガラス製マルチタッチトラックパッドがいい!4本指の操作やりたいなぁ。だがしかし!FireWireがないことに引っかかって買うには至らなかった。というのもMacBookは外でボーカルレコーディングする時に使いたいわけで、僕の持っているオーディオインターフェイスはM-AudioのFireWire Audiophileだからだ。
それよりもなによりも僕はIntel Core 2 Duo搭載のMacBookを持っているではないか!こいつを活用するのが先ではないか、とまぁ、Macに関しては完全に理性がふっとぶ僕としては(恐らく金欠が幸いして)珍しく踏みとどまったわけである。まぁ当時ちょいとケチって2.0GHzホワイトを選択したので、あんまり使い物にならないかもな、という懸念もあったので、とにかく検証してみることにした。

僕は自宅では初代iMacG5+Cubase AI4&Logic Express 8で楽曲製作をしている。はっきり言って非力である(^^;)。だが、TigerのPPCマシンが必要なのでここから進化できない。IntelでLeopardとなると、使えなくなるプラグインが多数出て来るのだ。
それでもHALION PLAYERPRO-53を買ったりと、だんだんとMacBookでも少しは使えるようにはなってきたのだが、まだやはり完全移行には踏み切れないでいる。特にThe GrandとFM7は捨て難い。
ただ非力は非力で、Cubase AI4のバーチャル音源環境で重いデータを打ち込むと音が途切れる、リズムがもたる、明らかにマシンのスペックを越えた挙動になるし、Logicではエラーを出して止まってしまう。そこでこの重いデータをMacBookで走らせてみることにした。
僕はどうもノート型Macに対して懐疑的で、それはPowerBookの思い出が強いからなんだろうが、デスクトップと同じ速さのCPUを積んでいても何故かPowerBookの方が断然遅いのである。それは省電力とかいろんな理由があるんだろうが。だから、1.8GHzのG5と2.0GHzのCore 2 Duoにそんなに歴然とスピードの差があると思っていなかった。
ところが、上記の重いデータを走らせたところ、すいすい走る!いや、実際は何回かつまづくのだが、2回目プレイバックすると何の問題もなく再生する。キャッシュが効いているからなのだろうか?Logicの方は、その上デュアルコアのそれぞれのCPUをどれだけ使っているのかも表示してくれる。Core 2 Duo恐るべし、である。なるほど、考えてみれば昔はノート型はデスクトップと違って専用CPUを必要としたが、現在ではiMacもMacBookもMacBook Proも同じCPUを積んでいる。MacBookやるじゃん!

というわけで、このMacBookを使い倒すことにした。どうせ使い倒すならメモリが今安くなってるということでMAXまで増設しちまおう、と思い立った。ここでやっとタイトルにあるメモリの話になる(^^;)。
ところが僕のMacBookは型番:MB061J/Aらしく、5ヶ月後に出たMB061J/Bでは最大4GB対応なのに公称2GBまでしかメモリを積めないとされている悲しい機種である。今1GB積んでるから、効果は限定的か、と思ったら、何といろいろググってみるとMB061J/Aも4GB積めるらしい。但し3GBまでしか認識しないそうだが。
しかもデュアルスイッチ、というのがあって、同じ容量のメモリを2枚刺さないと高速化できないらしいので1GB+2GBで3GBという増設はあまり意味がないらしい。昔ならここであきらめていたのだが、メモリが安くなっているということでまず値段を調べてみることにした。
すると、1GBで¥13912GBで¥2280と出た!こんだけ安ければ2GB2枚買っちゃえ〜!
こうなりゃついでにiMacG5のも増設しちゃえ!こちらはまごうことなき2GBMAXなのだが、1GB ¥3129、おおっと、旧機種用は高いのね。でも昔抱いていたメモリーのイメージとはヒトケタ違う。こちらも2枚買っちゃえ〜!
というわけで6GBもメモリーを買ったのに1万円ちょっと、これはいい時代になりましたな。
いや、PC用だともっと安いのもあるんでしょうけれどね。Macなので(^^;)。

さて、届くのが楽しみである。MacBookからはずした512MBx2のメモリは、Core Solo搭載のMac miniに挿せるようなので、これで3台のMacが高速化するのかな?レポートは追って!

1/9 追記:わ〜ん、在庫切れで1〜2週間待ちだって…やる気満々だったのになぁ
[PR]
by kenpapa9 | 2009-01-09 02:11 | 雑談 | Comments(0)

キー合わせ その2

☆m7☆Markのblog : キー合わせで書いたように、今日一人でカラオケに行ってきた。回りは忘年会モードでかなり恥ずかしかったが、MDのかかる部屋で一人黙々と歌った。
トラックは4曲作ってMDに落として持っていった。DVDもあったのでCD-RWでもよかったな。歌ってみた結果、4曲のうち元キーのままが2曲、3つ上げ(1音半)が1曲、2つ上げ(1音)が1曲という結果になった。ちなみに最高音はどれも同じにしておいたのだが、最高音域近くがどのくらい連続するかで歌に無理があるかどうかが決まる。というわけで元のキーでいく2曲はわりと激しめの曲で高音域が連続して続く感じ、上げた2曲は最高音が一瞬の経過音的な感じだということだ。これだとミドルボイスがそれとわからない感じで使えるので従来のキーよりも高い音に設定して大丈夫なのだ。
さて、キーが決まったのでようやく音声ファイル書き出しができる。トラックを何回も聞いて気になったところがいくつかあるのでそいつを微調整して、音声ファイルに書き出して、そいつをLogic Expressに取り込んで仮Mixしたらいよいよ歌入れだ。
[PR]
by kenpapa9 | 2008-12-17 00:21 | レコーディング | Comments(0)

キー合わせ

久々にプリプロのエントリーを上げてからもう3ヶ月かぁ。すでに3曲程打ち込みは終わっているのだが、これからボーカル入れ→最終調整(オーバーダブ有り)→フィニッシュという行程に進む為にはやらなければならないことがある。それはボーカルの最適なキーにトラックを合わせる、という作業だ。
一応自分の音域のだいたいの見当はつけてトラックは作っている。だが歌とは不思議なもので、フレーズの音の動きによって最高音が出たり出なかったりする。こればっかりは本気で歌ってみないとわからないのだ。
これを決めるとき僕はカラオケに行く。トラックをCD-RやMDにして持って行き、それらがかけられる部屋を借りて歌ってみる。カラオケ屋だと半音上げ下げとかが自由にできるので、何回も歌って最適なキーを見つけることができる。ただ、いつものm7だと2人の作業なのでいいのだが、今回は僕のソロなので一人でカラオケに行かなければならない。これはちょっと恥ずかしい。というわけで二の足を踏んでいるわけだ(^^;)。
まぁしかし、折角暴飲暴食の季節だし(^^;)近いうちに行けるチャンスもあろう。この行程を経ないと次のステップに進めないので年内にはやっつけようと思っている。
[PR]
by kenpapa9 | 2008-12-13 15:43 | レコーディング | Comments(0)

電話ボックス

さて、最近活動時間が不規則になってきて俄然創作意欲が湧いてきた(^^;)のだが、今も歌詞などを書いているのだが、いまだに歌入れをどうするのか決まっていない。m7のようにすべてスタジオでやるわけにも今回はいかなそうだ。
そうなるとやはり、自宅に防音室か?防音室と言えばヤマハのアビテックス。だけど40万を切るウッディボックスは販売終了となり、中古でも出回っているようだが20万円は下らない。高い!高すぎる!超金欠の今の僕にとっては。
そこで思い出したのが、人間ドックのときの聴力検査。あのブース、扉を閉めるとかなりの遮音効果じゃないかい?

あれは何だ?…電話ボックスだ!

果たして電話ボックスなんて買えるのだろうか?ググってみたけどこんなページしか出てこない。しかもこんなにキレイじゃ高そうだ。値段書いてないけど。中古の電話ボックスってないのか?公衆電話が減ってきてると言われる昨今、どこかにだぶついている電話ボックスがあるに違いない…
こうやってネットに書けば、誰か親切な人が教えてくれるかもしれない。5〜6万なら買いまっせ!ただ、僕の部屋に入るかどうかは大いに疑問だが…
[PR]
by kenpapa9 | 2008-09-17 00:27 | レコーディング | Comments(1)

久々にプリプロ

というわけで以前のエントリーで宣言してもう2ヶ月が経とうとしているが、曲作りを始めた。m7 feat.Mark名義でのソロ作品だ。
今回のテーマはロックなので、かなりサクサクと作業が進む。POPSやFusionのアレンジと違い、バンドサウンドのアレンジは直感的にできていいなぁ。すでに1曲の骨格はできた。
以前のエントリーで言った通り、打ち込み作業はCubaseAIを使って作業中。機能制限版でも今の所問題はない。むしろVSTiは使い慣れたものが使えるので、Logicと比べるとストレスがない。特に慣れ親しんだドラムの打ち込みインターフェイスはLogicとは比べ物にならないぐらい直感的で快適だ。クリエイティブな作業はこの状態の方がはかどるな、やっぱり。
まずはこの状態で何回も聴きながら、アレンジに手を入れて行く。場合によっては楽器を足していくことも。ロックなのでハモンドを入れたい気もするが、ギターサウンドでストレートにいった方がいいような気もして悩む所だ。
最終的には音声ファイルに落とし込み、Logicに持って行ってエフェクト、バランス、マスタリングしてフィニッシュなのだが、この部分はクリエイティブな作業と言うよりは職人的な作業なので道具がきちんと揃っていた方がやりやすいわけだ。EQプリセットには期待してるよ〜。

相変わらず悩んでいるのはボーカル入れ。これどうやってやろうか?

こんなん見つけた。この価格はそそるなぁ…おっといかんいかん、激しく金欠なんだった(^^;)
[PR]
by kenpapa9 | 2008-08-28 13:06 | レコーディング | Comments(0)

そろそろ始動

さて、7月になった。今年も半分が終わってしまったわけだが、いろんなところでいろんな人の環境が変わるのもまた、不思議なことにこの7月なんである。僕も多少気持ちを新たにすることがあり、仕事としてではなくて自分のプロジェクトを再開してみようかという気にやっとなってきた。だいぶ前から考えてはいるのだが、「m7 feat.Mark」名義でのソロ活動である。Markでいいじゃん、という人もいるかもしれないが、やはり自分にとって「m7」がど真ん中にあることは間違いない。ただ、m7では表現できないジャンルだったり、男声ボーカルの作品を作ってみたくなってきたのだ。それを「m7 feat.Mark」名義でやることによって、m7の世界が広がるんじゃないかと思うのだ。
アーティストとしてソロをやりたいわけじゃなく、作品としてそういうものを作ってみたい、ということなので、m7の新曲と混ぜ合わせてリリースするかもしれない。だからこそこの名義なのである。
というわけで、今回の作品群はかなりロック寄りのものになると思う。

ただ、以前のエントリーで書いたように、活動再開に当たっては制作環境をFixしなきゃいけない。Cubase AI4とLogic Exp8、何度も言うが一長一短である。Logic8は残念ながらSteinberg音源のマルチアウトができない。これは僕の楽曲制作上致命的である。そもそもEXS24だのUltrabeatだのの音源の質はろくなもんじゃない(これはかなり主観が入っている)。サンプラーはやはりHalionを使いたいし、ドラムはやはりLM4mkIIを使いたい(この辺はサウンドエンジニアに指摘されて確信したのは前にも書いた通り)。ピアノはやっぱりThe Grand(これはマルチアウトではないが、AUにラップできないのでそもそもLogicでは使えないのだ…The Grand 2を買え、というのはナシね(^^;)。そうなるとCubaseに簡単に軍配が上がりそうだが、そこはやはり機能制限版のAI4ならではの悩みはある。VSTiラックに2つしか積めないのだ。つまり、マルチアウト音源は2つまでしか使えないということだ。
だが、よく考えてみるとHalionとLM4mkII以外にマルチアウトを使うことはほとんどない。B4のように複数のMIDIチャネルからの信号でレイヤーを別々に動かすものもインストルメントトラックにすると使えなくなるが、これは最悪スタンドアロンで立ち上げてReWireで同期させるという手がある。そう考えれば、Cubase AI4で十分楽曲制作ができるのではないか。長年使い慣れたソフトの最新版なのでユーザーインターフェースも馴染みがある。特にドラムの打ち込みは。
というわけで、作曲・プリプロにはCubase AI4を使うことにしようと思う。ではLogic Exp8はどうするのか?

これもちゃんと使う。ミキシングソフトとして。いわばProToolsの替わりである。元々m7の楽曲はCubaseで吐き出したAIFFをスタジオに持って行きProToolsに取り込んでMix、最終的にはSPARKでマスタリングして作っていた。プロに頼んでMixするのは当然自分でやるのと全然上がりが違うからだが、その違いは特にEQの使い方だと思っている。例えばドラムのそれぞれの音(スネアとかハイハットとか)をどうEQしたらいいのかさっぱりわからないのだ。
ところが、Logicには豊富なEQテンプレートがついている。楽器別・ジャンル別にプリセットが用意されているので、このあたりがかなり解消できるのではないかと思っている。だから、できれば今回は自分でフィニッシュまで持って行くのに挑戦してみようとも思う。

最後に残った問題は、歌入れをどうするかだ。まぁこれはおいおい考えて行くか。まずはトラックを作らないことには話にならない。

というわけで、時間を見つけながらようやく始動、してみようと思う。
[PR]
by kenpapa9 | 2008-07-01 02:55 | レコーディング | Comments(0)

さて、相当忙しいのだが

この半月ぐらい苦労して来たおかげで大きな仕事が一つ決まった。ようやくプレゼンが通った。いつの間にかもう3月。これから制作でさらに忙しくなるわけだが、そろそろ音楽制作環境を整えないといけない、ということで、
以前からこのブログにも書いて来たがヤマハKX25をポチッとしてしまった。49がいいと言っていたが、強力なアルペジエーターに賭ける事にした。左手のアレンジをアルペジエーターに任すことができれば、スペースの問題からいってKX25が断然いいに決まっている。本当は楽器屋で試奏したかったのだが、そんな悠長なこと言ってられない状況になってきたのでとりあえず買ってしまおうと。まぁ失敗だったらその時考えよう、と思わせるプライスなんだよね、このあたり。
届いたら使用感をアップしようと思っています。
[PR]
by kenpapa9 | 2008-03-01 22:39 | レコーディング | Comments(0)

リミックス完成!

滞っていたWatcher of the SkylineのRockバージョンのプリプロが終了。
いわゆるリミックスなんだけど、今までもShining Starとかサークル・ゲームのアルバムバージョンで楽器を差し替えたり音源をグレードアップしたってのはあったけど、すでに録ってあるボーカルに合わせてアレンジを完全に変えるのは初めて。
今回新購入のiMacG5で初めて作業をするんで、OSXで全環境を構築しなきゃならず、使い慣れたCubaseVST5からSXに移行し、プラグインもインストールしなおしたりとか結構大変で、Audio、MIDI I/Fをファイアーワイアー対応のものにしたり(M-AUDIO のFW Audiophile)そんな環境設定をほとんどしてて、実際に曲をやっつけていたのは1日足らずでした。
それで、最終的に出力するときに今までOS9で使っていたLoudnessMaximizerが使えないのでどうしようかと悩んでいたんですが、ネットを探していたらANWIDASOFTのL1Vってのが引っかかって、デモを落としてみたらこれがなかなかいい。んでしかも安い!(69$)ので思わず買ってしまいました。BBEのSonicMaximizerも試してみたんだけどどうも音質になじめなかったので。これはLoudnessMaximizerの音に慣れた人にはいいんじゃないでしょうか?8万も出してSurround Edition買う気にはなんないしね。
[PR]
by kenpapa9 | 2005-01-11 17:06 | レコーディング | Comments(0)

プリプロ2曲目!

都合5曲目ですが、ようやく全体像が出来上がりました。あとは細かいアレンジの色づけ作業だな。う〜ん、今回は難産だった。
具体的にはサビにラッパを足していって、ドラムの変化をつけて、ストリングスを入れるって感じでしょうか。その後に歌詞つけて仮歌入れて・・・よ〜し、一気にこの週末でやっつけるぞ!!

と、そのとき次の曲の構想が降りて来た・・・

ああ〜今度はイントロだけかよ!またまた1曲に仕上げるのは骨が折れそう・・・
でもできあがったらカッコいいぞぉ〜このイントロなら。

ま、2年ぶりのアルバムなんで、曲は多い方がよろしいってことで。しばらくこれ、続きますな。
[PR]
by kenpapa9 | 2004-09-10 02:25 | レコーディング | Comments(0)

一曲できた〜

ようやく一曲プリプロ完成。難産だったな〜。やっぱりメロが全部できてないうちにやると、なかなか時間がかかります。思えばAメロだけで、サビすらできてなかったからな〜。
この曲はジャズアレンジで、4ビート(5拍子なんだけどね(^^;))っぽい雰囲気に仕上げました。ラッパは控えめに、暖かいサックスのアンサンブルを。またまたm7にしては新ジャンルに挑戦って感じです。
あとは歌詞つけて仮歌入れて・・・まだやることいっぱいあるじゃん!
[PR]
by kenpapa9 | 2004-08-23 22:57 | レコーディング | Comments(0)

サイトリンク

最新の記事

ギター用ワイヤレスシステム
at 2018-02-05 02:29
エフェクター関連その後
at 2018-02-02 16:52
おめよろ2018
at 2018-01-08 19:51
Amplitube for ..
at 2017-12-09 23:54
ギター
at 2017-12-04 04:35